単語記事: サキュバスクエスト

編集

Succubus Questサキュバスクエスト)とは、SQDTによるR-18同人ゲームである。

概要

このタイトルを冠した作品には2006年8月発表の『Succubus Quest』(通称「長編」)と2007年夏コミ発表の『Succubus Quest 短編 -老書の短い夢-』(通称「短編」)の二つがあり、さらに後者の拡版として2007年冬コミで『の史書と色づく魔物』が発表されている。また、2009年冬コミで発表された画集『Femme Fatale -原色魔女図鑑-』にはこれらの作品の原画が多数収録され、リアル版「の絵本」(ゲーム中登場するモンスター図鑑)のような趣を持っている。

各作品はパッケージ版、ダウンロード版が販売されている。
Succubus Quest 短編 -老書の短い夢-』のみ公式HPから無料ダウンロード
ソフトウェアはいずれもRPGツクール製で、対応機種はWindows

2010/5/22現在、SQDTで『夢の魔物とお伽の騎士団』が開発中である。ゲームジャンルRPGではなくファイアーエムブレムタイプSLG(戦術級ウォー・シミュレーションゲーム)。今のところ『Succubus Quest』を冠してはいないようだが、開発者ブログにて後述のSEX-BATTLEがシステムとしてあることが判明している。

ゲームの形式は『夢の魔物とお伽の騎士団』以外RPGだが、長編はドラクエの一般的なRPGであるのに対し、短編はダンジョン自動生成や装備合成、リアリティシステム(後述)などローグライクRPG(『風来のシレン』や『トルネコの大冒険』のようなRPG)に近いシステムになっている。『の史書〜』ではレベルリセットアイテム持ち込み不可のダンジョンネルトゥプ」が追加され、更にその性格が強くなった。

プレイ時間は長編が約20時間、短編が10時間弱ほど。ただしやり込みを考慮するとこれより大幅に長くなる。特に短編は前述のローグライクシステムに加え周回引継ぎ要素もあるため、人によってはこの数倍になることも。現在ニコニコ動画投稿されているプレイ動画はいずれも二周以降のものである。

2010年ごろから公式サイト更新が止まり、その後公式ツィッターの動きも停止。SQDTサイトも消滅、スタッフ行方も不明となり幻想入りした…かと思われた。
なお公式HP2013年ごろ復活している(更新はされていない)。


しかし2014年、意思を継ぐ者が現れた。DreamaniaSuccubus Rhapsodiaである。
Succubus Questと同じ形式・デザインもそれっぽいとその作品はSQDT作品のそれを想起させる出来になっている。
同年の夏コミ体験版を出し、にはWeb体験版開。頒布に向け動き出している。
2016年1月現在体験版もver3を数え、進捗もある程度のところまで行っているようだ。

おこの作品には旧SQDTBGM担当だった人が参加しているが、下記のように正式な後継作ではない。
魂を受け継いだ作品とは言えるだろう。

※当サークルDreamaniaはS.Q.D.T様とは別サークルであり、『Succubus Rhapsodia』は『Succubus Questシリーズスピンオフ・続編等ではなく、まったく別なサキクエライク作品です。

Succbus Rhapsodia 公式サイトより引用

SQDT製作の製品一覧

特徴

SEX-BATTLE

「このゲームバトルは全てSEXです。」原文ママ

この作品の最大の特徴として「SEX-BATTLE(セックスバトルシステム」が挙げられる。
出てくる敵はほぼ全て「夢魔」と呼ばれる女性モンスターであり、この夢魔達を主人公が快感を与えてイカせることによって戦闘に勝利する。まず優しいキスで「ムード」を上げ、「を脱がせる」コマンドで裸にし、高い快感を与えるために弱点(性感帯)を突き、「インサート」(挿入)して止めを刺す…といった感じである。

夢魔グラフィックは「を脱がせる」ことで裸になり、ボスなど一部の敵は「インサート」するとさらにポーズが変わる。短編以降は「クライシス」(イきそうになっている状態、普通RPGで言う瀕死)状態になると表情も変化する。また、戦闘中敵が喋る台詞エロさにも定評がある方はクリアまで何回ふぅ・・・することになるだろうか・・・。
ゲーム中行ける「シトリーの部屋」という場所では好きな夢魔と好きなだけキャッキャウフフすることも出来る。ふふふふふ!

普通RPGの戦闘をエロに置き換えるというアイデアには『ボディコンクエスト』という前例があるが、グラフィック音楽の差はもとより、SEXメタファーを戦略的な深みに繋げたバトルシステムに、徹底してシリアスシナリオと、もはや別コンセプトゲームと言っても過言ではないかも知れない。

本作は言わば、SEX-BATTLEという馬鹿馬鹿しいアイデアに対し高いクォリティをもって大に取り組んで作られた作品と言える。その発想はあったもやろうとしなかったことを敢えて全でやった、そこにしびれる憧れるゥ!……長編短編共に微妙JOJOネタがあったような気がする……。

ブックシェルフ(短編)

短編は前述のようにローグライクシステムになっているが、幾つか特徴的な要素を持つ。
その一つが「ブックシェルシステム」であり、ゲーム中手に入れた「本」を拠点の本棚に入れることでダンジョンを生成するというもの。これは短編の舞台が「夢」であることによる。まず「地図帳」を入れることで「場所」ができ、これがダンジョン子になる。そこに「史書」を加えるとその史書に書かれた夢魔がそこに出現するようになる。つまりダンジョンに出現するモンスターを自分で選べるシステムである。ただしボスは半固定で、得られる経験値は敵とのレベル差で決まるため、弱い敵ばかり出して楽にクリアとはいかない。また特定の史書と地図帳の組み合わせで起こるイベントがあるため、実質敵一種類は固定されているとも言える。他にダンジョン内でボーナスが得られる「南書」などの本もある。

ちなみに戦闘時の背景は長編と同じグラフィックを、これらの設定を踏まえ「本」に模している。

リアリティ(短編)

もう一つ短編の特徴的なシステムに「リアリティ」がある。これは他ゲームで言う「満度」「MP」「LP(ライフポイント)」を合わせたようなシステムであり、ダンジョン内の歩行・特技の使用・敵に倒される(イかされる)ことで減少、0になると夢に飲み込まれてゲームオーバーになる。初期値は100.0で、基本的にダンジョンから出るまで回復しないが、リアリティを僅かに回復するアイテム夢魔が落とすことがある。ただし、本当に僅か(3)な上、ダンジョンから出ると消えてしまうのでストックすることができない。

リアリティ/realityは「現実感」という意味だが、短編の舞台は主人公の夢の中、敵は夢の悪魔、特技はやりたいことを「願う」ことで実現する、という各設定がこれと実にマッチしている。つまり夢の中を長くうろついたり、夢魔の魅に屈したり、非現実的な願いをえたりすることで現実感が減り、0になると夢に飲み込まれてしまうという訳である。「君を知りたい」「夢とひとつに」「どこか遠くへ」などといった「願い」のネーミングもにくい。特にリアリティ30消費して願う「時よ止まれ」はこのゲームの切り札である。

「夢」と「現実」はサキュバスクエストにおいて極めて重要な要素であり、長編・短編共にエンディング分岐にも関わっている。→胡蝶の夢

「分かってるんだ。これは。ここにはなにもないが覚めればもう。」
「分かってないわ。これは。ここにはすべてがある。あなたは逃げられない。」
あなたは逃げられない。

関連動画

修正済みのセウトセフセフ動画につきご安心下さい。でも18歳未満は見ちゃダメ。

実況プレイ者も出たが残念ながらBANされている(動画は一部残っているが)。
製作者のtwitter動画について触れられたこともある。

エロゲとは思えない秀逸すぎる戦闘BGM盛り上がりすぎて抜けない。

自作BMS譜面

偉大なる先駆者、ボディコンクエスト

関連商品

関連コミュニティ

 

関連項目


【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E3%82%B5%E3%82%AD%E3%83%A5%E3%83%90%E3%82%B9%E3%82%AF%E3%82%A8%E3%82%B9%E3%83%88
ページ番号: 4226531 リビジョン番号: 2315879
読み:サキュバスクエスト
初版作成日: 09/12/08 00:56 ◆ 最終更新日: 16/01/23 00:38
編集内容についての説明/コメント: 微修正
記事編集 / 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ


白黒サフィ

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

サキュバスクエストについて語るスレ

158 : ななしのよっしん :2015/07/14(火) 19:05:17 ID: Teys1PxEiG
いまサキュラプ体験版やってるんだけど、拠点のメンバーパーティーメンバーって入れ替えられないの?
159 : ななしのよっしん :2015/07/22(水) 20:30:36 ID: 4DEAtBuUEQ
したらば消えたのずっと気づかず更新してて最近書き込みいなーとか思ってたわ
160 : ななしのよっしん :2015/09/20(日) 15:10:39 ID: 0deaXHmkhZ
>>156
も昔やったことあるけど、XP版と2k版ってストーリーとか驚くほど違いがないんだよなw
大きく違うとしたらキャラの名前と主人公が喋るのとルヴィッサいないくらいか
あの時点で完成度高かった
161 : ななしのよっしん :2015/09/28(月) 10:50:09 ID: PsQz1jc9f8
幻想入りしたって書く辺りニコニコらしさが出てるよね。
ああ、別に悪い意味で言ってるつもりはないよ。
162 : ななしのよっしん :2015/11/27(金) 04:29:24 ID: f6kj6pPdUR
本スレの住人は頑に否定してるけど、
2011の311の後から更新が途絶えた当たりから考えて
どっからどう考えてもお亡くなりになったとしか考えられないんだよなぁ…
163 : 訂正依頼マン :2015/12/02(水) 21:58:24 ID: 3IpKFgDItQ
ラプソディアは精的後継作ではあるかもしれないけれど、
今のところSQ音楽担当者が関わってるってだけであって「後継作とも言える。」はさすがに過剰表現だと思う。

あとその書き方だと、ラプソディアが発売された後に「SQの後継作って聞いたのに思ったのと違う」って人が出てきちゃうかもしれないから訂正をお願いします。

まあSQの影受けてるのは明らかだけど、著作権だのが厳しいこのご時勢
本家も勝手に後継作ってことにされたら色々迷惑することもあるかもしれないですから
164 : ななしのよっしん :2015/12/07(月) 22:10:49 ID: d0/YtWPgw8
>>162
blogtwitter更新途絶えたのは2010年だった名残りがあるんだけど、
311の後から途絶えたっていうのは何を根拠にした情報なんですかね?

普通音楽の人とイラストの人とかはその後も分かってるし、DLサイトに作品はまだ残ってるし
性としては否定できないけれど、どっからどう考えてもというのは言い過ぎじゃない?
165 : ななしのよっしん :2015/12/19(土) 20:57:14 ID: 0AKZy3jlR5
確認してきたけどブログの最終更新2010年9月12日11:56 pm でtwitter9月21日だったよ
最近復活した音楽の人は2010年12月13日twitterの(当時の)最終更新してたからSQDT自体2010年中に活動が確認できなくなっていたみたい
166 : ななしのよっしん :2016/01/04(月) 20:29:33 ID: zSOJFv27fs
サキュバスクエスト本編)はラルスの物語としては
王道勇者魔王とお様の物語だよなあ
タイトルサキュバスクエストなのは 
ドラゴンクエストになぞらえた部分があるのかな
167 : ななしのよっしん :2016/01/06(水) 23:41:41 ID: jOQ0WMcZze
ラプソディア体験版バージョンアップしたな。いろいろ新要素が乗っかってて面いし、やっぱり全体の雰囲気がなんとなくサキュバスクエストを思い出させる感じで良い
  JASRAC許諾番号: 9011622001Y31015