迫撃砲単語

ハクゲキホウ

5.2千文字の記事
掲示板をみる(1)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(1)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

迫撃砲とは、火の一種である。

概要

20世紀の塹壕戦において速に展開できるよう
出来る限り簡素な構造=軽量で運搬しやすい大砲の需要に応えるために開発された。

  • 個人で運搬・射撃できるもの(60mm等)
  • 複数人で分解運搬・射撃できるもの(81mm等)
  • 車載した状態で停し、射撃するもの
  • 車両の牽引によって、現場で射撃体勢に入る大なもの(120mm等)
    …と迫撃砲と言っても様々である。

※より大口径なものに榴弾があるが、そちらは大すぎて分解運搬はできず、後方装填式。

すごく簡単な解説

初見さんには説明しづらい形をしている。

簡潔にまとめると斜め上に発射し、敵に小爆弾を降らせる較的小大砲である。
また口から弾薬を装填・発射するのも特徴である。
(発射した弾はきつい放物線を描いて飛ぶ)

戦争映画ゲームなどで、突撃する主人公たちの周囲の地面が
ミサイルロケット弾が着弾したわけでもなく、かが地雷を踏んだわけでもないのに
頻繁に爆発しまくっているのはだいたいこれの着弾である。
逆に、斜め上に向いた筒に何かを入れてポンッ!と発射しているシーンがあれば迫撃砲である。

射撃時は冒頭の画像のように斜め上に向けて運用される。
ちなみに、射撃時はしゃがむなど口から離れないと発射炎に巻き込まれる。

射撃手順> 詳細は後述。
現場で観測する人と、迫撃砲を撃つ人コンビネーションが必要である。

「ここの座標に敵がいるから撃して!」「OK、ぶっ放すぜ!」
「着弾のズレ××メートル!」「あいよ、修正して撃つぜ!」
「当たってるよ!その調子!」「あいよ、今の調子で撃ちまくるぜ!」
化できたよ!撃ち終わっていいよ!」「OK」

構造

大まかな要素としては

  1. 二脚(支持架)がついた短い
  2. 身の底に付いた(底盤)
  3. 弾は口から装填する(前装式)
  4. 身が上を向いている』 …の4つが挙げられるが、
    いずれにしてもは前述の軽量をめられたが故であるがそれぞれ別の理由がある。

まず、最初の『短い身』は3番の『前装式』に直結=運用する兵士弾を装填しやすくすると共に遮蔽物や塹壕に隠匿しやすくするためである。
2番の『底盤』は発射時に身にかかる反動を一度受け止めて地面に逃がす役を担う。これは通常の大砲では反動を抑え、正確な射撃に必要な『姿勢維持』を担う『駐退機』が迫撃砲では基本的にないためである。4番の理由にもこれは繋がっている。
また、4番のもう一つの理由は『塹壕や遮蔽物の陰に潜む敵を上から撃で撃破する』事である。
基本的に敵は正面の敵を警しての後ろや塹壕に潜むが上は屋でもない限り遮蔽物がないため上方から弾を撃ち込めば撃破は容易い上に正面から撃するより上から撃ち込んだ方が危範囲は広い。

そして前述の『軽量で運搬しやすい』は『(複数の)兵士人力でも容易く運搬できる』事をす。
100クラスの重迫撃砲となると人力運搬は分解しても困難だが[1]、それ以下のサイズならば10人以下の人数で運搬が可なため隠密行動車両が使えない山岳地帯でも容易に展開が可な利点がある。
なお、通常の大砲と同様に身後方から装填する迫撃砲も存在するがこちらは車両に搭載されるが大半を占め、正面射撃になっている物もある。

発射方法(撃発方法)
  1. 勝手に発射してくれるもの
    1. 口に入れるだけで発射(構造が単純)
  2. 自由タイミングで発射できるもの
    1.  射撃用のハンドルトリガーを操作するもの(個人携帯の軽迫撃砲など)
    2. 射撃用のハンドルにくくりつけた縄を引っるもの

厳密には1は墜発式、2の縄を引っるのは留縄式と呼ぶ。
単純なものは1だけだが、1・2を切り替えられるものもある。

運用

基本的には歩兵を中心とする標への攻撃とされる。
これは使用する弾が基本的に榴弾(炸裂弾)を用いるからであり戦車トーチカといった直撃+装甲を貫しなければ化できない標には有効でないためである。
ただし周囲を絶え間なく撃して敵の連携を妨げている隙に死に回り込み撃破に繋げる事は出来るため、榴弾だけでなく視界を遮る煙幕弾や間で視界を確保する照明弾も用いられる。

また、迫撃砲を車載する車両には本来兵士を輸送するAPCが用いられることが多いが普段は兵員室に収納し、射撃時に屋根を兼ねたハッチを開けるが多い。この事から式の自走砲より隠密性が高い。

その反面、着弾の精度が悪い=命中率が低い事がジレンマだが運用が始められた第1次世界大戦においては広範囲に効果が見込まれるガスの散布に用いられ戦間期に開発された迫撃砲の中にはその用途で開発されたものが多く冷戦期は核兵器の運用も想定されたが幸いなことにその用途では使われることはなかった

なお、着弾の精度に関しては21世紀に入ってレーザーGPS赤外線画像による誘導が開発された事で善されている。

射撃順序

細かいことを除いた大まかな流れ。

  1. 現地から注文を受けて、照準する
  2. 試し撃ちして、現地の隊員が着弾のズレを伝える
  3. 着弾がOKであれば、そのままガンガンぶっ放す
  4. 撃ち方やめ
火力 FO:どこに対して、何をどんな感じで撃ってほしいのかを注文する
FDC:標の位置座標、弾種等、「撃ち方」を迫撃砲側に伝える
迫撃砲:
標との相対位置に応じて度・方角・炸量を調整する。
準備が整ったら、射撃許可を待つ。
試射 まずは敵に向けて試し撃ちしてみる。
修正射 FO:観測班は着弾と敵の位置を確認し、ズレを報告する。
FDC:ズレに対して再度度・方角を調整し再度射撃を行う。
FO:
「OK!着弾位置バッチリ!そのままバンバン撃ち込んで!」
である。
…試射の段階で命中していればそのまま効射になる。
FDC:照準調整せず、そのまま「撃ち方」に則ってを撃ちまくる。
(終了) 撃ち方やめ。
された「撃ち方」が終わる、敵を化する、中止命を受けるなどして終了。
  • 【注意】
    • 試射して着弾した時点で敵に攻撃を察知されてしまう
    • 修正射をモタモタしていると逃げられ、隠れられてしまう
    • 現在は対・対迫レーダーの発達によって射撃位置がバレてしまい、逆に弾を撃ち込まれる
    • 距離からの撃だが、結果的にスピードと正確性が要される

利点

  • ほぼ上から弾が落ちてくるため、物陰の後ろや塹壕に隠れていても命中する
    • 一度上を飛ぶため、発射地点~着弾地点間の地形(河川・瓦礫・断崖)に左右されない
    •  斜め上に発射するため、身を乗り出すことなく物陰や塹壕から敵を一方的に攻撃できる
      • 分解運搬でも2~5km以上の射程があり、敵の通常兵器の射程外・死から攻撃できる
        • 個人携行可な軽迫撃砲においても1km程度の射程はある
    • 敵からすれば突然頭上から爆弾が降ってくるようなもの
      • 運よく隠れても撃が止むまで身動きが取れず、次弾が命中する危険性もある
    • 弾内にも炸をギッシリ充填できるため威が高い
      • 殺傷・加半径が広く、命中せずとも高いプレッシャーを与えられる
      • 信管設定によっては射撃中炸裂)が可で、効率的に相手を化できる
      • 通常の榴弾(炸裂弾)でも、直撃させる必要はなく広範囲攻撃が可
  • 構造が単純
  • 口に弾を入れるだけで次々と次弾を発射でき、口径の割に射撃速度が速い
  • 多種多様な弾種を切り替える事が可で、戦略の幅が大きく広がる
  • 個人携行・分解携行可な小なものは没に上記の利点を実現しやすい
  • 大口径の榴弾較し、小軽量で連射性が高く、柔軟な運用がしやすい

欠点

  • 通常の大砲べて着弾の精度や弾の射程で劣る
    • 高い命中精度の実現には個人の技量に大きく左右される
    • 大きな放物線を描く以上、着弾までにタイムロスがあるため移動標には不向き
    • 構造が単純な反面、範囲攻撃を的としているため、誤差がありピンポイント撃には限度がある
  • 標との相対位置を正しく計算し、適切な射・発射装を調整しなければ命中しない
    • 数学が苦手な人には厳しい。(相対位置・射・着弾誤差の計算など)[2]
  • 標が視認できないため、標的/着弾を発見・報告(評定)する前線観測員が必要
    • 敵の位置や着弾のズレを正確に判断できない場合には効果が減する
    • 前線観測できる位置へ近づく前に敵に発見されるなど、観測員の危険が大きい
    • 前線観測員がやられるなど、情報・連絡がなければ運用以前にただのでかい筒になりうる
  • 有効な攻撃のためには大量の弾を必要とする為兵站(補給/後方支援)側に多大な負担をかける
    • 絶え間なく弾を撃ち込むため射撃速度が速い反面、時間当たりの弾薬消耗がしい
    • 気前よく発射していると、持ち込んだ弾があっという間に底をついてしまう
      • 補給が受けられる車両の傍らや拠点ならまだしも、携行運搬できる弾数には限りがある
  • 構造が簡素なことから極端な例として日曜大工レベル工作技術で充分な殺傷を持つ兵器が容易く作れる
    テロリストが隠匿・運搬・利用しやすい
  • 通常の火のように直射できるものは少なく、近距離の敵には対応できない
  • 敵味方・民間人が近接した状況下においては誤爆の危険があり使用できない
  • 安全そうな遠距離からの撃とはいえ、計算/射撃スピードと精度が要される
  • 貫通に特化していないため、強固な標、装甲標には直撃しても効果は限定的
  • 榴弾(炸裂弾)においては広範囲攻撃が可なものの、みや障物のある地形によっては大きく効果を削がれてしまう欠点もある。
  • 大口径の榴弾には射程・威ともに劣る

形式

なお、先に述べた4つの特徴を持つ方式の迫撃砲は『ストークスモーター(ストークス式迫撃砲)』と呼ばれるとなるが世界的に普及することになった第1次世界大戦では以下の形式が登場していた。

呼称 特徴 デメリット
ミーネンヴェルファー
(爆薬投射機)
独・墺の迫撃砲で命中精度
は高い。
砲兵との管轄の兼ね合いから
この呼称となった。
重量があり複雑な機構
だったことから戦後消滅。
スピガッド・モーター
(差込式迫撃砲)
身に対して弾が大きく
ストークス式より口径当たりの
で勝る。
後に小銃擲弾携帯式対戦車火器
対潜兵器に発射方式が受け継がれた
射程距離と速射性で劣って
おり、迫撃砲としてはれて
いった。

これらの事から現在の迫撃砲はストークス式が流になっている。

作品

動画

MMDモデル

記事の一覧

迫撃砲
(単体)
自走迫撃砲
(含)

関連コミュニティ・チャンネル

関連項目

脚注

  1. *大口径なものはタイヤがついており、車両や大勢の歩兵に牽引されて移動する。
  2. *照準を行わない運搬や警といった隊員であれば問題ないが、照準が可な隊員を失うとただの筒になってしまう。
この記事を編集する

掲示板

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2022/09/25(日) 16:00

ほめられた記事

最終更新:2022/09/25(日) 16:00

スマホで作られた新規記事

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP