日本国憲法第23条単語

ニホンコクケンポウダイニジュウサンジョウ

日本国憲法第23条とは、日本国憲法第3章(民の権利・義務)に存在する条文である。

概要

日本国憲法第23条は、個人の人権としての「学問の自由」や、後述する「大学の自治」を以下の通り保障している。[1]

学問の自由は、これを保障する。

実は、諸外憲法において学問の自由を明文化して保障している例は少ない。日本においても大日本帝国憲法時代は規定されていなかった。しかし下記の滝川事件や天皇機関説事件のように、学問の自由国家によって侵された歴史に鑑みて、日本国憲法ではとくにこれを規定した。

滝川事件京大事件) - 1933年
京都帝国大学現在京都大学)の滝川教授刑法理論が、自由義的な「理論」であるとして、文部滝川教授を休職とするよう命じ、同大法学部教授らが辞職して抗議し抵抗した思想弾圧事件。
結局、滝川教授の休職は取り消されず、7人の教官が大学を去ることとなった。
天皇機関説事件 - 1935年
日本の軍義化が進むに伴い、貴族院議員であった美濃部達吉の「天皇機関説(天皇国家機構の一機関とする説)」は明らかな叛逆であるとし、軍部や右翼が排撃した事件。
昭和天皇天皇機関説支持にもかかわらず、政府美濃部議員の著書を発売禁止処分に付し、すべての職から追放した。

解釈

学問の自由の内容

23条の学問の自由は以下の3つを意味する。

  1. 学問研究の自由真理の発見・探究を的とした研究の自由
  2. 研究発表の自由:研究の結果を発表できなければ研究の意味がないので当然に認められる自由
  3. 教授自由教育自由):後進を教育することができる自由

「学問研究の自由」は、第19条「思想及び良心の自由」の一部でもある。

また、「教授自由」は従来、大学などの高等学術研究教育機関における教授のみに認められると考えられてきたが、小中学校高等学校などの初等中等教育機関教師についても、教授自由が認められるべきだとする見解が優位である。現在は一定の制限つきで認められている。

旭川学テ事件旭川学力テスト事件[2] - 1976年
文部の実施した「全中学校一斉学力調」に対し、教師国家の不当介入だとして反対運動を起こし公務執行妨害罪などに問われた事件。
最高裁は、普通教育における教師の一定の範囲の教授自由は保障されるとしながらも、全な教授自由を認めることは許されないとした。

初等中等教育機関教師に“全な”教授自由が認められていないのは、全的に一定の教育準を確保せねばならないためである。仮に、“全な”教授自由を認めたとすると、教育の内容や方法などについて教師自由に決定できるようになってしまう。児童や生徒はまだ十分に批判が備わっていないと考えられることや、教師が児童・生徒に対して強い影・支配を有することなどを踏まえても、“全な”教授自由は到底認められないのである。

学問の自由の保障

学問の自由の保障とは、まず第一に、研究や研究発表などの学問的活動が、国家によって弾圧、あるいは禁止されないことを意味する。第二に、学問の自由の実質的裏付けとして、教育研究機関の研究者・教育従事者に職務上の独立を認め、その身分を保障することを意味する。

しかし、昨今の先端科学技術研究の重度な脅威・危険(たとえば、遺伝子組換えによる健康に対する危、あるいはクローン技術、体外受精、臓器移植、ES細胞、ゲノム編集などに付随する高度な倫理的問題)を考慮すると、研究者の自制に一任することは問題があると考えられる。したがって、必要最小限な規制を設けるべきではないか、との意見が有になってきている。

大学の自治

学問の自由は学問研究の自由を認めており、この学問研究の場となるのは研究教育機関である大学が中心である。大学における学問の自由を十分に保障するために、第23条は制度的保障として「大学の自治」をも保障している。制度としてこれは保障されているため、大学の自治を侵するような立法は許されない。

東大ポポロ事件[3] - 1963年
1952年東京大学にて学生団体「ポポロ劇団」による演劇発表会が行われた際、学生が会場にいた私警官を発見、暴行を加えた事件。警察官は長期にり、東大構内に立ち入って情報収集を行っていた。
大学の自治に関して問題となり、一審と二審は学生の行為を大学の自治を守るための正当行為としたが、最高裁ポポロ劇団の演劇発表会は学問研究のためではなく、政治的な活動および集会にあたるとして、大学の自治及び学問の自由は侵されていないと判事した。

関連項目

日本国憲法
第1章 天皇 1 2 3 4 5 6 7 8
第2章 戦争の放棄 9
第3章 民の権利及び義務 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40
第4章 国会 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64
第5章 内閣 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75
第6章 76 77 78 79 80 81 82
第7章 財政 83 84 85 86 87 88 89 90 91
第8章 地方自治 92 93 94 95
第9章 96
第10章 最高法規 97 98 99
第11章 補則 100 101 102 103

脚注

  1. *日本国憲法exit
  2. *建造物侵入、暴力行為等処罰に関する法律違反 最高裁判例exit
  3. *暴力行為等処罰ニ関スル法律違反 最高裁判例exit

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E6%97%A5%E6%9C%AC%E5%9B%BD%E6%86%B2%E6%B3%95%E7%AC%AC23%E6%9D%A1

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

日本国憲法第23条

1 ななしのよっしん
2015/02/09(月) 20:38:37 ID: 7jfzS1RlD8
池上彰さんが言ってたけど、「学問の自由は、これを保障する。」って文が区切り方によっては575になるから好きなんだって。