サイレンススズカ(ウマ娘)単語

サイレンススズカ

1.1万文字の記事
掲示板をみる(469)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(19)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

「私にできることは、走ること。それだけなので」

サイレンススズカ

サイレンススズカ(ウマ娘)  とは、Cygamesメディアミックスプロジェクトウマ娘 プリティーダービー』の登場キャラクター

実在競走馬サイレンススズカモチーフとするウマ娘である。

CV:高野麻里佳

概要

誕生日5月1日 身長:161cm 体重:増減なし スリーサイズ:B70/W53/H79

スタート直後から先頭に立ち、そのまま独走する『大逃げ』を得意とする天才肌。
物静かでストイックだが、他者を嫌っているわけではなく、ただ走ることに心を奪われているだけである。スペシャルウィークと同室の先輩で、その透明感に憧れる者は多い。

サイレンススズカ | ウマ娘 プリティダービー 公式ポータルサイトexitより

無口で物静か。不思議透明感と、どこかのある憂いを秘めたクール美少女
走る以外の興味関心が薄く、ひたすらストイックにトレーニングに打ち込む姿は、まるで悲劇のヒロインを思わせる。

リニューアル前)

げな雰囲気を湛えた、クールウマ娘。言葉少なで物静か、ストイックにレースに打ち込んでいるが、その心にあるのは常に「走ることが何よりも好き」という気持ちだけである。
を基調に、のアクセント入りの勝負も、麗ながらもどこか折れてしまいそうなさを思わせる。
それとは別に、常にカバーをつけているが、これは競走馬のメンコが反映されたもの。

周りの面々が濃すぎるため、自己の強い友人たちの聞き役や、『うまよん』などギャグ寄りの媒体では巻き込まれ役・ツッコミ役が多いが、本人もマイペースすぎて周囲を置いてけぼりにしたり、あまり他人の話を聞いていなかったりと、少々天然ボケなところがある。

モチーフJRACMで「最速の機能美」と評されたためなのか、どこかの部分の斤量が少なくて空気抵抗が小さそうな非常に華奢スレンダーな体をしている。
???スズカの方がゲート広いデース!」
なお、アニメ版の設定資料には「胸のボリューム気を付けて下さい<B70>」という注意書きがある。が、注意が守られてなかったシーンがあることもよく知られる。

アニメでの活躍

Season1の第1話から登場。主人公スペシャルウィーク東京に出て東京競馬場にて最初に見たレースで、颯爽と登場し持ち前の圧倒的なスピードで快勝してみせる(元ネタ1998年バレンタインステークス)。そのレーススタイルスタートからいきなり先頭に立ち、最後までぶっちぎる「大逃げ」である。
当初はトレセン学園最強チームリギル」に所属していたが、チームの方針によりレース中のペースを抑えるように導され、スランプに陥っていた。その後、思うところあり、自性を重んじるチームスピカ」に移籍する。「を与えられるウマ娘になりたい」と彼女は言う。

学園の寮では奇しくもスペシャルウィークルームメイトとなる。彼女と心を通わせ、やがて二の友情を築くのだが…。

サイレンススズカ(学園制服)

注意 この項は、物語の重大なネタバレ成分を含んでいます。
ここから下は自己責任で突っ走ってください。

第7話「約束」。快進撃を続けるスズカは天皇賞(秋)に出走する。その後はジャパンカップでスペと念願の対決、それを最後にアメリカへの遠征に臨む――はずであった。

毎日王冠辱を誓うエルコンドルパサーチームリギルの面々や、メジロライアンウイニングチケットといった強敵らをも遠く置き去りにして快走を続けるが、3コーナーで事態は急変。左足に痛を感じたスズカは体勢を大きく乱したまま、減速もままならない状態となる。
しかし、観客席から飛び降り逆走してきたスペに途中で受け止められて停止し、それを見たトレーナーは「左足を下につけるな」と急いで示を出した。
(この対処とよく似たものとして、アメリカ競走馬カリズマティックエピソードがある)

スズカはその場で意識を失い、覚めたのは病院ベッドの上だった。
左足は折しており、再び元のように走れるようになるかはわからないと言われる(後に、実は「復帰は絶望的」と言われていたのを誤魔化していたのが発覚する)が、現場での対応の甲斐あってか生命の危機はもちろん、再起不能にも至らずに済んだ

そこからは復帰をして長いリハビリが始まり、復帰戦はスペが出走する翌年のジャパンカップの前日のオープン特別戦となった。
スタートで大きく出遅れて彼女にあるまじき後方からのレースとなり、一時はやはりダメかと思われたが、直線で末脚を爆発させる。好調でレースに臨んだ新鋭サンバイザーも全く及ばず、格の違いを見せつける圧勝。あの日から1年(史実からは20年)の時を経て、止まっていた時計の針が再び動き出した。

なお、このレースは一応架レースということになるが、JCの前日という日取りやその他の描写から「1999年のキャピタルS」を間借りしていることがわかる(プロデューサー伊藤氏も明言している(Twitterリンク)exit)。

その後は本編中でのレースはないが、第13話のウィンタードリームトロフィーに出走しており、復活からも相応の活躍を残したことが示唆される。

第2期ではアメリカに遠征しており、出番はほぼスマホタブレット越しでのものに限られる(最終回ではレース場に駆けつける形でサプライズ登場、驚いて感極まったスペに抱きつかれて押し倒された)。

うまよん』では第1話、第8話、第9話に登場。7話、10話、12話も背景にいる。
1話では実況トウカイテイオーとともに追試特別の解説を務めた。スペチャーン
8話ではウマソルジャーVのメンバーグリーンスズとして登場。他がボケしかいない中でひたすらツッコミ続ける羽に。
9話では逃げ切り☆シスターズメンバーとして、スマートファルコンミホノブルボンとともに新メンバーめて逃げアイネスフウジンを追いかけた。

コミカライズでの描写

STARTING GATE!

トレセン学園に転入してきたスペシャルウィークが最初に出会って物語は始まる形で登場。ラブコメか!

かつては生徒会先輩たちからも期待される程の逸材であったが、怪によるにより周囲から関わりを避けるようになっていた。そんな中ルームメートのスペシャルウィークと関わる事で徐々に自分を取り戻していくこととなる。

うまよん

スペシャルウィークを中心とするウマ娘たちのドッタンバッタンに巻き込まれ見守る事が多い。「うそでしょ…」

一方でマチカネフクキタルとの対等な付き合いや、突然誕生し参加させられたアイドルユニット逃げ切り☆シスターズ」(他:スマートファルコンミホノブルボン)との交流といった他とは異なる顔を見せている。

ゲームでの扱い

育成ウマ娘:サイレントイノセンス

…やっと見えた!
スピードの向こう側…静かでどこまでも綺麗な…
私が見たかったもの…!

ステータス(3)
スピード スタミナ パワー 根性 賢さ
101 84 77 100 83
バ場適性
ダート
A G
距離適性
距離 マイル 距離 距離
D A A E
脚質適性
逃げ 先行 差し 追込
A C E G
成長率
固有スキル『先頭の色は譲らない…!』
最後の直線で差をつけて先頭にいると、さらなる脚を使って速度を上げる
ウマ娘テンプレートボックス

育成目標

  1. ジュニア6月メイクデビュー出走
  2. クラシック2月前半:ファン5000人集める
  3. クラシック3月前半:弥生賞G2)で5着以内
  4. クラシック9月後半:神戸新聞杯G2)で3着以内
  5. ニア3月前半:金鯱賞G2)で1着
  6. ニア6月後半:宝塚記念G1)で3着以内
  7. ニア10月前半:毎日王冠G2)で1着
  8. ニア10月後半:天皇賞(秋)G1)で1着

概要

サービス開始時から3育成ウマ娘サイレントイノセンス]として初期実装。やはりと言うべきか脚質、固有スキル、習得可スキルの全てが逃げに特化しており、最終直線まで先頭をキープして固有スキルの発動に漕ぎ着ければ「逃げて差す」と称された得意の大逃げが炸裂する。ゲームシステム上、史実のような序盤から他を突き放した独走大逃げはできないのが残念だが、カットインの発動とともに一気に加速して後続を突き放し大差で逃げ切る爽快感がたまらない。

史実では旧4歳時(ゲームでいうクラシック級)、弥生賞でのゲートくぐり事件をはじめ、ダービーマイルCSといったG1では全て掲示板外と重賞勝利に終わっているが、シナリオでは弥生賞で迷いを生じクラシック三冠挑戦を見送るという展開になるため、ダービー等は標には一切関わらない(出走は可)。
史実では覚醒のきっかけを掴んだのは上が武豊に変わった12月香港カップだが、海外レース実装されていないため、こちらでは(史実では逃げ切り寸前でマチカネフクキタルに差され上村洋行が降することになった)神戸新聞杯で立ち直るという展開になり、シニア級の金鯱賞から史実の軌跡を辿ることになる。
というわけで育成標はほとんどG2というしい内容であり、それぞれの標の間の期間も長い。レースもほとんどが中距離距離適性に振り回される心配もない(毎日王冠のみマイルだが適性Aなので問題)。サクラバクシンオーほどバクシンな育成は通用しないとはいえ、適度にスタミナを与えればあとは成長率の高いスピードによる逃げで立ち回りやすい。また所持スキルが軒並み良質で、特に育成から対人まで非常に有用な「コンセントレーション」を自前で供給でき、逃げに固定さえすればどの距離でも腐りにくい点も立つ長所。そのため総じて攻略難易度はかなり低く初心者でも非常に育てやすいウマ娘と言える。

そして最後の標は、史実ではもちろんアニメでも勝てなかった天皇賞(秋)で1着を取るというものになっており、達成した時はファンものの専用特殊実況イベントが待っている。
なお、ゲームでの天皇賞(秋)は「脚に痛みがあるが、『次がきっと一番速く走れるレースになる、それを逃したくない』として出走を選ぶ」という経緯になっている。

ウマ娘ストーリーではアニメ版と同様、最初はプレイヤーとは別のトレーナースカウトされるが、得意の大逃げではなく前半は抑えて後半でスパートという導を受けた結果スランプに陥る。見かねたプレイヤーの手助けで立ち直り、元のトレーナー許可を得てプレイヤーのもとに移籍するという、史実における「覚醒前」の要素が取り入れられた流れになっている。先行適性がCと較的高めなのも、覚醒前の逃げでなかった時期があるためだろうか。

特有のランダムイベント(複数回発生)として、外の色を見るやミーティングを中断して外へ駆け出し、体-10、スピード+20、そして恵まれ気持ちよく走れたか否かでやる気が増減する、という色々な意味でスズカらしいイベント今日模様」がある。

専用二つ名の「異次元の逃亡者」の取得条件は「作戦逃げ」かつ1番人気重賞を6連勝以上し、そのうち1戦は宝塚記念スタート200m地点からゴールまで1番手のままで勝利する」という史実再現α。史実では重賞5連勝で、6戦があの天皇賞(秋)であるため、条件に秋天こそ含まれていないものの、意味合いとしては「あの秋天を勝っていたら」というif要素を含んでいると思われる。
取得難易度普通にプレイしているだけでも取れるので専用二つ名の中では簡単な方だが、スピードに偏った育成をしていると他のステータスに根性や賢さ)が低くなってG1レベルでは1番人気を取りにくいのが少々厄介。勝ち方に定のある宝塚記念で出遅れたり、逃げネームドウマ娘モブウマ娘に先頭を奪われて条件未達になってしまうこともあるので、確実性を高めるなら「コンセントレーション」「先駆け」「先頭プライド」等のスタートダッシュスキルを確保しておきたい。

標日程が緩く、標のG2レースG1と被っていないため、標外でのG1出走の自由度が非常に高く、芝のG1は全て出走可。なので史実で獲れなかったダービーマイルチャンピオンシップアニメスペシャルウィークと対戦の約束をしていたジャパンカップなどを獲りに行くこともできる。長距離適性が低いので、菊花賞があるクラシック三冠天皇賞(春)があるニア三冠天皇賞春連覇、有馬記念があるニア三冠などの制覇は継承で適性を大きく盛らないと厳しいが、安田記念マイルチャンピオンシップマイル制覇は楽。また、「三冠路線を全回避でき、かつマイル~中距離適性」という特徴から桜花賞オークス秋華賞トリプルティアラ狙いに適している。なのに。
レースがG2中心のためレースだけではファン人数を稼ぎにくいので、ファン人数が条件となる固有スキルレベル上げやスキルpt稼ぎ、レジェンド達成をすなら標外のG1に積極的にチャレンジしていこう。短距離・長距離の適性も因子があれば戦えるレベルに上げられる範疇なので、ダートを除く全距離G1荒らしまくることも不可能ではない。中にはダート因子を大量に積んで「砂のサイレンススズカ(本物)」を育てたトレーナーもいたりする。

サクラバクシンオー同様、育成が楽かつレースで勝ちやすいため、因子獲得のための周回が非常にしやすいのも魅3の利点と言える固有スキルの継承においては、逃げウマ娘への継承としては有選択肢。先行でもわりと機するが、先行では競り合った状態から抜け出したあとの「優勢な状況をより確実にする」保険としての意味合いが強くなる。先頭に出る時間が短い差しと追込には言うまでもなく不向き。
なお、チームレースでは同格のスピードを持った相手(チーム仲間含む)と競り合ってスタミナを消耗してしまい、固有スキルを封じられて育成時のようには逃げ切れないことが多く、チームレースで勝ちきれるスズカを育成するのは結構難しい。逃げデバフ積んでる相手も多いし。スズカを勝たせたいなら、同じチームの残り2人は少なくとも固有スキルの発動条件がスズカと被らないウマ娘にするのを推奨。

また、ジュニア級の間に最低限のステータスを確保し、ジュニア12月前半の朝日杯FS阪神JFから2ターンレースに出して1ターン練習か休ませるというローテ(3ターン連続でレースに出すと調子が下がるため)でひたすらレースに出し続けることでマニー稼ぎ・ファン数稼ぎをすることもできる。中距離G1を使えるためバクシンオーより出せるレースの幅が広く、バクシンオーと違って継承相性も悪くないので過程で良因子を引いた場合のメリットも大きい。やりすぎると殿堂入りウマ娘の登録圧迫するのだけ注意。

サポートカード

所持スキルは「先駆け」「急ぎ足」「押し切り準備」「逃げ直線○」「逃げコーナー○」「逃げのコツ○」「先頭プライド」と逃げ用のスキルが山積みで、他に「集中」「前途洋々」「左回り○」が入手可
「集中」は汎用だが前方ほど有用、「前途洋々」は実質逃げ用であり、「左回り○」だけが汎用、残る全てが逃げ向きで総数もかなり多いという他に類を見ない内容である。
アオハル杯での加入時もこの駄のないスキルくことが期待できる。

共通のランダムイベントでも「左回り○」を入手可。もう一つの選択肢が総計ステータス+15なので損得勘定はした方がいいが、ヒントイベントで狙うのは分が悪いので、左回りレースに出すための育成においては検討に値するだろう。

SSR[輝く景色の、その先に]

R[トレセン学園]とともに初期実装。どちらも友情トレーニングスピード

前述の所持スキルラインナップに加えて、レアスキル「逃亡者」が入手できる。友情トレーニングスピードなので、わかりやすく逃げ育成に特化したサポートカードである。
所持スキルの種類が多い上にヒント発生率アップが固有ボーナス分しかなく、ヒントLvアップもないため、イベント入手の「逃亡者」以外の特定スキルを狙って教えてもらうのは難しいが、逃げならほぼどのスキルでも腐らない。確定入手できる「逃亡者」は逃げスキルの中でも強なので、基本は「逃亡者」当てに編成し、他のスキルは貰えたものをスキルptと相談しつつ拾うという運用になるだろう。
トレーニング支援面ではトレーニング効果アップがないという問題はあるものの、得意率・友情ボーナスやる気効果は高いので、高い得意率を活かして友情トレーニングを多めに引ければスピードの重点強化には上々の性

スズカ自身の育成に使えないという問題はあるが、逃げウマ娘の育成においては有補に上る。性SSRの中では良くも悪くもそこそこなので、手持ちの状況によってはそれ以外に採用することも考えられるだろう。

SSR[WINNING DREAM]

2021年8月ハーフアニバーサリーで配布。友情トレーニングはスタミナ。イラストスペシャルウィークトウカイテイオーとのメイントリオである。イラストだけ見るとセンタースペちゃんサポカに見えるのは禁句だ。

連続イベントにて「逃亡者」に代わり、これまでSSR駿川たづな(不確定)のみだった「コンセントレーション」が確定で入手できる。所持スキルから「集中ヒントを引いておけると嬉しい。
また、連続イベントの1回で回復スキルの「栄養補給」か「軽やかステップ」のどちらかを入手可イラストに一緒に描かれているスペとテイオーの所持スキル)。ただ「栄養補給」は先行限定、「軽やかステップ」は中距離定だが「左右に動いてもわずかに疲れにくくなる」という効果なので、先頭にいると左右に動く理由がなくなる逃げとはやはり噛み合いにくく、どちらも逃げ育成にはあんまり関係ないオマケと割り切るべきか。

サポート効果はガチャSRと同程度でその中でもとりたてて優れた点はなく、相変わらずヒント発生率・ヒントレベルアップがないのが惜しいが、とにかく「コンセントレーション」が魅的なので、スタミナサポートが入る育成方針で「コンセントレーション」が欲しい場合は二の役割を担える。

関連ウマ娘

スペシャルウィーク個別記事
モチーフは1歳下で、同じ時代を駆けながらも対戦経験はないが、同じサンデーサイレンス産駒であり、同じ上(武豊)を持つ同士。また、スズカの悲劇の翌年の天皇賞(秋)武豊に届けたのがスペシャルウィークである。ウマ娘ではルームメイトアニメではそれに加えてチームメイト)であり、特にアニメではスペシャルウィークからちょっと過剰なまでの憧れと尊敬を受けている。ゲームでも最初のストーリーイベントキミへと走り出せ!」で、アニメとはまた異なる形での出会いが描かれている。
エアグルーヴ個別記事
モチーフは2度の対戦経験(97年天皇賞秋、98年宝塚記念)がある1歳上のであり、同じ上(武豊)を持つ同士。ウマ娘においてもライバルでありながらお互い気の置けない間柄で、エアグルーヴの方が先輩だが敬語を使わず話す仲。
マチカネフクキタル個別記事
モチーフは4度の対戦経験(97年プリンシパルS日本ダービー神戸新聞杯、98年金賞)のある同期であり、対照的な生を送った。振る舞いは正反対だが、お互い気さくに言い合える仲。ゲームではフクキタルの育成シナリオダービーおよび金鯱賞での強敵として立ち塞がり、そしてニア10月後半にスズカを見送るイベントがある(タイトルそれぞれの寿」)。
タイキシャトル個別記事
モチーフは1度だけ対戦経験(97年マイルCS)のある同期フクキタル同様、性格は正反対だが仲は良い。スズカの育成シナリオではマイルCSスルーされており本筋に絡まないが、タイキの育成シナリオでは最終標のマイルCS(98年相当)で対決することになる。
スマートファルコン個別記事
モチーフは同じく上が武豊となってから大逃げ戦法で覚醒し、「砂のサイレンススズカ」と呼ばれたダート。前述の通り『うまよん』ではファル子に巻き込まれ、ミホノブルボンとともにアイドルユニット逃げ切り☆シスターズ」を結成することになる。ゲームでも前述の二つ名からファル子の育成シナリオで絡みが多く、強引なファル子天然ボケかますブルボンに振り回される。

楽曲

Silent Star
作詞Cygames (corochi) 作曲編曲田中秀和 (MONACA)
CDSTARTING GATE 01」収録。スズカの質を活かしたウィスパーボイスで歌うバラード曲。アニメでは第7話のスペシャルED曲として使用された。
七色
作詞作曲田綺美 編曲中西
CDANIMATION DERBY 01」収録。アニメ第1話のウイニングライブで披露した挿入歌。

史実

98年 宝塚記念

最速の機能美
サイレンススズカ

速さは、自由孤独か。

どこまで続くポールトゥウイン エキゾーストノートはいらない
1998年 天皇賞(秋)馬場入場 フジテレビ塩原恒夫の「ポエム」より

サイレンススズカ1994年サンデーサイレンスキアというアメリカからの輸入から生まれた。
放っておくと所構わず左回りにぐるぐる回り始めるという奇妙な「旋回癖」があり、レースでも左回りの方が走らせやすかったという。この癖はウマ娘でもそのまま取り入れられている。

なおウマ娘では「スズカ」が称だが、実際は「スズカ」は馬主永井氏が使用している冠名であり、他にもスズカマンボ2005年天皇賞(春))、スズカフェニックス(2007年高松宮記念)といったG1や、オペラオー世代の善戦マンラスカルスズカなどがいる。ネット上で「ススズ」と呼ばれることがあるのはそのため。

3歳(旧4歳)2月新馬戦を7身差で圧勝デビュー。当初から素質は非常に高く評価されていたが、迎えた初重賞弥生賞ではスタート前にゲートをくぐり抜けるという奇行に出る、レースではすぐ掛かると落ち着きを欠いていたため実を発揮できず、重賞では年中全敗のいい所なしであった。そこに現れたのが武豊であり、年末での初騎乗を経て必勝のパターンである「逃げ」を確立していくこととなる。

円熟期のサイレンススズカの走りは「逃げて差す」と称された。その武器は「距離並のペースで中距離を走れる」ことで、マイペースに走っているだけで先頭を引っる形になり、最後の直線でスパートをかけたらもうもついてこられない。差しや追込でサイレンススズカをかわすのは不可能とも言われた。
そして、他と同じを走って競い合うがゆえに速い者が勝つとは限らないのが競馬だが、最初からずっと先頭にいればにも邪魔のしようがなく、速い者が必ず勝つ。まさしく究極の戦法と言えた。

そんな4歳時は最初から何身差もつけるようなブッチギリレースで連勝街道を驀進。OPバレンタインステークス、G2中山記念G3小倉大賞典とく間に3連勝すると、G2金鯱賞では中独走大逃げから直線に入ってもさらに差が開き続けるという異次元レースで、なんと11身差の大差レコード勝ちを収め競馬ファンの度肝を抜いた。20年以上が経った現在も、JRA重賞で着差「大差」での勝利が記録されたのはこれが最後である。
そして宝塚記念でいよいよG1レースに挑戦。武豊エアグルーヴの先約があったため南井克巳が騎乗し、やや抑え気味の内容とはなったが、ステイゴールドエアグルーヴの猛追を振り切って逃げ切り、G1勝利を挙げた。

続くG2毎日王冠においては、それまで共に敗の外国産馬エルコンドルパサーグラスワンダーという1歳下の強敵2頭を迎え撃つ。世紀の3強対決に詰めかけた13万人の大観衆の前で、トップハンデの59kgを背負いながらこの2頭にも踏ませず、「どこまで行っても逃げてやる!!(byアオシマバクシンオー)」と言わんばかりに2着エルコンドルパサーに2身半の差をつけて快勝。
エルコンドルパサー内で負けたのはこの1戦のみであり、グラスワンダーともども「最強世代」の双璧として活躍したこの2頭の不敗神話をまとめてって捨てたこの1戦は、現在伝説レースとしてり継がれている。

つぎは本命の標だった天皇賞(秋)。これまでの6連勝とその内容、さらには好条件まで重なった結果、もはや関心が「どれだけ差をつけて勝つか」になるほどの圧倒的1番人気を獲得。レース後はジャパンカップを経て、アメリカへの遠征も計画されていた。

レーススタートし、サイレンススズカは後続に一時は10身差をつける圧倒的スピードレースリードした。いや、リードしたというよりは、彼だけが別次元を突っ走っているかのようだった。だが…
3コーナーを過ぎ、その姿が大欅の向こうに現れたとき、いきなり彼は姿勢を乱し、ガクッとスピードを落とした。その左足は粉砕折していたのである。そのまま4コーナーを曲がることなく競走中止。東京競馬場は悲鳴と沈黙に包まれた。
なんとか治療のを開いて生きながらえてほしいという競馬ファンたちの願いも虚しく、予後不良とされ、サイレンススズカ天国レースをしに立ってしまった。→沈黙の日曜日

ウマ娘においても、その悲劇のは確かに付きっている。しかし、物語の中でならそれは打ち破ることができる。あの日の沈黙を栄に変えるため、ゲームでは自らの手で是非、その手助けをしてあげよう。

詳細は当該記事へ→サイレンススズカ

関連動画

ウマ娘プロ実況リンク

1998年11月1日 東京競馬場 第118回 天皇賞(秋)
実況塩原恒夫フジテレビ
解説吉田均(競馬エイト
解説:東信二(1987年 皐月賞菊花賞勝利騎手

関連静画

関連立体

関連商品


関連項目

この記事を編集する
流行語100

掲示板

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2021/12/01(水) 22:00

ほめられた記事

最終更新:2021/12/01(水) 22:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP