単語記事: 風来のシレン

編集

風来のシレンとは、チュンソフトが開発しているローグライクゲームである。

販売は別のメーカーが担当することが多い。

シレンとコッパシレンとコッパ

概要

トルネコの大冒険の後に発売された「不思議のダンジョンシリーズ・第二弾。
ドラゴンクエストの外伝的位置付けであるトルネコシリーズべて、全体的なイメージ和風パンおにぎりになっているなど)である。
今作に登場したダンジョン内の店、NPCなどの要素はトルネコ逆輸入された。
当初はトルネコは一般向け、シレンヘビユーザー向けに開発されていたらしいが、SFC以降はプレイステーション系統にトルネコを、任天堂ハードシレンを供給している。
セガハードDC)ではアスカ役となった他、WindowsPSPでは移植版が出るなど例外はある。

初代SFC版はその高い完成度から多数の中者を生み出した。伊集院光もその1人である。

主なキャラクター

シリーズ 括弧内は発売機種

不思議のダンジョン2 風来のシレン(SFC,DS,VC)

1995年スーパーファミコンで発売された風来のシレン元祖作品(※以下『初代』で表記する)。
後にWiiバーチャルコンソール(VC)に移植版、ニンテンドーDSリメイク版が登場した。

テーブルマウンテンの頂上にあると言われる幻の郷と、のコンドルを探し出すのが的。

ダンジョンは全部で4つ。DS版はダンジョンが4つ(ただし実質3つ)追加され、アイテムが一部変更になっていたり、新モンスターが追加、調整され、既存のモンスターにもLv4が追加された。
一般には、SFC版の方が敵の攻撃が高く、その代わりの防御を少し上げてしまえば、どんな敵の攻撃も大概1ダメージに抑えてしまいやすい。一方、DS版の方はLv4がある分だけLv1あたりの攻撃上昇割合が緩やかになったが、代わりに特殊攻撃が強であるとされる。その他、SFC版では分裂の特定アイテムがそろうと好きなアイテムを容易に増殖できてしまう仕様が開発者によりわざと残されたが、DS版では分裂のが消滅、またSFC版での便利アイテムやまびこ」が多少弱体化した「プリズム」と「ゲイズの」に機分割されるなどの調整が施されている。総合すると、全体的にDS版のほうが大人しめのバランスになっている。

以降のシリーズではあまり類を見ない、「対処法がい、純アイテム破壊系モンスター」が存在し、SFCからいる「畠荒らし系」(落ちているアイテム雑草に変え、高Lvではシレンの持ち物も雑草化)と、DSで追加された「カラカラペンペン系」(シレンの持ち物を破壊、次のフロアまで外れない)の2体がいる。

実質的にトルネコの後継作品であり、チュンソフト自体がドラクエに関わりが深かった事からアイテム、SE、タイトル画面後のメニュー画面等にその名残が見られた。

2012年10月5日チュンソフトSFC版/WiiVC移植版「初代シレン」のみではあるが、niconico上での利用を許諾。公式動画投稿生放送二次創作を行えるようになった。
詳しくは『不思議のダンジョン2 風来のシレン』の利用宣言へ。

個別記事はこちら。情報募集中!⇒「不思議のダンジョン2 風来のシレン

風来のシレンGB 月影村の怪物(GB,WIN,DoCoMo,Android)

ゲームボーイで発売された、携帯ゲーム機用のシレンでは初の作品。物語時系列上で初代の直後。

シレン旅の途中に立ち寄った「月影村」で、その村を襲う怪物「オロチ」を退治するのが的。

ゲームボーイカラーには未対応。容量が少ないためダンジョンが2つしかなかったり、最終ダンジョンが全99Fでなく50Fまでだったり、モンスターの横にレベルが数字で表記されていたりするが、フェイの問題はSFCの全50問どころか全100問まで増えており、面さは変わらない。この作品のみ、トルネコ1と同じようにクリア後にダンジョンを自で引き返さなければならず、加わった連れをモンスターに倒されないように護衛しながら村まで帰還しないと、冒険クリアにならない。
また、ハードの制約上4ボタンで全てを操作しなければならないため、操作はやや難儀。

後にWindows移植され、さらに「インターネット版」もダウンロード販売された。グラフィックシステムSFC版と同様のものに引き上げられ、SFC版とほぼ同じ感覚でプレイできる。ただし、SFC版にあったモンスターは存在しない。インターネットの強みもあり、鍛えた装備を持ち込むことができ最初から強い敵が出現する「試しり」、一切の武器を装備せず素手で立ち向かう「クロンの拳」など個性的な新ダンジョンが多数追加、来救助隊やフェイの問題自作などのシステムも追加された。ただし2006年をもってダウンロード販売やダンジョン配信などのサービスが全て終了、公式ページも消滅したため、現在Win版の入手は極めて困難となっている。

2011年5月27日よりAndroidでも配信された。こちらは著作権の問題からか音楽がすべて差し替えられている。
スマートフォンの性質上すべてタッチ操作な上、横持ちに対応していないので操作はやや厳しい。

攻略本ネタ1 攻略本ネタ2 攻略本ネタ3

個別記事はこちら。情報募集中!⇒「風来のシレンGB 月影村の怪物

風来のシレン2 鬼襲来!シレン城!(N64)

Nintendo64で発売。シレンがまだ10歳のころの物語で、時系列上では最も昔となる。アスカ(13歳)も初登場。

ナタネ村を襲うを退治するため防衛拠点のおを建設し、敵の根鬼ヶ島攻略することが的。

ストーリー上は鬼ヶ島開通まで15F程度の同じダンジョンを何度も繰り返し登ることになる。最初のダンジョンが初級・中級・上級と段階を踏んでおり難易度が分かりやすいので 初心者にも勧めやすい作品。それでいてクリア後は特別ダンジョン・やりこみ要素が多く、シレンシリーズの中でも評判が良い。

本作品で、装備品の合成に初めて「印」の概念が登場。のある装備を片っ端から合成していけば最強になれた従来とは異なり、合成できる数の限界や同一印重ねがけなどが発生し、取捨選択に幅が広がった。また、装備と装備以外のアイテムを合成する「異種合成」もこの作品から。白紙の巻物を合成に使って印を拡するか、 普通に読む用に取っておくかといった駆け引きが楽しい。ある装備に特定の印の並びをえて合成したり鍛えたりすると 別の武具に進化する「特殊合成」といった隠し要素に、装備品コレクション棚、飾り、もののけ王など、冒険の役に立つ立たないに関わらずハマれる要素がいっぱい。

新追加システムはおおむねプレイヤーにとって有利で強仕様が多く、難易度は低めであるとされる。

個別記事はこちら。⇒「風来のシレン2 鬼襲来!シレン城!

風来のシレンGB2 砂漠の魔城(GBC,DS)

GBシリーズ第二段。ゲームボーイカラー専用ソフトになりグラフィックも向上した。時系列上は月影村の後の物語

過酷な砂漠路で行き倒れたシレンが、砂漠の警備兵によっていきなり地下に閉じ込められてしまう、という最初からクライマックスな展開で物語が始まる。囚われたシレンだったが、のお様に助けられてそこから脱出することに成功。砂漠に逃げ延びたシレンは、そのに住んでいる領突然の異変について調べることになる・・・。
今作より、初めて救助システムが搭載された。

シリーズで最も難しいダンジョンとまで言われる「下一ワナ会」、初代のダンジョンをさらに発展させた「トンファンの」など特殊ダンジョンも充実。さらに今作から、以後のシリーズにも受け継がれる"逃げダンジョン"の先駆「の洞窟」が登場。初期配置の運とテクニック両方がいとクリアできない新たな難易度賛否両論を呼んだ。また、初代SFC版で仲間として登場した「ペケジ」と「お」も再登場する。

DSリメイク版も発売され、GB故に不全だったグラフィックの大幅強化やテンポ善、敵の性変更(LV4の追加など)がされている。
しかし「下一ワナ会」のワナ仕様GB2とDS2とで全く違うものと化していること、DS2では1度くすと二度と手に入らなくなった武器があること、悪魔とまで言われた「コクワガッター系」モンスターの特技が大幅弱化していること、逆にひまガッパ系が強化されている等、変更点に注意しなくてはいけない。

GB2版には、進行上致命的なバグが幾つか発生する。

救助システムパスワード伝達、コンボなど救済要素はこれまた多いため、N64同様、難易度は低めとされる。
こちらも初プレイ入門作としては良い。

個別記事もあるよ!⇒「風来のシレンGB2 砂漠の魔城

風来のシレン外伝 女剣士アスカ見参!(DC,WIN)

2002年ドリームキャストで発売。アスカ役の外伝作で、シレンは一切出てこない。

旅の途中に「」に立ち寄ったアスカが、訳がありシレンと一時別れてをしていたコッパと再開。 コッパと共に、このを苦しめる忍者軍団と、軍を影から操る存在に挑む。

ダンジョンが豊富。 Windows版は長らくオンラインサービスをやっていたためダンジョン異常に多く(現在オフライン対応パッチプレイできる) やりこみ要素もたっぷりでシレンの中でも完成度は非常に高い。
ゲームバランスは良好だが、難易度は一番最初の「初級」ダンジョンが既にN64版の「上級」に相当するほどであり初心者には厳しい。シリーズ経験者向けである。

オンラインサービスが終了して以降、一時期新品で数百円まで値段が下がったが、PeerCastでの実況配信やニコニコでのプレイ動画が人気となり価格が反転上昇した。

個別記事はこちら⇒「風来のシレン外伝 女剣士アスカ見参!」を参照。

風来のシレン3 からくり屋敷の眠り姫(Wii,PSP)

2008/6/8にWiiで発売。Wiiリモコンヌンチャククラシックコントローラに対応。時系列上は外伝・GB2の後である。

久しぶりに都に来たシレンとコッパは、シレン叔父剣術師匠でもある「センセー」と再会。そこでシレンたちはセンセーから伝説の屋敷「からくり屋敷」の「鍵」とされるものを見せられる。新たな冒険をめ、シレンが再び始まる。

2000年発売のシレン2から久しぶりの続編。新しい試みを多く導入した作品となっていて、本編ではダンジョンで倒れてもレベル継続(トルネコ3などで採用されている。従来のレベル1から始まるダンジョンも用意されている)、難易度イージーでは倒れてもアイテムが半分残る、シレン以外にもセンセーアスカを操作できる、両手持ち武器や二刀流装備が可(キャラクターによる)など、さまざまな新システムが導入されている。
Wi-Fi通信にも対応し、救助をめたり、Wi-Fi番付を競ったり、新たなダンジョンダウンロードができる。

PSP移植版は初のPSシレン。追加ダンジョンの他に、バランスを徹底的に練り直した(公式)とのことだが、Wii版もプレイした人によると「どこが変わったのかわからない」らしく、公式サイトにもどうバランス調整したかは書いていない。

個別記事もできました⇒「風来のシレン3 からくり屋敷の眠り姫

不思議のダンジョン 風来のシレン4 神の眼と悪魔のヘソ(DS,PSP)

2010/2/25ニンテンドーDSで発売されたシリーズ4作。南のカヒタンが舞台。

従来のレベルリセット形式に戻る。多くのダンジョン内でがあり、になると技を使って戦うことになる他、装備品が成長する、アップするオーラったモンスターが登場するなどの新要素がある。
また、装備品にタグをつけておくと倒れても高確率で戻ってくる、の中身が上画面に表示される図鑑機があるためアイテムの命名がしやすいなど遊びやすくなる工夫がなされている。
最大HPが高くなるほどターン経過での自然回復が遅くなるという特徴がある。闇に回復系のバカ飲みして最大値を上げたり、高レベルモンスター狩りで一気にLvとHPを上げたりしても、必ずしも先の展開が楽になるとは限らない(今までの常套が通用しない)。ST異常が多量追加されて強くなり、逆には細分化されて弱くなっているなど、新要素よりも細かい仕様調整のほうに過去作との差異があり、今までとは違った戦略が要される。

ビジュアル面では、洞窟より建物や屋外のマップが多く、モンスターも1~2頭身のものが多いなど雰囲気は明るい。

PSP版はほぼベタ移植だが、クリア後のダンジョンの追加やバグ修正などが行われている。

個別記事はこちら⇒「風来のシレン4 神の眼と悪魔のヘソ

風来のシレン5 フォーチュンタワーと運命のダイス(DS,PSVita)

2010/12/9に発売されたシリーズ5作。山イノリの里が舞台である。

砂漠での冒険の後、またしても世界中を冒険し続けていたシレンたちは人里離れた山の中でとある村を見つけた。
その村で若者のジロきちと不治の病に倒れたおユウに出会う。ジロきちはおユウの運命を変えるためにフォーチュンタワーし、シレンたちもジロきちの後を追うこととなった。このジロきちをは倒れても墓になってその階に踏みとどまり回復アイテムを投げると復活するが、ジロきちが墓のままだとそれ以上上の階に上れず(その状態で階段を上がると村へ帰れる)もう一回その階へいくと再会できるという性質がある。そのため、ジロきちを復活させながらタワーの頂上まで押し上げるのが今回の的となる。

前作の発売から10ヶも経っていないのはシレン4を開発してる途中から制作を始めたらしい。
そのため、根本的な見たシステム全な4系列であり、DSの上画面で仲間NPCのLv、HPが確認できるようになったり、覚醒システムが新たに加わった等、5とはいうものの4の追加調整版としての意味合いが強い。
細かいインターフェイスがさらに良されており、特に図鑑機が大幅に強化され、冒険中値段等をいつでも確認することができる上、今回の冒険での識別や命名の未/既まで確認できる。
自重しない図鑑説明(新規書き下ろし)やそっくりどうぐなどのネタ要素も多い。
今作ではモードで2人で協・対戦プレイが追加された。

PSvita版は機移植といっても差し支えなく、中でも大量の追加ダンジョン玉となっている。特にチュートリアルさえクリアしてしまえば、ストーリーダンジョンクリア前からほとんどのVita版の追加ダンジョンプレイになる。追加ダンジョン難易度移植前からあるもっと不思議ダンジョン以上の難しさといわれるものから、簡単にクリアできるものまで広くっている。現在は一度アップデートすれば追加ダンジョンに関してはほぼ全てプレイになるが、追加ダンジョンではストーリーダンジョンだと拾えない強アイテムが入手しやすいため、クリアした際のアイテムストーリーダンジョンに持ち込むとバランスが崩壊するため注意。

個別記事作りました⇒「風来のシレン5 フォーチュンタワーと運命のダイス

風来のシレンmobile

携帯電話向け風来のシレンアプリ。利用料315円~で配信キャリアDoCoMoAUSoftbank
ほとんどの端末でコンテンツどれかは利用可だが、登録前に必ず利用端末の対応状況を確認すること

DoCoMoシレンシリーズタイトル数でも容量でも一番充実しており、装備合成・印システムダンジョンのお店健在など、携帯アプリとあなどるなかれ、ボリュームは既にSFC初代をも上回るほどである。

ただ、機種によってダンジョンの店システムが存在しなかったり、がまだ存在しなかったり、Lvアップシステムが存在しなかったり(マムルがあなぐらマムル進化せず、マムルLv2になる等)、初心者向けレベル継続版が存在したりと、ダウンロードしたタイトルごとにかなり仕様が異なるので注意。

携帯電話でのボタン操作となるため、ナナメ移動やアイテム投げなど、操作性はある意味GB版時代より独特。

音楽

シレン4まで作曲にはドラゴンクエストシリーズでお染みのすぎやまこういちが関わっていた。
これは元々チュンソフトドラゴンクエストの開発に携わっていたことに起因する。

BGMゲームに劣らず定評があり、ゲーム世界観同様に和風BGM立つ。
ダンジョンBGMシレン2までは初代のBGMの使い回しがだった。そのため、人気の高いBGMSFC版のものに多い傾向にある。GB2あたりから使いまわしは減少するが、4からはでのダンジョン過去BGMが使われるようになっている。

シレン5ではSFCシレン編曲を担当し、後々のシリーズですぎやまと共に作曲を担当していた松尾早人作曲を行った。そのためか5では4まで定番であったトップメニュー画面時のBGM「憩いの町」が変更になったり、更にはシレンレベルアップしたときの「一本締め」も変更されるなど定番BGM入れ替わりが行われた。

ピコカキコ タイトル
3234
風来のシレンGB タイトル画面
5088
風来のシレンGB メニュー画面
3317
杉並の旧街道 GB風アレンジ
7341
さびれた坑道 (風来のシレン2)

シリーズ以外

シレン・モンスターズ NETSAL(GBA)

シレンキャラクターフットサルを題材としたスポーツゲーム

シリーズとは世界観が大きく異なり、現代にシレンシリーズに登場するモンスター仲間)が共存しており、来人や不思議のダンジョンゲーム中に出てこないというになっている。そのモンスター仲間)同士で行われるサッカーに似た競技が「ネットサル」である。ネットサルの選手のことを「サルカトーレ」と呼ぶ。

しかし実態はフットサルとは似て非なるゲームであり、試合中に相手選手に石を投げつけて気絶させたり、催眠術を掛けて洗脳したり、焼きおにぎりにして食べちゃったりしても全くお咎めし。更にキャプテン翼ばりの必殺シュートワープや分身といった常軌を逸した技が存在し、挙句の果てには「1ゴールで3得点は当たり前、1ゴール5得点も」というようなルールがある。

しかし従来のサッカーフットサルの様な高度な戦術は必要とされないため、サッカーフットサルに疎い人でも簡単に楽しめる利点があり、慣れるとサルカトーレの特殊必殺技でいかにして突破口を開くかを考えさせられるという楽しみ方もある。
プレイヤーが5選手から成るチーム監督となり、サルカトーレ達を育てるといういモードも存在する。

設定や世界各地のクラブチームに所属するサルカトーレの名前など、実在する団体や人物のパロディが多い。
また、普段見る事が出来ないモンスター達の性格を垣間見る事が出来る数少ない作品である。

個別記事はこちら⇒「シレン・モンスターズ NETSAL

関連動画

初代~5

GB、アスカ

関連商品

関連コミュニティ


関連項目


【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E9%A2%A8%E6%9D%A5%E3%81%AE%E3%82%B7%E3%83%AC%E3%83%B3
ページ番号: 722082 リビジョン番号: 2307306
読み:フウライノシレン
初版作成日: 08/11/16 00:49 ◆ 最終更新日: 15/12/31 15:35
編集内容についての説明/コメント: シレン5の説明文を改訂
記事編集 / 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ


たお

洞窟マムル

あなぐらマムル

マムル(初代)

トルネード投法

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

シレンはレベル2に...
廃坑
シレンの攻撃は、は...

風来のシレンについて語るスレ

820 : ななしのよっしん :2016/07/23(土) 20:50:12 ID: /VaZ2BcBpH
ポケダンやってローグライク…いいよね……ってなってシレンにも手を出そうと思ったんだけど、最初にやるならどれがオススメ?
手持ちのハード3DSPSVくらいしかないからそれでできるやつで
821 : ななしのよっしん :2016/07/24(日) 05:30:02 ID: VpQwLCfK4h
その範囲だとシンプルかつ較的ヌルめで遊びやすいのはDS2(砂漠の魔城)だがちょい古いので、今やるなら素直に5+でいいと思う
822 : ななしのよっしん :2016/07/25(月) 00:37:36 ID: /VaZ2BcBpH
>>821
5+か、ありがとう
今それの体験版あったから落として遊んでみてるけどすっげー面
ソッコーで製品版ポチったわ
823 : ななしのよっしん :2016/08/06(土) 08:22:17 ID: Q7IhJCR+jg
はケチらずにタグ付けとけよ
824 : ななしのよっしん :2016/08/15(月) 10:17:46 ID: PSBzs4Zi5T
タグなんて中盤で意味を失うけどな
せめて腕輪に付けれたらなぁ
825 : ななしのよっしん :2016/08/21(日) 13:17:52 ID: T76HrRtwzO
完成されたシステムの所をいじくった所でやぶになるか会心の出来だけど数点のプラスの評価にしかならない。
初代の郷の到達の感動や世界観のの解明するようなストーリー用意しなきゃ4,5やっといたほうがいいになる。
826 : ななしのよっしん :2016/08/21(日) 22:13:09 ID: lsWrugF6Yu
初代は初到達の地点に達成感があったなぁ。
岩谷テーブルマウンテン・地下脈・三大試練・郷の初到達の達成感は凄かったわ。
よくよく考えると初代と初代シレンは今の経験値なら考えられないくらい倒されまくった記憶があるし、
その分達成感があったのかもしれん。

なんつーか以降の作品はクリアしてもあんまり達成感はないなぁ。
多分過去の蓄積されたノウハウである程度ゴリ押しできちゃうせいかもしれん。
他にも脱出手段が増えるみたいな難易度低下も影してるのか?
827 : ななしのよっしん :2016/08/26(金) 22:01:31 ID: Q7IhJCR+jg
今年こそシレン2襲来のサプライズリメイク


こないよな・・・
828 : ななしのよっしん :2016/08/27(土) 07:41:15 ID: lsWrugF6Yu
>>827
なんかきても鋭な調整されたりメイクになって微妙ゲーになる予感
初代シレンシレンDSって言うとんでもない前科もあるし。
829 : ななしのよっしん :2016/08/27(土) 12:38:19 ID: VpQwLCfK4h
シレンDSは鋭ではなくなまくらな調整、要するに初代のを丸めた結果「楽しさ」がくなった系の調整だっただろ。
一応DS2以降はその点は気づいてるみたいだし。

逆にいまやるなら2アスカ系統の基幹システムは踏襲しつつ、追加モンスターダンジョン手にやってほしい感はある。
  JASRAC許諾番号: 9011622001Y31015