今注目のニュース
あの作品世界へ没入。「聖地巡礼」で訪れたい都道府県ランキング
聴覚障がいの赤ちゃん、補聴器をつけた時の反応が超キュート(英)<動画あり>
60年間続く太陽の謎 表面は6000℃なのにコロナは100万℃に達する原因

EMモンキーボード単語

エンタメイトモンキーボード

  • 6
  • 0
掲示板をみる(98)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(6)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

EMモンキーボードとは、遊戯王OCGモンスターである。

スペック

OCG版は以下の通り。

ペンデュラム・効果モンスター2016/04/01から禁止カード
レベル6/地属性/族/攻1000/守2400
ペンデュラムケール1/
ペンデュラム効果】
「EMモンキーボード」の(2)のP効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):もう片方の自分のPゾーンに「EMカードが存在しない場合、
このカードのPスケールは4になる。
(2):このカードを発動したターン自分メインフェイズに発動できる。
デッキからレベル4以下の「EMモンスター1体を手札に加える。
モンスター効果】
(1):このカードを手札から捨てて発動できる。
手札の「EMモンスターまたは「オッドアイズモンスター1体を相手に見せる。
このターン、そのモンスター及び自分の手札の同名モンスターレベルを1つ下げる。

アニメでは赤字の制約がなく、ターンに1度という別の制約こそあるが、毎ターン発動できる

概要

アニメ遊☆戯☆王アーク・ファイブ」、同アニメメディアミックス漫画遊☆戯☆王アーク・ファイブ 最強デュエリスト遊矢!!」に登場するカードであり、ペンデュラムモンスターに属する「EM(エンタメイト)」の1体。
アニメではシンクロ次元転移直後、セキュリティに襲われた榊遊矢が使用。EMタートル》と共にセッティングされ、EMラ・パンダをサーチした後ペンデュラム召喚に使用された。
モンスターカードとしてのこのカードの正式な効果書式は、カードが映るシーンでは遊矢のに隠れていたため不明。
モンスターとしては、「遊矢&黒咲隼vsタイラー姉妹」戦において守備表示でペンデュラム召喚されている。
最強デュエリスト遊矢!!」でも榊遊矢の使用カード。同漫画の方針としてOCG版の効果で登場し、「遊矢vsSSマスク」戦でEMリザードロー》と共にペンデュラムゾーンに置かれている。「遊矢vs北斗」においては手札からペンデュラム召喚されて攻撃するというレアな姿を見せた・・・が、これについては後述。

ネーミングはそのまま「モンキー」と「キーボード」と思われる。
そのため、このモンスターキーボードのようになっている。

OCG版は2015年10月17日に発売されたブレイカーズオブシャドウで登場。
このカードこそ、EMを一強に君臨させた最大の壊れカードである
(1)のペンデュラム効果はもう片方に「EM」を設置しない限りスケールが狭まるデメリットだが、(2)のペンデュラム効果がそれをなきものとしており、元々のペンデュラムケールである1がほぼ確実に発揮できる。
(2)のペンデュラム効果が最大の問題。レベル4以下のEMを手札に加える(以下「サーチ」)ことができるのだが、このカードは以下のポイントがある。

  1. 相互にサーチしあえるモンスターが充実している
    EMドクロバト・ジョーカーEMペンデュム・マジシャンはいずれもこのカードのサーチ対であり、逆にこのカードをサーチすることもできる。
    EMドクロバト・ジョーカーは召喚した時に、EMペンデュム・マジシャンペンデュラム召喚した時にそれぞれサーチ効果を発動できる。タイミングがこのカードと食い合うことなく、サーチしたこのカードを使ってさらにサーチすることができる。
    つまり、このカードを発動した、いは間に挟んだだけで2枚以上のカードのサーチに繋げることができる、ということである。あたまがおかしい。
  2. ペンデュラムケールセッティングするだけでサーチできる
    先述のサーチカードと食い合わないのもそうだが、制約こそあれど1ターンに何度も設置できるペンデュラムケールでサーチ効果を発動できる。
    故に召喚権を使う前にサーチしてそのモンスターを召喚するなどの手が自由にとれるため即効性が高い。
  3. 僅か手札1枚で高スケールペンデュラム召喚が可
    先述のEMドクロバト・ジョーカーもそうだが、EMにはスケール8のペンデュラムモンスターが複数存在する。そのため、このカード1枚をるだけで結果的にレベル2~7のモンスターが同時にペンデュラム召喚になる。
    最強デュエリスト遊矢!!」で共にセットされたEMリザードロー》なら、スケール6のため2~5のペンデュラム召喚を行いつつEMリザードロー》の効果でドローができる。この経緯でもアドバンテージの塊である。
    また、ペンデュラム体のデッキは「ペンデュラムモンスターが1枚しかない場合、ペンデュラム召喚ができず息切れする」弱点があるが、このカードを手札に呼びこめば自サーチにより2枚のペンデュラムケールに化ける為、それだけでペンデュラム召喚が可

欠点を挙げるとすればそれは「ペンデュラムモンスター全般」か「サーチカード全般」の欠点でしかない
このカード特有の欠点が存在しないペンデュラムケールとして恵まれすぎたモンスターなのである。

なお、その反面、モンスター効果は手札から捨てて発動するためペンデュラム特性と噛みあわず、レベルを下げる対は全てレベルを下げる必要すらなくペンデュラム召喚できるため、この用途で使用されることは皆無
ただし、モンスターとしては全く役に立たないわけではなく、ペンデュラムケールからペンデュラム召喚で呼び出されることがある。このカードレベルが6であるため、2体並べればオッドアイズペンデュラムドラゴンと相性のいいNo.39 希望皇ビヨンド・ザ・ホープ墓地を整える《永遠の淑女 ベアトリーチェカードを回収あるいは手札に送還できるセイクリッド・トレミスM7》などをエクシーズ召喚できるのである。
また、上級モンスターであるため、通常召喚により強引に飛翔するG》帝王領域》を突破することができるため、あくまで役に立たないのはモンスター効果だけでモンスターとしては」活躍している

以上のことから、このカードの登場で「EM」が即座にペンデュラム召喚できるようになり、安定性と爆発の両方が異常に強化されてしまった。
混成デッキEMEm】が「Em(エンタメイジ)規制により崩壊した時も「EM」の規制が一切なかったため、【EM士】という別のデッキが生み出され、環境に引き続き居座る結果となってしまう。
故に2016年4月1日よりこのカードは制限を通り越し一発で禁止となってしまった。Emグルミ》と並ぶ登場から167日での禁止化となり、歴代最速タイ。活躍・OCG化のタイミングがいずれも近いため、2枚もの最速禁止カードを立て続けに出してしまったことになる。あまりにお粗末さんと言わざるを得ない

にも関わらず、禁止化直後のアニメARC-Vの第5OPに姿が確認でき、多くのデュエリストトラウマを刺した。また、「最強デュエリスト遊矢!!」の「遊矢vs北斗」が収録された最強ジャンプ2016年4月1日発売と禁止化当日のもの。これらは単純に禁止決定時、各制作側の修正が間に合わないタイミングだったと思われる。
・・・と思っていたが、その1ヶ半後に正式に映像がついた第5EDにもその姿が確認されているどころか、「遊矢&黒咲隼vsタイラー姉妹」でカードとして登場した。この時は効果を使用せずとして使用しており、このカードセッティングしサーチ効果を使用することはなかった。

とはいえ、これはARC-Vだけの事情、というわけでもない。
シリーズ遊☆戯☆王ヴレインズ」において、リミットレギュレーションで制限カードになったカードが、ほぼ三か後にデッキに三枚投入されている話が描かれていた。
これについて正式にヴレインズの監督からコメントが発表exitされており、「アニメの脚本は三か前に作成されている」=リミットレギュレーションの適用が脚本に適用できるのはくて三か後から」という関係性が正式に明かされたといえる。
それを基準に考えれば、このカードの登場タイミングは、OP以外は修正が間に合わなかったものと思われる。
Em(エンタメイジ)」の禁止カードは両方も三ヶ後以降にも普通に出ていたが

その活躍から、ニコニコ動画も含め通称が」「で通ってしまっている。公式動画を含め、このカードEMコナミ)の過ちという認識がユーザーの中で強く、その上で出番が増加しているため、蝎の如く嫌われるようにコメントされるのがお約束となっている。おそらく笑顔める遊矢のスタンスに反し禁止カードの中で2016年現在最もヘイトをその身に受けている禁止カードである。過ちは繰り返さない (修正)不可能など言い訳だろ

まあ、このカードの何が恐ろしいといえば、これでもアニメ効果から相当弱体化しているところだが・・・。

ちなみに、海外でもその活躍を危険視されたのか、2016年4月11日付けで正式に制限カード定される。
日本よりまだ甘い措置・・・と思いきや、実はそれ以前から一部大会で2016年2月8日以降適用される禁止・制限カードリストにて、登場から24日という凄まじい速さで制限カードされている。
というか、その一部大会用の禁止・制限リストこそ、EMEm】の異常環境規制するために急遽取り入れざるを得なかったものである、といえば海外環境でもどれだけこのカードが危険であったかが伝わるだろうか。
日本海外環境はほぼ別物レベルのため、そのまま禁止に直行するかは微妙なところかとも言われていたが、同年8月29日海外でも禁止カードに直行。これにより、日本でも海外でもこのカードの使用が不可能になった。

関連動画

モンキーボードでも ボクにはアニメでの出番が・・・

関連静画

関連商品

関連項目

掲示板

急上昇ワード

最終更新:2019/12/09(月) 23:00

ほめられた記事

最終更新:2019/12/09(月) 23:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP