沈黙の日曜日単語

チンモクノニチヨウビ

  • 2
  • 0
掲示板をみる(48)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(2)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

沈黙の日曜日とは、1998年11月1日東京競馬場第11レースで発生した故障事故である。

概要

悲劇の主人公サイレンススズカ平成10年11月1日日曜日中央競馬の第118回 天皇賞(秋)舞台であった。

前年の優勝であり宝塚記念で下したエアグルーヴエリザベス女王杯exitに回り、毎日王冠で下したエルコンドルパサーグラスワンダーは外のため当時の天皇賞を含む一部のG1レースへの出走資格はなく、強ライバルは不在であった。

武豊レース前の取材で「堂々とオーバーペース逃げます」と宣言。サイレンススズカ競馬スタイルは大逃げというスタイルであり、この年6連勝を飾っていたことから各競馬TVアクシデントさえなければ大丈夫と見ていた。

また厩舎スタッフも「過去最高のデキ」と自信を持っており、さらに得意の左回り、サイレンススズカの適正距離とされていた2000mということで、単勝1.2倍の圧倒的1番人気に支持された。また抽選の結果絶好の最内1番。『平成10年11月1日東京11レース11番1番人気』の“1並び”であり、レース後に
もう一つ”1”が並ぶことを疑う人はもいなかった

サイレンススズカは抜群のスタートで快調に飛ばし、2ハロンから急に加速して後続を突き放すと、前走を上回る1000m574のハイペースで大逃げをうった。だが、それは彼の普段のレーススタイルであり、ファンも不安など全く感じずに大援を送っていた。

しかし、3コーナーの辺りを過ぎたところで突然の失速。左前脚の手根粉砕折を発症したため、競走を中止した。結局予後不良と診断され安楽死の処置がとられた。

競馬中継の実況フジテレビ塩原恒夫)にて「沈黙の日曜日」と発言があり、今もなお競馬ファンの中でのとなっている。

関連動画

フジテレビ版(実況塩原恒夫 現・BSフジ編成局広報担当局長
 

NHK版×ウマ娘プロ実況リンク
実況福澤浩行 現・NHK渋谷放送センター 東京アナウンス室 エグゼクティアナウンサー

ラジオNIKKEI版(実況宇野和男)

アール・エフ・ラジオ日本版(実況:仙田和吉 現・MBSラジオ

MBSラジオ版(実況:美啓文 現・同社嘱託社員)

関連項目

この記事を編集する

掲示板

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2021/04/13(火) 17:00

ほめられた記事

最終更新:2021/04/13(火) 17:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP