ウミガメ単語

ウミガメ

ウミガメとは、に生息するウミガメ上科の動物である。

概要

浦島太郎の冒頭で子供いじめられてる動物
産卵時に涙を流す姿が哀愁を感じるとして、テレビでよく特集されるお涙頂戴な人気者。
…が、現実は非情である

生態・特徴

四肢はで泳ぐのに適応するため、キール状にべったくなっている。
泳ぐときは前足でをかき、後ろ足でをとる。
またカメ類最大の特徴である甲羅だが、ウミガメは泳ぐスピードを上げるために坦化・軽量化されている。
そのため、カメといえばのステレオタイプ、「甲羅に首手足を引っ込める」ことが、実はウミガメにはできないのである。

ペットでおなじみのミドリガメなどは、ジタバタと両足を動かしながら必死に泳ぎまわる、ちょっと不細工な泳ぎ方をするが、対してウミガメはよくテレビで映る姿で見られるように、とても優を泳ぐ。
その然とした姿や、を代表する較的大生物の一種であることから、ウミガメが生息する地域では、ダイビングで出会う生き物として人気が高い。
その一方で敵が近づくと優さなどどこ吹くすごいスピードで泳いで逃げる。
さすが恐竜時代以前の大昔から生存競争を勝ち抜いてきた猛者である。お前は本当になのかと思いたくなる。
反面、ウミガメの四肢は歩行には適しておらず、地上では前進しかできない。そのため、近年は産卵に来た個体が護ブロックなどの人工物に挟まり、身動きが取れなくなってそのまま死んでしまうという事態も発生している。

を産む時は砂に上陸し、ピンポン玉みたいな50150個産み、砂をかけてから帰っていく。
この時涙を流しているのはお産の苦しみだとか悲しいからだという俗説があるが、実際は涙腺から身体に溜まっている塩分を排出しているだけであり、ウミガメの中でも常にそうしている。人間が勝手にそういう印を持っただけ。
孵化すると子供達は必死掛けて走っていくが、大抵の子は敵に食われ、生まれてすぐその生涯を終える。
たくさん産むのは生存率をあげるために他ならない。おおよそ30年かかる成体までの成長を遂げることができるのは、5000匹に1匹とされる。

基本的に孵化するのはであり、これは敵に襲われないようにするためである。にも関わらず間に放流会をやっている団体があり、それに抗議する流れも起きている。間は敵が活発な時間であり、ただでさえ少ないウミガメの子の生存率をさらに下げるためである。

日本におけるウミガメ

日本産卵を行うウミガメは、アカウミガメ・アオウミガメタイマイの三種。
うちアオウミガメ屋久島以南、タイマイ沖縄の一部にのみやってくるため、本土で産卵を見ることのできるウミガメアカウミガメのみ、それも鹿島能登半島以南に限られる。
その他、世界最大のウミガメであるオサガメ、壮観な集団産卵を行うヒメウミガメケンプヒメウミガメオーストラリア沿に生息するヒラタウミガメを含め、7種類が現生している。

信仰の対であったことは、浦島太郎という物語の存在を考えるとわかりやすいか。
産卵にやってきたウミガメお酒をかけて帰す習慣が今も残る地域も存在する。

以前は日本でも食の対としてが食べられていたが、今では禁止されている。
特産品とされる小笠原諸島一漁ができ、アオウミガメを食べることができる。


以下、日本産卵を行う三種に関して、軽く解説。

関連動画

関連商品

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%82%A6%E3%83%9F%E3%82%AC%E3%83%A1

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

ウミガメ

1 ななしのよっしん
2016/01/13(水) 03:10:50 ID: ecXBQKXvtK
>四肢はで泳ぐのに適応するため、キール状にべったくなっている。
キール)じゃなくてオール(櫂)じゃないでしょうか。
まあ、ヒレみたいな形のキールもあるらしいですが。

あと、関連項目ウミガメのスープもあるとおもしろいかなーと思ったり思わなかったり。
どなたか気の向いた時にでもやっていただければ幸いです。
2 ななしのよっしん
2016/07/15(金) 22:27:55 ID: cbnL7odicr
あれは関連してるかと思いきや実は関連してないからなぁ……
3 ななしのよっしん
2016/08/14(日) 15:23:00 ID: 1i1VSsJ7Ee
ドラゴンボールウミガメはないのか・・・
4 ななしのよっしん
2017/02/06(月) 20:32:43 ID: xuna5QePb6
NHKスペシャル番組が印的だった。日本では産卵に戻ってくるウミガメが、どこへ渡っていくのかがだったのに対し、メキシコアカルコ付近では浴で一緒に戯れられるほどウミガメ染み深い存在だったのに、どこで産卵するのかずっとだったらしい。

そして日和佐の研究員が子ウミガメの足にタグを付けてみると、3年後にメキシコ日本語が書かれたタグ付きのウミガメが発見されて大ニュースになり、実は日本の沿からメキシコの沿まで、1万㎞以上遊泳していたことが判明したとか。
5 ななしのよっしん
2018/07/22(日) 12:12:53 ID: eMwfxh3EuO
祭ののために現在も採取が認められている小笠原諸島のアオウミガメが使われるってニュースになってたな
そういえば古代中国でもウミガメだったのか?と思って調べてみたらやっぱり使われていたのは淡の甲羅で日本に伝わってウミガメに変わったらしい