クライマックスシリーズ単語

クライマックスシリーズ
4.6千文字の記事
  • 4
  • 0pt
掲示板へ

クライマックスシリーズとは、2007年より日本プロ野球で行われているプレーオフ制度である。通称「CS」。

この制度の土台となった、2004年から2006年パ・リーグプレーオフについても本記事で解説する。

概要

セントラル・リーグセ・リーグ)とパシフィック・リーグパ・リーグ)それぞれにおいて、上位3チーム(Aクラス入りしたチーム)が、日本シリーズ出場権をかけて争う短期決戦である。これを制したチーム同士で、日本シリーズが開催される。

2006年までのセ・リーグ2003年までのパ・リーグは、レギュラーシーズン優勝したチームがそのまま日本シリーズ出場となっていたが(※2004年から2006年にかけてのパ・リーグに関しては後述)、このCS導入によって、2位や3位のチームにも日本一になれる機会が与えられることになり、Aクラス入りに新たな価値が生じた。
同時に、優勝チーム無条件日本シリーズに出れるわけではなくなったため、優勝決定後も決して気を抜けない状況となった。

優勝を逃した後であっても、ファンCS出場の可性が残されている限りを向け続ける。また球団にとっても、CSが地元で開催されれば多くの入場者を獲得できるため、行効果は非常に大きなものである(NPB自体の収益となる日本シリーズと異なり、CSの収益はレギュラーシーズン同様に球団のものとなる)。
CSが導入されたことで消化試合が大幅に減り、終盤戦からポストシーズンにかけて新たな盛り上がりを見せていると言えよう。

一方で、レギュラーシーズンで3位以内に入りさえすればどんなチーム無条件で出場可となるため、可性だけで言えばリーグ優勝できなかったチームどころか、勝率5割未満(借持ち)のチーム日本シリーズに出場し、そのままチームが「日本一」になることもあり得る(もっとも、交流戦が導入されている以上「優勝チームが借持ち」になる可性もゼロではないが)。そのため、「日本一」という称号はもう相応しくないのでは、あるいは出場条件が緩いのではと摘するもある。
また、すでに導入から10年以上経った制度ではあるものの、それ以前、優勝チーム同士で日本シリーズを行うことが当たり前だった時代が圧倒的に長かったこともあり、どれだけぶっちぎりで優勝しても数試合負けただけで日本シリーズに出れなくなることについては、否定的な意見も少なからず存在する。
このあたりについては、まだ議論の余地があるだろう。

なお、CS導入以降レギュラーシーズン2位以下のチーム日本シリーズに出場した例は以下の6回である。

チーム レギュラーシーズン順位 優勝チームとのゲーム 日本シリーズ結果
2007年 中日 2位 1.5 日本一
2010年 ロッテ 3位 2.5 日本一
2014年 阪神 2位 7.0 敗退
2017年 DeNA 3位 14.5 敗退
2018年 ソフトバンク 2位 6.5 日本一
2019年 ソフトバンク 2位 2.0 日本一

また、レギュラーシーズン3位のチームファーストステージを制するケースはこれ以上に多く、特にパ・リーグでは2010年から2015年まで連続して3位のチーム2位チームを破ってファイナルステージに進出していた。セ・リーグ2016年以降は全て3位のチーム2位チームを破ってファイナルステージに進出している。

その他、CS出場経験のないチーム2016年DeNAがAクラス入りしたことで消滅。また、2021年オリックスリーグ優勝したことでファイナルステージに出場経験のないチームも消滅し、さらに同年にオリックスCSも制したことで、CS導入後12球団全てが日本シリーズに出場したことになった。

全体の流れ

出場チームの決定

クライマックスシリーズに参加できる球団は、開催予定日2日前までに各リーグで3位以上(Aクラス)のチームである。
もし、3位に位置するチームが複数現れた場合、
セでは

  1. レギュラーシーズン勝利数が多いチーム
  2. 当該チーム同士の対戦で勝利数が多いチーム
  3. 前年のレギュラーシーズンで成績が上位だった方のチーム

を優先順位として3位進出チームを決める。
一方、パでは

  1. 当該チーム同士の対戦で勝利数が多いチーム
  2. 交流戦を除いた120試合での勝率
  3. 前年のレギュラーシーズンで成績が上位だった方のチーム

を優先順位として決めている。

ファーストステージ

2009年までの名称は「第1ステージ」。どちらも2位チームの本拠地球場で開催される。
3試合2勝先取制。

ファイナルステージ

2009年までの名称は「第2ステージ」。どちらも優勝チームの本拠地球場で開催される。
4勝先取制だが、優勝チームには予めアドバンテージとして1勝が与えられるため、開催されるのは最大でも6試合まで。
なお、導入初年度となった2007年の第2ステージ2006年までのパリーグ単独のプレーオフセカンドステージと同様5試合、3勝先取制で行われ、アドバンテージは与えられなかった。

全日程終了後、セのファイナルステージ勝利チーム VS パのファイナルステージ勝利チーム日本シリーズが開催される。

詳細は日本シリーズを参照。

ルール

基本的なルールレギュラーシーズンと同様であり、延長12回までで再試合はし。指名打者DH)はパ・リーグのみ採用。予告先発は両リーグで採用(2017年まではパ・リーグのみだった)。

引き分けが発生して勝敗数が並んだ場合は、レギュラーシーズンにおける上位チームがそのステージの勝者となる。
たとえば、ファーストステージにおいて2戦終了時に2位チームが1勝1分となった場合は、3戦は行わず2位チームファイナルステージに進出する(仮に3戦を行って3位チームが勝ったとしても、勝敗数が同じ(1勝1敗1分)にしかならないため)。
勝ちか引き分けで上位チームステージ勝利が確定する試合では、引き分け以上が確定した(=下位チームの勝ちがなくなった)時点でコールドゲームで試合終了となる。

不良などで試合中止、あるいはノーゲームとなった場合の予備日は、ファーストステージは1日、ファイナルステージは2日用意されている。パ・リーグの場合は必要に応じてダブルヘッダーを行うこともある。それを含めても勝敗数が同じで決着がつかなかった場合は、引き分け生時同様、上位チームがそのステージの勝者となる。

特例

各年の対戦結果

太字日本一になったチーム

開催年 日本シリーズ進出 ファイナルステージ敗退 ファーストステージ敗退
日本シリーズ進出 ファイナルステージ敗退 ファーストステージ敗退
2007年 中日2位 巨人1位 阪神(3位)
日本ハム1位 ロッテ2位 ソフトバンク(3位)
2008年 巨人1位 中日(3位) 阪神2位
西武1位 日本ハム(3位) オリックス2位
2009年 巨人1位 中日2位 ヤクルト(3位)
日本ハム1位 楽天2位 ソフトバンク(3位)
2010年 中日1位 巨人(3位) 阪神2位
ロッテ(3位) ソフトバンク1位 西武2位
2011年 中日1位 ヤクルト2位 巨人(3位)
ソフトバンク1位 西武(3位) 日本ハム2位
2012年 巨人1位 中日2位 ヤクルト(3位)
日本ハム1位 ソフトバンク(3位) 西武2位
2013年 巨人1位 広島(3位) 阪神2位
楽天1位 ロッテ(3位) 西武2位
2014年 阪神2位 巨人1位 広島(3位)
ソフトバンク1位 日本ハム(3位) オリックス2位
2015年 ヤクルト1位 巨人2位 阪神(3位)
ソフトバンク1位 ロッテ(3位) 日本ハム2位
2016年 広島1位 DeNA(3位) 巨人2位
日本ハム1位 ソフトバンク2位 ロッテ(3位)
2017年 DeNA(3位) 広島1位 阪神2位
ソフトバンク1位 楽天(3位) 西武2位
2018年 広島1位 巨人(3位) ヤクルト2位
ソフトバンク2位 西武1位 日本ハム(3位)
2019年 巨人1位 阪神(3位) DeNA2位
ソフトバンク2位 西武1位 楽天(3位)
2020年 巨人1位 開催中止
ソフトバンク1位 ロッテ2位 開催中止
2021年 ヤクルト1位 巨人(3位) 阪神2位
オリックス1位 ロッテ2位 楽天(3位)
2022年 ヤクルト1位 阪神(3位) DeNA2位
オリックス1位 ソフトバンク2位 西武(3位)

パ・リーグのプレーオフ

2004年から2006年までの3シーズンにおいて、パ・リーグでは優勝決定後の消化試合を減らす的で、シーズン終了後にプレーオフを実施していた。これが行的に成功を収めたこと、さらにこの3年間いずれもパのチーム日本一になったことから、セ・リーグでも導入を推すが挙がり始め、2007年からはCSとしてセパ双方で開催されることになった。

レギュラーシーズン2位チームと3位のチームが対戦→勝った方が1位チームと対戦、という流れは現在CSと同じだが、大きく異なるのは、日本シリーズ出場チームのみならずリーグ優勝および最終的な順位もこのプレーオフで決めていた、という点である。このため、2004年西武2005年ロッテは共に、レギュラーシーズン2位でありながら最終的な順位は1位優勝、そしてダイエーソフトバンクは、その2年ともレギュラーシーズン1位でありながら優勝できず、最終的な順位は2位となっており、順位表では2年とも1位2位ゲーム差が-4.5として扱われている。
なお、2006年レギュラーシーズン1位日本ハムがそのままプレーオフも制し優勝している。

セカンドステージ現在ファイナルステージに相当、5試合、3勝先取制)には、当初は2位に5ゲーム差以上をつけてのレギュラーシーズン1位という条件がなければアドバンテージは得られなかった。最終年の2006年は、無条件アドバンテージが与えられた。

関連動画

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 4
  • 0pt
記事編集 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

クライマックスシリーズ

198 ななしのよっしん
2022/07/16(土) 07:32:04 ID: bS4F8DuKv+
よくゲーム差によってアドバンテージ増やせってを聞くけど、首位のアドバンテージを2勝にするんじゃなくて下位が5勝しなきゃいけないって方が利益的に良いと思う
万が一首位が負けたとしても最低5試合はやれて利益ガッポガポだから首位の恩恵は十分受けれる
👍
高評価
0
👎
低評価
0
199 ななしのよっしん
2022/07/24(日) 14:02:01 ID: 8dy52kHPsE
今年もコロナ過で苦しむことになったが、
クライマックスシリーズ止してレギュラーシーズンを何としても遂させるってすれば賞賛されそう。
👍
高評価
0
👎
低評価
0
200 ななしのよっしん
2022/10/03(月) 02:30:59 ID: OZP3WzMHJb
結局外野がどんだけ文句言ったところで
消化試合が劇的に少なくなる上にCS自体も普段の試合よりかる」
って現実がそこにある限り催者側に止するメリットなんて皆無だよ
導入されてどれだけ時間たったと思ってるのさ
👍
高評価
0
👎
低評価
0
201 ななしのよっしん
2022/10/03(月) 11:52:00 ID: YeHfDjKH7Q
ということは2017年ベイスターズファンメリット皆無
👍
高評価
0
👎
低評価
0
202 ななしのよっしん
2022/10/10(月) 18:05:46 ID: V1k5uLjBq9
今年もセリーグ2位が3位に敗れる
👍
高評価
0
👎
低評価
0
203 ななしのよっしん
2022/10/12(水) 19:09:16 ID: pJKFbg+2Oe
今日ヤクルト阪神戦が球審白井、一塁山路という
見るのも憚れるような布で心配してたが
案の定原口ハーフスイングを山路が取っちゃったでやんの
あれはキレるわなぁ…
👍
高評価
0
👎
低評価
0
204 ななしのよっしん
2022/10/16(日) 15:57:17 ID: OZP3WzMHJb
レギュラーシーズン111勝球団が同地区の22ゲーム2位に飲み込まれてるMLBポストシーズン見ると
全試合上位チームホームかつ1位には1勝アドバンテージ付けてあげてる大甘ルールCS
上位チーム負けただけで止論毎回騒いでるファンちっせえなって
👍
高評価
0
👎
低評価
0
205 ななしのよっしん
2022/10/16(日) 16:03:31 ID: Y6+fTSarNu
止するメリットがないしな
👍
高評価
0
👎
低評価
0
206 ななしのよっしん
2022/10/17(月) 00:27:05 ID: bS4F8DuKv+
止論は論外だけど善案くらいは許してやれ
👍
高評価
0
👎
低評価
0
207 ななしのよっしん
2022/12/31(土) 01:11:17 ID: SdeGH4RVn+
ここ数年の西武が大の苦手にしているイメージ
ファイナルのみ開催の2020年に3位に終わったのも含めて
👍
高評価
0
👎
低評価
0