夏の終わりのバラ単語

ダイナミックモンゼンバライ

「夏の終わりのバラ」とは、OVA銀河英雄伝説」第89話の題名である。

バラ左バラ右

『ヴェスターラントを忘れたのか』
暗殺者の放った一言は、ラインハルトに深い衝撃を与えた。
自責の念に苛まれるラインハルトを救ったのは、ヒルダの献身だった。

次回、銀河英雄伝説89話、「夏の終わりのバラ」。
銀河歴史が、また一ページ 

吹いたら不敬罪で族滅。

ストーリーバラバラバラ

戦没者慰霊式典の帰路、命を狙われる皇帝ラインハルト
彼を「金髪の孺子」と呼ぶその暗殺者は、捕らわれて尚叫んだ。

「ヴェスターラントを忘れたか。たった三年前の惨劇を、もう忘れたのか!」

ヴェスターラント。リップシュタット戦役の最中、門閥貴族が核攻撃によって潰滅せしめた惑星である。ラインハルトは攻撃を知りつつも内乱の期解決を優先して視する形となり、200万の辜の市民虐殺されたのだった。
その誤ちは、ラインハルトをして刎頚の友キルヒアイスを失わせしめることとなる。

過去の罪業をの当たりにしたラインハルトに溺れ、ヒルガルド・フォン・マリーンドルフに助けをめる。ヒルダはこれを受け入れて一夜の関係を結び、 ラインハルトを救ったのだった。

と、ここまでが前提。

になって皇宮から自宅へ帰ったヒルダだったが、務尚書であるフランツとの朝食中、思わぬ訪問を受ける。

「こ、皇帝陛下が、皇帝陛下が立っておいででした」

ヒルダは急な訪問の理由を察しつつも、否、察していたからこそ立ち上がることが出来ず、に応対を任せる。そしてフランツが玄関に出てみると、そこに待っていたのは大きなバラ束だった。ラインハルトはその束をフランツに手渡すと、ヒルダへの婚の意志をそのに伝えたのだった。

「もし、フロイラインマリーンドルフに、その、あのようなことをして、責任をとらなかったとしたら、予は、ゴールデンバウム王の淫蕩な皇帝どもと同類になってしまう。予は、予は、やつらと同類になる気はないのだ」 

ラインハルトの、ある意味少年的な潔癖性から来る突然の言葉に、年長者たるフランツは冷静に応答した。なんと、畏れ多くもにして不可侵たる皇帝陛下に対し奉り「どうぞ、今日のところはお引取り願わしゅう存じます」「あれもまだ、気持ちが整理されておりませんようで」と言ってのけ、あっさりと門前払いしたのである。

そしてその全てを、皇帝の親衛隊長ギュンター・キスリングが見ていた。
がんばれキスリング。ユルゲンス副隊長袋なら、君は腹筋だ。 

それにしてもあの二人、上手くやれたのだろうか……

概要バラバラバラ

「夏の終わりのバラ」はOVA89話、および原作第9巻第二章の題名。
第三部最終話原作第8巻)におけるヤン・ウェンリーの死によってラインハルトが好敵手を失って以降ウルヴァシー事件とロイエンタールの叛乱までの、一時の平和と内治の時期に当たる。

さて、「夏の終わりのバラ」は、カイザー萌える回である。
OVAにおける第89話、特にマリーンドルフ訪問シーンラインハルト作画は、いったいなにがどうなってそうなったと言いたくなるくらい斜め上に気合の入った出来栄えであった。皇帝陛下いつもの然とした表情を崩し、白皙く染めて気恥ずかしげに婚の意思を伝える様には一見の価値があるといえよう。作画自重


……と書いてしまうと単に戦闘シーンでもないのにカイザー作画も演技も凄かった回というだけのイメージになってしまうが、その他の見どころも多い。

高木渉演じる暗殺者の叫びや、その暗殺者に対し冷然と提案者の自分を暗殺するほうが簡単だったとり聞かせる軍務尚書オーベルシュタイン
何より、それまで地味で取り立ててもないように思われたフランツ・フォン・マリーンドルフがその実、帝国でもっとも「出来た」大人であり、屈の良識者であり、そして父親であったことが判る回として、この話は重である。

ただ、ストーリー的に端的に言えば、皇帝陛下斉射が見事命中して第二代アレクサンデルジークフリードを作った話という事になってしまうのが玉に瑕というか。

関連動画バラバラバラ

バラ

関連商品バラバラバラ

関連コミュニティバラバラバラ

白バラ

関連項目バラバラバラ

バラ左バラ右

惑星ハイネセンにおいて、戦没者慰霊集会が暴動に発展し、
多数の犠牲を出す事件が発生する。それを皮切りに、次々に勃発する
暴動や叛乱。それらを影で演出するのはか。そしてその的は。

次回、銀河英雄伝説90話、「鳴動」。
銀河歴史が、また一ページ 

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E5%A4%8F%E3%81%AE%E7%B5%82%E3%82%8F%E3%82%8A%E3%81%AE%E3%83%90%E3%83%A9

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

夏の終わりのバラ

45 ななしのよっしん
2018/04/04(水) 18:56:59 ID: lpl9NejEsF
皇帝陛下屋のシャッターをガンガンいてるところを見たんだ!!
信じてくれ!本当なんだ!!」
46 ななしのよっしん
2018/05/02(水) 05:57:39 ID: 3pAHuZaVb8
以前から、皇帝がシャッタガンガンくのは噂されており、その噂も、悪意にみちたものではなかった。
47 ななしのよっしん
2018/05/26(土) 21:36:01 ID: sanRO8pwz/
カイザーの本領は果断速攻にある
座して開店を待つというのはカイザーにふさわしくない
48 ななしのよっしん
2018/06/13(水) 20:45:21 ID: YQ/1tKkv31
ぶったるんどる!!45は1週間の謹慎だ!!
そんなTACネタは置いといて、使ってるホテルは一流なんだから
コンシェルジュに「理由は言えないが早急バラ束を用意してくれ」と頼んだんだろうと思うんだけど、カイザーの性格からして「そんな大事なことを人任せにはできない」とシャッターガンガンしてる方向になってしまう。
49 ななしのよっしん
2018/06/18(月) 01:05:17 ID: 2aLwYWRlRv
なんでの入手方法で10レス以上も続いてんですかね・・・w
おたおたしてるカイザーかが気を利かせてくれたかもしれないだろ!
あれだけ余裕のないカイザーなんだから、手を差し伸べられても拒否することはなかろうよ。
まあ、シャッターいてるカイザーとか見てみたい気持ちがすごくわかるがw
50 ななしのよっしん
2018/06/18(月) 01:35:48 ID: 2aLwYWRlRv
>>17レスした方々へ一言。
>>17のいわんとしていることそのものは、わからなくもありません。
しかし、周りを誤った主観で「冷笑、嘲笑」と捉え、それに対し>>14が気を使い意をんでくれたものを、「そう、それがいいたい」とまず最初にいい、その後も自己肯定ばかり。
間違った主観を押し付けたことを認め、めるのではなく、むしろそれをあえて繰り返している言動。
また、自分に不都合なレス視していることからも、「そういう人なのだ」と捉えることができます。

本来ならば、>>12や>>13のレスに、あるいは>>17のときに
「そうでしたか、悪く捉えてしまってすみませんでした」
と、クッションを入れるものではないのかな、慇懃に言葉を使うものの、人への心的配慮はないのだな、とも読みながら思いました。

要約しますと、「アンドリュー・フォークみたいなもんだ」
51 ななしのよっしん
2018/06/27(水) 23:35:49 ID: +v9HJm3Q/V
>>50
3~4年前の話を蒸し返す必要あった?
52 ななしのよっしん
2018/07/14(土) 14:39:59 ID: 5fV1VaESVw
どこでどうやって調達したか、未だ定説が確立してないバラ束はとりあえずハンスに預けるとして。
石黒版ではプロポーズしに行った時のラインハルト装、あれ軍服なんだよね。それも(たぶんだけど)礼タイプ
プロポーズという真剣な場に相応しい正装」というのを軍服しか浮かばなかった、というのがいかにも皇帝ラインハルトらしいかな。
……まあ、前日のあの事件の直後だから、あれしか正装が用意されなかっただけかもだけど。

フジリュー版やDNTではどうなるかな、この時の衣装
53 ななしのよっしん
2018/07/14(土) 14:57:04 ID: kc7BcPVFSd
>>52
あの時の装(肩章が軍服の前側に飾りがない)はウルヴァシー事件の時とかにも着てたやつで、たぶん普段着的な軍服だと思う。前日の式典でも着てる。
戦闘時とかはのエポレットが肩について、軍服の前側にも飾りの刺繍がある若干手なデザイン
結婚した時みたいな最重要の式典ではこれにのサッシュ(たすき)がつく。
54 ななしのよっしん
2018/08/18(土) 20:24:46 ID: EwlLBVzU+m
銀河童貞伝説最終話