エドウィン・エスコバー単語

4件
エドウィンエスコバー
2.8千文字の記事
  • 1
  • 0pt
掲示板へ

エドウィン・エスコバー(Edwin Jose Escobar Hernandez、1992年4月22日-)とは、ベネズエラ出身のプロ野球選手投手)である。

概要

MLB時代

2008年7月テキサス・レンジャーズ契約。以降サンフランシスコ・ジャイアンツを14年7月ボストン・レッドソックスに移籍。8月にはトロント・ブルージェイズ戦でメジャーデビュー。1回失点に抑えた。この年は1試合だった。

しかしその後はなかなか結果を残せず、2016年オフ戦力外通告2017年アリゾナ・ダイヤモンドバックスクリーブランド・インディアンスに所属するも結果を残せず自由契約となった。

日本ハム時代

2017年1月北海道日本ハムファイターズ契約した。背番号424月2日埼玉西武ライオンズとの開幕カード第3戦で、先発投手として初登板。しかし4回1/3を投げて5失点で敗戦投手に。その後一ヶ二軍調整を経てリリーフに配置転換されるも制球難に苦しみ、6月末にチームが長打不足解消のためにヤディルドレイクを獲得したことに伴い、外国人との兼ね合いで再び二軍降格。

DeNA時代

2017年7月6日横浜DeNAベイスターズへの移籍が発表。黒羽根利規との交換トレードによる移籍で、背番号62。両選手に出場機会を与えたかった事や、捕手の故障者に悩む日本ハムと左の救援を補強したかったDeNAとの間で思惑が一致した事で成立した。ちなみにNPBの球団と契約した外国人選手が、契約初年度のシーズン中に、交換トレードでNPBの他球団へ移籍するのは史上初の出来事だった。移籍後は課題であった制球難をリード時やビハインド時のみならずロングリリーフや回跨ぎ、敗戦処理や左のワンポイントなど幅広い起用に応え、チームクライマックスシリーズ進出に大きく貢献した。ポストシーズンから日本シリーズにかけても大車輪の活躍を見せた。


2018年セットアッパーとして活躍。外国人との兼ね合いで二軍に降格することもあったが、53試合の登板で、4勝3敗13ホールド防御率3.57を記録した。


2019年も開幕からリリーフで活躍。4月30日阪神タイガース戦で自己最速の159km/h記録すると、6月9日埼玉西武ライオンズ戦では、8回死一塁の状況で中村剛也に対して自己最速を更新する160km/hの直球を投じ、その後二死となったところで秋山翔吾に対して投じた直球が再び160km/hを計測した。
シーズン後半には、ともにセットアッパーを務めていたスペンサー・パットンの離脱もあり登板機会が大幅に増加。リーグ最多の74試合に登板し、5勝4敗33ホールド防御率2.51、88奪三振記録
登板数・勝利防御率ホールド奪三振、いずれの項でもキャリアハイ数字を残した。


2020年リーグ2位の56試合に登板し、1勝4敗17ホールド記録した。


2021年新型コロナウイルス感染拡大ので来日が遅れ、4月20日から一軍に合流した。セットアッパーとして一軍に帯同。61試合に登板し、1セーブ32ホールドを挙げた。オフに2年契約を結んだ。


2022年キャンプの時点で来日する。開幕からセットアッパーを務め、5月12日読売ジャイアンツ戦で通算300試合登板を達成した。70試合に登板し4勝2敗2セーブ34ホールド記録し、Aクラス入りに貢献した。


2023年は7年連続で40試合に登板。2勝1敗11ホールドだった。オフ自由契約となった。

カブス傘下時代

2023年11月29日シカゴ・カブスマイナー契約を結んだ。

プレースタイル・人物

成績

年度別投手成績

年度
Year
球団
Team
登板
G
先発
GS

CG
完封
SHO
勝利
W
敗戦
L
セーブ
SV
ホールド
HLD
勝率
W-L%
投球回
IP
与四球
BB
奪三振
SO
失点
R
自責点
ER
防御率
ERA
2014年 BOS 2 0 0 0 0 0 0 0 ---- 2.0 0 2 1 1 4.50
2016年 ARI 25 2 0 0 1 2 0 4 .333 23.2 12 17 21 19 7.23
2017年 日本ハム 14 1 0 0 1 2 0 0 .333 21.1 13 19 22 14 5.64
DeNA 27 1 0 0 1 3 2 7 .250 34.0 11 33 15 13 3.44
17年計 41 2 0 0 2 5 2 7 .286 56.1 24 52 37 27 4.31
2018年 53 0 0 0 4 3 0 13 .571 53.0 22 54 24 21 3.57
2019年 74 0 0 0 5 4 0 33 .556 75.1 24 88 23 21 2.51
2020年 56 0 0 0 1 4 0 17 .200 54.0 17 58 15 14 2.33
2021年 61 0 0 0 4 4 1 32 .500 58.2 11 50 23 22 3.38
2022年 70 0 0 0 4 2 2 34 .667 63.1 29 51 17 17 2.42
2023年 40 0 0 0 2 1 0 11 .667 31.2 16 30 18 16 4.55
MLB:2年 27 2 0 0 1 2 0 4 .333 25.2 12 19 22 20 7.01
NPB:7年 395 2 0 0 22 23 5 147 .489 392.1 143 383 157 138 3.17

関連動画

関連コミュニティ

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 1
  • 0pt
記事編集 編集履歴を閲覧

ニコニ広告で宣伝された記事

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

エドウィン・エスコバー

6 ななしのよっしん
2020/01/11(土) 04:18:39 ID: eaV3NYAg//
どうでもいいけど、ヤマヤスと同い年という事実を確認する度に毎回バグりそうになるw
👍
高評価
0
👎
低評価
0
7 ななしのよっしん
2020/05/23(土) 11:10:48 ID: U80ubh7S8a
山「絶対ハゲてるって」
エ「ハゲテネエシ!」
👍
高評価
0
👎
低評価
0
8 ななしのよっしん
2020/11/13(金) 21:43:45 ID: eaV3NYAg//
「毎試合でも投げたい」と言いきり酷使すればするほど調子を上げる投手。むしろ、休養明けとかの登板間隔が開いた時の方が炎上しがちという。
開幕前に凄まじい回復を見せた上、結局コロナ禍もありシーズンに間に合ったのを見て逆にファンを(良い意味でドン引きさせてたのには笑ったw
👍
高評価
0
👎
低評価
0
9 ななしのよっしん
2021/06/14(月) 09:00:13 ID: T/skLEjzcn
古巣の札幌ドームにて自己最速の163キロを計測。
自身の持つ日本プロ野球での左腕最速記録と球団最速記録の更新となった。
👍
高評価
0
👎
低評価
0
10 ななしのよっしん
2022/08/19(金) 21:25:49 ID: SfUEdN5XMR
今年も「オトコハダマッテナゲルダケ」
👍
高評価
0
👎
低評価
0
11 ななしのよっしん
2022/08/24(水) 09:16:20 ID: AGh9K8Jqti
黒羽根でエスコバー取れたのもはや奇跡としか
👍
高評価
0
👎
低評価
0
12 ななしのよっしん
2022/09/14(水) 17:07:53 ID: t1UTiA7BLZ
こんないい選手をトレードでくれる日本ハム
さぞかしリリーフや助っ人が豊富なんだろうな
👍
高評価
0
👎
低評価
0
13 ななしのよっしん
2022/12/03(土) 07:39:33 ID: eaV3NYAg//
そもそも日ハムでは先発としての獲得だったし、横浜来て本格的にリリーフ転向してから同郷の英雄かつ元親父の同僚のラミレスなのか、短いイニングで打ち取るためなのか、急にストレートゴリ押しスタイルに変わったんやけどな(先発時代でもストレートが軸だったけど、カウント悪くして甘い変化球打たれがちだった)。
少なくとも、普段からで話せるラミレスおらんかったらこんな投げたがりだとは気付かれなかった可性はあるw
👍
高評価
1
👎
低評価
0
14 ななしのよっしん
2022/12/10(土) 03:04:37 ID: T/skLEjzcn
これまで残した球団助っ人外国人投手歴代1位記録
・最高球速
・通算登板
・通算勝利
・通算投球回数
・通算奪三振
・通算ホールド
・通算HP
・1シーズン登板
・1シーズンホールド
・1シーズンHP
👍
高評価
0
👎
低評価
0
15 ななしのよっしん
2023/03/06(月) 20:23:10 ID: CV8cCLHv8k
移籍先のDeNAで欠かせないピースになっているエスコバーを見ると環境コーチングって大切だなと思う
👍
高評価
1
👎
低評価
0

スマホで作られた新規記事

こちらの記事に加筆・修正してみませんか?

画面遷移確認のための記事 健康優良児 あらそう