ストライカー装甲車単語

ストライカーソウコウシャ

3.0千文字の記事
掲示板をみる(37)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(6)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

ストライカー(Stryker)とは、アメリカ陸軍の装輪装甲車ファミリーである。

概要

スイス・モワグ社の装輪装甲車ピラーニャのカナダ向けモデル(LAV-III)をベースに開発され、後述する様に多数のがある。
なお、名称の『ストライカー』は戦死後に議会名誉勲章を受章した2名の兵の名字から採られている。

主な派生型

M1126ICV

基本で乗員2名+歩兵9名を搭乗させる。武装としてRWS(遠隔操作座)が備えられ、12.7㎜機関銃M2、40㎜MK.19グレネードランチャー、7.62㎜汎用機関銃M240のいずれかを選択できる。
防御は鋼+セラミック系の複合装甲を使用するが重機関銃弾or弾片に耐えられる程度。
但し追加装甲の装着も可ではあるが輸時の装着は不可。

M1127RV

偵察仕様TVカメラ+赤外線センサー+レーザー測定器をめた『LRAS3』複合センサーを備えている。これと引き換えに歩兵の搭乗数は5名に減らされ、座も有人式になっている。

M1128MGS

突撃仕様。後部キャビン105ミリ反動ライフルを装備しており、2007年より実戦配備が開始されている。体装甲は兵員輸送と同様なので、重機関銃弾の直撃を防ぐ程度である。重量が20トンえるので、C-130に搭載する場合は装備の一部を外して別便で送ることになる。[1]

搭載している105ミリ機関銃(12.7ミリと7.62ミリを装備)で、ストライカーから下して戦闘する歩兵射撃支援するのが的で、対戦車戦闘は想定していない。[2]

ところが運用実績が芳しくなかった事からアメリカ軍2023年に退役させることを決定している。

M1129MC

自走迫撃砲仕様内に120迫撃砲を搭載。試作では外に迫撃砲を出さなければ射撃ができなかったがイスラエル製の反動軽減機迫撃砲システムの採用で射撃が可になった。
なお、必要に応じて81㎜、60㎜迫撃砲外牽引で輸送することもある。

M1134ATGM

戦車駆逐仕様TOW対戦車ミサイル連装発射機を搭載。

M1296ICV-D

歩兵戦闘車仕様で大RWS式30㎜機関を装備。内に照準機や弾薬類をめた結果、M1126と同数の搭乗歩兵を確保した。

ストライカーMSL/ストライカーIM-SHORAD

戦闘仕様だがいずれも開発中のため制式化はされていない

MSLは純な自走式地対空ミサイル発射機で兵員室部分を荷台化し、その部分に8連装発射機を装備している。この発射機はAIM-9FIM-92といった近距離対空ミサイルに加え、AGM-114対戦車ミサイルにも対応している=+対地戦闘の双方に対応できる。

IM-SHORAD体構造を改造せずRWS方式を採用しFIM-92発射機(4連装)+30㎜機関&7.62㎜同軸機関銃+AGM-114発射機(2連装)とミサイルを削減するのと引き換えにMSLより多用途性を持たされている。

このが開発されたのは航空機軍事利用が進んだことにより地対戦闘の需要が高まったことが大きい。

背景

1990年代アメリカ陸軍湾岸戦争以後、ソマリア内乱(モガディシュの戦い)など数々の地域紛争を経験することになる。そこでめられたのは従来の緊急展開部隊(軽歩兵)より重装甲・重火力で、かつ、従来の機甲部隊より戦場への展開に優れた部隊だった。

1999年アメリカ陸軍が発表した再編成(トランスフォーメーション)の一環として、エリック・シンセキ将軍が提唱したのがストライカー戦闘団(SBCT)構想であり、C-130などで輸可サイズの装輪装甲車ベースとし各種バリエーションによる車両を備え、従来の緊急展開部隊(軽歩兵)に対して装甲・火力・そしてRMAの一環としてC4Iなどのネットワークを付与することが構想の中核だった。

その構想に基づき開発されたのがストライカー装甲車ファミリーである。

その現状について

鳴り物入りで導入されたストライカー団(SBCT)だったが、エリック・シンセキ将軍が唱えた構想からは幾分外れてイラク戦争に投入される破になる。

シンセ将軍の当初の意図は、当時アメリカ陸軍に足りなかった機動と装甲を兼ね備え、かつネットワークで統合した諸兵科連合(コンバインド・アームズ)化された部隊(戦闘団)という柔軟性のある部隊を持つことで、従来の機甲部隊・歩兵部隊を補することが的であって従来の兵を置き換えるためではなかった。

ところが、時の防長官ラムズフェルドがこの運用を勘違いし、高度なネットワークによるRMA化された部隊としてストライカー団を考えたふしがある。RMA、つまりネットワーク技術で敵兵に対して兵を集中できるなら、その持ちうる兵はきわめて限られた少数精鋭でよい…とでも考えていたのだろうか。

結論から言うと、イラク戦争以後のストライカー団は苦戦しているといってもいい。

理由は簡単で、C-130に積めるという条件のためか装甲は薄い装輪装甲車であることには代わりがく、現地のゲリラ組織が使うようなRPG-7や、IED(即席爆発装置)に耐えられるだけの装甲ではないため、スラット装甲と呼ばれるかご網のようなシロモノや追加装甲を付け加える必要が生じる。

また駆動装置がタイヤ式であるため、その使い勝手は良いが、道路が整備されていない地域では地形によって路肩外走行に制限が加わる可性がある。各車両間を結ぶネットワーク技術があっても、対テロ・対ゲリラに対しては決して有効的ではないことが現地での戦いぶりからも明らかになっている。

当初、カナダ軍もSBCT構想を踏まえて自戦車を撤ストライカーMGS代替する計画もあったがイラク戦争以後の戦訓を踏まえてこれを撤回。レオパルド2を導入しているケースもある。

ただしこれはSBCT構想の限界というわけではなく、投入された戦場が向いていなかったというだけで、本来は紛争地域などにすばやく兵を展開することが的であり、そこでをすえて戦うような部隊ではないのだ。当の構想者であるシンセ将軍は、ラムズフェル防長官のイラク戦争に伴う少数の部隊のみの投入に反対していたことも触れておきたい。(結果的に占領以後の混乱をみていると十分な兵投入を唱えたシンセ将軍の見識が正しかったといえるだろう)

関連動画

関連項目

脚注

  1. *アメリカ陸軍 写真特集:時事ドットコムexit
  2. *戦車の戦う技術」木元寛明 SBクリエイティブ 2016 p.200
この記事を編集する

掲示板

  • 35ななしのよっしん

    2021/07/22(木) 15:39:50 ID: x0+5MikG6S

    >>34
    >戦車HEAT弾ぶち抜いたら建物の内部ぶっ壊してそこで被害はとどまるのでは

    信管が不発じゃなければ。あ、105㎜ならHEATじゃなく対建造物特化のHEPがあるか。
    でもそもそも、地のような近距離大口が必要なら、歩兵の肩撃ち火器で代用できんこともないんだよね。
    建造物々は置いといて機関は、歩兵じゃ逆立ちしても出来ない「小火器の射程外からの制圧射撃」が可なんで、優先度が高いのよ。

  • 36ななしのよっしん

    2021/10/02(土) 15:03:15 ID: x0+5MikG6S

    MGSだけの期の退役は、機械的欠陥というよりそもそもコンセプトが間違ってたってことだろうな。
    戦車ゆずりの大口径高初速が必要になる苛な戦況だと、防御や走破性が足りてないっていう。

  • 37ななしのよっしん

    2021/10/12(火) 12:06:17 ID: a0r+g5Gs1H

    もはや戦術輸送機での輸を考慮せず装輪に際限なく追加装甲り付けるぐらいなら最初っから足回りに余裕がある軽戦車でいいやって事なのかもね

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2022/01/18(火) 22:00

ほめられた記事

最終更新:2022/01/18(火) 22:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP