信用創造単語

シンヨウソウゾウ

信用創造(money creationとは、銀行が手持ちの現よりもずっと多くの額を貸し付けることができる現す言葉である。

銀行は、企業計に貸し付けることによって、見かけ上の預額をどんどん増やすことができる。このため預金創造とも言われる。

銀行は、万年筆で預通帳に額を書き込むだけで預を創造できる」と説明されることがある。この説明を万年筆マネー(fountain pen moneyという。ジェームズ・トービンexitという経済学者が言い始めた言葉である。
  

概要

Aさんという人が民間銀行から住宅購入資の融資を受けるとき、民間銀行Aさん銀行口座の預残高の数字を書き足すことで融資する(信用創造)。

Aさんは預残高を減らし、住宅販売会社の預残高を増やして、そうやって銀行振り込みで支払いを済ませて住宅を購入する。住宅販売会社がAさんと同じ銀行に口座を持っている場合、民間銀行は手持ちの資を一切減らさずに済ますことができる。銀行が資を持たずに信用創造でいくらでも預を創造できるのはこのためである。

Aさんは数十年かけて銀行お金を貢ぐようになり、銀行が創造した預を後押しする存在になる。
 

信用創造を可能にする条件

から銀行を作り出す信用創造を可にするには、4つの条件がある。

  1. 長年にわたって銀行お金を返済し続ける経済に恵まれた借り手のAさんが存在する
  2. 借り手のAさんが、借りたお金銀行振り込みで支払いして、財やサービスを手に入れる
  3. 借り手のAさんに財やサービス提供する業者B社が、Aさんと同じ銀行に口座を持っている
  4. 巨額の銀行を手にした業者B社が、ほとんど現引き出しせず、銀行のままにする

これらの4条件がっていれば、銀行は手持ちの現の額が少なくても、巨額の銀行を創造することができる。

2.と3.と4.は、とても達成しやすい。現を持ち歩いて支払いするよりも銀行振り込みで済ます方が圧倒的にラクである。銀行に口座を開設することはでも無料で行うことができる。多額の現を手元に置いておくのは盗難のリスクが高まって危険なので、ほとんどの人が現引き出しをできるだけ避けて銀行のままにする。2.と3.と4.は、たいしたハードルではない。

簡単に達成できないのは、1.である。長年にわたって儀に銀行へ借返済し続ける人をきちんと見つけ出すのは、なかなか難しい。ちゃんとした職に就いていて経済があり、にきちっと銀行お金を貢ぎ続ける人は、銀行にとって蔓(かねづる)である。

蔓(かねづる)が見つかれば信用創造できる。蔓(かねづる)が見つからなければ信用創造できない。

銀行の信用創造は、蔓(かねづる)によって支えられているのである。
 

信用創造の例

「銀行の貸し出しには原資が必要」という考えに基づく説明

1万円を預している預者を100人抱えるニコニコ銀行があるとする。このとき、ニコニコ銀行の持っている預額は100万円である。この、預者から集めた預的預という。

ニコニコ銀行のもとに、ドワンゴ工業という会社が「90万円を貸してください。その90万円でカドカワ商事から工作機械を買って事業拡大したいんです」と言ってきたので、ニコニコ銀行の営業部は融資を決意した。

を貸すと言っても、90万円の札束をポンと渡すのではない。ドワンゴ工業という会社がニコニコ銀行に開設している口座に、90万円の預額を新たに書き入れるだけである。これを信用創造といい、この信用創造によって、ニコニコ銀行の持つ預額は190万円に増加した。

ドワンゴ工業は90万円を支払ってカドカワ商事から工作機械を購入した。カドカワ商事ニコニコ銀行に口座を持っていたので、ドワンゴ工業からカドカワ商事銀行振り込みが行われ、ニコニコ銀行の持つ預額は190万円で変わらなかった。

その次に、ひろゆき農業という会社が「110万円を貸してください。その110万円でカドカワ商事から苗木を買って、新たな果物を収穫して事業拡大したいんです」と言ってきたので、ニコニコ銀行の営業部は融資を決意した。

またしても、ひろゆき農業という会社がニコニコ銀行に開設している口座に、110万円の預額を新たに書き入れるだけである。ひろゆき農業は苗木を買うため110万円の預カドカワ商事の口座に振り込んだ。これでニコニコ銀行の持つ預額は300万円にまで増加した。

ひろゆき農業に貸し付けた110万円は、預者から集めた100万円よりも多い額である。このように、銀行の貸し付け業務というのは、もともとの預額(本的資)に制約されず、もともとの預額よりも多い額を貸し付けることが可である。

これを延々と繰り返すと、ニコニコ銀行は1億円の融資をすることも理論的には可である。「100万円の預を元手にして、自分の銀行の預額を1億円にする」ということになる。
 

 
以上の説明は、「銀行には貸し出しのための資が必要である」という考え方が基礎になっている。

実際の銀行は、貸し出しのための資など必要とせず、手持ちの資よりも多くの額を貸し出すことができるので、上の説明はあまり正しいものではない。

銀行が貸し出しをしたらその間に預が増える」という点だけは、正しく説明できている。それゆえ、だいたい合ってると言えるだろう。
  

「銀行の貸し出しには原資が要らない」という考えに基づく説明

1万円を預している預者を100人抱えるニコニコ銀行があるとする。このとき、ニコニコ銀行の持っている預額は100万円である。この、預者から集めた預的預という。

ニコニコ銀行のもとに、ドワンゴ工業という会社が「3,000万円を貸してください。その3,000万円でカドカワ商事から工作機械を買って事業拡大したいんです。カドカワ商事ニコニコ銀行に口座を持っています」と言ってきたので、ニコニコ銀行の営業部は融資を決意し、ドワンゴ工業という会社がニコニコ銀行に開設している口座に、3,000万円の預額を新たに書き入れた(信用創造)。

融資した翌日にドワンゴ工業の口座からカドカワ商事の口座へ3,000万円の銀行振り込みが行われ、ドワンゴ工業は工作機械を手に入れた。

ニコニコ銀行の預額は3,100万円になった。(本的預100万円と、カドカワ商事の3,000万円)

ドワンゴ工業は、今後長い間かけて現3,000万円を返済することになった。ニコニコ銀行にとって、ドワンゴ工業という会社の返済が3,000万円分の資産となった。カドカワ商事銀行3,000万円はニコニコ銀行にとっての負債(現にしてくれと要されたらそうしなければならない)なので、これで釣り合いがとれている。
 


これが、「銀行は貸し出しのための資を必要としていない」という考えに基づく説明である。こちらの方が、銀行の実務を正確に説明できている。

銀行の持つ本的預の額に関わらず、いくらでも貸し付けができるし、いくらでも預を創造できる。条件は、「ニコニコ銀行からを借りる人物の支払方法が銀行振り込み、借りたを支払う相手がニコニコ銀行に口座を持っている」ということだけである。銀行振り込みの方が圧倒的に便利だし、ニコニコ銀行に口座を持つことはでも無料で行うことができるので、これはたいしたハードルではない。

銀行には貸し出しのための資は必要ないし、貸し出しのために中から資を回収することもない。これが、銀行の業務の実態である。
   

銀行の貸し出しを制限するのは、借り手の返済能力

銀行の貸し出しの上限額も、準備預制度で定められた制限以外は存在しない(詳しくは、下の『準備預制度』の項を参照)。

強いて言えば、借り手の返済が融資の上限となる。例えば、年収200万の人が「10億円を買うので融資してくれ」と言ってきても、一生かけても返済できないだろうと予測されるので、貸し出しをやめよう、と判断することになる。

英語money creation日本語翻訳するとき、かが「信用創造」と訳した。money creationの際には、借り手の返済信用することが必須となり、信用することでお金が創造される。銀行の業務の実態を示した巧妙な訳だと言える。

借り手の返済銀行にとっての資産となり、創造した銀行銀行にとっての負債となる。資産と負債がぴったり同額で一致する。

信用創造は借り手の返済によって成り立つ。もう少し分かりやすい言い方をすると、信用創造は長期にわたって銀行を貢ぎ続ける蔓(かねづる)によって成り立つのである。
 

銀行は、貸し出し原資のために日銀当座預金を持っているのではない

銀行に準備預日本なら日銀当座預金)が存在する理由は、貸し出しのための原資を確保するためではなく、銀行間の送や、銀行政府間の送などに使うためである。

例えば、AさんがX銀行の口座からY銀行の口座に100万円を移動させると、X銀行の負債がY銀行に移動する。このため、X銀行からY銀行銀行間送を行い、日銀当座預金100万円分移動させる。

こうした銀行間送を円滑に行うため、銀行日銀当座預金を持つことになる。
  

信用創造を制限する準備預金制度

日本国内の民間銀行も、信用創造で自分の銀行の預額を増やしている。貸し付けるたびにどんどん預額が増えていく。

ところが、預限に増やすことは許されていない。すべての民間銀行が貸付額を増やしすぎると、世の中に出回るお金の量が増えることになり、しいインフレを招くことが危惧されるからである。


準備預制度というものがあり、日本民間銀行は、預額の一部を必ず日銀に預けねばならない。保有する預額に対して、日銀当座預金民間銀行日銀に開設する口座に預けるお金)の額が決まっている。その割合を準備預率という。預額の0.05~1.3日銀当座預金に預け入れねばならない。
 

準備預率1.3民間銀行は、預額の1.3日銀当座預金に預けなければならない。

額×0.013=日銀当座預金

 
これを逆に言うと、次のようになる。
 

準備預率1.3民間銀行は、日銀当座預金が10億円である場合、769億2307万円まで預額を増やせる。

額=日銀当座預金÷0.013

 
先ほども述べたように、貸し付けるとその間に預が増える(信用創造)。貸し付けるというのは、預を増やすと言うことと同じ意味である。したがって、次のような表現が可になる。
 

準備預率1.3民間銀行は、日銀当座預金が10億円である場合、769億2307万円に預額が膨らむまで、貸し付けできる。

貸し付けによって到達させることのできる預額=日銀当座預金÷0.013

 
このように、準備預制度によって預額を増やすこと、すなわち貸し付けを増やすことを制限している。信用創造を限に行わないようにしている。 
 

日銀当座預金が不足したら、銀行間取引市場で借りる

民間銀行調子に乗り、信用創造を繰り返して、制限額ぎりぎりまで預額を増やすことがある。

そういう状態の中で、いきなり日銀当座預金が減ってしまうことがある。よその銀行へ向ける銀行間送が急に増えたり、預者によって巨額の現引き出しが行われたりすると、日銀当座預金が減るわけである。日銀当座預金が減りすぎて法律で定められた準備預率を下回ると一大事で、「あの銀行は経営破綻した」と思われたり、金融庁による行政導が入ったりして大変なことになってしまう。

このため、日銀当座預金が減りすぎた民間銀行は、どうにかして日銀当座預金を補給しなければならない。

そういうときに便利なのが、銀行間取引市場exitという市場である。この市場には色んな民間銀行が参加しており、日銀当座預金を一日単位で貸し出してくれる。この市場日銀当座預金をよその民間銀行から借りて、何とかその場をしのぐ。

ちなみに、日銀は「ゼロ利政策」というものを導入している。この政策は、銀行間取引市場の中の利がほとんどゼロになるように日銀が誘導する政策である。ゼロ利政策が続いているうちは、調子に乗って信用創造しまくって日銀当座預金が準備預率を下回りそうになっても、まぁ安心と言うことである。

ゼロ利政策は、日銀民間銀行に向かって「どんどん貸し出して信用創造してください。信用創造のせいで日銀当座預金が準備預率を下回っても、ゼロ利だからタダ同然で借りることができます」と言いながら、民間銀行背中を押す政策というわけである。
 

関連リンク

  • man@bowexit (イラスト付きで分かりやすく信用創造を解説しているが、「銀行の貸し出しには原資が必要」「預者から借りたお金を原資として貸している」という考えに基づく説明である

Wikipedia記事

コトバンク記事

関連商品

87109ページ信用貨幣論や信用創造についての文章がある。イングランド銀行季刊誌2014年春号exit引用して信用創造を解説している

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E4%BF%A1%E7%94%A8%E5%89%B5%E9%80%A0

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

信用創造

1 ななしのよっしん
2019/08/12(月) 21:58:03 ID: vtYC2k82/i
信用創造コントロール失敗したときに起きるのがバブル経済である
そして今回のはトランポリンと呼ばれるのである
2 ななしのよっしん
2019/08/29(木) 09:06:05 ID: vL3gE6rmf1
詐欺とはどう違うの?
3 ななしのよっしん
2019/08/29(木) 09:31:12 ID: M5YpwNRIlb
詐欺かの手元にあるカネを騙して持ってくこと
カネは右から左に動くだけで社会全体では増えも減りもしない

信用創造銀行がカネを貸すことで社会全体に流通するカネが増える

銀行はあずかった預からを貸してるんでしょというのがよくある間違い
銀行はその巨大な信用と帳簿上の操作で手持ちの現より大きなカネを貸せる
まあ焦げ付いて不良債権になると大問題だが返済されるなら何の問題もなく社会に流通するカネは増える
4 ななしのよっしん
2019/09/07(土) 11:29:14 ID: vtYC2k82/i
借りた側は受け取り分を即消費しつくすものではない
貸した余りを預として引っ掴んだまま見せかけの「貸出残高」「預残高」を膨らませる

ゆえに預引き出しが一度に殺到すればパンク(取り付け騒ぎ)が起きる
年放置され続ける資本主義の欠陥

急上昇ワード