ネメシス 単語

539件

ネメシス

2.3千文字の記事
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

ネメシスとは、ギリシア神話に登場する女神である。本項で解説

また、それにちなむ以下のものの名の由来。個別記事があるものは太字で表記。
「NEMESIS」でタグ設定されている動画も多いので、以下に検索リンクを設定。

「ネメシス」タグでニコニコ動画を検索exit_nicovideo
「NEMESIS」タグでニコニコ動画を検索exit_nicovideo
「ネメシス」「NEMESIS」両方のタグでニコニコ動画を検索exit_nicovideo

ゲーム関係

楽曲

漫画・アニメ

小説

ユーザー生放送者

女神としてのネメシス

ギリシア神話に登場する女神

ネメシス(Nemesis/Νέμεσις)とは本来「義憤」を意味するが、訳しにくい言葉であるため「復讐」と誤訳される事が多い。
実のところ、ギリシア神話において復讐るのはエリーニュスErinyes/Ἐρινύς)である。
絵画では有女性の姿で描かれる。シンボル秤、剣、ダガー定規
不当な事柄に対する義憤、特に人間傲慢な言動(ヒュブリス)に対する神の怒りと報復が擬人化して成立した女神。事擬人化なので他のべて成立が遅く、逸話は少ないという。

紀元前5~6世紀の頃には既に崇拝の対となっていたとされ、エーゲ都市スミュルナではネメシスを崇拝し、古代都市アテナイではネメセイア(ネメシス祭)を行っていた。
アッティ地方北部ラムヌスにある殿には大彫刻フェイディアスが作った、左手リンゴの枝を、右手エチオピア人の姿を模した盃を持ったネメシス像があったと伝わる。

古代ギリシアの叙事詩人ヘシオドスが記した『統記』によると、女神ニュクスが単独で産んだの一人。
不正を糾弾する女神として悪事に懲罰を加え、競技においては正な審判を下し、また不相応の幸運を味わって驕った者に過酷な運命を課す役割を持つ。
ローマ詩人オウィディウスはネメシスの事を「自慢話をひどく嫌った女神」と呼んでおり、実際傲慢になった王や英雄はみなネメシスによって破滅させられた。したがってギリシア悲劇の中ではよく罰の執行者として登場している。

またニュンペーのエーコを拒んだナルキッソスに罰を与えたのは、ネメシスだとされる。
多くの女性からのを冷酷に拒み続けたナルキッソス傲慢な態度に怒ったとある一人の女性が「ナルキッソスにも身を焦がすほどのわぬを」とネメシスに祈り、その願いをネメシスが聞き入れた。
ネメシスが掛けた呪いによりナルキッソスは、面に映った自分自身にをしてしまい餓死の末路を辿った。

悪しき者を懲罰する一方、敵対者の復讐をなだめる恩恵を施す側面も持つ。の時代(凡人の時代)が訪れた時、羞恥の女神アイドスとともに人間界を見捨ててしまったとされる。

神話上ではゼウスに性的に食べられそうになり、ネメシスは様々な姿に変じて逃げようとしたが、ガチョウに変じたところで白鳥変身したゼウスに捕まって遂に犯される。
後に女神は2つのを産んだ。その飼いによってスパルタ王妃レーダーに献上され、そのからはトロイ戦争の原因となるヘレネーと双子兄弟ディオスクーロイが誕生した。ただ、このの両ゼウスレーダーだとする説の方が流であり、『イーリアス』へと物語は続く。

関連動画

Punp it UP』の楽曲

ゴッドイーター3』の楽曲

Two Steps From Hell」の楽曲。2曲が「Nemesis」

関連項目

この記事を編集する

掲示板

おすすめトレンド

ニコニ広告で宣伝された記事

急上昇ワード改

最終更新:2024/07/24(水) 09:00

ほめられた記事

    最終更新:2024/07/24(水) 09:00

    ウォッチリストに追加しました!

    すでにウォッチリストに
    入っています。

    OK

    追加に失敗しました。

    OK

    追加にはログインが必要です。

               

    ほめた!

    すでにほめています。

    すでにほめています。

    ほめるを取消しました。

    OK

    ほめるに失敗しました。

    OK

    ほめるの取消しに失敗しました。

    OK

    ほめるにはログインが必要です。

    タグ編集にはログインが必要です。

    タグ編集には利用規約の同意が必要です。

    TOP