篠塚和典単語

シノヅカカズノリ

篠塚和典1957年7月16日~)とは、読売ジャイアンツに所属していた元プロ野球選手である。
926月30日までの登録名は篠塚利夫(しのづか としお)。

概要

高校時代は2年生時夏の甲子園に4番・三塁として出場して19打数8安打の大活躍で天才バッターと騒がれたが、大会終了後に「湿性膜炎」を患い約3ヶ程の入院生活を余儀なくされる。
幸いにも病気治して部に復帰したが、3年生時には共に大会出場には至らなかった。

ドラフトでは巨人から1位名を受けて入団。病気の影もあり他球団や巨人スカウトは1位での名をためらったが、当時監督だった長嶋茂雄は「責任を持つ」と言い独断で篠塚の1位名を決めた。ちなみに長嶋が篠塚を見たのは2年生時甲子園での対中商高戦ただ一度だったようだが、その一度の観戦で篠塚の才見抜きドラフト直前には銚子商高の監督に自ら電話をかけて「(篠塚を)1位で行きます」と話したという。

プロ入り後は周囲の選手達を見て高校時代の長距離イメージを捨て、安打製造機への転身を決意。
長嶋監督の意向でしばらくはファーム暮らしが長かったが、79オフに「地獄の伊東キャンプ」で底的に鍛えられ、翌80年には115試合に出場し初本塁打も放つ活躍でレギュラーを掴みかけた。
しかし80オフ長嶋監督を解任されてしまい、恩師の解任にショックを受けた篠塚は長嶋に「も一緒に辞めます」と電話するほどに思いつめてしまうが、長嶋から励を受けて現役続行を決意する。

81年は新たに入団してきた原辰徳藤田元司監督の意向によって二塁手に転向したため篠塚はレギュラーの座を失ってしまうが、5月に三塁を守っていた中畑清が怪で離脱したため原を三塁にコンバートし、いた二塁のレギュラーを篠塚は再び掴む。するとここから篠塚は安打を量産し、チーム打線も活発化。7月に規定打席に到達すると、憧れの選手であった阪神藤田平と壮絶な首位打者争いを繰り広げ、チームが優勝を決めた9月には打率を.355にまで引き上げ、最後の10試合は42打数20安打の固め打ちで打率.357にまで上昇させたが、藤田打率.358で追いつけず、惜しくも首位打者タイトルは逃した。

81年から85年までは5年連続で打率3割を達成し、84年には打率.334で念願の首位打者タイトルを獲得。

87年は広島正田耕三と同率の打率.333で二度首位打者く。ちなみに正田二塁手だが、ベストナインでは本塁打数などで上の数字を残した篠塚が選ばれている。

90年以降は痛の影代打中心で活躍し、尊敬する長嶋茂雄監督復帰2年94年、チームの優勝・日本一を見届け現役を引退した。

引退後は巨人コーチを務めた他、2009年WBC日本代表コーチにもなった。

プレースタイル・エピソード

現役時代は広に打ち分けるバッティングで安打を量産し、内も外も特に苦手としなかったため「篠塚を抑えるにはん中に投げるしかない」という言葉まで生まれている。
ボールを内側からとらえるためにファーム時代からネットと至近距離に立って当たらないようにする素振りを繰り返し、下半身を固定してヘッドが遅れてくるようなスイングを身に着けている。

打席では内なら引っる、外なら流すということはせず、2ストライクまでは内100%で打つこと、追い込まれてからは外5060%で打つことを考えていた。そのため投手からすれば打球方向が読みにくく、さらにはワンバウンドの球すら安打にしてしまうことすらあったため上述の「抑えるにはどん中」という言葉が生まれた。

二塁の守備も麗なもので、87年頃からは投手・打者の駆け引きを観察し、その都度打球の行方を予測して守備位置変更を行うようになった。

元々体が周りにべれば強くないこともあり、プロで全試合出場は一度もく、90年以降は痛の影シーズン出場が100試合を越えることはかったが、所々で印深い活躍をしている。

バントでホームラン

篠塚の伝説として「バントでホームラン」がある。スコア上ではエラーが絡んだものであり、正確にはホームラン扱いではないが、「バントで走者一掃かつ本人生還」は皆無であったため、現在でも珍プレーでもあり、野球史に残るものである(なお、ランナーしの状態でバントをして本人生還という事例はある)。

事の発端は昭和57年9月15日の「巨人中日」の23回戦の1回裏。ノーアウト1塁2塁で篠塚は投手源氏バントを行う。が三塁に投げるも悪送球となり、レフトの方向に飛んでいく。ここでレフト大島康徳トンネルをしてしまい、結果的にランナー二人の生還を許してしまう。大島遊撃手経由で本塁に送球するも遊撃手ボール捕手中尾孝義が取り損ねてしまい、結果的には篠塚は生還となったため、いわゆる「バントでホームラン」が完成したのであった。なお、三塁と遊撃手なのか確がないため、名前を伏せておく。

その後はトリビアの泉で取り上げられ、この件に対して大島も「責任じゃない」という立場であったが、トリビアの泉で篠塚からのコメントがあり、「あの守備はプロとして恥ずかしいプレー。あってはならない。」と間接的ながらも大島の行為を非難している。

通算成績

通算:19年 試合 打席 打数 得点 安打 本塁打 打点 盗塁 犠打 犠飛 四球 死球 三振 併殺打 打率 出塁率
NPB 1651 6154 5572 739 1696 92 628 55 132 35 394 21 580 115 .304 .351

関連動画

関連商品

関連コミュニティ

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E7%AF%A0%E5%A1%9A%E5%92%8C%E5%85%B8

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

篠塚和典

1 ななしのよっしん
2018/01/19(金) 11:56:27 ID: iT7P6TIdl6
打撃コーチとして是非復帰してほしい

急上昇ワード