今注目のニュース
『FGO』セイバー/アーサー・ペンドラゴン〔プロトタイプ〕の「英霊正装」イラストをモチーフにしたフィギュアが登場
糖質オフ弁当で夫婦そろって10kg減に成功。その中身とは?
日本の道路事情は昔からほぼ変わらないのになぜ? クルマが大きくなる「3ナンバー化」が続々進むワケ

死のデッキ破壊ウイルス単語

シノデッキハカイウイルス

  • 1
  • 0
掲示板をみる(17)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(1)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

死のデッキ破壊ウイルスとは、漫画遊☆戯☆王」に登場するカードである。

このカードを召喚条件に定する「デスウイルスドラゴン」についても本項で取り扱う。

概要

海馬瀬人が使用するウイルスカードで、原作での名称は「死のデッキ破壊」。「デスウイルス」とも呼ばれている。

ウイルスカード
属性で攻撃1000以下の生贄を媒体にウイルスカードは発動する。
相手の手札・及びデッキ内の攻撃1500以上のしもべはすべて死滅する。

テキストには手札・デッキとしか書かれていないが、作中の描写を見るにフィールドにも影を及ぼしている。また、生け贄となったモンスターが攻撃を受けることが発動条件。

決闘者の王編」での遊戯とのデュエルが初登場。
「闇・道化師サギー」に仕込んでおき、サギーが「暗黒騎士ガイア」の攻撃を受けた際に発動、「暗黒騎士ガイア」や「ブラック・マジシャン」、その他遊戯カードをことごとく死滅させた。
このときは、「デーモンの召喚」がドローした間に消滅しており、デッキカードを直接破壊する効果ではなかったようである。

ペガサスとのデュエルでも使用したが、ペガサスは「闇・エナジー」で媒体のサギーの攻撃1200にしてしまったため、ウイルスが消滅した。さらに、「コピーキャット」でペガサスウイルスカードコピーされ、「魔人」を媒体に発動されてしまう。これによりデッキを破壊された海馬は、ゲーム続行不可能に。最後の手札である「死者蘇生」でサギーをモンスターにしたがそれも破壊され、海馬敗北となった。
ここからは、発動直後にデッキを破壊する効果になった様子。また、「死者蘇生」を使用した際に、「青眼の白龍」などの強モンスターではなく、サギーを生させていることから、ウイルスによって死滅したカードは再利用も不可能だったと考えられる。

バトルティ編のイシズとのデュエルでも登場。
「収縮」で攻撃が半減した「ブラッド・ヴォルス」を生け贄に発動し、イシズデッキを破壊したが、このデッキ破壊戦術があだとなり、「現世と冥界の逆転」で海馬は窮地に立たされることに。

また、海馬が「ラーの翼神竜」の解析をしていた際、ウイルスコンボを発動させたときのシミュレーションをしていたが、その場合のラーデッキに対する勝率は13だった。


アニメ乃亜編」の大門ビッグ5)とのデュエルでも登場。
ジャイアントウィルス」を媒体に発動したが、「人造人間-サイコ・ショッカー」のデッキマスター効にされた。

乃亜とのデュエルでも登場したが、「賢者ケイローン」の効果で発動前に破壊された。

バトルティ編のアニメオリジナルVS城之内でも登場。
「収縮」で攻撃が半減した「ガーゴイルパワード」を媒体に発動し、城之内フィールドの「騎士 ギアフリード」を破壊し、デッキも破壊した。

アニメドーマ編」のアメルダとのデュエルでは、セットされたが「王宮のお触れ」に発動を封じられてしまった。しかし、「クリティウスの牙」と融合して「デスウイルスドラゴン」となった。

漫画RではVSウィラーメットで登場。
「収縮」とともにセットしてコンボを狙っていたが、「カード・ヘキサチーフ」で発動を封じられてしまった。


海馬は計8回このカードを使用しているが、成功したのは3回(遊戯、イシズ城之内)。しかもその内1回(イシズ)は相手に利用されている。ペガサス戦に至っては失敗した上に相手に奪われた。効果があまりにも強すぎるゆえか、作中での成功率は低い。

原作では「死のデッキ破壊」というカード名であり、魔法カードとは別の「ウイルスカード」という分類を持っていた。同じ「ウイルスカード」に分類されるカードとしては、「魔法除去細菌兵器」、「α波の拡散」(R)が登場しており、どちらも海馬が使用している。
アニメではOCGに合わせてカードに修正されている(効果は異なる)。


アニメGXではOCG仕様(旧テキスト)に修正されて登場。カイバーマンデッキに投入されたカードとして登場した。
また、サイコ流の使い手、丸藤翔とのデュエルで使用。「人造人間サイコリターナー」を生け贄にして発動し、攻撃が上がった「サイバー・ダークドラゴン」を破壊した。しかし、このときはなぜか「サイバーフェニックス」の効果でドローしたカードを確認していなかった。

OCG版

遊☆戯☆王デュエルモンスターズ 闇界決闘記」(1999年7月8日発売)の同梱カードOCGに登場。

2015年1月1日以降(現行テキスト)

テキストは以下の通り。

通常
(1):自分フィールドの攻撃1000以下の闇属性モンスター1体をリリースして発動できる。
相手フィールドモンスター及び相手の手札を全て確認し、
その内の攻撃1500以上のモンスターを全て破壊する。
その後、相手はデッキから攻撃1500以上のモンスターを3体まで選んで破壊できる。
このカードの発動後、次のターンの終了時まで相手が受ける全てのダメージは0になる。

※「決闘者の栄-記憶の断片- side:闇遊戯」収録のカード(15AX-JPY52)による

原作とは異なり、デッキの破壊は任意の上に3体までに限定された。その場で破壊という点だけを見れば、旧テキストよりも原作ペガサス戦以降の仕様に近いと言える。また、相手の攻撃対になる必要はなく、いつでも発動できるようになっている。

相手のフィールド・手札の攻撃1500以上のモンスターをまとめて破壊できる。デッキ次第ではあるが、うまくいけば2枚の損失を取り返して余りあるだけの数が破壊できる。さらに相手の手札も確認できるのもメリットコストにするモンスターも範囲が広く、適当な下級モンスターでもよいので、闇属性を使用するデッキならば困らないだろう。

しかし、肝心のデッキ破壊部分は、相手が選べるうえに3枚までであるため、デメリットになる可性が高いことに注意が必要。墓地へ送ることで効果を発揮するカードは多いため、それらのサポートをしてしまうことになる。これも「破壊」扱いであるため、相手が「ネフティスの鳳凰神」などを投入している場合は効果を利用される。
手札・フィールドの破壊についても、高攻撃モンスターが少ないデッキ相手ではあまり成果が挙げられない。

さらに、ダメージを0にするデメリットがあるため、このカードモンスターを一掃して攻め込むのは難しい。自分ターンバトルフェイズ終了後に使用すればデメリットを軽減できるが、相手のシンクロエクシーズ召喚や攻撃の妨などを的に相手ターンに使う場合はこのデメリットを受けることになる。

はまれば十分な働きをしてくれるだろうが、相手のデッキタイプ次第ではかえってピンチになることもあり得るので、相手のデッキがわからない序盤から使用するのは避けたい。


「破壊」であるため、暗黒界などの効果発動を封じることができる。一方で、墓地へ送られさえすればよいシャドール相手に使ってしまった日にはも当てられない。

あまり見かけるカードではないが、相手のデッキ・手札・フィールドに合計3体の「The big SATURN」が存在する場合、その3枚を破壊されると自分だけが合計8400のダメージを受けて敗北する。
本来はお互いに受けるはずのダメージが、このカードデメリットによって自分(SATURNの使用者から見て相手)しか受けなくなるためである。

イラストには初出のゲームのものと、「PREMIUM PACK 5」収録時のものの2種類がある。背景の色などが違う。

禁止定を受けたのが2009年9月と遅かったためか、割合再録回数は多く、2009年の「GOLD SERIES」などにも再録されている。エラッタテキストのものは「決闘者の栄-記憶の断片- side:闇遊戯」に収録されているが、エラッタテキストのものも相当出回っていると思われるので、プレイの際は注意が必要。当然、エラッタ前のカードエラッタ後と同じものとして扱う。

2014年12月31日まで(旧テキスト)

かつては以下のようなテキストであった。

通常
自分フィールド上の攻撃1000以下の闇属性モンスター1体をリリースして発動できる。
相手フィールド上のモンスター、相手の手札、
相手のターンで数えて3ターンの間に相手がドローしたカードを全て確認し、
攻撃1500以上のモンスターを破壊する。

「THE GOLD BOX」収録のカードGDB1-JP020)による

現行テキストと違い、相手がその場で3枚選ぶのではなく、3ターンの間のドローカードを破壊するという、原作初登場時に近い仕様であった。また、ダメージを0にするデメリットもなかった。

ドローカードまでつぶすことができるため、今よりも影が強かった。ドローチェックの意味合いも持つため、3ターンに渡って相手の手の内を把握できることになる。「手札殺」などの強制ドローとも相性が良い。

容易に発動できるこのカードの存在は大きく、攻撃1500以上であることが欠点とみなされることすらあり、低めの攻撃で優秀な効果を持つモンスターサポートカードを重視する潮が生まれた。

コストにするモンスターには、墓地へ送ることで効果を発揮できる「クリッター」、回収効果を持ち、このカードを使い回せる「闇の仮面」、デッキ墓地からモンスターを手札に加えられ、コストを確保し続けることができるため、特に制限時代に猛威をふるった「黒蠍のミーネ」などがあった。

弱点としては、フィールド・手札を破壊するのは発動した時だけなので、後から「死者蘇生」などで復活させたり、シンクロ召喚などで手札以外から呼び出されたりしたモンスターには対抗できないことや、攻撃1500未満のモンスターなどには対抗できないこと、ドロー以外の方法で手札に加わったモンスターは破壊できないこと、破壊をトリガーとする効果を発動させてしまう恐れがあること、墓地利用につなげられる恐れがあることなど。
しかし、それを差し引いても強カードであることに変わりはなかった。

1枚で多数のカードを破壊できるだけでなく、後のドローカードにまで影し、さらにピーピングもできる便利なカードであった。コストとするカードも時を経るにつれ増えていった。
2004年9月1日に制限カードとなり、以降長らくそのままだったが、「ゾンビキャリア」の登場など、コストにちょうど良いカードがさらに増加したためか、2009年9月1日にとうとう禁止カードとなった。登場から禁止までの期間は当時としては最も長い(後に「大嵐」がその記録を抜き、「ハリケーン」を経て現在は「血の代償」が最長記録を保持)。

以降、2015年1月1日エラッタとともに制限復帰するまでそのままであった。


デッキ破壊なのにルール上はデッキカードを破壊していないというのはよく言われることだった。
遊戯王における「デッキ」は各プレイヤーが構築する40枚以上のカードの集まり、プレイ中のまだ引いてないカード(山札)の両方の意味を持つため、前者の意味での「デッキ」ととらえれば、フィールド・手札に影する点も含めて意味は通る。あるいは、デッキカードに感染し、引いた間に発症するというイメージか(原作初登場時はこれに近い)。
エラッタによって直接デッキカードを破壊するようになったため、この点は名前通りになった。

類似カードとして「魔のデッキ破壊ウイルス」、「闇のデッキ破壊ウイルス」が存在する。
いずれも、エラッタ前のこのカードからリリースするモンスターの攻撃の条件と破壊する対を変えたもの。このカードだけが長期間の禁止定の末にエラッタされてしまったため、少々浮いてしまった。

その他の作品において

ゲームDMシリーズでは、「ウイルスカード」という魔法カードが登場。
「相手フィールド上の攻撃1500以上のモンスターを全て破壊する」という効果を持っており、このカードが元になっていると思われるが、なぜか原作カード分類の名前だった「ウイルスカード」のほうがカード名になった。

デス・ウイルス・ドラゴン

アニメドーマ編」で登場した、「クリティウスの牙」が「死のデッキ破壊ウイルス」と合体した姿。
攻撃1900のモンスターであり、相手フィールドの攻撃1500以上のモンスターを破壊するという、生ける「死のデッキ破壊ウイルス」と言える効果を持つ。

海馬VSアメルダ(1戦)で海馬が使用。
「王宮のお触れ」で発動を封じられてしまった「死のデッキ破壊ウイルス」を融合素材にして特殊召喚し、効果でアメルダモンスター全滅させ、直接攻撃で勝利しようとしたが、「狂気の伝染」で海馬ダメージを受けてしまい、引き分けになった。

OCG版

「コレクターズパック-運命の決闘者編-」(2015年5月16日発売)でOCGに登場。

融合・効果モンスター
4/闇属性/ドラゴン族/ATK 1900/DEF 1500
このカードは「クリティウスの牙」の効果で自分の手札・フィールド
「死のデッキ破壊ウイルス」を墓地へ送った場合のみ特殊召喚できる。
(1):このカードが特殊召喚に成功した場合に発動する。
相手フィールドモンスター、相手の手札、相手ターンで数えて
3ターンの間に相手がドローしたカードを全て確認し、
その内の攻撃1500以上のモンスターを全て破壊する。

破壊範囲がアニメより広がっており、エラッタ前の「死のデッキ破壊ウイルス」を内蔵している。

エラッタ前の「死のデッキ破壊ウイルス」は禁止定を受けるほどのカードだっただけに、効果自体は強。「手札殺」や「マインドクラッシュ」との相性が良いのも同様。墓地利用が気になるのも同様。

ただし、「クリティウスの牙」は通常魔法なので、セットしてから待つ手間はなくなった反面、相手ターンに発動することはできなくなっている。また、「死のデッキ破壊ウイルス」は2015年10月時点で準制限カードなので、少々召喚条件を満たしにくい。(2016年4月制限となったが、それでもサーチ手段に乏しいため、依然として厳しい)

また、カードを1枚発動するだけでよかったエラッタ前の「死のデッキ破壊ウイルス」にべ、こちらは「クリティウスの牙」の発動、モンスターの特殊召喚、モンスター効果の発動と、実際に効果を得るまでの手順が増えているため、それぞれのタイミングで妨を受ける可性があり、効果を通しにくくなっている。

効果の発動と処理までこぎつければ、除去されても3ターンの間のドローチェックと破壊は適用されるので、その点ではある程度除去に強くはある。


融合素材定がない融合モンスターカード融合素材として表記するとルール上の問題があるためか。
このカードを含むドーマ編出身の名も関連のカードや、ネオスペーシアン進化体、M・HEROには融合素材定がなく、それぞれ独自の召喚条件を持っている。

関連動画

関連商品

関連項目

掲示板

ニコニ広告誘導

急上昇ワード

最終更新:2019/11/15(金) 07:00

ほめられた記事

最終更新:2019/11/15(金) 07:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP