ウィリス・オブライエン単語

ウィリスオブライエン

ウィリス・オブライエン1886.3.2 ~ 1962.11.8)とは、人形を用いたストップモーションアニメにより映画史上に然と傑作キングコング1933)」を生みだしたストップモーションアニメの先駆者であり、特撮映画界にその名をかす偉大な特殊効果クリエイターレイ・ハリーハウゼン」と「円谷英二」に衝撃を与えた巨匠である。

名前の表記は「ウィリス・H・オブライエン」とも。 

特撮映画の先駆者

1886年3月2日生まれ。アメリカカリフォルニア州出身。

サンフランシスコの新聞漫画家ニュース映画カメラマン助手等の様々な職を経て、1913年に作ったボクサーの人形からストップモーションアニメを作ろうと思い立ち、博物館格を復元した化石に衝撃を受けた事等からボクシングと並んで好していた、「恐竜」をテーマにした映画自主制作を始め、24コマで1コマずつ撮影したモデルアニメーション実写ライブアクションを合成する独自の手法を生み出していった。

ウィリス・オブライエンが製作した恐竜と原始人の映像を見て出資者が現れた事から、「恐竜とミッシングリンク」や「眠れる山の幽霊」を製作した後、7年がかりでコナン・ドイル小説ロストワールド」を映画化し、次回作として恐竜を題材とした映画「Creation」の製作にとりかかったものの資不足から製作は中止となった。

キングコング

「Creation」の製作が中止になった後、巨大なゴリラが暴れる映画製作の話を聞き付けたウィリス・オブライエンは、自らのモデルアニメーション技術を用いる事を訴えて、「Creation」のストーリーベースにして映画キングコング」の製作を開始した。

ウィリス・オブライエンの手により、人形キングコングが時にはジャングルに潜む畏怖を具現化したり、人間女性と心を通わせたり、恐竜と闘ったり、ビルの屋上で大暴れしたりと、表情豊かに動き回る姿が描かれた映画1933年に開されて大ヒットを記録し、「世界で最も有名なモンスター映画」「本格的モンスタームービーの原点」とまで言われるようになった。

そして「キングコング」は、特撮映画界にその名を残す巨匠レイ・ハリーハウゼン」と「円谷英二」にも衝撃を与え、少年だったレイ・ハリーハウゼン映画製作を志し、円谷英二フィルムをとりよせて1コマ単位で分析する程の熱心な研究を行った。

師匠と弟子

かに教わったわけではなく、自分で撮影技術を開発した事に自負のあったウィリス・オブライエンは、技術の流出を防ぐ為に子をとらない義を貫き、スタッフはあくまで助手として認識していた。

そんな助手の一人に、「キングコング」で映画制作に進んだレイ・ハリーハウゼンがいた。

ジョーヤング製作時にウィリス・オブライエン自身は特撮担当者たちのとりまとめ役を担った事から、その特撮映像85%レイ・ハリーハウゼンが担当し、違和感人間役者によるライブアクションとの合成や、主人公ゴリラジョー」の動きのすばらしさから「ジョーヤング」はアカデミー特撮効果賞を受賞した。

レイ・ハリーハウゼンは、その後もウィリス・オブライエンを慕って「動物世界」と言う教育映画制作を手伝ったり、ウィリス・オブライエンの企画を基にした映画恐竜ワンジ」を製作する等した事から、ウィリス・オブライエンは「ハリーハウゼン師匠」と呼ばれるようになった。

※「キングコング」や「ジョーヤング」の撮影に参加したピート・ピーターソンも子と呼ばれている。

不遇の晩年、そして・・・

ジョーヤング」以降も、「原子怪獣現る」「地球へ2千万マイル」「シンドバッド七回の冒険」といったヒット作を製作するレイ・ハリーハウゼンに対し、師匠のウィリス・オブライエンは「キングコング」「ジョーヤング」以降は成果をあげられず、「グワンジ」等の企画を売り込むも、

スクリーンリアプロジェクション」方式という少ない制作費で驚愕映像を作り出す手法を確立したレイ・ハリーハウゼンに対して、

と言う自身が生み出した撮影スタイルから巨額の制作費(モデルアニメーションが出来るまで役者を長時間拘束したり、室内にフルケールセットをつくる必要があった為)がかかる上に、子の活躍によりモンスター映画の低予算でつくれるものという認識がつよくなっていた為に企画がどれも実現せず、不遇の晩年を送ったと言われた特撮映画界の先駆者は、1962年11月8日に76年の生涯を閉じた。

ウィリス・オブライエンの没後、「グワンジ」はレイ・ハリーハウゼンにより「恐竜ワンジ」として製作開された。また「キングコング」に衝撃を受けたレイ・ハリーハウゼン円谷英二は、

と言う核兵器により誕生する人類最大の災厄を登場させるという奇妙の縁がある。

1コマずつ撮影すると、温度・湿度にまで気を配らなければならない労苦を重ねるスタイルであるモデルアニメーション技術は、現在ではCGにとってかわられているが、ウィリス・オブライエンが「キングコング」で見せた名人芸は、特撮映画古典として永遠にり継がれると思われる。そしてそれらをる時、ウィリス・オブライエンと言う先駆者がいた事を思いだしていただければ幸いである。 

代表作

特撮技術
特殊効果スーパーバイザー
特殊効果
原案
視覚効果
  • 「おかしなおかしなおかしな世界」(1963)

関連動画

関連商品

関連コミュニティ

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%82%A6%E3%82%A3%E3%83%AA%E3%82%B9%E3%83%BB%E3%82%AA%E3%83%96%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%82%A8%E3%83%B3

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

ウィリス・オブライエン

1 ななしのよっしん
2010/02/08(月) 01:11:30 ID: /H2hyGP89I
キングコング見た時これが1933年製だとは思えなかったなあ。
2 ななしのよっしん
2010/03/06(土) 00:18:29 ID: cOaJrH4g+1
フルケールリアプロジェクションセットって;
映写機とカメラコマを24コマ/同期させないといけないから・・・
精密機械お金がかかりそうだなぁ;
3 ななしのよっしん
2013/10/06(日) 23:33:59 ID: O+/S8paob+
詳しく読みやすくまとめられていてとても素晴らしい記事ですな
同じ特撮ファンとして誇りに思いまするm(_ _)m

キングコングに出てくる戦闘機は当時の最新兵器
戦闘機で迎えうてばいいって提案が遅くに出るのが時代を強く感じた
本当に素晴らしい映画だった