今注目のニュース
原油2%強上昇、米EIA統計で在庫が予想以上に減少
新入社員「好んで苦労することはない」「働き方は人並みで」過去最高に…意識調査
みんなで感情を育成するチャットボット「轟雷ゼロ」とLINEで会話してみた

APTX4869単語

アポトキシンヨンハチロクキュウ

掲示板をみる(65)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

APTX4869(アポトキシン4869)とは、漫画名探偵コナン』に登場する架毒薬である。
大きさは粒程度の一般的な小さなカプセル錠剤

概要

黒の組織が開発した毒薬用者は死亡し、死体には何の拠も残らないという秘的な性を持つ。 
本来の用途は「この地球のほとんどの人間にはその価値を見いだせない愚かしい代物」とされているが、具体的な内容は不明。 その開発中殺人用途として便利なことが判明し、殺人にも使われるようになった。
アポトキシンの「アポ」はアポトーシス、すなわちプログラム細胞死を意味する。

動物実験段階では投与されたほとんどのマウス死亡してしまったが、一匹だけ幼児化するというケースがあった。
工藤新一ジンに飲まされ殺されそうになるが、の偶発的な作用により体が幼児化。奇跡的に一命を取り留め、江戸川コナンとしての生活を始める。 
シェリー(宮野志保)はを殺した組織に反抗して開発を中断したが、それを許さないジンウォッカ拘束され、処分されることになる。その時に自殺しようと飲んだAPTX4869がまたも副作用を起こし、幼児化してしまった。それが幸いしてか手錠から抜け出すことができ組織から逃亡。灰原哀としての生活を始める。

組織ではシェリーが親である宮野の後を継いで開発の重点を担っていたが、彼女が組織を抜け、灰原哀としての生活を始めたため現在開発は滞っている。
名称の「4869」が「シャーロック」と読めることと未完成であることから、ジン落て「出来損ないの名探偵」とも呼ぶ。

組織のメンバー、ピスコが幼児化した哀を見て「素晴らしい」「まさかここまで進めていたとは」と言っていることから、少なくとも二つの事柄が分かる。

  • 投与された人間が幼児化することは、研究の途中経過(それもかなり進んだ段階)として想像しうる。
  • ただし、それは決して完成形ではない。最終的な用途は別に存在する(NOT殺人、幼児化)

(パイカル)というアンチAPTX4869作用を持ち、このもしくはそれに準じる成分を風邪の症状が出ている時に飲むと、一定の時間だけもとの体に戻ることが出来る。現在は哀がこのの成分をもとに解剤の開発を進めている。

主な作用

投与された者に対しての作用は現時点で二つあり、ひとつは死亡、もうひとつが幼児化である。

死亡した際には一切のが検出されない、ということから何かしら体内で分解が可であり、かつ人間に対して強の効を発揮する成分で構成されていることが伺える。

もうひとつが副作用であり、生き延びた人間ある意味絶望の淵に叩き落す幼児化である。
この状態では、筋などは衰えるものの、細胞の類までは退化できない(記憶などをつかさどるの部位にまで剤が達していない)模様で、あくまで作用は身体的なものに留まるようである。
開発チームの一人である灰原によれば、格や皮膚などのほか体毛をも退化させ全に人間を縮めるというもの。
(即ち、哀ちゃんはパイパ・・・この続きは後ろから殺されそうなのでやめとこう by agasa

投与された人間は、即座に身体からしい熱が発せられ(生物体温の限界を考えると恐らく41℃まで。42℃をえると体内のたんぱく質が元に戻らなくなり死に至る。)、が溶けるかのような感覚に襲われた後に一気に体が縮む。
なお、このを投与され幼児化した者が、実際に投与された年齢ぐらいまで生き続ければどうなるのか?はまだわかっていない。(作中時間の経過が遅いため、身体測定の場面もなく、幼児からの成長作用が残っているのか否かがわかっていない)

幼児化作用については、組織の上層部ですら未だ全に把握しきれていないらしく、その作用が現れた者たちは作中明らかになっているだけで3人おり、何れも組織を倒す的で自身の身を隠しながらの生活を送っている。
また、原作第一話でジンは「まだ人間に試したことがない試作品」とっていたものの、実際には工藤新一が飲まされる以前の号被験者ともいえる存在が複数いたことが示唆されている。

灰原は現時点で1日程度であれば体を投以前のものに戻すことの出来る剤の開発に成功しているものの、効果が切れると即座に再幼児化していることから、体内での代謝により解成分が排出されたときが解剤の持続時間終了を意味していると考えられる。
このことから、本剤投与後の体において『全な解剤』というものは作れないのではないか?とのもある。(例えば、既に遺伝子レベルで身体の体質として備わってしまったため、手術や投などでの根治が不可能アレルギー症状や臓器移植時に生涯飲み続けることを余儀なくされる免疫抑制剤の類のように一定時間をけて晩などで用し続ける必要が生じるということ)

関連動画

関連商品

関連項目

掲示板

  • 63ななしのよっしん

    2018/10/22(月) 12:56:36 ID: ziJkez93o4

    やはり気になるのは灰原の「ほとんどの人間にはほしがろうとも思わない」発言だよね。不老不死や死人をらせるならいくらでもほしがる人はいるはずだから

  • 64ななしのよっしん

    2018/10/22(月) 13:52:32 ID: toyRkSU+GS

    使って得するじゃなくて他人に使って損をさせるなんでしょ
    殺さずに生かしたまま頭大人!体は子供!だから反抗できない夢の
    毒薬であるのは本当にそうなんだろう

  • 65ななしのよっしん

    2019/01/11(金) 21:18:16 ID: kaahQpAkhL

    >>53
    ぴぴるぴるぴるぴぴるぴ~

急上昇ワード

最終更新:2019/06/27(木) 19:00

ほめられた記事

最終更新:2019/06/27(木) 19:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

       

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

TOP