今注目のニュース
ハラスメント対策と働き方改革の板挟み…管理職3人の嘆き
さっしーどハマリ中! 「ずっと食べちゃう。終わりを知らない」ウマ過ぎおやつ。
狂戦士ベルセルクを獰猛にした薬物はナス科の植物である可能性が浮上(スロベニア研究)

キラキラ☆プリキュアアラモード パリッと!想い出のミルフィーユ!単語

キラキラプリキュアアラモードパリットオモイデノミルフィーユ

掲示板をみる(37)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

キラキラ☆プリキュアアラモード パリッと!想い出のミルフィーユ!とは、アニメキラキラ☆プリキュアアラモード』の劇場アニメーション作品である。

2017年10月28日開。映画プリキュアの第23作である(レギュラーシリーズ映画では第14作)。

概要

今回の物語舞台は『映画 ハートキャッチプリキュア! 花の都でファッションショー…ですか!?』以来となる、フランスの都、そしてスイーツの本場であるパリパリと言えば新たに仲間に加わったシエルキラリン)が双子ピカリオと一緒に修行に行った所。ということで彼女とそのパリでの修業時代を物語の中心に据えて展開する。

キラパティの面々がフランスで行われるスイーツコンテストに出場することになったのだが、シエルが絶不調でスイーツ作りもプリキュアへの変身もままならない状態。そんなときにシエル師匠であるジャンピエールジルベルスタインと出会うことになったりってシエルさん再会師匠に頭突きしてますが。で、いちかシエルに「かつて師匠に作ってもらったミルフィーユ」をコンテストで作ろうと提案するが、その時怪物によるパティシエ襲撃事件が発生するわ、パリお菓子になってしまっておかしな事になるわ、とすったもんだの大騒ぎに……というお話になる。

監督土田豊、脚本が村山功と、『映画 プリキュアオールスターズ みんなで歌う♪奇跡の魔法!』を手がけた2人が再びタッグを組んで物語を紡ぎ出す。どうやらまほプリでも関わってるこの二人(各話演出&シリーズ構成)とプロデューサー内藤(こちらもまほプリのP)の仕業か、あるいは東映本社or東アニorバンダイが味を占めたか、予告編の時点であのぬいぐるみの姿が。なんと今回映画初の試みとして、みらいたちまほプリチームも客演として登場する。どこのライダー戦隊映画ですか。
キャラクターデザインは初期映画作品以来となる大ベテラン爲我井克美総作画監督兼任で担当、作画監督は今やプリキュアには欠かせなくなった大田和寛が引き受ける。ゲストキャラジャンピエール役は大のスイーツ好きで知られる歌舞伎俳優尾上松也ジャンピエールについているパティシエお化けクック役は近頃キュアショコラが好きすぎてどうしようもなくなってるシリーズ初参加の悠木碧が受け持つ。

恒例となりつつある同時上映のフルCG短編作品は、『プリキュアオールスターズDX 3Dシアター』や直近では『ポッピンQ』を手がけた宮原直樹による『Petit☆ドリームスターズ! レッツ・ラ・クッキン?ショータイム!』に。こちらはペコリンだけでなく、名前が示すとおりの『映画 プリキュアドリームスターズ!』に登場したパフ・アロマモフルンも再登板し、お菓子作りに挑戦する話となっている。モフちゃんはあっちもこっちも登場で大忙しだねー。

そしてこちらも恒例のミラクルライトハートをかたどった「ミラクルキラキラルライト」が登場。さらに前売券特典が継続され、長編に登場する「メモワール・ミルフィーユ」と短編に登場する「キラリンクッキー」のいずれかが付く。また、前年に続いてアニマルスイーツデザインコンテストも行われ、グランプリ作品が劇中に登場している。もちろん今回もスーパープリキュアは健在、をつけた形態として登場する。

この他、テレビアニメ本編と連動させる体制ができており、第22話のシエル回想で一ジャンピエールが姿を見せ、開直前に放送される第37話ではシエルパリに連れ戻そうとするショップオーナーソレーヌが登場、シエルの修業時代を明かし、しかも尾上演じるジャンピエールも登場する。お染み上北ふたご先生漫画版でも、なかよし2017年11月号に掲載されたシリーズ連載初の2本立ての内の1篇が同じく映画前日譚として描かれている。

2週連続で週末に台風が来る中、映画連動回や各種プロモーション展開が功を奏したか、はたまたブレードランナー 2049』の開初日が金曜だったのに救われたか、開初週土日2日間の行動員数ランキングで『映画 スマイルプリキュア! 絵本の中はみんなチグハグ!』以来5年ぶりとなる、シリーズ2度の首位獲得となった(ちなみに収ではブレランの方が上回っている。これは大人向けかつ特別上映がある同作品に対し、子供中心のプリキュア映画は客単価が低くなるので仕方がい)。

ネタバレ注意 ここから先は映画ネタバレ成分を含んでいるペコ
スクロールする覚悟ができていないなら先に映画を見てほしいキラ

 

 

 

 

 

 

 

 

本作においてはシエル過去と共にいちご坂に戻って以降の成長も垣間見えたこと、それと共にジャンピエールの情熱やこだわり、そしてクック嫉妬念が軸となったと言える。

ピカリオと共にジャンピエールの調理の凄まじさやミルフィーユの美味しさに感し、彼に子入りするキラリン。まず人間になるべく一心不乱に修行を積み重ねた事でシエルという人間へと姿を変えることができた。こうしたことがあったことで彼女天才へと昇できたわけだが、それが元でかえって自分しか見えなくなってしまう。この映画においても作品描写的にだんだんとピカリオの姿が見えなくなるのもそれが強調されたことであろう。
しかし今のシエルいちご坂でいちかたちに出会ったことにより、ピカリオをはじめ他人のことを思えるようになり、さらにキラパティ仲間たちの支えもあって新たな気づきも得られることで、パティシエとしてより高みをせるようになった。
もちろんスイーツに情熱を傾けすぎて個性的すぎるゆえにつまはじきにあうジャンピエールもその情熱あってこそ一人でやっていっている以上、仲間たちと仲良くスイーツ作りをするようになったシエルを見て落胆はするわけだが、シエルとしては最初の出会いから尊敬すべき、そして信頼のおける師匠であることには変わりないし、ジャンピエールなりのやり方も尊重している。こうした両輪あってこそのシエルの成長なのではないだろうか。

一方のクックはかつて低評価を受けて屈辱に陥り、いつしかお化けに姿を変えてジャンピエールを使ってまで復讐しようとする。しかし裏返せば彼女もまたっ当な評価をして欲しかったのだろう。
もちろん究極のスイーツを作ってまでパリ中をお菓子に変えてしまうのはパルフェ破したように自己満足でしかない。でもクックとしては自分のスイーツを認めてほしかったのである。プリキュア達によって浄化され、シュプレヒコールく中、最後のジャンピエールの「トレビアン!」の一言が救いになったのではないだろうか。
ラストの生まれ変わりなのか少女の姿になってジャンピエールと一緒にスイーツ作りをする姿、いつしかそれが実る日が来ると思いたい。

と、こういった深い物語バックグラウンドがあるにもかかわらず、今回の映画土田演出がフルに発揮された、「映画なのにもかかわらず全を出したギャグ回」だったと言える。
オールスターズDX3部作などのように多人数キャラをこなすことが出来る村山氏の脚本の妙もあるのだが、それ以上にこれまでもギャグ回の傑作エピソードスマプリ修学旅行京都編・ミエナクナ~ル回・夏休み最終日のゲーム回、まほプリのモフデレラ回・カボチャドリ祭り回等々)などを手がけ、コミカルな演出には定評のある土田氏の本領が活かされ、所々で笑えるようになっている。

もちろんただギャグコミカルさを出すだけではく、ジャンピエールシエルがらみの挙動が物語の展開に重要に作用してくるし、そうした中でシエルの成長といちかたちとの友情も感じさせてくれるものとなった。
また、シエルに重きを置いた故にいちか達が彼女を支える形になったとは言え、それでも要所要所で見せ場があり、特に動物モチーフゆえ本来のうさぎなどからクックによってなど別の動物に変えられてしまうも、その変わった動物の特徴を活かす演出も取られている。客演のまほプリ一家もさすがにそんなに出番はいとは言え、これも要所要所で姿を現し、先輩らしい活躍を見せてくれており、彼女たちを知る子供たちにとってはこれ以上ファンサービスになっただろう(ちなみにコンセプトはここ数年のミュージカルショーでの先輩達の客演だとか)。

何より今回のゲスト声優である尾上木両者にもその演技に拍手を贈らねばなるまい。特に尾上は癖の強いジャンピエールをまさしく怪演と言うべきに演じきっており、その演技も含め全般的に評価が高い。木も可らしいが一層癖のありすぎるクックをうまく演じており、いいスパイスとなった。この2人の演技で物語がうまくかき回された感じだろう。

これまでのプリキュア映画は他の子供向け作品の映画版もそうであるように、コミカルさも入れながら大人の鑑賞にも堪えうるよう、泣かせる、あるいは感動させる要素を組み込んでいる。だが、これが子供たちにとってはわかりづらく、また怖がりやすい面でもあった。この点は内藤氏もインタビューで触れている。
そこで、本作はあえてコミカルさを全面に出したプリアラらしいエンターテイメント作品となった。もちろん本作においてもの深さを知れば考えさせられる面はある。しかし、それ以上に子供向け作品であることに立ち返り、あえてわかりやすいエンタメ要素を体にするという、昨今の潮に一石を投じる物になったのではないだろうか。

もっとも、EDに関して言えばドリームスターズに続いて2作連続でEDダンスかったことを惜しむもある。ずっと続いてきて恒例化していたため、楽しみにしていた人も少なからずいたことを考えれば、何らかの事情はあるにせよ、確かに残念かもしれない。
また、前述したいちかたちがあまり前面に出ていないことや、「なんでまほプリいるんだ、春映画じゃないのに必要なのか」というはもちろん、クック過去について詳しく触れられていない点に苦言がでているのも否めない点ではある。

短編についても触れると、妖精CG表現がより強化されており、そのかわいらしさと短編特有のコミカルさが際立つ。もし妖精においてもCG表現がよりよくなった場合、プリキュア妖精も全編CGで描かれたさらに踏み込んだ中長編作品ができるのかもしれない。

スタッフ

キャスト(ゲストキャラクターのみ)

主題歌

関連動画

関連商品

関連コミュニティ

キラキラ☆プリキュアアラモード パリッと!想い出のミルフィーユ!に関するニコニコミュニティを紹介してください。

関連項目

掲示板

急上昇ワード

最終更新:2019/10/15(火) 00:00

ほめられた記事

最終更新:2019/10/15(火) 00:00

☆オススメの関連コンテンツ

動画

この記事名で動画を検索

静画(イラスト)

この記事名で静画を検索

ニュース

この記事名でニュースを検索

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP