今注目のニュース
「子どもはちゃんと物事を感じている」アニメ『鬼太郎』”攻め”の脚本が出来上がるまで
肘外側の痛みをなくす手の使い方とは
ペロペロするにゃん 寝ているワンコを毛づくろいする猫ちゃんが優しくてほっこり

久保寺紹二単語

クボデラショウジ

  • 3
  • 0
掲示板をみる(5)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(3)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

久保寺紹二(くぼでら しょうじ)とは、小説アニメAnother」の登場人物である。

担当声優は三戸耕三。

概要

山北中学3年3組の担任教師。担当教科は国語。温厚だが頼りない印を受ける中年男性で、生徒達は彼の授業をあまりに聞いていない。アニメ版と漫画版では容姿が大きく異なり、アニメ版では後述の発狂シーンで凄まじい顔芸を見せているが、素の時の彼は意外に若々しい。

脳梗塞で寝たきりの母親介護し続けているところに、3年3組の災厄が始まってしまったことでストレスが重なり、災厄で自らも鬱病にかかって母親を絞殺。その日のホームルームで、唐突に生徒達に謝罪の言葉をり始めるが、その直後に奇を発しながら鞄から切り包丁を取り出し、自らの首を滅多刺しにして自殺した。このを前に、3年3組の教室阿鼻叫喚地獄絵図と化した。榊原恒一は、彼が絶命の直前に自分に向かって憎しみをもって睨み付けたような思いに囚われた。

アニメ6~7話にかけて起こった久保寺先生の自殺シーンは、アニメから入った人にとっては予想の斜め上を行く衝撃的な展開だったに違いない。TV放送版では、首を掻ききった直後に画面が一暗転しているが、BD版では修正されて首から大量の血が吹き出るというグロテスクシーンが描かれている。しかし、これでもまだ表現は押さえられている方で、原作では突き刺すだけでなく頸部の前半分をぱっくり切り裂いて、首が後ろにもげるという、とても映像化できないものであった(もはや自刎である)。もっともアニメではこの後に、恒一がクラスメイトや自分自身の顔や体がドロドロに醜く溶けていく世にもおぞましい悪夢を見るという、最レベルトラウマシーンがあるのだが・・・

実写映画版では、名前が久保寺良一となっており、正名蔵が演じている(なお、紹二という名前はアニメ版のオリジナル原作漫画版では名字のみで名前は不明)。また、死因も変更されており、母親介護している最中に停電し、足を滑らせてスプーンが左に突き刺さってしまう。さらに柱にぶつかった拍子で、刺さったスプーンが頭部に深く食い込んでしまって、そのまま死んでしまった(母親は驚いていたが、彼女がどうなったかは不明)。さすがに教室の血しぶきショータイムは再現できなかったようであるが、それでも充分すぎるほどのトラウマシーンであることに変わりはない。

原作では「あがぅ」「ぐげぁ」「うぎぇ」と書かれている久保寺先生の奇だが、アニメのト書きでは「ひゃげう」と表記されている。しかし、演じた三戸耕三の熱の演技も相まって、視聴者にはもちろん共演した声優アニメスタッフにも強インパクトを与えたらしい。また、包丁を振り回す際のくねくねした動きがDJのようにシュールであり、包丁の代わりにライトセーバーを持たせたMADネットバカ受けしてしまった。そのおかげで、マスター・クボデラの異名まで与えられる始末である。また、自殺する直前の顔芸が「あずまんが大王」の木村先生に似ているため、二次創作では時々変態教師にされてしまう。

3年3組の反応

ところで、この惨劇をの当たりにした3組の生徒達はみな、当初は凍り付いたように動けずにいた。さっさと逃げ出せばいいのにと思うかもしれないが、下手をしたら自分が刺されるのではないか恐怖が上回っていたのだろう(まさかの前で、自分の首をかっ切るとは思いもしなかったであろうし・・・)。

そして、久保寺の惨死をにしたを彼らは、大パニックに陥り、先に教室から逃げ出していくのだが、生徒一人一人の反応が実に個性的なのが興味深い。廊下側の生徒から順に、どう対応したのかを簡単に説明する(各生徒の説明については、それぞれの記事とAnotherモブキャラを参照)。

  • 藤巻奈緒美・・・出入り口に最も近かったため、教室の前方では一番く避難に成功する。しかし、最前列でもあったため、返り血もかなり浴びてしまっており、廊下でへたり込んでしまう。
  • 多々良恵・・・巻に続いて脱出。を落とした巻をしっかり介抱していた。後日、欠席をしていないことを考えると、精的になかなか強いようだ。
  • 松井亜紀・・・廊下に避難した後、座ったまま顔を手に当てて泣き始める。さすがの百合ップルも、今回ばかりは別行動であった。
  • 金木杏子・・・久保寺先生が包丁を喉に突いた時、恐怖で体が震えている。口とに手を押さえて気持ち悪さを堪えている。
  • 杉浦多佳子・・・出入り口が近いこともあってめに逃れた。出た時には胸に手を当てて息をついていたが、クラスメイトが廊下にった時には静を取り戻していた。この時から、鳴に不審を抱いた模様。漫画版では、返り血を浴びたまま千曳先生に助けをめている。
  • 風見智彦・・・原作漫画版ほどではないが、元々メンタルが弱い上に、間近で惨状をにしたため、しばらく呆然としたまま硬直している。この時の作画がかなり適当で、が言ったかは知らないがししゃものようだと評された。やはりこのシーンでも、出番が少ない。
  • 猿田昇・・・風見同様、かなり血を浴びる被害を受け、巻・多々良に次いで3番に前方の出入り口から脱出。手を押さえているが、立つ気は残っている。
  • 和久井大輔・・・普段から糸目の彼が、この衝撃で遂に開眼した。病弱な体にこの衝撃は絶えられず、嘔吐して倒れてしまい、助けに来たに担がれながら教室を出る。
  • 榊原恒一・・・久保寺が首を突いた直後、気胸の再発を恐れたのか胸を押さえている。しかし、クラスメイトが逃げる中で一人、あろうことか久保寺の死体を見に行く度胸を持っていた。千に促され、教室を出たのは一番最後。
  • 王子誠・・・血しぶきが飛ぶ場面では、最も作画崩壊がひどいことになっている(普段イケメンな分、尚更)。廊下に出た後は、まだ実感が湧かないのか、ぼーっと座り込んでいる。
  • 勅使河原直哉・・・出入り口に近い割には、出てくるのは遅め。小椋を介抱していることから、彼が動けなかった小椋を助け出したと推察できる。
  • 中島幸子・・・桜木が死んでいるために、最も近距離の位置にあり、間違いなく最大の被害者。血反吐がかかった時点で既に血まみれの状態で、浴びた血しぶきの量も桁外れに多い。ショックを抜かしてしまい、千が駆けつけた時は、這いつくばりながらやっと廊下へ出られたところだった。
  • 綾野彩・・・4話で死にかけて以来、メンタルがかなり弱っており、彼女が悲鳴を上げたのがきっかけで、クラスメイト達は縛りが解けたかのように逃げ出した。赤沢さんの胸の中でボロボロ号泣しており、赤沢さんに慰められながら教室を出た模様。
  • 望月優矢・・・血しぶきが飛んだ時は片手で防いでいるが、綾野江藤リアクションが印に残る分、あまり画面に映らない(綾野が叫ぶシーンを見ると、かなり血がかかったらしいが)。教室側のにいることから、出たのはかなり遅め。
  • 江藤悠・・・先述の綾野が悲鳴を上げた直後、机に突っ伏して泣き出す。パニック状態だったため、望月あたりに助けられたか。廊下に座ったシーンでは、はいてないように見えてしまう。
  • 柿沼小百合・・・最後列だったため、恐怖より周りのパニックによる困惑の色が強かったらしく、みんなが逃げ出し始めた時はオロオロ戸惑っていた。松井佐藤の間に座り、心配そうな表情を浮かべている。
  • 前島学・・・久保寺包丁を出した時は、驚きのあまり口をあんぐり開けていた。廊下のにもたれかかっており、他の生徒の陰に隠れて、その表情をうことはできない。
  • 中尾順太・・・綾野が絶叫した時に、「オーマイゴッド!」と言わんばかりに頭を抱えている。顔色がかなり悪いが、廊下に出た後は、ちゃっかり赤沢さんの隣に収まっていた。
  • 米村茂樹・・・久保寺が死ぬまでのシーン一連では、見切れていることが多く、ほとんど映らない。逃げ出す場面でも、移動する直前に画面が切り替わってしまい、次に出てくるのは避難した後。教室側のドアにもたれかかっている。
  • 水野猛・・・村とほぼ同じ行動を取っているが、席が一つ後ろになっただけで、カメラに映る場面が大幅に増えている。引きつった表情だと、同じショートヘアであるためか、田との見分けが付きにくくなる(水野みがかかっている)。村にべ、ショックは少なめ。
  • 辻井雪人・・・と共に後方の出入り口から最初に脱出。ミステリー小説マニアでも、やはり実物は別問題だったらしく、廊下に出た後はなく座り込んで、にフォローされている。
  • 川堀健蔵・・・全クラスメイトの中で一番く廊下に出たが、その後思い直して教室に戻り、吐いていた和久井を救出。この際、有田も見つけて一緒に教室から出た。合宿の時も、引き返して辻井達を助けていれば、自分が死ぬことはなかったのに・・・
  • 赤沢泉美・・・久保寺自害する場面では、側はほとんど映らない関係で、冒頭で驚くシーンと、廊下で鳴を睨むシーンくらいしか出番がい。かなり落ち着いており、教室を出る際に、泣いていた綾野を連れて行くなど、対策係の面躍如といったところか。これに対して、漫画版では恒一と鳴に向かって凄まじい憎悪を込めて「全部あんたたちのせいよ!」と高する(アニメ版では、冗談で恒一に言っているが、憎しみの感情は皆無)。
  • 渡辺珊・・・赤沢さんと同じく、画面にはほとんど映らない。廊下に出た後も、立ち尽くしているが、長いに隠れてどのような表情をしているのかはわからない。
  • 小椋由美・・・ショックのあまり、椅子から落ちたまま茫然自失の状態で動けなくなってしまう。赤沢さんに助けられたらしく、その後は勅使河原彼女のケアをしている。
  • 有田松子・・・他のクラスメイトが立ち上がり始めた時点で、もの凄いスピードで逃げ出している。にも関わらず、教室を出たのは恒一・鳴の次に遅く、の後にハンカチを手に当てながら教室を出て行った。どうやら、吐き気を催してうずくまっていたところを、見つけたによって助けられたらしい。
  • 佐藤和江・・・周りが逃げ出す場面では、口に手を当てて愕然としている。その後、江藤が泣いている後ろを、まるで忍び足するかのようにそーっと出て行くのが確認できる。廊下ではちょうどん中辺りにいるため、姿がほとんど見えない。
  • 見崎鳴・・・死を見慣れたせいなのか、メンタルが頑丈ということもあって、ただ一人全く動揺せずに落ち着いている。一番教卓から遠く離れた席にいたため、安全圏だったという点から見ても、運まで味方に付けたと思わずにはいられない。

3年3組の生徒達が、教室から脱出した大まかな順番は以下の通りである。
クラスメイトの脱出順と廊下の配置一覧exit

こんな事件があったためか、これ以降はクラスメイトの欠席が続出。事件のあった7月13日の翌日と4日後に学校へやって来た面々は以下の通りである。

これは解析班による調で判明したことだが、赤沢さん率いる対策班の結束の高さがい知れる。また、多々良江藤以外の合宿不参加者は、二日間とも欠席しており、久保寺先生の自殺によるショックが、合宿に行くのを拒んだ大きな理由の一つとも言えそうである。となると、不参加者の多くはあの事件で精的に大きなダメージを受けた人が多く、「不参加≠勝ち組」であることがわかるだろう(17日に出席した江藤も、当日のショックがかなり大きかった人物である)。もちろん中には、風見のように、久保寺自殺と合宿の災難両方に巻き込まれた人もいるのだが・・・

関連動画

関連商品

関連コミュニティ

関連項目

掲示板

急上昇ワード

最終更新:2019/12/15(日) 02:00

ほめられた記事

最終更新:2019/12/15(日) 02:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP