今注目のニュース
NHKはどう「ぶっ壊す」べきか
「猫は液体……?」 器用すぎる猫のすり抜け術
「カラムーチョ」「すっぱムーチョ」に続く「ムーチョ」は旨味系 「シームーチョ」がこの夏登場

R-TYPE LEO単語

アールタイプレオ

掲示板をみる(18)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

アノ地ヲ、コワスタメ。

『3・2・1・Let`s Go!』

R-TYPE LEOとは、1992年アイレムから発売されたアーケード用横STGである。
製作アイレムの親会社であるナナオ、アイレムは販売のみ。

概要

R-TYPEシリーズ本編とは別次元バイドの来なかった平行世界と言う世界観で描かれた
R-TYPE外伝的作品。
その為バイドより生み出されたR-TYPE徴する次元兵器フォース』や『波動砲』が存在しない。
かわりに本家のビットを更に強にしたような補助兵器サイ・ビット』が登場する。
バイドが関わっていない為かステージ構成や音楽は全編通じて明るめで
難易度較的易しく作られている。

元々企画・開発段階ではR-TYPEとは全く関係のい作品とされていたが、
ネームバリューがい事で販売面でのパンチ不足を懸念したアイレムの事業担当者の進言より
急遽Rの銘を冠する事になったと言う逸話がある。
しかし当時はストⅡに代表される格ゲー明期中だった事に加え
グラディウスⅢR-TYPEⅡのようなヌルゲーマーお断りな難易度インフレ
客離れの深刻化していたSTG業界では其処までのインパクトを出す事が出来なかった。

その知名度は他のR-TYPEシリーズべると『知る人ぞ知る』と言うレベルに留まり、
本作を導入したゲーセンも多い訳ではなかった。

だがそのシンプルで取っ付き易い操作感覚と
STG初心者初見でもそこそこ程度には進めるほどの難易度に、
落たBGMも相まって隠れた良作と言う見方をするもある。

昨今にいてはニコニコプレイ動画が幾つか上がっている事と
後述するR-TYPE FINALR-TYPE TACTICS Ⅱに登場した事もあって
庭用への移植が静かながらに望まれている。

ストーリー

R-TYPE本編の第一次バイドミッションとほぼ同時期の、次元ける太陽系
人類はもう一つの地球として人工体『エデン』を開発したが、原因不明暴走により、突如
エデンは人類に牙を向く。
この事態を収束させる為、
人類は別次元から流れ着いた『R-9A』をベースに生み出した二機の戦闘機R-9Leo』を戦線に投入した。
後に『エデン・パラドックス』と呼ばれる事件である。

ステージ及びシステム

  • 全6ステージ。操作はレバーと、ショットボタン一つのみ。
  • ステージ開始時の『3、2、1、Let's Go!』のカウントダウンコールが特徴。
  • アイテムキャリアを破壊して登場するレーザークリスタルを入手すると、
    自機の上下に「サイ・ビット」と呼ばれる兵装が装着される。
    サイ・ビットは範囲は狭いが弾消しに使え、初期段階から弾速の遅い弾を射出する身が付いている。
    サイ・ビットから射出される弾は自機を前方に動かす事でそのまま後方へ打ち出す事もできる。
  • 1個レーザークリスタルは、3色どの色を取っても効果は同じ「サイ・ビット装着」のみ。
    2個レーザークリスタルを取る事ではじめて色に応じたレーザー攻撃が出来るようになり、
    同じ色を取り続ける事でレーザー攻撃を3段階まで強化する事が出来る。
  • ショットボタンを押しっ放しにする、いわゆる「溜め」を行うと、
    時にサイ・ビットが敵を追尾して突撃する、このゲームの肝となる強な攻撃
    サイ・ビット・サイファ』を繰り出す事が出来る。
    ただ『サイ・ビット・サイファ』を行うにはサイ・ビットが必要なので、
    ゲーム開始後直ぐや復活時の強化状態では使えず、
    使用自体も画面下方に表示されているゲージがある内しか出来ないので、
    だからとは言っても過信はできない。
  • サイ・ビット・サイファ』を行っている最中はショットボタンを押しっぱ放しにしてしまう為に
    全てのショットが撃てなくなってしまう。
    ゲージを使い切るとサイ・ビットは敵の追尾を止めく焦げた状態になり、
    ゆっくりと自機の追尾しながら画面内を漂う。
    ボタンを押しっぱなしのままゲージを使いきってる事に気付かずにいると、
    その間は、自機はただ防備状態で画面内に取り残されている状態でいるという事になる。
    ボタンを離せばすぐにゲージの充填が開始され、同時にサイ・ビットが高速で自機の元に戻ってくるので、
    上手く使えばサイ・ビットが自機に装着される前に再び敵に突っ込ませる事も可
    ただし自機にサイ・ビットが装着されてない状態ではレーザー攻撃が出来ないので、
    その間は短時間とはいえノーマルショットの連射に頼る事になる。

武装

自機は三種類のレーザーを装備する事が出来、それぞれ三段階までパワーアップされる。
レーザーの名称は当時のもの。()内は後のR-TYPE FINALR-TYPE TACTICS Ⅱに登場した際の名称。

他作品に於けるR-TYPE LEO

R-TYPE FINAL

本作に登場する自機が『R-9Leo/LEO』として登場。詳細は当該項目にて。
方ではフォースが装備可な為、より防御性が向上している。
本機の強化版である『R-9Leo2/LEO』は、
R-TYPE FINALでもトップクラスの性を誇る機体として有名。

R-TYPE TACTICS Ⅱ

R-TYPEモチーフにしたSLGR-TYPE TACTICSの続編であるR-TYPE TACTICS Ⅱに登場。
形式番号はRw-Leoとなっている。
同じく3HEX使用するOF系列の軌戦闘機亜空間に潜れない分運用の幅が狭い。
レーザー系の武装が本体ではなくサイ・ビットに搭載されている為、
サイ・ビットが破壊されるとレーザーが使用不可能になる。
サイビットシュートと名前を変えたサイ・ビット・サイファは威も範囲も微妙
なのにチャージに5ターンも掛かってしまう。
・・・・・・などなど、で使っていくには少々厳しい機体。
効果音は当時と同じものが使われている為、聞く価値はある。
一応、二つあるサイ・ビットから一発ずつ合計二発レーザーを撃てるので、
火力は其処まで低い訳ではい。

他にも、原作の1面「PARADICE PLANET」と、
3面「TROPICAL FOREST」をモデルにしたマップが存在する。
特に、3面のボスのフォレスはやたらカッコよく作り直され、
部から発射する極太レーザーがとんでもない初見殺しになった。

実況おしゃべりパロディウス

R-9LEOの武装をオマージュしたの『ラン』が自機として登場する。
サイ・ビットことホーミングビットに、
肉球リフレクレーザー猫じゃらしのサーチレーザーが使用可
ただし、クロスレーザーは使えない。
ちなみに、もう一匹居るの『ミケ』の武装はダライアスシルバーホークオマージュとなっている。

関連動画

原作

 

R-TYPE FINAL

登場は3:46~

R-TYPE TACTICS Ⅱ

1面がモデル


3面がモデル
 

関連商品

 

関連コミュニティ

関連項目

掲示板

  • 16ななしのよっしん

    2018/05/04(金) 16:30:07 ID: vdnhVUX8J/

    4面中盤(エレベーター地帯→ビーム柱の所)の復活が無理ゲーすぎてつら
    柱クッソ硬いのにサイビットしでやれとかすぎるし、上から下から雑魚が湧いてくるしでどうしろと

  • 17ななしのよっしん

    2018/07/11(水) 15:21:49 ID: QmNbrwkSIh

    レトロビットジェネレーション4にR-TYPE LEOが入ってるけど、一応コンシューマーとしては初移植か?

  • 18ななしのよっしん

    2019/07/28(日) 18:33:33 ID: 9ErqpiZtai

    痒いところに絶妙に手が届かないプレイ感がたまらん
    サイビットを下取りに出してフォースつけたくなるね

急上昇ワード

最終更新:2019/08/21(水) 12:00

ほめられた記事

最終更新:2019/08/21(水) 12:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

       

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

TOP