クレヨンしんちゃん 爆盛!カンフーボーイズ〜拉麺大乱〜単語

クレヨンシンチャンバクモリカンフーボーイズラーメンタイラン

クレヨンしんちゃん 爆盛!カンフーボーイズ~拉麺大乱~とは、劇場版クレヨンしんちゃんの26作である。

概要

アクション大盛り、友情濃いめ!!

2018年4月13日開の映画カンフーが題材となっており、かすかべ防衛隊メインとなる作品。また、本作はかすかべ防衛隊の一員であるおにぎり佐藤マサオに焦点が当てられている作品で、予告編にも「今年はマサオ世界を救う!?」ともあるのでマサオ君の動向に注してみよう。また、劇場版クレヨンしんちゃんシリーズにおいて、初めて金曜日に上映される作品である(25までは土曜日開だった)。

ゲスト声優ではお笑いコンビのANZEN漫才関根勤が出演する。関根勤2001年開のクレヨンしんちゃん映画オト帝国」にも出演していたので、本作で17年ぶりの出演となる。題歌はももいろクローバーZの「笑ー笑~シャオイーシャオ!~」で、彼女たちも劇中でゲストとして出演する。

同年6月矢島晶子しんのすけ役を降したため、彼女がしんのすけを演じた最後の映画となった。

あらすじ

眠れるおバカを覚ます!

春日部にある中華、「アイヤータウン」でしんのすけかすかべ防衛隊マサオ君から伝説カンフーぷにぷに拳」の修行を誘われる。しんのすけ達はぷにぷに拳の修行をすることになる。

そんな中、食べたらヤミツキになると言われる「ブラックパンダラーメン」を食べた人達が暴化する事件が多発する。かすかべ防衛隊アイヤータウンを守るべくの組織に戦いを挑む。

登場人物

玉蘭

「みんなでやりましょう、ぷにぷに拳!」

CV - 潘めぐみ

カンフーで、かすかべ防衛隊と共にぷにぷに拳の修行をする。師匠の一番子で、元々捨て子だったところ師匠に引き取られた。アイヤータウンの人々に育てられたため、アイヤータウン家族同然の様に愛している。アクション仮面の大ファンでもある。

師匠

ぷにぷに平和の秘なのじゃあ~」

CV - 関根勤

しんのすけ達にぷにぷに拳を教える老人。包子(パオズ)の店を開いている。かつて捨て子だったを引き取った。老人ながらもぷにぷに拳の腕は衰えていない。

ドン・パンパン

ブラックパンダラーメン、極悪マシマシ!」

CV - 廣田行生

ブラックパンダラーメンボスで、売り上げを上げる事しか考えていない。などあらゆるものを食べる程の悪食。闇突拳という拳法の使い手。ヘイヘイというパンダを連れている。

ヌン・チャック

ぷにぷに拳なんて聞いた事もない」

インチカンフーにはお仕置きよ!」

CV - 置鮎龍太郎(ヌン)、真殿光昭(チャック)

ブラックパンダラーメンの刺客。ソーセージ拳の使い手で、オネエ系の双子ソーセージのようなヌンチャクで戦う。レモンバジルが入っている方がヌンで、い方がチャック

ミヤ・ゾン

「あの、ちょっと、ちょっとだけ待ってくれます?」

CV - みやぞん(ANZEN漫才)

ブラックパンダラーメンの刺客。自作の曲を歌いながらギター拳という拳法を使う。

あらぽん

「う~、ラーメン食わせろ、このヤロー!」

CV - あらぽん(ANZEN漫才)

ブラックパンダラーメンを食べた客の一人。新しいブラックパンダラーメン実験台にされた。

くろぐろクローバーZ

ブラックパンダラーメン最高!」

CV - ももいろクローバーZ

ブラックパンダラーメンCMに登場した。

アグネス

「ラン!現実を見な!」

CV - 片岡富枝

ヤムチャ(飲茶)店を経営する女性で、を昔から家族のように育ててくれた。ドンパンパンにより秘孔を点かれた事で両手をの形にされてしまい、店を取られてを出て行った。

チョウ

「儂はもうカニ歩きでしか歩けない……」

CV - 宮澤正

氷屋を営んでいる老人。アグネス同様昔からを育ててくれた。ドンパンパンに秘孔を点かれた事でカニ歩きしか出来なくなった。アグネス同様を出て行った。

ワン

ワイルドだろ~?」

CV - 木村雅史

中学時代の先輩である男性ドンパンパンに秘孔を点かれた事で一発ギャグを言うようになった。一発ギャグ発作病?アグネスチョウ同様を出て行った。

プンプン

義が欲しいか~!」

CV - 水島裕

ぷにぷに拳の最終義の事を知っている薄緑色妖精で、中国地で暮らしている。棲み処は防犯カメラが付いているなど意外とハイテク。

スタッフ

関連コミュニティ

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%82%AF%E3%83%AC%E3%83%A8%E3%83%B3%E3%81%97%E3%82%93%E3%81%A1%E3%82%83%E3%82%93%20%E7%88%86%E7%9B%9B%21%E3%82%AB%E3%83%B3%E3%83%95%E3%83%BC%E3%83%9C%E3%83%BC%E3%82%A4%E3%82%BA%E3%80%9C%E6%8B%89%E9%BA%BA%E5%A4%A7%E4%B9%B1%E3%80%9C

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

クレヨンしんちゃん 爆盛!カンフーボーイズ〜拉麺大乱〜

12 ななしのよっしん
2019/04/14(日) 12:01:50 ID: HFsMKTsUG/
今日テレビでやってたから途中からだけど見た
いと思う、マサオくんの成長がよかった
でもキャラの下げ方がちょっと不自然に感じたなあ、マサオくん嫉妬で嫌なキャラぬり劣等感で挫折したのは分かるが、ランちゃんは才があるしんのすけ嫉妬する描写がなかったから勇者の秘をプンプンの忠告を視してまで飲もうとするシーン違和感を覚えてしまった

めて言うけど映画自体は面かったよ、オチや戦闘もクレヨンしんちゃんらしかった
13 ななしのよっしん
2019/04/14(日) 12:07:52 ID: rVcAQHrT6J
さっきテレビで観たがまさかのヒロインダースベイダー並に闇堕ちしてラスボスというのはクレしんではしいパターンだよな。夜神月みたいな正義暴走というか。まあ、過剰な正義ってのは冒頭で伝わったし闇堕ちはするなとは思ったが。ブラックパンダの秘孔の効果が倒しても消えないからあのままヒロインを止めなかったら世界は滅んだだろう。
にしてもぷにぷに義が強制的に争う心を失わせるとか洗脳と変わらんから怖すぎる。そして冒頭の幸夫が伏線だったとは…

>>8
いや、脚が臭いだけで悪とかケツが弛んでるから悪と決めつけてるからこそヒロイン暴走した正義を演出してるのでは?デスノートも最初はそんな感じだったじゃん?
14 ななしのよっしん
2019/04/14(日) 12:12:11 ID: KCOlSHlXGu
オチだけは熱サイ子でも使ったのかと思うくらい、唐突でよく分かんないゾ……。
15 ななしのよっしん
2019/04/15(月) 07:10:57 ID: KKOKtZ1F9h
良くも悪くもテレビSPみたいな内容で楽しめた
新鮮なラスボスも良かったのにホントにオチが残念
暴力で解決しなかったのはええけど大人も子供も全員笑顔で踊ってるのはぷにぷに拳の洗脳と大してかわらん怖さがある
16 ななしのよっしん
2019/04/15(月) 22:44:13 ID: 3EFN7gz9Jb
オチカンフーと言うよりインド映画(とにかく踊っているイメージ)みたいな感じでギリッギリ許容範囲だった 唐突な展開なのは否めないけど。 ラストあたりの攻撃を押さえ込んで踊ってるようにしたのはかなり好き

ってか、あのシーンめちゃくちゃ過去キャラが出てこなかったっけ 隣のおばさんちに住んでる外国人(ロベルト?)までいたし
17 ななしのよっしん
2019/04/16(火) 18:03:12 ID: 9L38Ma2oWz
でもクレヨンしんちゃんって作品のカラーとか、ぷにぷに拳の極意から考えたら、でランを倒すとかはできないし、歌と踊りで心を取り戻すってのがベターな回答だとは思う。
でもなんか納得できないのはなんでだろ。
18 ななしのよっしん
2019/04/16(火) 18:20:55 ID: PU4S79E+aK
近年のクレしん映画で気に入ってるわこの映画
マサオ君いた作品だな
19 ななしのよっしん
2019/04/20(土) 20:15:32 ID: KCOlSHlXGu
>>17
病み付きになってた人や、ぷにぷに拳の被者が何の描写も突然全員治しているという
理やりな展開がモヤっとする。病み付きの方は普通のものを食べ続ければ治ると説明があったけど。
20 ななしのよっしん
2019/04/23(火) 07:13:25 ID: 9DLsBSxwK8
そういや春日部在住のキャラクターはほぼ全員出てたのに何でおケイおばさんだけいなかったんだろう
21 ななしのよっしん
2019/05/02(木) 13:34:59 ID: efj4L4kfmW
最終決戦があの崩れてる系の作画になったのがいただけなかったな…