確信犯単語

カクシンハン
  • 13
  • 0pt
掲示板へ

通俗的な意味での「確信犯」

結果を予想した上で行動を起こしたとしか思えない行為あるいは人をす言葉として使われることが多い。

本来の法律学等での用法

誤用の多い単として『役不足』と並んでネット等を通して有名となった言葉の一つ。

本来の法としては、上記のような「確信犯」の用法は正しくないとされてきた。

本来「確信犯」は、自分の行動の“道徳的・宗教的あるいは政治的な正しさを確信”してなされる犯罪のことを法律学上の用である。

参考までに本来の法律学上の用法について例を挙げて紹介しておく。

【設定】ある電器店員が映りの悪いテレビの調整を依頼された場合

  • 「この回路をつなげば直る」と思い込んで操作したが、実は誤った回路を繋いでしまい、テレビを故障させてしまった → このケース過失犯となる。(※ただし、日本の現行刑法上、器物損壊の過失犯は処罰されない。刑法38条1項を参照。あくまで民事責任が発生するのみ。)
  • 「このテレビを壊せば客は新しいテレビを買ってくれる」と考え、わざと間違った修理を行い、テレビを壊した → このケース故意犯であり、本来の法学的用法では確信犯には該当しない。しばしばこうしたケースが「確信犯」として誤用されてきた。
  • テレビ社会的に害悪なものであり、この世に存在してはいけない」との信念のもと、テレビを破壊した → これが本来の意味での「確信犯」である。

確信犯者は政治犯や思想犯に多いが、日常的なにおいても確信犯に遭遇する可性はある。例えば、

  • 救急救命士が重傷患者を救いたいがために、法律で禁じられている治療行為を搬送中に行うといった行為

なども一種の確信犯に当たると解釈される。他にも、

  • 交通弱者のために、という動機で免許タク業者を経営すること
  • 医村で困っている人たちのために医者になりすまして治療行為を行うこと

ももちろん、確信犯に該当する。 

確信犯と呼ばれるか否かは、これらのケースような「動機」の部分に裏付けがあるか否かによって違ってくる。もし前述のような行為の本音の動機が「自分のけのため」であったとすれば、それは確信犯ではないことになる。

通俗的用法の一般化

『確信犯』は本来の意味とは別に上記のような用法が、通俗的な慣用表現として広くつかわれている。
本来の意味とかけ離れており、世間一般で使われている意味での『確信犯』は辞書に記載されていないことなどから
日本語の誤用例の代表として広く知れ渡り、その結果本来の意味が広がったという背景もある。
そのためこのような通俗的な表現は誤用とされ、最近では逆に使われにくくなっている部分もある。

しかし「何気なく」が若者言葉の「何気に」へと変化したり、本来良い意味ではない「やばい」という言葉がいい意味で使われるようになったり、いつの間にか 「病気」が褒め言葉になっていたり、「紳士」が変態とほぼ同じ意味になっていたり、また、古という概念そのものが示しているように、このような変化は人々に使われる言葉の持った、不可避の性質である。

そのため、「確信犯」についても、今日広く使われている意味をして誤用だと摘するのは適切でないとの見解も、徐々にではあるが呈されてきているところである。

実際現在国語辞書では本来の意味と共に通俗的意味も併記している物が増えており、一概に誤用とは言えない状況である。
しかしながら専門用である以上法に関する場などにおいてはそういった事情は通用しないということも気をつけなければならない。

関連動画

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 13
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E7%A2%BA%E4%BF%A1%E7%8A%AF

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

確信犯

290 ななしのよっしん
2020/07/24(金) 03:00:10 ID: zBhxOKPjb0
いや、ら抜き言葉こそ、コミュニケーションをより円滑にする良い変化だろう
291 ななしのよっしん
2020/07/28(火) 14:55:44 ID: 39z70Cj8ka
問題を起こした人を人間じゃない言わんばかりに全否定してかかる人がネットにはわんさかいるけど
こういう理屈、過程、事情をぶん投げて絶対悪認定しとけみたいな極論が
一番身近なところで見られる確信犯のそれに近いんじゃないかと思う
否定することが的になって全く話が通じなくなる人いるだろ?
292 ななしのよっしん
2020/07/30(木) 12:41:36 ID: PTBzSU5FCy
騙されて悪人の味方をしてしまうのは当てはまらないかな?
293 ななしのよっしん
2020/08/11(火) 11:53:09 ID: zX/FYJXa8l
今だと新型コロナ関連の感染者差別自粛警察とかが分かりやすい例かなあ
違法な人権行為を感染症予防という信念の名のもとに行っている
294 ななしのよっしん
2020/08/14(金) 16:01:57 ID: V4FFSdDYgs
誤用の方の意味を言いたいなら「故意犯」。
しかし本質は誤用というか「結果を予想の確定だと信じての犯行」の略で言ってる節があるので新造が既存の言葉と重複してしまったというパターンもあるんじゃないかな。
295 ななしのよっしん
2020/09/18(金) 13:52:45 ID: spLNhOSIUI
確(固たる)信(念を持った)犯(行)
296   
2021/03/31(水) 09:21:08 ID: uzCloDbZl8
「このテレビを壊せば客は新しいテレビを買ってくれる」

この者が「世の中奪い合うのは当然だし寧ろ会社家族を守る良い事なんだよ」って信じてたら確信犯でも間違いないのかな
297 ななしのよっしん
2021/04/11(日) 10:49:50 ID: Nqw4iyRlqA
昭和の時代は確信犯がかなりいた
浅沼委員長視察の山口ニ矢やら元上官襲撃の崎謙三やら
最近だと相模原植松確信犯的犯行
298 ななしのよっしん
2021/04/22(木) 18:47:12 ID: T6X7UBGEbQ
結構本来の意味が広がってきた印があるこの言葉だけど
「正しいと信じて成される犯行」だけじゃ不十分なんだよね。
違法性の認識がなければそれはの「違法性の錯誤」。

「現行法では違法と知りつつも、自らの信条・思想に殉じて成される犯行」が「確信犯」であって、
ある意味「悪いと知りつつ行う犯行」でもあるのよね。

ただ今までの使われ方が「現行法を軽視して自己の欲求を優先させた犯行」の事ばかりだったから誤りだったわけで、
「悪いと知りつつ行う犯行」=誤用
だとごちゃまぜになっちゃう。
299 ななしのよっしん
2021/05/06(木) 21:08:52 ID: HUEV9ECHag
誤用のほうの犯人も「犯罪を犯してもいい」という思想を持ってるんだから正しい意味での確信犯ではないか