日本国憲法第26条単語

ニホンコクケンポウダイニジュウロクジョウ
  • 0
  • 0pt
掲示板へ

日本国憲法第26条とは、日本国憲法第3章(民の権利・義務)に存在する条文である。

概要

日本国憲法第26条は、「教育を受ける権利」を以下の通り保障し、さらに「子女に教育を受けさせる義務」「義務教育償とすること」について規定している。[1]

  1. すべて民は、法律の定めるところにより、そのに応じて、ひとしく教育を受ける権利を有する。
  2. すべて民は、法律の定めるところにより、その保護する子女に普通教育を受けさせる義務を負う。義務教育は、これを償とする。

20世紀、福祉国家の理想に基づき、社会的・経済的弱者を保護し実質的等を実現するための社会が保障されるようになった。教育は、人間が人格を形成し、意義のある社会生活を営むために必要不可欠なものであるため、日本国憲法では教育を受ける権利を認め、義務教育償とすることを定めている。

解釈

教育を受ける権利

第26条第1項は、民はそのに応じて、ひとしく教育を受ける権利を有すると規定している。

その性質上、子どもに対して保障される。権利の内容は、子ども学習権を保障したものと解されている。また、子どもの適性やの違いに応じて、異なる教育を受けることも許容されている。

国家から干渉されない自由権的な側面と、国家に対し教育制度や施設など適切な教育の場を整備するよう要する社会権的な側面をもつ。

教育を受けさせる義務

第26条第2項前段は、民は子女に普通教育を受けさせる義務を負うと規定している。

教育を受けさせる責務を負うのは、“その保護する子女に”と明示されていることから分かるように、第一次的には親や親権者である。また、教育の内容を決定するのは役割に応じて民(親や教師など)に分担される。

教育所在に関して以下のような争いがある。

  • 国家教育権説 - 教育内容についてが関与し決定する権利を有するとする説。
  • 教育権説 - 教育の条件整備の役割を負うにとどまるとする説。

両説のどちらか一方のみを認めることは難しく、教育の質を一定の準で維持する必要があるため、教育内容の大綱を決定できるが、教育内容への過度の介入は許されないとする学説が支持されている。つまり、教育権は国家民の双方に所在すると考えられる。

旭川学テ事件旭川学力テスト事件[2] - 1976年
文部省の実施した「全中学校一斉学力調」に対し、教師国家の不当介入だとして反対運動を起こし公務執行妨害罪などに問われた事件。
教師の一定の範囲の教授自由は認められるが、も必要かつ相当と認められる範囲において教育内容を決定する権を持つとし、学力テスト子ども自由かつ独立の人格として成長することを妨げるような禁止されるべき不当介入ではないとした。

義務教育の無償

第26条第2項後段は、義務教育償とすると規定している。

償とは、「授業料を徴収しないこと」と解されている。

義務教育費負担請事件[3] - 1964年
教科書の代を請された保護者が、義務教育償と規定する憲法第26条に反するのではないかとした事件。
最高裁は、第26条第2項後段は「授業料不徴収」を定めたものであるため、小学校の教科書代をに負担させることは違反にはならないとした。

現在、教科書は償で配布されているが、これは教科書償措置法[4]に基づいたものである。

関連項目

日本国憲法
第1章 天皇 1 2 3 4 5 6 7 8
第2章 戦争の放棄 9
第3章 民の権利及び義務 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40
第4章 国会 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64
第5章 内閣 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75
第6章 76 77 78 79 80 81 82
第7章 財政 83 84 85 86 87 88 89 90 91
第8章 地方自治 92 93 94 95
第9章 96
第10章 最高法規 97 98 99
第11章 補則 100 101 102 103

脚注

  1. *日本国憲法exit
  2. *暴力行為等処罰ニ関スル法律違反 最高裁判例exit
  3. *義務教育費負担請求 最高裁判例exit
  4. *義務教育諸学校の教科用図書の無償措置に関する法律exit

【スポンサーリンク】

  • 0
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E6%97%A5%E6%9C%AC%E5%9B%BD%E6%86%B2%E6%B3%95%E7%AC%AC26%E6%9D%A1

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

日本国憲法第26条

1 ななしのよっしん
2017/10/04(水) 19:38:31 ID: LoopadzAfX
高等教育償化ってここいじらないと出来ないのかね
私学助成の明文化はした方がいいけど
2 ななしのよっしん
2017/10/04(水) 21:07:26 ID: qB1ggceuY+
>>1
いつでも停止できる償化で良いなら、出来るんじゃない?

急上昇ワード

2020/02/29(土)04時更新