合気道単語

アイキドウ

合気道とは、日本武道である。

概要

円の動きを多用し、合理をもって相手を制するを旨とする武道武術あいきどうのひと

会津のお抱え武術だった大東流合気柔術ベースに、武道・植芝盛がいろいろ工夫を凝らして完成させた。盛の立ち上げた合気道以外にもいくつか「合気道」を名乗る流は存在するが、基本的になんの説明もなく「合気道」と言えば植芝流(=「財団法人日本合気会」下団体)をす。現在は3代植芝守央が

合気会以外の流はいずれもマイナーであるが、較的規模の大きいものとして、盛子の立ち上げた日本合気道協会(昭館合気道)、養館合気道などが存在する。また、8090年代に「西野式呼吸法」を広めた西野皓三や、合気道の実戦性の低さから叛旗を翻した櫻井文夫の合気道S.A.あたりが武術オタを中心にやや知られていると思われる。古武術の例に漏れず、うさんくさい団体が多いので要注意(特に氣のパワーで吹っ飛ばすのを売りにしている系はまずオカルト武術)。高校大学の合気道部は基本的に日本合気会の下と思われる。

通常、合気道場には植芝(開祖・盛、2代・吉祥丸など)の写真が飾られている。部活の場合、柔道部と半分ずつ分け合ったりする羽になるケースも多い。場が使えない場合は外で基礎トレや木術の稽古。

武術としての特徴は、基本的に相手に攻撃させるところから始まる点。
稽古は「相手が武器を振り上げ/振り下ろしてくる」「相手が突いてくる、または突進してくる」「相手が衣服の襟や胸倉をつかんでいる」「自分の持っている武器や腕を封じに来る」という想定の状態から始まり、相手の攻撃始動モーション(振り上げとか)と同時に動き、2モーション(振り下ろしとか)と同時に制圧の形に入る。この際、正面から向き合わず、最初のモーションで接近すると同時に身体の向きを変えて側面や背面に密着し、相手の攻撃を“受け止め”ない。この相手のに逆らわず、相手の動きに和合し、相手を制する術理、及びそれを可にする精体の状態が「合気」の由来と思われる。相手から見て攻撃可能面積が狭く、次のモーションに移行しやすい「半身」を基本姿勢としており、最小限の体捌きで向きを変えながら懐に入り、あるいは攻撃の先端を捉え、化を狙う。

よくある誤解

  • 体術のみと思われがちだが、木剣術術もカリキラムにおいては重視される。短取りも定番。なお、武器を用いる場合でも、手の場合と術理はほぼ変わらない。

  • 投げ技のイメージが強いが、当て身(打撃技)とセットで学ぶ。投げる技の他に相手を寝かせて化させる動きも重視される。フィニッシュとなる関節技は、手首、肘、肩を極めるバリエーションが基本となる。

  • 立ち技のイメージが強いが、お互い座った状態からの稽古も多い。膝行(膝歩き)は合気道の基本ムーヴ

  • 気功など常的エネルギーで相手を投げ飛ばしたりするイメージがあるが、あくまでも人体の合理(関節や腱を極められて痛いので転がる、体軸のバランスを崩されて倒れるなど)に基づいた術理である。気功パワーとかはたぶん西野式などの影による誤ったイメージと思われる。

  • たまにフィクションで「合気道の試合のために頑る」みたいな話が出てくるが、合気道に「試合」というものは存在せず、演武会においての美しさを競う(といっても競技ではない)。

  • その方向性から(否定的な意味でも肯定的な意味でも)「ダンスを踊ってるよう」と形容されることがあるがそれは実際、相手の攻撃の動きに自分から併せて吸収するという、合気道の標の形の一つである。(流場によって演武の様相も大きく異なってくる)

  • 合気道の演武はあまりにも麗に技が決まりすぎるため、よく知らない人からはヤラセなどと思われることもあるが、単に係り稽古においては、合気道は受け身が身に染み付いているので手に見えてしまうというのもある。あくまで「演武」であり、デモンストレーションである。ただし綺麗に飛ぶには投げる方にも当然相応の実が必要であり、また綺麗に飛ばないと怪に繋がる。垂直落下を予感させる下手な投げの受け身はとても恐ろしいものである。
    (この点、上級者は相手が怪しないように上手に技を「崩している」とも言える。本来の形で技を行うと相手が負傷、もしくは死んでしまうからである。)

  • ヤラセのイメージの代表格として軽く押されて前転受け身を取るとか、肩を掴みに行ったら手に吹き飛ばされるように見える技がある。前述の通り受け身を取らないと怪をするというのもあるが、レベルの高い合気道相手の場合掴みかかるために進もうとするのと同じ方向に押し出されたり、掴みかかった間に引き出されるようにが加えられるので掴みかかる勢いによっては本当に吹っ飛ぶ。(数十㎏の荷物の乗った動く台車を掴んで止めようとするのをイメージしてもらうと分かりやすいか)

  • 小よく大を制するイメージから、フィクション世界では「護身術として合気道を学んだ美少女が巨を投げ飛ばす」ような図が見受けられるが、普通理であり、たぶん柔道とか超能力とかいろんなものとごっちゃになっている(場のに産まれて幼いころから稽古を始め、日ごろから良質な技に触れ続け晩の稽古を欠かさず、体造りにも余念がないアスリートのような生活をしている御仁になら可かもしれない)
     現在の合気道は精性、及び体育的な学びを重視しており、決してお手軽に喧に強くなれる武術ではない。有段者にはやたら強い先生などもいるにはいるが、たいてい柔道剣道を同時に学んでいる人たちである。本気で護身術を学びたいなら、素直に柔道などと並行して習うことをおすすめしたい。護身術として通用しないわけではないだろうが、実際に用立つレベルに至るには膨大な時間がかかる。はっきり言ってそこまで習熟してるならそれほど大きくない場の師範代なら務められる量と言える。(相手の動きの起りを見切り、稽古で行うとは違う攻撃に応対するなど高度な技術が要されるため。)また、実践の制圧において重要な要素である当身を安全性の確保や稽古方針のために導から外している場もある。
     そもそも護身術の第一の要点は「いかにして危険な状況に陥らないか」であり二番は「いかにして危険な状況からの離脱を可にするか」である。相手を制圧することで危機を脱しようとすれば難易度も危険性も跳ね上がり、護身を考えるのならば厳として選択肢から外すべきである。どのように相手を倒すかを考える暇があるのなら、どのように振舞えば危険から身を遠ざけられるかを考えるべきだろう。

高名な合気道家

植芝盛
合気道の開祖。大東流の達人・武田から伝授された柔術ベースに合気道を立ち上げた。大本という宗教に傾倒し、 霊者・出口王仁三郎の警護のために満州に渡って賊と戦ったりした。弾6発を回避したエピソードなどは合気道部に入ればだいたい先輩から聞かされること間違いなしの定番レジェンド身長150センチそこそこだった。

塩田剛三
以上に人間離れしたエピソードをいくつも持つ、近代日本武術史のカリスマ。盛の元で合気道を学んだのち、養館合気道を立ち上げる。やはり身長150センチ台、体重も40キロ台と極めて小柄だが、 その強さはまさに伝説的。「こんな小さい日本人が強いわけがない」と疑ったロバート・ケネディのボディガードを圧倒した映像は、たぶんニコニコのどこかで見ることができるだろう。漫画グラップラー刃牙」の渋川剛気のモデル

スティーブン・セガール
現在時点における人類の最終兵器。 


その他、ニコニコ大百科によればリチャード・マック・マコウィッツ狩野すみれ泉こなた花見川といった人物たちが合気道またはそれに類する武道をたしなんでいる模様。

関連動画

関連商品

関連コミュニティ

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E5%90%88%E6%B0%97%E9%81%93

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

合気道

184 ななし
2018/06/10(日) 22:01:07 ID: P4I3fNvgPu
合気道の術は素人には分かりづらいのが欠点やね。
逆にキックボクシングとかシャドーだけで説明できる。

総合格闘技で合気の技で勝ったりしたら評価も変わりそうだけど、
勝ちパターンが関節ぶっ壊すか、後頭部強打。
勝ってもドン引きな展開になりそう。
185 ななしのよっしん
2018/06/26(火) 14:43:09 ID: d7IOhArvuy
これもまた素人の意見だけど、打撃・組み技・投げ技など、他分野の格闘技の技にも精通していないと合気道として強くなれないのではないか?
格闘技未経験者が純合気道だけ習って一足飛びに強くなるのは不可能な気がする。
186 ななしのよっしん
2018/08/17(金) 15:52:26 ID: NunknJUmeX
顔面殴るのも大概だけど関節が反対に曲がるのはもっと見たくないわな
187 ななしのよっしん
2019/01/16(水) 13:36:12 ID: oVy3n5maxa
倫洞だっけ?の合気道もちょっと触れてくれよ
188 ななしのよっしん
2019/02/27(水) 06:48:00 ID: wpPNtaHvkJ
>>184
総合で強い選手がも使ってない時点で答えは出てる
あと強いは後頭部から落ちた程度じゃ負けんからな、ヒョードルvsランデルマンなんかは有名だから見たことあるも多いだろうけど

そもそも一番強いとされる塩田がボディーガード圧倒したとかいう動画見たけど前提からしておかしいじゃんあれ
お互い正座して、抵抗の相手に腕出してもらってそこから技かけてハイッ、って意味分からん
いや論「その体勢に限って」大男のボディーガードが塩田みたいなちっちゃい爺さん相手に何もできなかったというのは事実だし、そこだけを切り取って見れば「そこだけ」は凄いけどさ

じゃあ総合選手やボクサーと面と向かって戦って勝てるビジョンが見えねえもんなあ、速攻でタックルかけられたりパンチ打たれたらすぐ負けそう
で、実際強い選手が合気道の技使ってない(名は知らん)のが客観事実なんだから、すなわちプロの戦いじゃ弱すぎて使い物にならんってことだろ
論素人相手には有効だろうけどな、護身術みたいな感じで
(省略しています。全て読むにはこのリンクをクリック!)
189 ななしのよっしん
2019/02/27(水) 07:03:14 ID: wpPNtaHvkJ
それこそ、もっともバーリトゥードに近い総合格闘技で「明らかに強い」のって打撃かレスリングできる選手なんだよね、柔術なんかは帯持ってて当たり前の世界だし
だから吉田沙保里と戦って勝てる合気道者ってもいないと思う、更に言えば全盛期吉田沙保里柔術と打撃璧にマスターしたら間違いなく世界最強論パウンドフォーパウンドではの話)
190     
2019/02/27(水) 22:10:48 ID: HB73IN4YJ3
ちゃんとベストスタイル合気道使いには任意の武器持たせてたたかわせりゃいいんじゃね。ボクサーやレスラー総合格闘が素手にこだわるのはそいつらの自由だから。マシンガン合気道で勝てるよ。

191 ななしのよっしん
2019/02/28(木) 19:01:06 ID: 4clL0Pb5na
別に正々堂々と戦いますなんてお題は揚げてないので
絶対に勝てると思う状況で絶対に勝てると思う方法で戦うだけのことなんだよなあ

納得いかない人がかなりいるみたいだけど,素手同士のフィールドに引き込めない時点で負けなんだよ。こっちには争う理由がないんだから
192 ななしのよっしん
2019/03/20(水) 22:15:49 ID: 08gyFIRe+w
ストリートで素人に使った経験があるけど>>182的には正解
は正式に習ったことはないけど日常的に暴行を受け続ける中で
命を守るために色々試行錯誤する中で合気道も取り入れた

相手の蹴り足の膝裏からの間に踏み込み接触、自分の体軸に沿って上に跳ね上げて近くのまで吹っ飛ばしたり
打撃を払いまくって打撃を通すために払う手を掴んできたとこで技をかけて手を放せなくなったとこで巻いて後ろを向かせて、首元とを掴んでパワーボムで頭から落とす寸前で止めて脅したり

相手が防ごうが避けようが当たろうがパンチパンチ、言ってみれば分気の技
合気はなどの要素の通りを作ったり見切ったりそこに干渉、操作する技術だとは思ってる(+柔術的人体理解
もしもMMAUFCで本当に実用したら、競技レベルで鍛えられた体が本当に術理を実現したら冗談抜きで
相手選手が場外まで吹き飛んで客まで怪する事もあり得るとは実感した
でもそれを実現できるだけの(特に見切り系)が整ったなら、階級
(省略しています。全て読むにはこのリンクをクリック!)
193 ななしのよっしん
2019/05/05(日) 14:13:48 ID: a93s5cpILy
長文の人たち見るとやっぱり陰キャ健康体操なのかな