今注目のニュース
『ゴブリンスレイヤー』、「GOBLIN'S CROWN」の新キャラを上坂すみれが担当
完全同居の姑が嫁に放った…耳を疑う驚きの「姑語録」3選
“モビルスーツ開発者の卵”になりきって、ザクを組立&操縦できる学習教材ロボット発売

悪魔城ドラキュラX 血の輪廻単語

アクマジョウドラキュラエックスチノロンド

  • 3
  • 0
掲示板をみる(53)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(3)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

「悪魔城ドラキュラX 血の輪廻(ロンド)」とは、PCエンジンSuper CD-ROM2で発売された悪魔城ドラキュラシリーズの1つである。

リメイク作として『悪魔城ドラキュラXX』と『悪魔城ドラキュラ Xクロニクル』が発売されている。
2018年10月25日に『血の輪廻』と『月下の夜想曲』を同時収録した『悪魔城ドラキュラXセレクション』がPS4にて発売予定。

概要

悪魔城シリーズ10周年の記念碑的作品であり、タイトルの『X』はローマ数字の10を表している。
これまでシモン・ベルモンドの時代またはそれよりも過去の時代を舞台にしてきた悪魔城シリーズだったが本作にて初めてシモンの時代よりも未来の出来事が描かれる。
記念作品故かステージ構成やボスラッシュなどところどころに初代『悪魔城ドラキュラ』のオマージュが見られる。ステージの各地に4人の女性が囚われており、その内の一人のマリア・ラーネッドプレイキャラクターとして使用可となる。

今作品一番の特徴と言えるのは、CD-ROM媒体を採用していることによる高音質BGM、およびアニメシーンの採用である。
PCエンジンギャルゲー潮に乗った感の強い軟な作アニメシーンゴシックホラーの雰囲気を粉々に打ち砕いたマリア・ラーネッドの存在は、良くも悪くも当時のプレイヤー達に大きな衝撃を与えた。

本作の主人公リヒター・ベルモンドはこれが初出の作品。

プレイヤーキャラクター

リヒター・ベルモンド

CV:堀川仁(血の輪廻)/梁田清之(Xクロニクル)

今作における主人公。基本的な性は従来の(アクションゲームとしての)悪魔城シリーズ主人公達と同様だが、新規アクションとしてハートを大量消費してサブウェポンごとに異なる強な攻撃を使える「アイテムクラッシュ」と微妙に素く飛び退く「後方宙返り」と、さりげなく「後ろ歩き」を習得している。
後の作品である『月下の夜想曲』ではドラキュラ復活に加担してしまい、アルカードと対峙する。

なお『血の輪廻』でCVを務めた堀川仁は本作が声優デビュー作。

2018年任天堂より発売される大乱闘スマッシュブラザーズ SPECIALリヒターファイターとして参戦することが発表された。

マリア・ラーネッド

CV:鉄炮塚葉子(血の輪廻)/石毛佐和(Xクロニクル)

今作の代表的キャラHPが低いと言う難点を持つが、スライディング、2段ジャンプ、硬直しの攻撃などそれを補って余りある強さを誇る。ちなみにとあるコマンドを用いると強な攻撃を繰り出すことができるが、それもかなりのチート。”マリア兵器だもん!”と言うのも納得である。

悪魔城ドラキュラXX

SFCで発売された『血の輪廻』の軟な部分をスポイルしたリメイク移植作品。
パッケージデモ画像の絵にはプロイラストレーター山田章博氏を起用。
全体的なゲームデザインはほぼ別物であり『血の輪廻』をベースにした新作とも言える。
Xが初代オマージュであったのに対し、この作品のステージデザインは『悪魔城伝説オマージュが多々見られる。

救出対リヒター人のアネットとそのマリアの2人だけになった。よく勘違いされるが、マリアアネットのという設定は本作のみ。
本作のマリア普通少女なのでプレイキャラクターにはならず、アネットを助け損なうと魔物に変えられてしまい、悲劇的な結末を迎える。

『血の輪廻』は当時、宗教上の問題などで海外で発売できず、後の『悪魔城ドラキュラ Xクロニクル』が発売されるまでは本作が海外における『血の輪廻』という扱いだった。
後のシリーズとの設定と噛み合わない部分(マリアの扱い)が出てしまい、海外ファン混乱を招いている。

XXの評価

本作はファンから微妙な評価を付けられてしまうことが多い。
従来のゴシックホラーの雰囲気を取り戻した反面、マリアが使用不可になったことに落胆するも多かった。
演出面では『血の輪廻』を上回る部分もあるが、総合的には劣化移植の謗りを免れない。

悪魔城シリーズアクションゲームとしては従来とそれほど代わり映えしない上に少々癖が強く、何よりも同ハードアクションの最高傑作ともいえる『SFC悪魔城ドラキュラ』が発売されており、較すること自体が酷である。

悪魔城ドラキュラ Xクロニクル

Xクロニクルのリヒター

PSPで発売された『XX』と同じく『血の輪廻』のリメイク移植作品。新作『Xクロニクル』に加えて、クロニクル(年代記)の名の通り『悪魔城ドラキュラX』の名を冠する『血の輪廻』と『月下の夜想曲』を同時収録している。
XX』は収録されていないが、『Xクロニクル』本編に『XX』の要素が多分に含まれている。

DL版も販売されておりPSVitaでもプレイ

Xクロニクルの内容

『血の輪廻』を3Dポリゴンリメイクゲーム性そのものはオリジナルに忠実な2Dアクション
XX』の要素も含まれている。
月下の夜想曲』のイラストレーターである小島文美を起用してデザインを一新。特にシリアス寄りにリデザインされたマリアは必見である。

2人協力プレイも出来るボスラッシュモード、新規イベントムービー、新たなボス戦など様々な新要素が追加されている。

関連動画

関連商品

関連項目

掲示板

ニコニ広告誘導

急上昇ワード

最終更新:2019/10/20(日) 02:00

ほめられた記事

最終更新:2019/10/20(日) 02:00

☆オススメの関連コンテンツ

動画

この記事名で動画を検索

静画(イラスト)

この記事名で静画を検索

ニュース

この記事名でニュースを検索

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP