今注目のニュース
宮迫、15時から謝罪会見にネット「辞めるな!続けろ」の声
「うなうなディスコ~♪」 スーパーで流れる謎のうなぎソングは何なのか? 制作元に聞いた
長崎県に特別警報発表 土砂災害や河川の増水に最大級の警戒を

風見智彦単語

カザミトモヒコ

掲示板をみる(65)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

title

風見智彦(かざみ ともひこ)とは、小説アニメAnother」の登場人物である。

担当声優市来光弘

概要

山北中学3年3組のクラスメイトの一人。出席番号は8番。クラス委員長

3年3組のまとめ役で、赤沢泉美と共に対策係も兼任する(アニメ版では、桜木ゆかり杉浦多佳子中尾順太も対策係を務めている)。勅使河原直哉とは小学3年生から同じクラス幼馴染。お調子者の勅使河原に対し、しっかり者の優等生だが、メンタルがやや弱いのが欠点。榊原恒一クラスに転入する直前、一緒に委員長を務める桜木ゆかりと共にお見舞いに駆けつけ、その際恒一が死者ではないか確かめるために握手し、生身の人間とわかって安堵する。

前半では勅使河原望月優矢と一緒に、恒一の話し相手になったが、後半になるにつれて出番が減少。クラスの最前列にいたため、久保寺先生の凄惨な自害の当たりにしてしまい、ショックで数日間欠席してしまう。気が弱いからという理由で、勅使河原からは松永克巳が残した災厄を止める鍵を捜すメンバーから外された。合宿では、風見が実は死者ではないかと疑心暗鬼になった勅使河原に突き落とされてしまうが、地面がでぬかるんだおかげで軽傷で済み、勅使河原とも和解したようである。

ファンからは「かざみん」の称で呼ばれることもある。

漫画版の活躍

後半からは空気になってしまった原作べると、漫画版ではメインキャラとして、全編通して登場する。漫画版では勅使河原望月と一緒に0号館二階の捜し物に参加、テープの内容も一緒に聞くこととなる。ここで風見は、死者を殺すことで災厄を止める手段について、取り返しが付かなくなることを危惧して反対した。しかし、これが皮にも勅使河原に自分が死者だと疑われる原因となってしまう。

事件が解決した後は、密かに赤沢さんを好いている勅使河原の後押しをして、2人が良い雰囲気になるのを影ながら見守った。また、望月女装姿を恒一と勅使河原が想像して、危うく覚めてしまいそうになったのに対し、一人だけ興味ないと常心を保っていた。

勅使河原達からは「智くん」の称で呼ばれている。

アニメ版最大の被害者

いい人だけど、影が薄くて不幸キャラという立ち位置だった風見だが、アニメ版の彼の扱いは、原作漫画とはケタ違いの悲惨なものである。序盤はそれなりに出番はあるものの、握手をする役割は(前に会ったことがある思い出から)赤沢さんに変更され、他のメインキャラとは対照的にオープニングアニメーションに登場せず、8話の水着回にも呼ばれないなど、更に空気化が進んでいた。このまま終われば、\カッザミ~ン/と笑いのネタにされるだけで済んだのだが、最終話に最悪の形で見せ場を作ってしまう。

12話で登場した風見は別人のように変し、すっかりダークサイドに堕ちていた。桜木に思いを寄せていた彼は、桜木が死んだ元を恒一と見なして、憎しみをこめて襲いかかる。そして何より、この直前には百合ップルとして人気のあったAnotherモブキャラ金木杏子&松井亜紀コンビを、背後から投げナイフで惨殺するという、取り返しの付かないことをやらかしてしまう。そして風見本人も赤沢さんパイプで頭部を殴られ、これが致命傷となり死亡した。よって勅使河原と和解することもわず、勅使河原にとっても後味の悪い結末となってしまったのである。

11~12話の展開は賛否両論が巻き起こったが、風見行はアニメ版最大の悪として、大きく問題視されている。また、桜木への好意をわせる場面は決して皆無ではないが、なにかと中尾を支えていた杉浦や、ブラコン小椋由美べて、明らかに描写不足のため唐突な印を持ってしまう。

そして何より、この場面のせいで殺人の汚名を着せられた風見にはアンチが急増、風見に殺された木・松井コンビや、逆に彼を殺した赤沢さんファンとの根深い対立を残し、未だにくすぶっている。アニメから入って最終話に不満を残した人は、ぜひとも原作漫画版の彼を見てどうか考え直して欲しい。

そんなファンの思いを嘲笑うかのように、キャラソンメンバーからも落選するなど(そのくせ、ジャケットには大きく描かれているため、扱いのひどさが余計に際立つ)、相変わらずアニメスタッフからの仕打ちは容赦ない。最近では公式いじめによる不憫さから、同情票でファンが増える始末である。このイラストexit を見れば、いかにアニメ版の彼が酷い扱いを受けたかがよくわかるだろう。風見水島監督犠牲になったのだ・・・

実写映画版

実写映画版では脇卓史が演じる。物語序盤から勅使河原と共に恒一に親しくする友人として描かれる。合宿ではカセットテープの内容を皆に教えてしまうトラブルを起こしてしまったが、勅使河原に死者と疑われることもなく、風見自身は疑心暗鬼で周りを襲うこともせず、事に生き残った(その代わり、勅使河原の扱いが悲惨極まりないが・・・)。

関連商品

関連コミュニティ

関連項目

掲示板

  • 63ななしのよっしん

    2014/12/26(金) 01:39:07 ID: As3OpWagyz

    編集者デビューしたので、恐れながら自分が記事の修正をしました。
    でも>>36レスした通り自分は筆者寄りの人間で、>>36レスした二点の問題点の削除くらいしか必要性を感じなかったので、それ以外は一切修正していません(編集内容についての説明/コメントで書いている事は別ですよ)。
    皆さんの意見をお聞かせ下さい。

  • 64ななしのよっしん

    2016/10/24(月) 23:18:54 ID: 3s2LEOFA9N

    かざみん…

  • 65ななしのよっしん

    2018/02/13(火) 17:23:16 ID: C9tmFtPdxR

    ただ、アカザーさんの扱いが原作空気扱いであることを考えると………確かに風見を優遇すべきだって意見も分からんではないが…。

    キャラクターの扱いって難しいね

急上昇ワード

最終更新:2019/07/20(土) 14:00

ほめられた記事

最終更新:2019/07/20(土) 14:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

       

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

TOP