バイオレットステークス単語

バイオレットステークス

バイオレットステークスとは、京都競馬場2008年まで施行されていた中央競馬JRA)の特別競走である。

概要

3歳限定の、出走条件がオープン(賞による出走の制限がなく、かつ申し込みが多数の場合は賞額で出走が決められる[1])となっている特別競走である。1996年以降は、例年1月下旬か2月上旬の施行であった。

1995年までは芝1400mの設定であったが、1996年よりダート1400mに変更された。
中央競馬においては、3歳の終わりごろまではダートの重賞競走がないため、3歳の1月から5月にかけていくつかの「3歳限定・ダート」のオープン特別競走が設定されている。の終わり~初におけるダート重賞競走(2001年以降においては、6月上旬のユニコーンステークス7月上旬のジャパンダートダービー)をがこれらの競走を活用しているのである。
バイオレットステークスもそのような競走の一であったのだが、2008年をもって止され、代わってヒヤシンスステークス(東京競馬場)が1週間前倒しされることになった。(参考記事exit

1996年バイオレットステークス

ダートでの施行に変わってから初めてのバイオレットステークス。
しかしこの日の京都は大カメラにほとんど何も映らないまま実況が行われるというが繰り広げられた。

動画グリーンチャンネルverとKBS京都verの2つ

結果、1996年バイオレットステークスは「競馬中継の画面が真っ白になること」の代名詞として定着してしまったのであった。

歴代勝ち馬

ダートでの施行となった1996年以降。
2000年までは当時の表記に従い、齢を現行よりも1歳上で表記する。

開催日 優勝 性齢 時計 勝利騎手
2008/02/03 シルクビッグタイム 3 1:24.20 C.ルメール
2007/01/28 シャドウトライプ 3 1:24.50 安藤勝己
2006/01/29 エイシンセイテン 3 1:24.60 O.ペリエ
2005/01/30 ドンクール 3 1:25.00 熊沢重文
2004/02/01 スズオペラ 3 1:25.00 原央明
2003/02/02 エコプレイ 3 1:25.10 O.ペリエ
2002/01/27 インタータイヨウ 3 1:23.80 秋山
2001/01/28 イネルエーレ 3 1:24.70 四位洋文
2000/01/30 ビーチフラッグ 4 1:24.60 四位洋文
1999/01/09 ゲイリーアリエス 4 1:24.90 佐藤哲三
1998/01/10 スギキューティ 4 1:23.70 河内
1997/01/25 メイショウモトナリ 4 1:23.00 安田
1996/02/10 ムラホーム 4 1:24.80 上村洋行

関連動画

真っ白帯広競馬場
真っ白水沢競馬場
真っ白小倉競馬場
↓西日でカメラ真っ白京都競馬場
真っ白門別競馬場
真っ白イギリス競馬場

関連商品

 

関連コミュニティ

バイオレットステークスに関するニコニコミュニティを紹介してください。

関連項目

脚注

  1. *厳密には、の格付け用に修正された賞額である「収得賞」が用いられる。詳しくはぐぐって下さい。

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%83%90%E3%82%A4%E3%82%AA%E3%83%AC%E3%83%83%E3%83%88%E3%82%B9%E3%83%86%E3%83%BC%E3%82%AF%E3%82%B9

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

バイオレットステークス

1 ななしのよっしん
2014/09/22(月) 23:49:08 ID: hSCQH74d+s
バイオレットステークスということで文字にしたら面かったw 画面真っ白

初見た人は意味不明だと思うけど。

急上昇ワード

2019/05/24(金)06時更新