Gウイルス単語

ジーウイルス

Gウイルスとは、バイオハザード2に登場するウイルス兵器である。

概要

アンブレラ社の研究者ウィリアム・バーキンの手によって完成された新ウイルス兵器。Gは「GOD」の頭文字から取られたとされる。色はTウイルスとはまた別の意味で驚異的なを持つ。

体に慣らさず一気に投与すると理性と自を失い、異形の怪物と化してしまう。代わりに生殖本が剥き出しになり、人間に胚を植え付けて繁殖を図る。しかし生殖に至るには相手がGウイルス感染者の近親者である場合に限られ、の他人に胚を植え付けると拒絶反応を起こして宿死亡。生まれてくるG生物も不全な幼体となる。近親者に胚を植え付けた場合、全なG生物が誕生すると思われるが、劇中にその描写がいため細は不明。

Gウイルス最大の特徴として、感染者は生命ある限り限の進化を遂げる。最初こそ人の形を保っているが、G生物特有の巨大な玉が形成され、体も巨大化。最終的には人の形ですらくなる。再生も高く、生半可なダメージではすぐ回復され、しい進化を促す。

作中では

アークレイ山脈にある研究所にて、アンブレラ社はTウイルスを被験者リサトレヴァーの体内に投与する実験を行った。すると投与されたTウイルスは彼女の体内で変異を起こし、全くの未知のウイルスに変貌。これを採取し、研究を重ねた事でGウイルスが誕生した。

主任研究員ウィリアム・バーキンは、南極研究所主任アレクシアアシフォードへの異常な対抗心から、このGウイルスを底的に研究。ついに実用段階にまで辿り着いた。ウィリアムのGウイルスへの思い入れは凄まじく、「(Gウィルスを見て)美しい・・・」「Gは私の最高傑作なんだ!」と叫んでいる。またシェリーに渡したペンダントの中にもこっそりGウイルスを隠していた。

ところが研究の過程でアンブレラ社との折り合いが付かなくなり、互いの仲は険悪化。そこでウィリアムはGウイルスを手土産に、アメリカ政府への寝返りを図った。だがいちくそれを察知したアンブレラ特殊部隊U.S.S.を投入。研究成果のGウイルスを奪い取ろうとする。一着の末、ウィリアム弾に倒れ、Gウイルスは奪取された。の息となったウィリアムは、せめて一矢報いようと手に持っていたGウイルスを自ら投与。自理性を喪失したG生物と化し、自身を襲撃したU.S.S.隊員を殺して回った。この際にTウイルスが漏洩し、ラクーンシティバイオハザードが発生してしまった。

その後、G生物と化したウィリアムは生殖本に従い、警察署内をブライアン署長やベン・ベルトリッチに胚を植え付けている。またシェリーを追い回しており、彼女を守ろうとするクレア・レッドフィールドと何度も交戦している。戦いに敗れるたびに進化し異形化が進むが、最期は列車自爆に巻き込まれ、ついに息絶えた。

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/g%E3%82%A6%E3%82%A4%E3%83%AB%E3%82%B9

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

Gウイルス

まだ掲示板に書き込みがありません…以下のようなことを書き込んでもらえると嬉しいでーす!

  • 記事を編集した人の応援(応援されると喜びます)
  • 記事に追加して欲しい動画・商品・記述についての情報提供(具体的だと嬉しいです)
  • Gウイルスについての雑談(ダラダラとゆるい感じで)

書き込みを行うには、niconicoのアカウントが必要です!