8620形単語

ハチロクニイマルガタ
2.1千文字の記事
  • 4
  • 0pt
掲示板へ

国鉄8620形蒸気機関車とは、日本国有鉄道の前身である鉄道院が製造した列車引用のテンダー式蒸気機関車である。

称は「ハチロク」。日本で始めて本格的に量産された客用蒸気機関車として知られる。

概要

明治末期に輸入された急行列車用の蒸気機関車を参考にし、大正3年(1914年)から昭和4年(1929年)までの15年間にわたり672両(樺太向けのものも含めると687両)製造された機関車。半数以上が汽車製造会社製造であり、他には川崎造船所、日本車輌製造日立製作所三菱造船所も製造した。

汎用性を高めることによって、将来輸送量が増加した場合にはローカル線に転用することを考慮して設計された。8620形は北は北海道、南は鹿児島まで日本各地で活躍した。当初は幹線急行客用の機関車であったが、晩年には貨物列車や混合列車を牽引することが多かった。旧式ながらも蒸気機関車末期まで使用され続けたのは、その高い汎用性からであろう。動輪の粘着が非常に強く、「絶対に空転しない機関車」とも言われていた。

付番法

8620形は車両番号と製造順を一で一致させるのが難しい。

製造順に1番が8620、2番が8621、3番が8622となるのは分かりやすい。11番は8630と、今度は十の位に数字を足していく。となると、80番が8699、81番普通に考えるとの位を上げて8700となる。しかし、すでに8700形という形式の蒸気機関車が存在したため万の位を使い、81番18620とした。以後80番ごとに万の位の数字が繰り上がり、16018699、161番28620… ややこしいね(´・ω・`)

8620形は昭和3年(1928年)に蒸気機関車称号正が行われる前に製造された機関車であるため、このような複雑な付番法を用いた。同じように称号正が行われる前に量産された蒸気機関車には9600形があるが、8620形は「20」という中途半端な数字があるため余計にややこしいものとなっている。

ナンバーと製造順一致させる公式おいておきますね ( `・ω・)っ

万の位の数字×80+(下二桁の数字-20)+1=製造順 

保存機

東京都青梅市の「青梅鉄道公園」に保存されている製造1両の8620号機を筆頭に、日本各地に静態保存された車両が存在する。

以下動態保存機について解説する。

8630号機

京都鉄道博物館に保存されている。大正3年(1914年)汽車会社製。昭和54年1979年)に籍を抹消されているため、営業路線上は走行不可能であるが、京都鉄道博物館内で「スチーム号」を牽引して走行することがある。

見ろよ…入れ替え作業もこなしてるぜ…(関連動画参照)。

2020年12月には「鬼滅の刃」とのコラボの一環で、プレートが取り付けられている。

58654号機

JR九州が保存。大正11年(1922年)日立製作所工場製。現役時代には唐津線でお召し列車を牽引している。

昭和50年1975年3月31日付けでされたが、九州蒸気機関車を復活させようとのプロジェクトのもと昭和63年1988年)に小倉工場で修復された。

その後豊肥本線の「SLあそBOY」、肥薩線の「SL人吉号」として、アメリカ装された客とともに運転開始された。アメリカの客イメージにあわせて濃緑色塗装され、除煙が取り外され、カウキャッチャーが取り付けられたこともあった。あのさあ、欧州をうけている日本蒸気機関車にあろうことかアメリカカウキャッチャーつけるとか何事。

以後「SLあそBOY」「SL人吉号」として活躍するものの老朽化がしく、平成17年2005年軸焼けを起こし、とうとう運転休止、運用離脱となってしまった。それも、単なる軸のトラブルではなく、台、つまり人間の背に当たる部分がんでしまったため、もはや現役続行は絶望的と思われた。

しかし、JR九州は同機の籍を敢えて残し、動態保存の継続を模索していた。日本車輌製造奇跡的に新造当時の図面が発見されたという幸運もあって、台新調を含めて約4億円をかけての修復を実施。その結果新造当初の要部品はほとんど交換されたといういわゆる「テセウスの船」状態となった。その後も炭輪が一体圧延輪とコロ軸受に交換されたりと少しずつ大正SLとしての本来の姿は失われつつある。

ともかく上記修復後、同機は平成21年2009年4月25日より「SL人吉」として復活。2020年現在肥薩線熊本駅~人吉間を煙を吐きながら駆け抜けている。

ところが、2020年球磨川によって肥薩線が流されるなどの甚大な被害を受け、「SL人吉」は2020年11月現在運転休止中である。

2020年11月には、同機と「SL人吉」用客を使用して、アニメ鬼滅の刃」とのコラボ列車SL鬼滅の刃」が運転され、その先頭に立った。

SL人吉」項も参照のこと。

関連動画

関連商品

関連コミュニティ

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 4
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/8620%E5%BD%A2

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

8620形

2 ななしのよっしん
2015/02/13(金) 13:42:21 ID: ty82jtJX9T
あのスマートなボイラーに入るモーターがなかったせいかな。
3 ななしのよっしん
2018/04/28(土) 01:20:19 ID: 0dSi6z1mcG
NゲージとなるとフルスクラッチKATOC50を使ったコンバージョンキットくらいしかないらしい?ね
4 間皿一平
2018/06/13(水) 03:33:51 ID: fVeTz7uKCk
一応マイクロエース製品があるにはあるけれど・・・。
5 名無しさん
2018/11/28(水) 16:46:26 ID: wGqxc2BPtl
KATOの前会長(故人)が8620嫌いだったそうで。安定した走りの8620出してくれぇ・・・
あ、HOでよければトラムウェイのはなかなかいいぞ。テンダーと本体の連結がめんどくさいけど
6 ななしのよっしん
2020/10/17(土) 07:37:28 ID: mRRnlsU3t1
KATOから出たね。公式アカウントは思いっき鬼滅の刃と絡めて宣伝してたけどw
まあ劇場版ハチロク出てるしね
7 ななしのよっしん
2020/10/27(火) 20:31:16 ID: V0x3wPKoL0
列車ってハチロクなの?
除煙がないからてっきり架SLをでっち上げたるもんだと思った
8 ななしのよっしん
2020/10/27(火) 21:23:05 ID: anJB2JOKpl
そもそもあの当時(大正)は除煙がなかった。
58654号の除煙も後年つけられたもの。
京都鉄道博物館の8630号の方が当時のスタイルに近い。その8630号はついこの10月に2年に渡る修繕が終わってスチーム号牽引に復帰してる。
列車に一番近いのは青梅鉄道公園トップナンバー機、8620号だと思うけど。
9 ななしのよっしん
2021/10/15(金) 09:12:56 ID: Uo0fMrSN+9
大正時代から蒸気機関車終焉まで現役で居続けた設計の優秀さを誇るべきなのか、最後まで後継機を作れなかった当時の日本の工業限界を憂うべきなのか評価に悩むなぁ…。
10 ななしのよっしん
2021/10/16(土) 01:36:54 ID: RFZA2LQxV2
戦後は入れ替えやローカル線での運用だったのも大きいな
コストパフォーマンスを考えると期のディーゼル化は難しい
設計の優秀さはもちろんだが上手いポジションを確保できたともいえる
11 ななしのよっしん
2021/11/26(金) 03:52:30 ID: dOAP7pRL+/
大正オトメ御伽話の第7話に登場したので記録。
大正十一年の国鉄佐倉だったかな。

スマホで作られた新規記事

こちらの記事に加筆・修正してみませんか?

バルガ 国の借金 黒夜叉