今注目のニュース
ナランチャが「行くんだよォーッ!」と出席表明 ジョジョファンに結婚式の招待状を出したら全力の返事が
工藤静香、“スケバン刑事”のような近影に反響 「脚が長すぎて…」
タイ王室御座船パレード 12月12日に変更

プリキュアドリームスターズ単語

プリキュアドリームスターズ

  • 1
  • 0
掲示板をみる(20)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(1)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

映画 プリキュアドリームスターズ!』とは、東映アニメーション制作アニメシリーズプリキュアシリーズ』のクロスオーバー映画作品である。2017年3月18日開。

概要

方針転換の背景

2017年より新たに展開が始まった、プリキュアシリーズクロスオーバー作品第1作。これまでに上映されてきた『プリキュアオールスターズシリーズから方針転換し、参加作品・登場人物を新作の『キラキラ☆プリキュアアラモード』を中心に『魔法つかいプリキュア!』『Go!プリンセスプリキュア』の3作品、12人のプリキュア及び4匹の妖精と、最新作と直近の作品に絞る形態に変更されている。

そもそも、何故これまでのオールスターズから転換し、新たにシリーズ展開をすることになったかと言えば、ひとえに「プリキュアの人数」という最大の問題に他ならない。
2017年2月プリアラ開始時点でシリーズも第14作、代数にして12代目チームに達し、オールスターズに換算されるプリキュアの総数は映画限定のキュアエコーを含めて50人(シリーズ産みの親である鷲尾天氏はさらにキュアモフルンも含めて51人と数えている)と、かなりの人数となった。
これまでも、年々人数が追加されていき、スタッフも処理しきれるのか?という疑問点はあっただろうし、人によってはもう限界に達していると見る人も多かったはずである。
元々オールスターズDXシリーズ3部作が終わった時点でこの路線から方針転換しようとしていたはずだったのだが、行など大人の事情でそれが覆され、ズルズルと続いてきていた。これがある意味シリーズにとっていいところでもあり、負の遺産とも化していた。
NewStageからはプリキュア妖精全員が付かなくなり、キャラクターにしても表現の格差が出てきてしまっていたため、ファンの中からは少なからず不満のも上がっている状況だった。何より70分前後という決められた上映の尺を考えるとあまりにもキャラクターの制御という面で理を来し、あるいは演出的にも破綻しきった状況なのは見て取れる。
では、上映の尺を延ばしたらいいのでは?というも出るはず。しかしプリキュアシリーズメインターゲットはあくまで少女幼女、中でもいわゆる未就学児童(3~5歳)である。その子供たちが1時間強の映画でさえ乗り切れるギリギリのラインなのに、それをえる時間となれば理と言わざるを得ない。こうした事もあって、鷲尾氏も2016年プリキュア新聞でのインタビューで方針転換を示唆するほどだった。

そして、もう一つの現実問題として「現在子供たちにおける認知度」もある。
14年に入ってしまうと、メインターゲットである子供たちはどこまで過去プリキュアを知っているかという問題が出てくる。確かに昨今では各種再放送動画配信、ビデオレンタルで見られる機会は多い。オールスターズ過去プリキュア興味を持ち、親がネット検索して見せたら一層興味を持って過去作品を見始めたという例もにはする。
しかし、現実的に子供たちにとっては現在放送中のも含め、ここ2、3年のプリキュアしか基本的に分からない。それならばと、ここで思い切る必要が出てきたと言えるだろう。染みのある直近のプリキュアに絞り、物語を楽しんでもらう、という方向にシフトしたと考えられる。
また、鷲尾氏はこれに加えてプリキュアという作品が親子のコミュニケーションツールであるという側面としても方針転換したことをっている。
というのも、子供たちに「どのプリキュアが好き?」と聞くとある程度成長して好きなプリキュアができているならともかく、そうでないと「ぜんいん!」と答えることが多いという。しかし、そういった子供たちのほとんどはまだ幼いため「ぜんいん(あるいは「ぜんぶ」や「みんな」とか)」という言葉を知らないので、出てきたプリキュア片っ端から言おうとする。大人でさえプリキュア全部言えるかどうか分からない、それどころか大きいお友達の親が「プリキュア全員言ってみろ」とオレオレ詐欺対策に使うという話まで出ているご時世である。小さな子供にはかなりハードルが高いだろう。
だったら、キャラクターを絞ってある程度言いやすくすれば、という子供たちへの気遣いも含んでいる。

とはいえ、オールスターズ映画では終わったとしても、今後は別の展開があるかも知れない(現状展開されているものとしてはプリティストアでのグッズ展開やスマホゲームつながるぱずるん」など)。状況によってはライダー戦隊みたいに長尺の大人向け作品として展開される可性もあり得るので、今後もオールスターズもドリームスターズ以降のクロスオーバー形式も、いずれも注視する必要があるのではないだろうか。

2017年10月開の『映画 キラキラ☆プリキュアアラモード パリッと!想い出のミルフィーユ!』では映画では初めて前シリーズである『魔法つかいプリキュア!』の面々が登場、同時上映の短編もドリームスターズに登場した妖精4匹が再びった『Petit☆ドリームスターズ! レッツ・ラ・クッキン?ショータイム!』と、クロスオーバー要素が盛り込まれた。
そして同映画の上映後の特報でプリアラまほプリによる2018年春映画映画 プリキュアスーパースターズ!』の制作が発表されている。今後はタイトルを変えながらも直近旧作2作品+新作の3作品クロスオーバー路線を継続することになる。

作品について

が咲き乱れる異世界が原」。そこに世界中の奇麗な物を狙う鴉天狗が現れ、の木々を奪い、シズクを連れ去っていってしまう。それを取り戻すべくが原の少女サクラが、「鍵」「宝石」そして「スイーツ」をキーアイテムに持つプリキュア達を探しに人間界にやってきたとき、いちかと出会った事から物語が始まる。

今回の作品は通常の世界セルベースアニメーションで、異世界3DCGで描き、それぞれをシーレスに繋ぐという手法をとる。さらにこれまでシリーズで用いられなかった和風の表現を全面的に取り入れているのが特徴となる。
このような特色ある作品を監督するのは『映画 Go!プリンセスプリキュア Go!Go!!豪華3本立て!!!』の中編作品『プリキュアとレフィのワンダーナイト!』で監督デビューを飾り、CGWORLD大賞も受賞するなど、その表現と技術が絶賛された宮本浩史。自身初の長編作品としてセルパートCGパートも全体で監督する。
さらにスタッフも、脚本には『魔法つかい』でシリーズ初参加、他には『プリティーリズムシリーズや『リルリルフェアリル』での構成脚本、『半沢直樹』『マッサン』の脚本協などで携わっている坪田文、総作画監督は『Go!プリセスキャラデザ中谷友紀子、作画監督として『映画 ハピネスチャージプリキュア! 人形の国のバレリーナ』のキャラデザ作監をはじめとして近年のプリキュアシリーズでは作画スタッフとして関わっている大田和寛、演出は『ONE PIECE』などに参加の佐藤幸と中谷と同じスタジオガッツ所属で『Go!プリセス』『魔法つかい』でも演出参加の村上之の2人、CGスタッフ宮本チームを組んでいるCGディレクターの鄭載アニメーションスーパーバイザーの金井プロデューサー野島志などが加わる。

今作のメインキャラとなるサクラ役にはアニメではシリーズ初参加、実は『魔法つかい』でのプリキュアショー後期バージョンではデザイナーすみすず役を演じた阿澄佳奈が起用されている。サクラ友達であり、今回の物語の鍵を握るシズクは女優木村が演じる。東山紀之との間に2人の女児をもうけ、いずれも現役のプリキュア世代だけあって今回の起用は家族全員喜んだという。今回の敵の鴉天狗役には最近ではナレーターとしての活躍も見せ、『手裏剣戦隊ニンニンジャーVSトッキュウジャー THE MOVIE 忍者インワンダランド』にも出演した南海キャンディーズ山里亮太鴉天狗の下である狗・狗役には山里とは仲がよいことで知られる、キングオブコント2016チャンピオンライスの2人が務める。

音楽は『アラモード』から参加の林ゆうきが基本的に新規作曲し、一部高木洋による既存楽曲を使用。また、オープニングテーマ青木美子小杉保夫のコンビが手がけ、高木編曲した「MISSION~プリキュアリレーション~」を北川理恵五條真由美うちやえゆかコーラス付きで歌い、さらにロックアレンジされた別バージョンも挿入歌として使われる。またエンディングテーマの「君を呼ぶ場所」はシズク役の木村定評のある高い歌唱で歌い上げている。

スタッフ

キャスト(ゲストキャラクターのみ)

主題歌

関連動画

プリキュアドリームスターズに関するニコニコ動画動画を紹介してください。

関連生放送

関連商品

関連コミュニティ

プリキュアドリームスターズに関するニコニコミュニティを紹介してください。

関連項目

掲示板

ニコニ広告誘導

急上昇ワード

最終更新:2019/10/22(火) 20:00

ほめられた記事

最終更新:2019/10/22(火) 20:00

☆オススメの関連コンテンツ

動画

この記事名で動画を検索

静画(イラスト)

この記事名で静画を検索

ニュース

この記事名でニュースを検索

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP