合気道単語

アイキドウ
4.1千文字の記事
  • 8
  • 0pt
掲示板へ

合気道とは、日本武道である。

概要

円の動きを多用し、合理をもって相手を制するを旨とする武道武術あいきどうのひと

会津のお抱え武術だった大東流合気柔術ベースに、武道・植芝盛がいろいろ工夫を凝らして完成させた。盛の立ち上げた合気道以外にもいくつか「合気道」を名乗る流は存在するが、基本的になんの説明もなく「合気道」と言えば植芝流(=「財団法人日本合気会」下団体)をす。現在は3代植芝守央が

合気会以外の流はいずれもマイナーであるが、較的規模の大きいものとして、盛子の立ち上げた日本合気道協会(昭館合気道)、養館合気道などが存在する。また、80~90年代に「西野式呼吸法」を広めた西野皓三や、合気道の実戦性の低さから叛旗を翻した櫻井文夫の合気道S.A.あたりが武術オタを中心にやや知られていると思われる。古武術の例に漏れず、うさんくさい団体が多いので要注意(特に氣のパワーで吹っ飛ばすのを売りにしている系はまずオカルト武術)。高校大学の合気道部は基本的に日本合気会の下と思われる。

この他、平井稔が創始した輪洞合気道も存在しているが、名前が同じなだけで上記とは全く別の武術である。

通常、合気道場には植芝(開祖・盛、2代・吉祥丸など)の写真が飾られている。部活の場合、柔道部と半分ずつ分け合ったりする羽になるケースも多い。場が使えない場合は外で基礎トレや木術の稽古。

武術としての特徴は、基本的に相手に攻撃させるところから始まる点。
稽古は「相手が武器を振り上げ/振り下ろしてくる」「相手が突いてくる、または突進してくる」「相手が衣服の襟や胸倉をつかんでいる」「自分の持っている武器や腕を封じに来る」という想定の状態から始まり、相手の攻撃始動モーション(振り上げとか)と同時に動き、2モーション(振り下ろしとか)と同時に制圧の形に入る。この際、正面から向き合わず、最初のモーションで接近すると同時に身体の向きを変えて側面や背面に密着し、相手の攻撃を“受け止め”ない。この相手のに逆らわず、相手の動きに和合し、相手を制する術理、及びそれを可にする精体の状態が「合気」の由来と思われる。相手から見て攻撃可能面積が狭く、次のモーションに移行しやすい「半身」を基本姿勢としており、最小限の体捌きで向きを変えながら懐に入り、あるいは攻撃の先端を捉え、化を狙う。

よくある誤解

  • 体術のみと思われがちだが、木剣術術もカリキラムにおいては重視される。短取りも定番。なお、武器を用いる場合でも、手の場合と術理はほぼ変わらない。
    「合気の理合いはの理合い」という言葉もあるほどであり、武器の使い方から体の使い方、技の効かせ方を学んでいく。

  • 投げ技のイメージが強いが、当て身(打撃技)とセットで学ぶ。投げる技の他に相手を寝かせて化させる動きも重視される。フィニッシュとなる関節技は、手首、肘、肩を極めるバリエーションが基本となる。

  • 立ち技のイメージが強いが、お互い座った状態からの稽古も多い。膝行(膝歩き)は合気道の基本ムーヴ

  • 気功など常的エネルギーで相手を投げ飛ばしたりするイメージがあるが、あくまでも人体の合理(関節や腱を極められて痛いので転がる、体軸のバランスを崩されて倒れる、接触する前に自分から飛ばないと危険、など)に基づいた術理である。気功パワーとかはたぶん西野式などの影による誤ったイメージと思われる。
    演武においての流れを分かりやすくするために接触しないを行う場合もあるが、これはあくまで教材として考えるべきである

  • たまにフィクションで「合気道の試合のために頑る」みたいな話が出てくるが、合気道に「試合」というものは存在せず、演武会においての美しさを競う(といっても競技ではない)。

  • その方向性から(否定的な意味でも肯定的な意味でも)「ダンスを踊ってるよう」と形容されることがあるがそれは実際、相手の攻撃の動きに自分から併せて吸収するという、合気道の標の形の一つである。(流場によって演武の様相も大きく異なってくる)

  • 合気道の演武はあまりにも麗に技が決まりすぎるため、よく知らない人からはヤラセなどと思われることもあるが、単に係り稽古においては、合気道は受け身が身に染み付いているので手に見えてしまうというのもある。あくまで「演武」であり、デモンストレーションである。ただし綺麗に飛ぶには投げる方にも当然相応の実が必要であり、また綺麗に飛ばないと怪に繋がる。垂直落下を予感させる下手な投げの受け身はとても恐ろしいものである。
    (この点、上級者は相手が怪しないように上手に技を「崩している」とも言える。本来の形で技を行うと相手が負傷、もしくは死んでしまうからである。)

  • ヤラセのイメージの代表格として軽く押されて前転受け身を取るとか、肩を掴みに行ったら手に吹き飛ばされるように見える技がある。前述の通り受け身を取らないと怪をするというのもあるが、掴みかかるために進もうとするのと同じ方向に押し出されたり、掴みかかった間に引き出されるようにが加えられるので掴みかかる勢いによってはレベルの高い合気道相手の場合本当に吹っ飛ぶ。(数十㎏の荷物の乗った動く台車を掴んで止めようとするのをイメージしてもらうと分かりやすいか)

  • は必要ないと思われがちだが、それは流れの中で理想的な動きができた場合であり基本的には相手を持ち上げるに足る強いが必要である。
    そもそも筋はあればあるだけリカバリーが効くし体を自由に動かせるようになる。攻撃をもらった際のダメージ軽減や怪の防止にも効果がある。武術として用いるつもりなら当然のごとく筋肉は必要である。イメージとしては「引きずり回す等の作用させる」は必要ないが「どのような状況や要でも自分の体を動かしてしっかりと立ち続ける」が存分に必要と言ったところだろうか。
    歴史に残る合気道は例外なく体に芯が通ったような強い体幹を有しており、小柄で細身ながらもみっしりと筋肉がつまっている。この場合も「バレリーナのような筋肉」と形容されることがあるようだ。
    稽古においても相手に呼吸を効かせてしっかりと抑えてもらい、それを自らの呼吸を以て投げるというハード筋トレに近い技の鍛錬を通常として行う流が多数ある流にあたる合気会や岩間からしてそうである)

  • 小よく大を制するイメージから、フィクション世界では「護身術として合気道を学んだ美少女が巨を投げ飛ばす」ような図が見受けられるが、普通理であり、たぶん柔道とか超能力とかいろんなものとごっちゃになっている(場のに産まれて幼いころから稽古を始め、日ごろから良質な技に触れ続け晩の稽古を欠かさず、外部の稽古にもよく参加して合気道以外の武術の経験も豊富であり、体造りにも余念がないアスリートのような生活をしている御仁になら可かもしれない)
     現在の合気道は精性、及び体育的な学びを重視しており、決してお手軽に喧嘩に強くなれる武術ではない。有段者にはやたら強い先生などもいるにはいるが、たいてい柔道剣道を同時に学んでいる人たちである。本気で護身術を学びたいなら、素直に柔道などと並行して習うことをおすすめしたい。そもそも開祖からして様々な剣術柔術の集大成としてこの武術しているのである。
     護身術として通用しないわけではないだろうが、実際に用立つレベルに至るには膨大な時間がかかる。はっきり言ってそこまで習熟してるならそれほど大きくない場の師範代なら務められる量と言える。(相手の動きの起りを見切り、稽古で行うとは違う攻撃に応対するなど高度な技術が要されるため。)また、実践の制圧において重要な要素である当身を安全性の確保や稽古方針のために導から外している場もある。

     そもそも護身術の第一の要点は「いかにして危険な状況に陥らないか」であり二番は「いかにして危険な状況からの離脱を可にするか」である。相手を制圧することで危機を脱しようとすれば難易度も危険性も跳ね上がり、護身を考えるのならば厳として選択肢から外すべきである。どのように相手を倒すかを考える暇があるのなら、どのように振舞えば危険から身を遠ざけられるかを考えるべきだろう。

高名な合気道家

植芝盛
合気道の開祖。大東流の達人・武田から伝授された柔術ベースに合気道を立ち上げた。大本という宗教に傾倒し、 霊者・出口王仁三郎の警護のために満州に渡って賊と戦ったりした。弾6発を回避したエピソードなどは合気道部に入ればだいたい先輩から聞かされること間違いなしの定番レジェンド身長150センチそこそこだった。

なお、小柄ながらその体は非常に体幹が強く、村人が複数人で抜こうと躍起になっていた木を少しずつずらしながらとうとう一人で抜いてしまったという逸話もあったりする。
(本気で武術として合気道を修めている人は柔道に遜色ないほどしっかりと筋をつけている。筋トレーニングの積み重ねというより、膨大な量の鍛錬の中で体が作られていくのである。)

塩田剛三
以上に人間離れしたエピソードをいくつも持つ、近代日本武術史のカリスマ。盛の元で合気道を学んだのち、養館合気道を立ち上げる。やはり身長150センチ台、体重も40キロ台と極めて小柄だが、 その強さはまさに伝説的。「こんな小さい日本人が強いわけがない」と疑ったロバートケネディのボディガードを圧倒した映像は、たぶんニコニコのどこかで見ることができるだろう。漫画グラップラー刃牙」の渋川剛気モデル

スティーブン・セガール
現在時点における人類の最終兵器。 


その他、ニコニコ大百科によればリチャード・マック・マコウィッツ狩野すみれ泉こなた花見川といった人物たちが合気道またはそれに類する武道をたしなんでいる模様。

関連動画

関連商品

関連コミュニティ

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 8
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E5%90%88%E6%B0%97%E9%81%93

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

合気道

282 ななしのよっしん
2021/01/23(土) 13:05:52 ID: 08gyFIRe+w
身体表現論だったかな?動作を記号化して文字列にして使う分野の授業を受けたことがある。難しくてうまく理解できなかったけど、プログラムみたいに身体動作の専用言文字を組んだら上手くいくんだろうか?未来の格闘は専用言で書かれた文字列を読み込む博士号者だったりして(笑)

ただ、例えば戦闘機パイロットなんかは理論と周辺知識とか、論文を読んだり書いたり相当レベル高い層が居るんだか全員なのか分からないけど。
OODAループ考案者、米国空軍所属のジョン・ボイドさんとか頭良かったみたいだし。

形稽古やら映像資料をモーションキャプチャーやらAIだか色々駆使してビッグデータ化して、解析結果を色々練習に取り入れる世界になるんだろうか。むしろもうなってる?

テニス錦織選手の特集で、対戦相手のマレー選手はじめ、多くの選手がデータ会社に解析を依頼して弱点のあぶり出しに利用したとか、錦織選手が苦戦した要因の内の一つとして情報化の波でテニス界の盤外戦の質が変わった事もあったと言われているし。

戦いに、座学は必須
(省略しています。全て読むにはこのリンクをクリック!)
283 ななしのよっしん
2021/01/23(土) 13:10:55 ID: 08gyFIRe+w
真空世界王者 こうけつのYouTube
というチャンネルがあるけど、この人が話してるときの背景の書籍の量がえぐい。
そういえばボディビルダーも座学必須だし。
そうか、が知らないだけで総合格闘も座学みっちりとみて間違いないか。で、>>277で言う理論になるわけだ
284 ななしのよっしん
2021/01/23(土) 17:35:05 ID: yfcB9wSceo
多くの武術で秘伝があるのは、初見殺し最強という考えで、故に締め切った場で稽古したりして情報が外に漏れないようにしていたわけだが、最近はもう対策は難しいやな。
285 ななしのよっしん
2021/01/25(月) 09:56:22 ID: ZnTR5ZGu/R
>>282
>形稽古やら映像資料をモーションキャプチャーやらAIだか色々駆使してビッグデータ化して、解析結果を色々練習に取り入れる世界になるんだろうか。むしろもうなってる?

そこまで進んでるかは分からないけど、海外MMAだと稽古とほぼ同じ内容の『ドリル』っていう対人シャドーっぽいトレーニングがあるね
流空手の約束組手にも近いと思う

マンツーマンで決められたコンビネーションを繰り返して、一連の動きを身体に染み付かせるのが的らしい
286 ななしのよっしん
2021/03/05(金) 18:22:48 ID: 3IagOyW606
>>278
へぇじゃあ合気道はどういう状況を想定していて、
やっている鍛練でそれに対処できるようになるんです?
漫画でしか合気道を知らなさそうだし答えられないと思うけど…

本人は自信満々に書き込んだのかもしれないけど、同じ場にいるのに「ヨボヨボの爺さんが持っているびっくりするような技」の原理を自身が知らない時点で技術の伝承がなされてないのよね
が不要アピールするけど、それはつまり
ちょっとやるだけで出来ることを教えてもらえてないということ
ここで議論してないで場で、と言われても、
困ったことに合気道場には形以外ができる人がいないからな…

技術伝承のノウハウと各個人が対人で工夫する余地がいせいで何やってるかも分からず、
(省略しています。全て読むにはこのリンクをクリック!)
287 ななしのよっしん
2021/10/16(土) 01:10:47 ID: sTcmBDGaZm
自分は中島正さんや岩沢信夫さん、福岡正信さん、木村則さんなどの建設者の本を読んで自給農業の準備してるものなんだが、塩田剛三さんの著書の発言にとても共感したので、いつか合気道学びたいなと思ってる。
で、塩田さんの記事やここも覗いたが、やはりに東洋的体術だと思う半面、286の人みたいな勘違いは、発言、説明しないを下に見る現代だと避けられないな、とも思わされた。

素人が食材をえても名人の味にならない。
料理本読むだけではうまくならない。
例えばHow can you speak Japanese so fluently?と聞かれても、286の人だって、教育、説明はできないが喋れている。
未知と既知は常に隣り合わせでも全ではないし。しかしできる人はできる。
ひたすら極める、競争ではない、さえ残れば天才が必ず現れてくれる、と。
ゴータマシッダッタさんと同じだ。
医は医なきを期す、にも通じる。

ただ、相手と和することが合気道の極意だ、危険に陥らない、近寄らないのがまず大
(省略しています。全て読むにはこのリンクをクリック!)
288 ななしのよっしん
2021/10/17(日) 19:08:17 ID: JqsqsKvV7z
>>286
が不要=ちょっとやるだけで出来る」ってのはつまり「があれば何でも出来る・補える」という事か。
それこそ漫画なら通じるかもしれんが、現実の話をしてるなら流石にちょっと浅はか過ぎるよなあ。
289 ななしのよっしん
2021/10/17(日) 19:11:18 ID: P5vFE0WvhM
ちょっと習ってた人だけど、
練習で習う技はしょぼいが実際に決めるとめちゃくちゃ危ないのであえて抑えている」ってのが実は多いから見てるだけだとしょぼく見える武道の一つ。
あと受けとはいえも使うのがしかったり。
290 ななしのよっしん
2021/10/20(水) 12:27:27 ID: HBB5/48Wcb
自分語りポエムを始める>>289といい「つまり」が全く矛盾している>>288といい、合気道擁護しているってどうしてこう、「頭足らないのかな…?」って連中ばかりなのかね?
2000年代総合格闘技K-1異種格闘技戦が盛り上がってきたとき、当然合気道にも言及されたけど
擁護している連中は
「危険すぎて競技で使えないだけ!でも警察逮捕術に採用されているから強い!(なお実際は柔道日本拳法逮捕術のベース)」とかいう矛盾丸出しのアホな言い分えてて呆れられて、
もうすっかり2015年ごろには武道格闘技としては見なされなくなってたしね
技術体もそうだが知がお粗末すぎる…

>>287は大して塩田剛三人生を知らずに(ナンパ邪魔されてをつぶしたり戦争捕虜って技の研究したり)本だけ読んで感動してる程度の知だし、言われたことが勘違いというのなら、それが勘違いである根拠が必要なのだがそれも提示できない
何より既に言及されているけど塩田本人は現代合気道みたいに気だの
(省略しています。全て読むにはこのリンクをクリック!)
291 ななしのよっしん
2021/10/20(水) 12:33:58 ID: HBB5/48Wcb
>>289
それなら何で、合気道の怪は相手の攻撃による負傷ではなく
自分でとんだ受け身の失敗ばかりなのかな?

そもそもしょぼく見えるのではなく
手に見せるために
自分からわざと倒れるプロレス呼ばわりのほうが多いのだけど?

「実際に決めると危ない技」とやらは、練習したこともない突きや金的とか?
それとも相手がマネキンのように何も抵抗をしない前提で長々と準備して転がってもらってようやくかける関節技のこと?