今注目のニュース
「目覚めた瞬間、視界に飛び込んで来た絶景」 3匹の猫ちゃんの後頭部が整列 かわいい絶景に心がとろけそう
「会社を逃げ出したかった私へ」「いま、羽が生えたよ」 バイクの楽しさを描いた漫画から解放感と心地よさが伝わってくる
南魚沼市の医療施設の建物内にクマが侵入、警察と市がバリケードを張って捕獲へ

No.50 ブラック・コーン号単語

ナンバーズゴジュウブラックコーンゴウ

  • 1
  • 0
掲示板をみる(36)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(1)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

No.50 ブラック・コーン号とは、漫画遊☆戯☆王ゼアル」に登場するカードである。

概要

アストラルの記憶のピース、ナンバーズの1枚。レベル4モンスター2体を素材とするランク4のモンスターエクシーズで、1ターンに1度、オーバーレイユニットを1つ使うことで相手モンスター1体を弾にして(墓地へ送って)、相手のその攻撃分のダメージを与える効果を持つ。

所有者はキャプテンコーン

VS遊馬戦で登場。
ネコーン」と「オヤコーン」をオーバーレイユニットとしてエクシーズ召喚される。
遊馬の「ガラカラス」を弾にしてダメージを与えた。

その後、「ホープバスター」の効果を受けそうになるが、「コーンがらがる」で効にし、「No.39 希望皇ホープ」の攻撃は「コーンバカな」で対を「ジャイアント・タコーン」に変更して回避した。
次のキャプテンコーンターンホープを対に効果を使用したが、「おっと!り」で対を「ズババナイト」に変更させられたため、「ズババナイト」を破壊した。

その後攻撃を仕掛けたが、ホープの効果や「セカンドリフレクター」で防がれ逆にダメージを受けてしまう。
最終的に、「リメンバーアタック」で発動された「ホープバスター」の効果を受けて破壊され、ダメージによってキャプテンコーン遊馬に敗れた。


その後、アストラルによって吸収され、遊馬VSサンダースパーク戦では遊馬が使用した。
スピードデュエルDUEL TERMINALとは関係ない)で、サンダースパークを追い抜くためにを利用したショートカットを行った遊馬だったが、着地に失敗しぼに落ちてしまう。一時、意識を失った遊馬だったが、かっとビングによって復活し、スピードデュエルの特別ルールによって召喚された2体のモンスター(詳細不明)を素材にこのカードエクシーズ召喚し、事浮上することができた。

効果で「No.91 サンダー・スパーク・ドラゴン」の破壊を試みるが、カード「これで許して」によって効果を効にされた。その後サンダースパークドラゴンの効果で破壊されたものの、「死者蘇生」で復活し、「墓地墓地の恨み」で攻撃が0になったサンダースパークドラゴン戦闘破壊した。


遊馬VSプリンセス・コロン戦でも登場。
ゴブリンバーグ」と「三段ナイト」をオーバーレイユニットエクシーズ召喚されたが、直後にコロンは「クイックエクシーズ」で「No.22 不乱健」をエクシーズ召喚する。遊馬は不乱健に対してこのカードの効果を発動するも、不乱健の効果で防がれ、強制戦闘させられて破壊された。


その後も遊馬が所持していたが、最後はアストラルの手に渡り、遊馬アストラルラストデュエルアストラルが使用。
「パラレル・マテリアル」の効果で2体分の素材となった「アストラルゴーレム」をオーバーレイユニットとしてエクシーズ召喚された。効果で「ガガガマジシャン」を墓地へ送ろうとしたが、カード(「ガガガの脱出劇」or「ガガガリア」)[1]によって効にされた。

その後、「ガガガマジシャン」に攻撃、「ガガガの脱出劇」のもう一つの効果で戦闘破壊はできなかったが、「エクシーズスパイラル」によってこのカードランク×200の効果ダメージを与えることに成功した。

次のターン、「SNo.39 希望皇ホープONE」の効果で除外されたが、「ランクゲイザー」の効果で「No.91 サンダー・スパーク・ドラゴン」のオーバーレイユニットとなった。

その後、No.91が破壊されたことでこのカード墓地へ送られ、遊馬が発動した「墓地墓地の恨み」の発動条件となる枚数としてカウントされている。


遊馬が使用した際の攻撃名は「全弾発射」(フルバースト)。
OCGにもこの攻撃名と同じカードが存在するほか、漫画5D'sに登場した「ミサイル・ナイト」の効果名も同じく「全弾発射」(フルバースト)である。また、原作での「ガジェットソルジャー」の攻撃名も「全弾発射」だが、こちらのルビは「ぜんだんはっしゃ」となっている。

初登場時の説明では、除去は「弾に変えて」と説明されていたが、ラストデュエル遊馬VSアストラル戦では「墓地に送る」と説明されている。

このカードの効果の強さはアストラルも認める所で、「素晴らしい」といっている。まあその後防がれたんだけど。

見たは巨大な帆船。船の下部は名前に合わせてとうもろこしを模した形になっている。また、自身の数字は帆の部分に描かれている。

元々の所有者が海賊と縁のある者だったことを考えると、デザインや名前のモチーフは「パイレーツ・オブ・カリビアン」に登場する「ブラックパール号」だろうか。名前の通りく塗られた帆船で、このカードデザインとも一致する。
また、コナミゲーム筋肉番付GB2」には「ブラック金剛くん」なるキャラクターが登場するので、それが元ネタという説もある。もっとも、このカードコナミが作るOCGを初出とするカードではないし、そのゲーム自体もテレビ番組のゲーム化であって全なコナミオリジナルでないなど、自社のパロディとするには少々遠い関係ではあるが、名前のきは近い。
ほかには、日本海軍戦艦である金剛金剛型戦艦)とも引っかけているのかもしれない。

正確な由来は不明だが、いろいろな言葉遊びを考えられる面カード

アニメに登場した「No.61 ヴォルカザウルス」と効果が類似する。

アニメで登場した「エクシーズ・トレジャー」のイラストに、帆を畳んだこのカードが描かれている。このイラストでは、船の乗組員と思しき人物の姿も描かれている。

OCG版

ジャンプコミックス遊☆戯☆王ZEXAL 第2巻」(2012年2月3日発売)の付録カードとしてOCGに登場。

エクシーズ・効果モンスター
ランク4/闇属性/植物族/ATK 2100/DEF 1500
レベル4モンスター×2
1ターンに1度、このカードエクシーズ素材を1つ取り除き、
このカードの攻撃以下の攻撃を持つ
相手フィールド上のモンスター1体を選択して発動できる。
選択したモンスター墓地へ送り、相手ライフ1000ポイントダメージを与える。
この効果を発動するターン、このカードは攻撃できない。

※「Vジャンプ 2012年3月号」52ページによる

不明瞭であった「弾にする」という効果は「墓地へ送る」とされた。また、墓地へ送れるのは自身の攻撃以下のモンスターのみ、与えるダメージ1000ポイントで固定、発動ターンの自身の攻撃を封じるなど、漫画版より弱体化している。

自身の攻撃以下という制約があるため、大の上級モンスターなどには対応しにくいが、一方で「ガチガチガンテツ」のような耐性持ちのモンスターを相手にした場合や、下級モンスターを除去したい場合に活躍が期待できる。破壊ではないために、破壊耐性をくぐりぬけられるのもポイント
登場当初はランク4モンスターが少なかったこともあり、便利なモンスターとして高い採用率を誇った。

しかし、カードプールの増加に従って、ランク4が充実してきたために採用率は落ちていった。
No.101 S・H・Ark Knight」は、攻撃表示の特殊召喚されたモンスターという制限があるとはいえ、攻撃の制約がなく、素材化という墓地利用をさせにくい除去に加えて、破壊耐性も持ち合わせていたため、こちらより使いやすかった。一応No.101の場合は、通常召喚されたモンスターや守備表示モンスターへの対策になるという点で差別化可

No.101以上にこのカードの活躍を奪ったのは「カステル」。同じ破壊によらない単体除去だが、攻撃不可のデメリットもなく、表側表示であること以外は制約なしにデッキへ戻せるため、このカードよりもカステルのほうが優先されやすい。エクストラデッキが厳しいことを考えると、似たような役モンスターをいくつも採用するのは難しく、このカードは採用されにくい。

このカードの利点としては素材1つで効果を使えることや、効果ダメージがあること。
素材1つで使えるのは、次のターンまで維持すれば再度利用できるということだが、このカード自体は何の耐性も持っていないため、次のターンまで維持できる保もない。
効果ダメージは、初期ライフの8分の1であり軽いものではないが、攻撃不可のデメリットがそれを打ち消してしまっている面がある。ライフの減った終盤のダメ押しに使えるが、それが的ならば、モンスターの除去が絡まないために妨されにくい「ガガガガンマン」のほうが良い。

後発のカードによって一線を退いたとはいえ、弱いカードというわけではない。
コミックス付録であるため入手が容易というのもこのカードの売りであり、これから始める初心者などにとっては、パックの高レアリティカードであり入手が難しいNo.101やカステルに代わるカードとして採用することもできるだろう。

RUM-リミテッド・バリアンズ・フォース」を使えば、効果によるデメリットを打ち消して、ランクアップした高攻撃モンスターで追撃可になり、相性がいい。「No.61 ヴォルカザウルス」と「迅雷の騎士ガイアドラグーン」のような使い方(通称:ヴォルカドラグーン)である。
メインデッキカードを投入する必要がある分、ヴォルカドラグーンよりは安定性で劣るが、エクストラデッキ圧迫を気にしなければ、状況に応じてランクアップ先を選べる利点もある。ランク5はけっこう充実しているので、狙ってみてもよいだろう。


呼び出しやすいランク4で、耐性持ちのモンスターなどを広く除去できるため、かつてはこのカードに除去されるか否か(攻撃2100以下であるか)がカード評価の基準となることすらあった。今となってはカステルで何でも除去できるのであまり関係ない話になってしまったが。

公式デュエル使用不可の「Queen Nereia the Silvercrown」を除けば、初の植物族のエクシーズモンスター

船のモンスターであるが、種族は植物族。しかし、遊戯王OCGには、船なのに戦士族の「海賊スカブラッド号」などが既に存在するので、そうしいことでもないのかもしれない。

関連動画

No.50 ブラック・コーン号に関するニコニコ動画動画を紹介してください。

関連商品

 

関連項目

脚注

  1. *演出としては「ガガガの脱出劇」で「ガガガマジシャン」が飛びのいて脱出する描写があるのだが、「ガガガの脱出劇」が「No.22 不乱健」によって効化され破壊される演出もあるため、ルール上の展開としては「ガガガリア」でNo.22とこのカード(と「No.72 ラインモンスター チャリオッツ・飛車」)の効果をまとめて効化したということなのかもしれない(少なくとも「ガガガリア」の効果がNo.22に適用されているのは直後のセリフから間違いない)。もっとも、この場合はNo.22の効効果も効にならなければならないので、破壊演出が入っていることとつじつまが合わないが。
    一応、OCGとはルールが違うと考えれば、効果解決時に、No.22とこのカードの処理の間に割り込んで「ガガガリア」を発動している可性もある。これならば、破壊演出の後に「ガガガリア」を発動していることも説明が付く。あるいは破壊演出もただの演出で、「ガガガリア」でNo.22の効果が効になったことで、「ガガガの脱出劇」の効果は適用されたとも解釈できる

掲示板

急上昇ワード

最終更新:2019/12/09(月) 08:00

ほめられた記事

最終更新:2019/12/09(月) 08:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP