女子高生コンクリート詰め殺人事件単語

ジョシコウセイコンクリートヅメサツジンジケン

1.4千文字の記事
掲示板をみる(256)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(6)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

女子高生コンクリート詰め殺人事件とは、1988年11月1989年1月にかけて、東京都足立区綾瀬で起こった殺人事件。誘拐・略取、監禁、暴行、強姦殺人死体遺棄事件の略称である。

概要

犯行は計画的に行われた。

1988年11月

事件を起こした少年4人はまずバイクに乗った仲間Cが被害者女子高生を蹴り飛ばし、倒れたところに犯格の少年Aをかけ助ける。「危ないから送ってやる」と被害者を騙し、周辺の倉庫で「自分はヤクザの幹部だ」等と脅した上、ホテルに連れ込み、強姦した。

その後、Cの自宅2階に監禁する。集団によりレイプ少年4人以外にも多数行為に参加している)、陵辱行為、1m以上の高さから被害者に向けてダンベルを落とす等の暴力行為、タバコシンナーを強制的に吸わせる、ろくに食事も与えず、ゴキブリ尿大便などを食べさせていた。

1988年12月

隙をついて被害者警察電話をかける、が、Aに気づかれてしまい失敗に終わった。さらにこの事で、暴行や陵辱行為がエスカレートしてしまう。

手の甲をライターで焼く、鉄球の付いた棒で殴りつける、しく顔を殴打し腫れ上がった顔をみて笑いあうなど、およそ人とは思えない残な行為が監禁から41日間繰り返し行われ、最後はギャンブルに負けたいせに、自で立てない程衰弱した被害者2時間に渡り暴行し、死に至らしめた。

1989年1月

になり、死体の処理に困った少年達は被害者死体毛布に包み、旅行カバンに詰めた後、Aが調達したドラム缶セメントを流し込み、に沈めるためにに乗せた。

しかし、ここにきて怖くなった少年たちは当時の江東区15号地若公園整備工場現場き地にドラム缶を放置。現場を去った。
その後Aが別件の強姦事件で逮捕され、事件が発覚する。

事件のあまりの残虐さに、取材を担当した報道たちは怒りで拳を震わせてくし、殺人事件などしくもないはずの警察官たちもしい憤りを覚えたようでみな殺気立っていたという。

成年なので実名報道はされないはずだったが、週刊文春は「野獣人権はない」と断言し実名報道に踏み切った。編集者たちは犯人が出所したらまたやるとこの時点で読んでいた。

被害者葬儀では同級生たちがもふらずに大泣きしており、いかに事件が悲惨かが見て取れる。

判決の詳細

どうしてあんなに判決が軽かったのかと言うと、よく勘違いされがちだが少年法だけでなく本事件の6年前に採用された「永山基準」が関わっている。この判例の「被害者の数」と「犯人年齢」によるものも大きい。

この基準の施行以後、1人殺死刑になった例は6人のみであり、この手の1人の人間に対しての残虐な事件での法の理不尽さが様々と見せつけられている。

2004年役し出所した少年B(33歳)は知人男性への逮捕監禁致傷で逮捕され懲役4年の判決を受けている。

さらに2018年8月には少年Cが会社員男性の止め方で言い争いになり警棒で殴りナイフで刺す殺人未遂事件を起こしている。裁判ではなぜか傷事件に変更され、保護観察処分で済んでいる。

ネット上ではお笑い芸人スマイリーキクチ犯人の一人であるというデマが広がり、警察沙汰にまで発展している。(関連項目参照)

関連項目

この記事を編集する

掲示板

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2022/10/05(水) 08:00

ほめられた記事

最終更新:2022/10/05(水) 08:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP