八幡単語

ハチマン

  • 1
  • 0
掲示板をみる(23)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(1)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

八幡(はちまん、やはた、やわた)とは、応天皇霊『八幡』のこと。あるいはその『八幡』をった神社(『八幡宮』、『八幡神社』)、またはそれを由来とした地名である。

概要

現代では応天皇とほぼ同一人物として位置づけられている。奈良時代から平安時代にかけての書物に登場することから、この時代から信仰があったと思われる。当時は『ヤハタ』と訓読みで呼ばれ、『ハチマン』という音読みが登場するのは後の事である。

『八幡』の意味としては、『=旗』とされており、『八つの旗』を意味するものとされている。皇后が三征伐の時に対馬に寄った際に、八つの旗をったといわれ、そこから『八幡(やはた)』という言葉が生まれた。

なお、一般的に八幡宮(八幡神社)にられているのは応天皇だが、父親仲哀天皇った八幡宮(八幡神社)も多い。

全国の八幡宮(八幡神社)

など。

曖昧さ回避及び地名等

地名としての『八幡』

に多数の『八幡』という地名が存在する。読みは各地様々で、『はちまん』ではない所も多く『やわた』『やはた』などもある。

『八幡』の付く自治体・行政区

※は直接『八幡』とは関係ない。

『八幡』の付くその他地名

など。

『八幡』のつくインターチェンジ

.
  など。
.

『八幡』の付く駅名

など。

『八幡』を名に持つ架空キャラクター及び著名人

苗字としての『八幡』は、清和源氏桓武平氏藤原氏山蔭流、文屋氏、荒木田氏などが発祥とされており、全で約3770世帯ほど存在する。
読みは『はちまん』、『はちはた』、『やはた』、『やわた』、『やばた』など多数の読みがある。

『八幡』という苗字の架空キャラクター


『八幡』という下の名前の架空キャラクター

たぶん下の名前が『八幡』なのは、今のところこいつ以外いないと思われる。

.

関連動画

関連商品

関連項目

この記事を編集する

掲示板

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2020/11/24(火) 18:00

ほめられた記事

最終更新:2020/11/24(火) 18:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP