CLAYMORE単語

クレイモア

CLAYMOREとは、八木教広によるファンタジー漫画作品。2007年テレビアニメ化された。

その他のclaymoreについてはクレイモアを参照。

概要

少年ジャンプに連載された八木教広漫画
途中少年ジャンプ廃刊にともない、週刊少年ジャンプを挟み、ジャンプスクエア(SQ)に連載が移行された。

テレビアニメ2007年4月3日2007年9月25日まで放送された。
プリシラとクレアの戦いで終了するオリジナル展開である。

あらすじ

妖魔が闊歩する世界で人は怯え暮らしていた。 妖魔を狩るために、人の体に妖魔の血移植した半人半妖の戦士達の集団がいた。

移植された妖魔の血の影から、人としての意識を保つことが出来るのは女性だけだった。 彼女らに名前はく強さに応じて、ナンバーで呼ばれていた。

だが人は、畏怖と侮蔑を込めて、彼女達をその背中に携えている大剣からクレイモアと呼んだ。

用語

一部ネタバレ注意

妖魔
物語舞台となる大地に生息する化け物。人を捕食する。
半人半妖
文字通り半分が人間、半分が妖魔。実際には妖魔を埋め込まれた人間。組織の戦士となる。表向きには女性のみ。
妖気
半人半妖になることによって得られる。体内に流れる。戦士や妖魔、覚醒者の妖気は体外に漏れており、半人半妖はその存在を感じることができる。長年妖気を抑えていると相手からは妖気が感じられないようになる。
妖気を抑えるが存在し、飲むと妖気の漏れを防げる。しかし代償として相手の妖気も感じ取れなくなる。
解放
普段抑えている妖気を解放すること。解放することで身体が上がる。上がり方には個人差がある。
覚醒
限界まで妖を解放して、限界えること。
多くの場合、人の姿を保っていられず巨大化する。意識が人間(半人半妖)の時とは異なり、内臓を欲するようになる。まれに限界えても半人半妖に戻れる場合があり「半覚醒」と呼ばれる。

出来事(時系列)

ネタバレ注意! 

クレアテレサを中心に記述。前後関係のはっきりしているもの。描写がなくてもセリフなどで言及のあるもの。

  1. 男の戦士イースレイ覚醒
  2. 歴代で最も若くナンバー1に上り詰めたリフルが覚醒する
  3. ルシエラ覚醒、新たな深淵として、南のルシエラと呼ばれるようになる[1]
  4. ラファエラナンバーを剥奪される。
  5. 訓練生テレサが訓練を抜け出し、近くにいたラファエラと言葉を交わす。
  6. テレサ(当時一桁ナンバー)とローズマリー(当時ナンバー4)ら、当時ナンバー1のヒステリアを粛清する。
  7. テレサローズマリーを抑えてナンバー1となる。
  8. テレサ覚醒したローズマリーを圧倒し粛清する。
  9. テレサクレアと出会う。
  10. テレサ一般人を殺したかどで粛清の対処となり、ナンバー2、3、4、5(当時)が召集される。
  11. 戦いの最中、当時ナンバー2だったプリシラが覚醒テレサが殺される。
  12. クレアテレサ体(描写は頭部のみ)を取り込み、半人半妖の戦士となる。
  13. クレア、妖魔退治の町でラキと出会い、行動を共にする。
  14. クレアミリアらと初めての覚醒者討伐。
  15. クレア、組織のナンバー4のオフィーリアとの交戦中にラキと別れ、その後右手を失う。
  16. クレア、かつてのナンバー2イレーネより右手を与えられる。同時に高速を習得。
  17. クレア覚醒したオフィーリアと再戦。勝利を収める。
  18. ラキを探している最中に、西のリフル、ダフと遭遇。リフルに捕らえられていたジーンと、クレアを追ってきたガラテアとともにダフを破る(殺してはいない)。
  19. クレアジーンラファエラと出会う。
  20. 北の大地での戦い。ジーンフローラ(当時ナンバー8)ら戦死。クレアミリアら7人が生き延びる
  21. イースレイ、南の地にてルシエラと戦う。東の地ではアリシアベス覚醒者と戦う。西ではリフルがダフとともに南下してきた覚醒者と戦う
  22. ルシエララファエラと再会。融合する。
  23. ガラテア、北の戦乱の混乱に乗じて姿をくらます。
  24. 北の大地での戦い後7年間の時を経てミリアクレアら移動を開始
  25. 都ラボナにてガラテア、ミアータ、クラリス覚醒者「鮮血のアガサ」(元ナンバー2)と接触。すんでのところでミリアクレアらが到着しアガサを倒す。
  26. ミリアら7人は一旦別行動をとる。ミリアタバサはラボナに残る。クレアシンシア、ユマと東の地へ。デネブヘレンは故郷の地へ。
  27. デネブヘレンイースレイ、深淵喰いと戦う。イースレイが深淵喰いに倒される。
  28. ミリアが単独で組織に乗り込む。
  29. ラファエラとルシエラ融合体が覚醒(?)し覚醒もどき[2]を多数発射する。
  30. クレアとプリシラが再会。
  31. クレアとプリシラがラファエラとルシエラ融合体の脱皮したものに取り込まれる。
  32. デネブらが現戦士とともに組織に向かう。
  33. 組織が壊滅する。壊滅前に元ナンバー1のヒステリア、カサンドラ、ロクサーヌを復活させる。ヒステリアと戦士たち、カサンドラとロクサーヌがそれぞれ戦い、ヒステリアとロクサーヌが死亡
  34. ラキの呼びかけによりクレアが復活。

[1]ルシエラが深淵となったとき、3人がきれいに分かれた、とのセリフがある。

[2]棒状で発射され、貫かれると寄生される。寄生されると自がなくなり破壊衝動のみで動くことになる。切断させるとそこから再度覚醒もどきを発射する。

登場キャラクター

ネタばれ注意!

クレア (CV桑島法子)らくがき
本作の主人公。組織の中ではNo.47という最下位ナンバーを与えられている。通常の半人半妖の戦士とは異なり、戦士(下記のテレサ)の血を使って戦士となった。物語の序盤ではラキと行動を共にしている。
テレサ(CV朴璐美)
本編より数年前(数十年前?)のNo.1の戦士クレア人生を決定付けたキーパーソン粛清に来たプリシラが覚醒し、その場でプリシラに殺された。「微笑のテレサ」。
プリシラ(CV久川綾
クレアの追う覚醒者。元はテレサに次ぐNo.2戦士で、プリシラの方がテレサより才は上という評価だった。
ミリアらくがき
クレアが最初に参加した覚醒狩りリーダー北の大地での戦乱以降クレアと行動を共にする。
集団戦には定評がある。最高位はナンバー6。「幻影のミリア」。単身で組織に乗り込み逆に切り伏せられ、傍には惨殺されたように見えた。
ヘレン
四肢を伸縮させるのが得意。最高位はナンバー22
デネヴ
再生に優れており、片腕程度なら時に再生が可。最高位はナンバー15。ミリアが不在の時はミリアに代わって皆をまとめる。
ユマ
最高位はナンバー40という下位の戦士ながら、北の大地での戦いを生き延びる。生き延びた7人の中では最も弱く、そのことに引けを感じているようだ。北の地での修行ののちは現ナンバー14を軽くあしらう程度に強くなった。修行の成果か、クレイモアの投擲を得意とする。自身の足部の再生を期に、相手の妖気に自身の妖気を同調させて再生を助けることができるようになった。
シンシア
最高位はナンバー14。北の大地での戦いを生き延びる。その際に隊長であったベロニカ(当時ナンバー13)を失ったことを悔やんでいる。お互いに手足の再生を助けたことからユマとはいいコンビである。
クレアは、シンシア空気を読まずに正論を吐くので組織に疎まれたのではないかと思っている節がある。
ジーン
クレアガラテアと共にリフル・ダフと戦う。突きの威は当時の戦士の中で最も強い。最高位はナンバー9。
ガラテアらくがき
妖気を読むのに長けており、ある程度なら相手の妖気を操作できる。リフルとの対戦後、身を隠す。最高位はナンバー3。「眼のガラテア」
フローラ らくがき
さに定評があり北の大地での戦い当時は戦士一の速を誇った。最高位はナンバー8。「切りのフローラ」。
リフ
最も幼くして覚醒した元ナンバー1。深淵の者の一人。「西のリフル」。
ダフ
ナンバー3の男の覚醒者。リフルと共に行動している。
イースレイ
ナンバー1の男の覚醒者。戦士の中の初代ナンバー1。プリシラ、リガルド、ラキらと共に行動する。
深淵の者の一人。「北のイースレイ」。
ガルド
男の覚醒者。イースレイに戦いを挑み、破れたのち、イースレイに付き従う。北の地に散る。「獅子王ガルド」。
ルシエラ
ナンバー1の覚醒者。深淵の者の一人。ラファエラとは姉妹。「南のルシエラ」。
ラファエラ
ルシエラと精を共有する。ルシエラ覚醒させてしまったことに自責の念を抱く。
ルシエラとほぼ同等のを持つ。ルシエラ覚醒後はナンバーを剥奪される。その後組織に復帰するが北の地での戦乱後、組織から姿を消す。失踪時のナンバーは5。
アリシア
ベスと精を共有する。最高位はナンバー1。「アリシア」。
ベス
最高位はナンバー2。アリシアとは双子
ディートリヒ
組織に忠実に行動する。現ナンバーは8だが「任務失敗で降格させられた」とのこと。ガラテアとの会話から元はナンバー3であったと思われる。「追跡者ディートリヒ」。
ラキ
人間の男。少年期の一時期をクレアと共にすごす。イースレイに師事し技を習う。

ついでの知識

 コミックスカバー裏戦士全裸姿が描かれていることが多い。

ニコニコ動画において

アニメ著作権等の関係でニコニコ動画では削除とされており、数多くのMADが消されている。 放送時は、「作画は良いがBGMが場面に合っていない」といったコメントが多かった。
また、あるBGM戦闘シーンに多く使われた)の時には「ぱっ」といったコメント弾幕状態で付けられることもあった。

関連動画

関連静画

関連商品

原作本

左は全巻セットん中は最終巻。

アニメ

音楽関連

その他関連系

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/claymore

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

CLAYMORE

135 ななしのよっしん
2018/03/06(火) 22:04:53 ID: G0SyBsEUrb
オフィーリアは多分クレアとの戦いがかったら北に送られてただろうな
アイツが総大将とか確実にBADENDルート直行だ...
136 ななしのよっしん
2018/03/11(日) 18:14:09 ID: ZVxAgj3c+i
エンジェル伝説ファンだったから、流れで読んだけど、
テレサ回想に入るまではクソつまらなかったな。
初見だったら即やめてたわ。

中盤はクソかったけど。
137 ななしのよっしん
2018/03/21(水) 05:46:43 ID: /COpvFLscG
最近やっと最後まで読んだけど、途中までしか読んでなかった頃はガラ様・ソフィア・フローラさんが三大美女だと思ってたんだが
最後の最後でオクタビア様とアナスタシアさんに全部持ってかれた
ふつくしいだけでなくあらゆる部分で誇り高過ぎでしょこのお二方

特にどれだけダメージ負っても一切気持ちが折れずに萎えずにプリシラに立ち向かい、飲み込まれて吸収されるまで、いやさ飲み込まれても最後の最後では自分を見失わず、
痛手負ってるのに回復するためだとか(どっかの怠惰かさんよろしく)本に負けてだとかでその辺の人や戦士を食い散らかそうって行動・気配を結局終わりまで微も見せずに逝ったオクタビアさん
No.2止まりな人だったとはいえ、”美しい”人だったなぁ…と
138 ななしのよっしん
2018/05/02(水) 01:06:02 ID: kjVwO7hq0d
テレサって、設定的には攻撃っぽいけど、描写的には防御覚醒するとが上昇+妖気読みに長けるでガラテアと似通ってる)っぽいよね
どうなんだろ?
139 ななしのよっしん
2018/07/02(月) 01:04:31 ID: YAEVi3Hv79
は含みを持たせたままにしつつ読後感はきっちりとさせるお手本のような長編の終わらせ方だった。
140 削除しました
削除しました ID: 6kp30IFZ7y
削除しました
141 ななしのよっしん
2018/12/07(金) 17:19:17 ID: tI7BDNvDvg
アニメ化しろ... 再アニメ化しろ...
142 ななしのよっしん
2019/01/19(土) 02:50:26 ID: aLBNeSS+Q1
しかしテレサの世代って他の世代にべると異常だよな
ぶっちぎりの才の持ちテレサとプリシラに歴代NO1とべても遜色がないであろうイレーネとで同時期に歴代NO1と同等以上の人材が3人も現れたわけだし
イレーネとべるとあまり立たなかったノエルソフィアも他の世代のNO3,4とべると実は上位に入る強さだったのかもね
143 ななしのよっしん
2019/02/11(月) 19:58:21 ID: cDIfk4r+oi
プリシラとの対決は読者全てを満足させる展開で描くの滅難しいと思ってただけに「クレアにとってのテレサだから最強理論で圧倒するのは見事だった これには読者も納得するしかないよな
144 ななしのよっしん
2019/02/18(月) 10:41:30 ID: z//wTntqE0
>>142
組織の評価ではガラテアとオフィーリアのが強いみたいな感じだったけどな(まあテレサやプリシラを大分読み違えてた辺り組織の評価あまりアテにならないが)

急上昇ワード

2019/05/24(金)06時更新