Modern Monetary Theory単語

モダンマネタリーセオリー

Modern Monetary Theoryとは、日本語で現代貨幣理論と訳される理論である。大手メディアでは現代理論と表記されることも多いが一部から誤訳とされ批判されている。

日本語メディアではロイターやWSJ等海外メディアが記事を掲載した後、日経を皮切りに朝日新聞などが取り上げている。

概要

現代貨幣理論では、信用貨幣を扱う場合のマクロ経済を説明している。1971年以前の実物貨幣(商品貨幣)で説明されている現代の経済学(新古典派経済学)の説明できないことを説明できるため、話題になっている貨幣本質を知るための理論である。

現在問題になってる点は大まかに言うと、

という3点である。

通貨建ての政府の借で財政破綻した国家はない、破綻した国家は、共通通貨建てか外貨建てであるという点と、自通貨建ての政府国債は、中央銀行に買い取らせることができる。
そのため、政府赤字を増やすことは、理論上は予算制約はないが、財政出動をして、政府がモノやサービスの需要を作った場合に、インフレ率が上昇する。従って、財政出動をするマイナス点はインフレ率の上昇と言う点のみで、デフレ時に適度な2%程度のインフレまで財政出動をすることに何も制約がいという理論である。

また、2%を大きくえるインフレ時は、需要を抑えるか生産を上げる必要があるが、需要を抑えるための装置を政府は持っているため、インフレ率がある程度まで上がった場合は、財政引き締めとして、共投資の削減や増税によって、結果的に融引き締め(貨幣の発行を減らすこと)になりインフレ抑制が行われる。
ちなみに税にはもともと気の安定化装置が有るため、インフレ時には、何もしなくてもある程度は、インフレは抑制できる。
また、現代貨幣理論の範疇から外れる話になるが、2%程度のマイルドインフレ時に、生産の向上を行えば、供給が増え、インフレ率も抑制され、供給が増えた分だけ経済成長になるので、2%を多少えるくらいであれば財政政策はほっておいて、こちらでインフレ抑制をしたほうが良い。
民間継続的な需要があれば生産性向上に投資するが、一時的な需要の場合はあまり生産性向上に投資しないため、継続的な需要は必要。)

インフレ時(好況時)に政府赤字を増やすことをしすぎると、バブル経済を生むことになる。
逆にデフレ時(不況時)に政府赤字を減らすこと、すなわちプライマリーバランス黒字化をすると、その他の経済体(民間)の黒字を減らすことになり、政府以外は、貧乏になりデフレが深刻化する。

ちなみに失われた20年はデフレ時に政府赤字をへらしてこの様になっている。(どうしてこうなった・・・

JGP(Job Guarantee Program)・最後の雇い手政策

後述する通り米国MMT支持者からされている政策の1つで、中野剛志は「最後の雇い手」と訳している。おおまかに説明すると政府が生活できる程度の給与で制限に仕事を供給するというものである。

政府がある程度の待遇で労働者を集めるからこれ以下の待遇で働いている労働者はJGPによりブラック企業から離れブラック企業が淘汰されるであろう。
逆に好気になれば民間企業の待遇はJGPより良くなるので民間企業人に対する供給制約にもならないだろうという政策である。

しかし、どのような準にするのかといった問題があり現実に政策として機させるにはまだ課題が残っている。

万年筆マネー

貨幣は、銀行が貸す預企業の保持する現をあわせたマネーストックがある。
マネーストックとは別に政府が発行する貨幣日本銀行中央銀行)が発行する日本銀行券と日銀当座預金政府銀行間の決済等を行う当座預で、銀行所持分は万年筆マネーの準備預にもなる。)をあわせたマネタリーベースがある。

企業や個人が銀行より資を借りる時に、銀行は預通帳に万年筆で預額を書き込めば(現在ではコンピュータ額を入すれば)貨幣が創造でき、その時マネーストックが増える。
万年筆マネーは、日本銀行現在1.3程度準備預日銀当座預金)は必要だが、から貨幣銀行として創造できる。(機関でもノンバンクは、又貸しを行っているが銀行信用創造できるので違う。)

万年筆マネーは、政府日本銀行マネタリーベースの増減を行うこともできる。
政府短期券や国債を発行し日銀当座預金という貨幣を発行する。)

日本で起きてる事は、アベノミクスにて、マネタリーベースを増やす融政策として、国債日本銀行銀行より買い取り日銀当座預金を増やすことを行った。
そして銀行日銀当座預金が増えると準備預が増えるため貸せるは増えたが、マネーストックの連動は起きなかった。
このことより、MMTマネタリーベースを増やせばマネーストックが増えるということではなく、逆にマネーストックが増える場合マネタリーベースが増えるということを示してる。

国定信用貨幣論

国定信用貨幣論という貨幣論を説く。この理論表券主義とも言われ、「貨幣とは徴税権に裏打ちされたものである。徴税権の強弱で通貨価値が上がったり下がったりする」と論じている。

現代の経済学(新古典派経済学)は商品貨幣論を支持しているのだが、MMT国定信用貨幣論は、商品貨幣論底的に否定している。

国定信用貨幣論は徴税権通貨価値の根本としているので、必然的に「中央銀行には物価の調整役をまかせられない。物価の調整役は議会が行うのが本来の姿だ」という論理を行使することになる。

政治的ムーブメントとしてのMMT(米国)

上院議員で、2016年米国大統領選挙に向けた民主党の予備選挙を戦ったバーニー・サンダースは、予備選挙後にステファニーケルトンを自身の顧問として迎え入れた。ケルトンは米国大学教授を務める経済学者で、MMT唱者の一人。

米国民主党ではこの予備選挙後にサンダースとも言える急進左補が増加傾向にあり、その代表的存在がAOCニックネームで親しまれるアレクサンドリア・オカシオコルテスである。彼女は下院選の党内予備選挙ベテラン議員に勝利し、ニューヨーク内の選挙区から29歳で下院議員に当選した。これだけならただの若い女性議員だがMMT彼女の提案する過とも言える政策が遠因となって注されたのだ。

AOCグリーンニューディールと呼ばれる政策を発表した。環境対策に投資するだけでなくインフラ投資により全民に雇用を保障する政策である。このうち全民に雇用を保障する政策はJGP(Job Guarantee Programと呼ばれ、MMTを唱える学者のどが提案する政策であることに留意したい。

このグリーンニューディールにかかる費用をどう賄うかというところでAOCMMTを支持したことから米国では議会やFRBを巻き込んだ一大論争となったのだ。米国ではしばしば財政赤字が問題視されているが、MMT理論では財政赤字は単体で一切の問題を引き起こさないとされているからだ。

注:米国経済に関わるニュースとしてしばしば財政の崖というものが取り上げられる。米国には債務上限というものがありこの額をえる”政府”財政赤字を抱える場合、議会で法案を通さなければいけない。

このように米国では左リベラルの側からされているのが現状である。その左的立場故かMMT学者は国債止し、準備預付利に転換すべしとのをすることがある。

政治的ムーブメントとしてのMMT(日本)

学術面ではポストケインアン先生方によって既に紹介されていたが、政治から見たときに日本でのMMTは右によりされたのが最初であろう。保守系の論客である(経済でもある)中野剛志は「富国と強兵exit_nicoichiba」においてMMTを取り上げ、2019年5月には一般向けのMMT解説本を出版しているだけでなくネット上でいくつかの記事を見ることができる。京都大学藤井聡経済評論家三橋貴明も好意的に取り上げている他、立命館大学松尾も一定の理解を示している。

この藤井聡国会議員安藤裕、西田昌司の根拠地が京都であることからか彼らを中心とした日本MMT支持の一財務省がそう呼んだことから「京都(以前からそう呼ばれている者たちとは違う。)」と呼ばれる場合がある。実態としては西部邁の雑誌「表現者」関係者を中心としている。

現在国会MMTに一定の理解を示す議員は西田昌司安藤裕(共に自民党)、山本太郎、そして大門実紀史(共産党)が挙げられる。うち、西田昌司大門実紀史は国会の質疑で肯定的に取り上げている。偶然にも全員関西ゆかりのある人物でうち山本太郎以外は京都選挙区に含まれる人物である。

現在日本政治において、MMTに右のうち経済(財政出動リフは含まない)により支持されるのが中心になっている。しかし、ごく一部ながら左からも支持する勢が現れている。

関連動画

関連項目

関連リンク

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/modern%20monetary%20theory

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

Modern Monetary Theory

283 ななしのよっしん
2019/07/20(土) 22:50:23 ID: jZm7Vt4k9W
MMT理論は正しいと思うけど政策が駄ってのは全く同意するけどね
というかまずリフレと喧している理由もよくわからない
アベノミクス叩きにしたってアベノミクスリフishなだけでリフレじゃないのに
消費税増税って大罪もやらかしてるし
284 ななしのよっしん
2019/07/21(日) 13:03:35 ID: Q35VQhf6vS
>国債発行を禁止⇨企業の借り入れ需要がい場合の信用創造の経路がなくなる
…なんんかすごい勘違いしてるにおいがするんだけど、もしかして国債止=政府支出しないとか思ってる?
少なくともミッチェルの国債止論は、国債止して統合政府の負債を銀行日銀当座預金に一本化しようって話だから、信用創造は全く否定してないし外生論でもない
何を批判したいのかさっぱりだなあ
285 ななしのよっしん
2019/07/24(水) 04:21:37 ID: Pulmm3ZA3F
>>284
MMTを究極的に突き詰めれば(スペンディングファースト)財政支出の原資が国債じゃなくてもよくなるんだよね。
それで、国債不要論や短期国債のみにしよって議論を持ち出す人間がいるけど、それでかるのは君たちが敵にしてるなんだよなぁ。
そもそも日銀当座預金お金ですらないんですわ
利」を「投資の利益としか考えていない」時点で既にに嵌まっているなんだよ。
286 ななしのよっしん
2019/07/24(水) 06:02:20 ID: Q35VQhf6vS
>>285
そんなMMTの基本中の基本の話を持ち出してはわかってるみたいなこと言われても困るわ
こっちが聞いてるのは、「ミッチェルは本当に民間銀行信用創造禁止をしてるのか」だからね
話をそらさないでちゃんとソース出してくれ
287 ななしのよっしん
2019/07/29(月) 13:47:20 ID: AAj+OQc+BU
まさに日頃から考えてた経済感覚だな
現代貨幣理論というのか覚えておこ
288 ななしのよっしん
2019/07/29(月) 14:32:31 ID: AAj+OQc+BU
なんで経済の話になると、〇〇芸人とかいう人格攻撃しだすやつとか、理論を曲解してそれをいたりとか、関係のな話を仕出したりとか、毎回毎回詭弁紛いの行動を連発するやつが沸いてくるんだろうか
そんなに都合が悪いのか?
289 ななしのよっしん
2019/07/29(月) 18:10:56 ID: 4YJ6oXmFH8
物事を説明し世の中を良くするものだと自分の信じてきた物が悪を振り撒く虚構だと論破されたら発狂するのもしかたない
しかも否定しようのない事実だから意図的な曲解か奇弁か人格攻撃しかできない
特にお偉いさんがたは自分の説を取り下げると自分の説が数万人規模で自殺追い込み万人規模で人を不幸にさせてきたことを認めることになるから必死になる
290 ななしのよっしん
2019/07/30(火) 00:29:18 ID: AAj+OQc+BU
>>289
まあ、経済学政治と関係性が高いからなあ
この界、〇〇という人物が言ったから間違っているとか、〇〇義者だとか、そういうが多すぎる
「〇〇信者」みたいな
政治活動家かよってぐらい視点が狭くてロックしてる人が多すぎる

理論した人物などというものは、その理論の付属品に過ぎない
例えばアインシュタインがいなくて、代わりにブサイクで臭そうでコミュ障のどうしようないおっさん相対性理論を発表したとしても、変人だが偉大な物理学者として扱われるだろう
ケインズが~とか、三橋が~とか、が言ったかなんてどうでもいいんだよ、大事なのは理論の中身だ
科学的な議論というものを人気投票にする行為には辟易する
291 ななしのよっしん
2019/07/31(水) 00:50:39 ID: Q35VQhf6vS
経済学は専門の学者ですら気で専門外のことにまで口出す分野だからしゃーない。
再現実験できないのをいいことに言いっぱなしだし。
292 ななしのよっしん
2019/07/31(水) 12:50:43 ID: 4YJ6oXmFH8
経済学ゴミクズ未満のものだったと日本を使って30年かけて実したじゃないか
これ以上やる必要ないくらいが間違っているというデータを得られたんだからもうそろそろ方向転換していいんじゃないか

急上昇ワード

2019/08/21(水)09時更新