スピードスケート単語

スピードスケート

スピードスケートとは、アイススケートの種の一種である。1周400メートルスケートリンクを周回してゴールタイムを競う競技である。広義にはショートトラックも含めるが、ここでは説明は省略する。

概要

スピードスケートの強豪国と言えば日本スピードスケートエースである小平奈緒が留学していたオランダである。
そもそもこのスピードスケートオランダ発祥の地なので強豪国になっているのも必然かもしれない。日本で言えば柔道空手みたいなものである。
スピードスケート歴史は遡ること、1892年に連盟が発足して、その翌年にオランダ世界選手権が行われている。

スピードスケートは、オリンピックを含めほぼ「ダブルトラック」という方式が採用されており、内側であるインと外側であるアウトから2人の選手が同時にスタートをきって、
そのタイムを競っていき、それぞれ両方のレーンでスケーティングをした合計タイムを競う方式である。
両方でスケーティングするのは、選手によって向き不向きはあると思うが、かつては一般的にアウトレーンからのスタートが不利とされていたため、
内側であるインと外側であるアウトの両方を選手はスケーティングしてその合計時間を競っていた。

もともとは一発勝負の方法で行われていたのだが、1988年カルガリーオリンピックで当初から金メダル補であった黒岩選手がアウトスタート銅メダルとなり、
金メダルメダルの選手は二人ともインからのスタートで栄冠にいたということが問題のきっかけとなった。
その後議論が深まっていき、1998年長野大会から「ダブルトラック」方式が採用されたのである。
しかし滑走技術や用具の向上によって、その不はなくなったとスケート連盟は判断をした(2014年)。
そして、2018年平昌オリンピックルール変更後、初めてのオリンピックになる。
なお、滑走のインアウトを決めるのは、コンピュータによる抽選である。

チームパシュート

団体追い抜きとも呼ばれる。1つのトラックのみを使用する。
パシュートpursuit)とは追撃を意味する英語である。

1チームは3人で、男子は8周(3200m)、女子は6周(2400m)を滑る。
ホームストレートバックストレートから両チームが3人同時にスタートし、最後尾がゴールしたタイムを競う。
なお、ゴールするまでの間に全員が1回は先頭に立たなくてはならないというルールがある(和訳が団体追い抜きなのもそのため)ため、どのタイミングでどのように先頭を譲るかというのも重要な戦略の1つとなる。

マススタート

1つのトラックのみを使用する。
マスmass)は集団を意味する英語で、マスコミマスゲームなどのマスと同じである。
世界距離別選手権に採用されたのが2015年オリンピックに採用されたのが2018年較的新しい競技。

16周(6400m)で争われるが、通常のスピードスケートとの一番の違いは20人前後の選手が一斉にスタートするという点である。
あらかじめどの順番でスタートするかが決まっており、最初の1周は1列となって滑らなくてはならない。
2周以降は自分の有利なポジションをとることが可になる。
4、8、12周が終わった時点で1位2位、3位だった選手にはそれぞれ3点、2点、1点が与えられる。そしてゴールの時点で1位2位、3位だった選手にはそれぞれ60点、40点、20点が与えられる。
要するに一番最初にゴールした選手が1位になるのだが、2番手以降にいた方が前の選手がよけになってくれるため、どこまで後方で待機していつスパートをかけるかというのが重要となる。
なお、初めから3位以内をあきらめるのであればいきなりスパートして12周までトップを維持できれば確実に4位に入ることができる。

関連動画

関連商品

スピードスケートに関するニコニコ市場の商品を紹介してください。

関連コミュニティ

スピードスケートに関するニコニコミュニティを紹介してください。

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%82%B9%E3%83%94%E3%83%BC%E3%83%89%E3%82%B9%E3%82%B1%E3%83%BC%E3%83%88

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

スピードスケート

1 ななしのよっしん
2018/02/25(日) 10:54:00 ID: WxJU/kDN3F
パシュートマススタートについても記載お願いしたいです
スピード勝負だけではない面さがあるので
2 ななしのよっしん
2018/02/25(日) 17:11:45 ID: 08eS3HoFoJ
女子マススタート決勝はエストニアアルサルツインターボばりの大逃げを打つなか、好位に付けた高木菜那が最終コーナーインを突いて優勝という競馬のような試合
一方、男子は先行したチョン・ジュウォンマークが集中した事で、ノーマークとなったチームメイトのイ・スンフンを結果的に勝たせ形になったという競輪のような試合
状況次第で展開が大きく変わるのが面いよね
クソつまらないとかれた準決勝もムエタイの2Rまでみたいなものと見ると面い思う
3 ななしのよっしん
2018/03/02(金) 21:17:08 ID: mSSIJLn9xS
モータースポーツでよく使われる用だけど、スリップストリームについての説明が必要じゃない?>チームパシュート