ウィリアム・バーキン単語

ウィリアムバーキン
  • 0
  • 0pt
掲示板へ

ウィリアム・バーキンとは、バイオハザード2の登場人物である。

概要

アンブレラ社に務める天才科学者。妻子持ちであり、妻にアネットを、子供シェリーを持つ。
年齢は36歳(1998年当時)、身長178cm、体重は66.7kg、血液型O型

アークレイ山脈にあったアンブレラ幹部養成所に15歳で入所した彼は、見る見るうちに頭を表した。アルバート・ウェスカーとは幹部生時代に知り合い、互いに切磋磨を続けた。その後、ウェスカーと共謀してジェームスマーカス所長を暗殺。引き継ぐ名で研究成果を奪った。やがて16歳若さアークレイ研究所の主任研究員に抜される。ところが、アレクシア・アシュフォードは10歳で主任に任命され、自身の最年少記録を塗り替えられた事で彼女に対して異常な対抗心を燃やし始める。彼は研究に没頭し始め、妻のアネットもまた仕事人間だったためシェリー情を注ぐ事は少なかった。アレクシア実験中に事故死したと聞いた時には喜んだという。

非人的な研究を繰り返し、R.P.D.署長のブライアンアイアンズに大を握らせて不利な拠を隠滅させたりと次第に常軌を逸した行動が立ち始める。アンブレラを裏切る事を打ち明けたウェスカーには賛同こそしなかったが、人的なが得られる試を餞別として与えた。

そんな彼が完成に心血を注いでいたのがGウイルスである。多くの犠牲を払った末に完成させたGウイルスは彼の最高傑作であり、「美しい」と称するほどだった。しかしGウイルスの研究過程でアンブレラと対立するようになり、旧友ウェスカーがそうしたように離反を決意。Gウイルスを手土産アメリカ政府へ寝返ろうとした。しかし離反を察知したアンブレラ私設部隊U.S.S.を派遣。研究成果のGウイルスを強奪しようとする。着の末、ウィリアム弾に倒れ、Gウイルスは奪われてしまう。今際のウィリアムは、手に持っていたGウイルスを自らの体に投与。G化し、異形の化け物になる。そしてウイルスを奪った部隊を襲撃し、皆殺しにする。そして奪還したGウイルスを摂取した。やがて理性を失い、繁殖本に従ってするようになった。

バイオハザード2では、全編に渡って登場するボス敵。最初こそ人の形を保っていたが、撃退するたびに進化して異形の怪物となっていく。またベン・ベルトリッチブライアンに胚を植え付けている。

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 0
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%82%A6%E3%82%A3%E3%83%AA%E3%82%A2%E3%83%A0%E3%83%BB%E3%83%90%E3%83%BC%E3%82%AD%E3%83%B3

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

ウィリアム・バーキン

1 ななしのよっしん
2019/06/19(水) 21:16:59 ID: hXttLBch33
研究者として、Gウイルス限に進化し続けるという性質に魅了されたのもある意味当然で、それなのに最後の最後でアンブレラ上層部に「あとはこちらで全部引き継ぐよお疲れ様」なんて手柄横取りされかけたらそりゃぶちギレるわな
おまけに投入されたUSSも、肝心のとどめをさずに撤収するし、こういったガバムーブがアンブレラ自身の息の根を止めた

あとバーキン人間としてはだったけど、父親としてはどうだったんだろう。家族三人で写ってる写真もあったし、にも最低限の関心はあったんだろうか