単語

イロ

とは、色彩のことである。ほかにもいろいろなことを表す。色だけにね。

色彩の意味での色

色とは、が感じるの性質の一つである。ひとが視覚できる(可視)のうちどの波長がどの程度含まれているかを視覚が感じ取りそれが色の違いとして認識される。一方、の強弱を視覚は明るさの違いとして認識する。

可視の波長はだいたい390nmから750nmまでで波長の短い方から長い方へ - 青色- 緑色 - 黄色 - 橙色 - 赤色色に変化する。異なる波長のがあると混ざり合ってより明るい色として知覚され、たくさんの異なる波長を含んだ白色に見える。

色が視神経を通して知覚されたあと、どのように認識されるかはその人の文化的背景によって変わる。たとえばの色が何色かは、民族ごとに異なる。緑色に訳される、greengruen、…もそれぞれどの範囲の色がそれにあたるのかは言によって異なる。

その他の意味での色

色彩の意味から転じて以下のような意味をもつ。これは英語color)なども同様のようである。

  • 絵の具、染料。例:色を塗る
  • 表情、顔色、顔つき。例:色を失う
  • 雰囲気、気配、態度
  • 種類。例:十人十色

また色は以下のような意味を持つ。これは漢字の色のもともとの意味である。

それ以外に以下のように使われる。

漢字として

Unicode
U+8272
部首
色部
画数
6画
𢒸
Unicode
U+224B8
部首
彡部
画数
22
Unicode
U+2F8A
字形
人+の会意。
は人が跪く姿の形で、人は立っている人を横から見た姿の形である。色はその人とがからみ合うように組み合わさった字である。まあ後背位でセックスをしているのだろう。隷書・楷書では下はの字のようになっているが、これは上の人の一部分がに交わっているため。
説文解字〕には「顔なり。人にふ」とあって、人の儀節()が自然と顔に表れることをいうとしている。[1]
音訓
読みはショク、シキ、訓読みは、いろ。
規格・区分
常用漢字であり、小学校2年で習う教育漢字である。JIS X 0213第一準。
部首
色は部首、色部を作る。
互換文字
⾊はUnicodeにおいて色と互換とされる字で、部首としての色を表す。
色衣・色楽・色芸・色荒・色彩・色情・色心・色然・色素・色相・色即是空・色代・色聴・色盲・色・色養・色欲・色理

関連商品

関連項目

脚注

  1. *説文解字〕はを割符の形としている

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E8%89%B2
この記事は自動でリンクされないように設定されています!

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

1 ななしのよっしん
2012/12/26(水) 21:57:18 ID: 93bxyurE4x
サムライスピリッツの色じゃないのかよ
2 ななしのよっしん
2012/12/26(水) 22:08:10 ID: +FuJ1Pq+dR
色色マン、ショック
3 ななしのよっしん
2014/10/25(土) 03:56:05 ID: ZKIafoH4Ve
色氏ー↑
4 ななしのよっしん
2015/05/13(水) 22:32:31 ID: ufz0pUsH40
>>sm22126299exit_nicovideo


この人の動画が面かった
5 ななしのよっしん
2015/05/13(水) 22:34:45 ID: liaDLtWbgw
人があれをしている文字
6 ななしのよっしん
2015/12/25(金) 07:16:51 ID: g0I8Wsd19x
宇宙からの色

急上昇ワード