笹かまぼこ単語

ササカマボコ

笹かまをたべるミノタウルスexit_nicoseiga笹かまぼこを食べるミノタウルス。本来は一口サイズでこんなに大きくはない

概要

笹かまぼこかま)とは、独特のフォルムを持った宮城県仙台市石巻市などの名産品である。練り物のご当地名物としては全有数の知名度を誇る。

また、仙台名物としては「仙台牛タン」「萩の月」などと並び、土産物やお歳暮・お中元の品として手軽に買える一品である。

特徴

現在一般的に「かまぼこ」といえば半円筒形の蒸しかまぼこ普通だが、笹かまぼこの葉の形に成形した焼きかまぼこである(ちなみに歴史的には「蒲鉾」の名が示す通りガマの穂を模した刺しの形のものがはじまりであり、のちにその形のものは「ちくわかまぼこ」と呼ばれさらに「ちくわ」になった)。

宮城県は特徴的なリアで外洋に広く面しており豊富な魚介を得られたことから焼かまぼことして保存される手法が生まれた。当初はただべったくしていただけで「べろかまぼこ」「手のひらかまぼこ」「木の葉かまぼこ」などと呼ばれていたが昭和のはじめに「笹かまぼこ」で定着した。これはその形が伊達家紋」にの葉が表されていることに由来するともいわれる。

材料はご存知の通りのすり身であり、スケトウダラ・イトヨリダイシログチ・キチジなどの魚介が使われる。さらに高級ブランド笹かまぼこにはヒラメ・タイが使われたり、イワナヤマメアユを使ったり、季節品にはスズキハモ・ノドグロを取り入れたりと各店での工夫も複雑である。これらにみりん砂糖、でんぷんなどの調味料・保存料をタネに加える。

お酒のつまみのイメージもありますが、一口サイズなのでそのままおやつ間隔でもパクパクいける。ワサビ醤油などの調味料をつけて試したり、またかまを素材としてちょい足し系の一品料理を作ったりなど可性は限大。

その名にちなんでの葉を添えてある商品も存在する。またチーかまにしたもの、仙台コンビ牛タン入りのものなど変わり種も多様である。

笹かまぼこの影か否か、総務省が実施する計調では「かまぼこ」の世帯別購入額は例年ダントツ仙台市が最多である(筆者が調べた限り1991年から最多が続いている)。

一般的なかまぼこexit_nicoseiga笹かまぼこexit_nicoseiga

一般的なかまぼこ笹かまぼこの形状

歴史

江戸時代から宮城の各地方ではかまぼこづくりは盛んであった。当時は山沖でとれたから高級蒸しかまぼこを作っていた。

明治時代(江戸時代中期説もあり)、あまりにヒラキチジが獲れすぎるために、余ったものを保存しやすい庶民向けのおそうざいへと変身させた。すり身をひらべったく成形してに差し、火であぶったものが考案された。これが笹かまぼこの始まりである。当初は「べろかまぼこ」「手のひらかまぼこ」「木の葉かまぼこ」などと呼ばれていた。

戦前の冷蔵技術が発達するまでは、かまぼこは生をすりつぶして作っていたために(保存を効かせるため熱しているとはいえ)一般には腐りやすい食材であった。そのためには製造せずの食べ物というイメージがあった。蒲鉾店では季に氷菓子を売る副業をこなしたという。この笹かまぼこという固定観念は根強く、こののち材料が加工されたのすり身になり真空パックが発達するものの、結局昭和の終わりがくるまでイメージがつきまとうこととなった。

1935年、阿部蒲鉾店が仙台で創業。阿部秀雄が笹かまぼこの名で売り出し、これが一般名詞化する。

1965年TBS(当時は東京放送)系連続テレビドラマ二人の」でヒロイン仙台かまぼこ店員だったことから知名度が上がり、笹かまぼこは全ブランドになった。仙台市阿部蒲鉾店とその工場がロケに実際の撮影にも使われた。宣伝効果は当時の額面で3億円あったともいわれる。

1967年頃には真空パックが流通するようになり、土産品としての需要が一気に拡大した。

1971年東京都蒲鉾メーカーが「かま」で商標登録を特許庁に申請。宮城県の業者はこれに対抗、県と商工会を帯同して商標登録阻止運動を起こした。4年がかりの係争の結果としてかまの商標は宮城県の団体に償で譲渡され、「かま」を使うにはこの団体に加盟することが必要と定められた。この事件をきっかけに結束の必要性が確認され、「仙台蒲鉾協同組合」が設立された。またこの論争はメディアでも取り上げられ、図らずしも区の知名度上昇に一役を買った。

1970年代にはすでにヒラメの漁獲量減少・価格高騰でキチジやスケトウダラの代用が進んでいる。

1984年、初めてお中元向けの広告り出され、それまでイメージが強かった笹かまぼこはお中元としても親しまれ定番になっていく。

1990年台初頭、「ササカマ戦争」と呼ばれる仙台・石巻の店舗間での価格競争が発。価格据え置きでほぼ倍増(35gから60g)する企業もあった。笹かまぼこの発祥は仙台(諸説あり)だが先に量産を行ったのは石巻であり、仙台側が石巻に対抗した形で起こった。

1991年産練り物製品で有名な都内大手メーカー紀文食品地方名産品シリーズ「故郷逸品」の第一弾に仙台子会社が製造していた「かま」を新調して全展開、好評を博す。テレビCMも繰り出して全区への販路拡大を達成し、笹かまぼこ一般化をさらに手助けした。

1999年東北某県知事と某ゼネコ東北支店(仙台市)間で贈賄疑惑が発生、外に使われたことから「笹かまぼこ事件」なる名前がついてしまい、全く関係のないところでいらん悪立ちをくらった。

2007年4月仙台市笹かまぼこモチーフとしたゆるキャラ木くん」が誕生。

2009年宮城県伊達政宗つながりで戦国BASARAコラボ笹かまぼこ商品も作られた。

2011年3月11日東日本大震災が発生。笹かまぼこの工場・加工場の多くが沿部に位置していたために生産ラインの停止を余儀なくされ、かま業界全体で25億円の被害が出たほか人的被害も出た。また、自粛ムードのため売り上げの減少が危惧された。

一方で、各地のアンテナショップでは応援ムードが生まれ、かまをはじめとする東北の商品の売り上げがあがった。一部の企業では復需要を受けて増収を達成した。

2013年宮城県フランチャイズとする楽天イーグルスが球団史上初優勝・日本一に。阿部蒲鉾店ではこれを記念して通常のかま200個分の「イーグルス日本一笹かまぼこ」を手作りし展示した。

作り方

一部の店ではかまづくり体験を行うことができる。おおよそ以下の手順を経る。分量さえ合えば自作もできる…かもしれない。手作り笹かまぼこネット上にいくつかレシピが上がっているようなので自己責任で。

  1. タネとなるのすり身と調味料を混ぜてしっかりとこねる。
  2. の棒などに突き刺して、あの形にしていく(がない場合バランスが意外とむずかしい)。
  3. 自動焼き器に棒をセットしてあとはお任せ。5分から10分で焼きあがります。手焼きの場合はぷっくり膨らんできてほんのり表面がきつね色になる程度でOK。ひっくり返すのを忘れずに
  4. できあがり。

店舗

各直売店のほか、県内の土産物店・各地の地域アンテナショップなどで購入可仙台蒲鉾協同組合のページexitも参照。

阿部蒲鉾店(仙台市青葉区) 

阿部かま。1935年創業。笹かまぼこの名付け親で、連続ドラマのロケ地にもなった名老舗でメディア露出も一番多い気がする。公式サイトexit 

鐘崎(仙台市若林区)

1947年創業。1993年時のかまトップシェア内のはずれに「かまぼこかま館」で手作り体験可。公式サイトexit

ささ圭(名取市)

1966年創業。閖上に拠点におくも震災で工場など全喪失。ブログの発信が話題になり4ヶ手作りを復活・1年半で工場も再建。公式サイトexit

関連動画

関連商品

かまは是非現地で買おう!

関連項目

外部リンク・参考文献

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E7%AC%B9%E3%81%8B%E3%81%BE%E3%81%BC%E3%81%93

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

笹かまぼこ

1 ななしのよっしん
2018/12/17(月) 10:53:06 ID: HK2PCvqfZ/
初版なのにこの充実ぶりはすごい
2 ななしのよっしん
2018/12/17(月) 12:21:16 ID: Il/GDti2ys
記事ではハブられてるけど、佐々直のもおいしいぜ。

あと冒頭の画像はケンタウロスじゃないぞw
3 ななしのよっしん
2018/12/17(月) 14:13:00 ID: +qwKtnhCAE
かまは是非現地で買おう!」
その心意気や素晴らしい
4 ななしのよっしん
2018/12/24(月) 23:51:36 ID: kbKUdA/ZoR
笹かまぼこの店舗なら石巻の謙と女の高政は外せないでしょ
これからの展開に期待

急上昇ワード