ユニコーンステークス単語

ユニコーンステークス
1.9千文字の記事
  • 1
  • 0pt
掲示板へ

ユニコーンステークスは、JRA(日本中央競馬会)が開催する東京競馬場の3歳限定のダート1600mの重賞競走である。格付けはGⅢ

概要

創設は1996年JRAダート路線の整備の的で中山開催の時期に新設された。
(第2回は東京競馬場であった)

新設当初は中山競馬場のユニコーンステークス(GⅢ)、大井競馬場スーパーダートダービー(GⅡ)、盛岡競馬場ダービーグランプリ(GⅠ)のダート3冠が形成されていたが、達成が現れる前にスーパーダートダービー止、代わりに7月ジャパンダートダービー(Jpn)が新設されたことにより、ユニコーンステークスの開催時期が移設され、現在ジャパンダートダービーのステップレースの役になり6月東京競馬場で行われている。

なおダービーグランプリレースそのものは現在も残されているものの、地方限定競走になりGⅠの格付けもなくなっている。

当初の的と開催時期の変更はあるもののこのレースの勝ちからは、
シンコウウインディタイキシャトルウイングアローゴールドティアラアグネスデジタルユートピアカネヒキリベストウォーリアノンコノユメゴールドドリームサンライズノヴァルヴァンスレーヴワイドファラオカフェファラオ等といった面々がのちにGⅠ/Jpnを勝っている。

2010年の第15回、2012年の第17回は安田記念のあとの第12Rで行われた。
(2011年も当初は安田記念のあと第12Rの予定であったが、東日本大震災により節電で日程変更されている)

第7回の勝ちヒミツヘイキは、船橋競馬所属でこのレース一の地方所属勝利である。(2018年現在)

2024年より、羽田盃東京ダービージャパンダートクラシック「3歳ダート三冠競走」として整備されることを受け、名称を変えてに移行するジャパンダートダービーに代わり東京ダービーの前戦として開催時期を変更する予定。加えて負担重量も別定から齢へと変更される。

レース結果

年齢表記は2000年以前も現在年齢で表記
(第1、第3、第4回、第5回は中山競馬場ダート1800m)

回数 開催日 勝利 性齢 騎手 タイム 動画
第27回 2022年6月19日 ペイシャエス 3 菅原明良 1:35.2
第26回 2021年6月20日 マッシャー 3 坂井瑠星 1:34.4
第25回 2020年6月21日 カフェファラオ 3 D.レーン 1:34.9 sm37068134exit_nicovideo
第24回 2019年6月16日 ワイドファラオ 3 福永祐一 1:35.5
第23回 2018年6月17日 ルヴァンスレーヴ 3 M.デムーロ 1:35.0 sm33379926exit_nicovideo
第22回 2017年6月18日 サンライズノヴァ 3 戸崎圭太 1:35.9
第21回 2016年6月19日 ゴールドドリーム 3 川田将雅 1:35.8
第20回 2015年6月21日 ノンコノユメ 3 C.ルメール 1:35.9
第19回 2014年6月22日 レッドアルヴィス 3 蛯名正義 1:36.0
第18回 2013年6月16日 ベストウォーリア 3 戸崎圭太 1:36.0
第17回 2012年6月3日 ストローハット 3 福永祐一 1:36.5 sm17999206exit_nicovideo
第16回 2011年6月4日 アイアムアクトレス 3 秋山一郎 1:36.2 sm14647127exit_nicovideo
第15回 2010年6月6日 バーディバーディ 3 松岡正海 1:36.6 sm10990391exit_nicovideo
第14回 2009年6月6日 シルクメビウス 3 田中博康 1:35.5 sm10932019exit_nicovideo
第13回 2008年6月7日 ユビキタ 3 安藤勝己 1:35.1 sm3593002exit_nicovideo
第12回 2007年6月2日 ロングプライド 3 武豊 1:36.9 sm2745160exit_nicovideo
第11回 2006年6月3日 ナイキアースワーク 3 横山典弘 1:37.2
第10回 2005年6月4日 カネヒキリ 3 武豊 1:36.5
第9回 2004年6月5日 トップオブワールド 3 四位洋文 1:36.0
第8回 2003年6月7日 ユートピア 3 安藤勝己 1:35.8
第7回 2002年6月1日 ヒミツヘイキ 3 1:36.4
第6回 2001年6月2日 ナスダックパワー 3 江田照男 1:36.4
第5回 2000年9月30日 アグネスデジタル 3 的場均 1:50.7
第4回 1999年10月2日 ゴールドティアラ 3 田中 1:52.6
第3回 1998年10月3日 ウイングアロー 3 南井克巳 1:52.0 sm8305298exit_nicovideo
第2回 1997年10月4日 タイキシャトル 3 岡部幸雄 1:36.8 sm7607346exit_nicovideo
第1回 1996年9月28日 シンコウウインディ 3 岡部幸雄 1:52.8

関連コミュニティ・チャンネル

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 1
  • 0pt
記事編集 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

ユニコーンステークス

1 ななしのよっしん
2020/05/06(水) 19:51:39 ID: P4lzWgdYnB
順調にダートの出世レースになってるからそろそろGII昇格してほしいところですね
2 ななしのよっしん
2022/10/17(月) 16:37:26 ID: hxqB+FthNI
東京ダービーの前戦という位置づけの日程変更されるけど東京ダービーの日程考えると
変更されたらここから砂の東京ダービーじゃなくて芝の方の東京ダービー出るが出てくる気がするわ
G3勝ちなら賞金的には除外はまずくらわないだろうし
3 ななしのよっしん
2022/11/01(火) 22:47:23 ID: lWg0Ua2+4h
羽田盃の前戦じゃなくて東京ダービーの前戦ってことは、羽田盃と時期が被るの?
さらに兵庫チャンピオンシップ距離短縮とはいえ残るってなると有散っちゃいそう
4 ななしのよっしん
2022/11/29(火) 11:17:39 ID: 0fpLaLuUmG
>>2 >>3
革後のユニコーンステークスの開催時期はまだ未定だけど
羽田盃の開催が4月下旬、東京ダービー6月下旬だからだいたい5月下旬開催になるんじゃないかな
しかし、皐月賞以外の日本ダービーの前戦ほど有が集まらない、なんてことはないんじゃないかな?
皐月賞の開催が4月下旬で日本ダービー5月下旬だから
5 ななしのよっしん
2022/11/29(火) 13:36:57 ID: mj76UxjX4N
JRAが先日発表してるけど、ダート革の件に先立って桜花賞皐月賞NHKマイルカップ優駿牝馬東京優駿レースは、芝で獲得した賞を優先すると発表されていたり。
なのでユニコーンSを使った東京優駿に急に変えることは、よほど事前に芝のレースで賞を稼いでいない限りないかと。

https://www.jra.go.jp/news/202211/111802.htmlexit
6 ななしのよっしん
2022/11/29(火) 14:23:03 ID: VkyvtRiVcP
>>5 2の発言はその発表前なのよ
それに、「令和7年度から」と書いてあるので、2024年はその懸念通りになるはずなのよ
ユニコーンSダービー行くなら、前提として芝・ダート両方に適性があると見込んでの話になるはずで、ローテも相当変なはずだが

急上昇ワード改