ツイン・ピークス単語

ツインピークス
  • 2
  • 0pt
掲示板へ

ツイン・ピークスとは、1990年から1991年にかけてアメリカで放送されたテレビドラマである。

1992年前日譚となる劇場版ローラ・パーマー 最期の7日間』が開され、2017年には前回から25年後を描いた新シーズンツイン・ピークス The Return』が放映されている。

あらすじ

アメリカ西部カナダとのに近い田舎ツイン・ピークス

町のもが愛し高校人気者だった17歳少女ローラ・パーマー畔でビニールにくるまれた遺体となって発見された。
時を同じくして、隣州の線路上で、ローラ同級生であるネット・ポラスキーが発見、保護される。だが彼女しく衰弱し、意識不明の状態に陥っていた。

州をまたいだ事件と判断された事で、FBIから特別捜官、イルクーパ派遣される。
手にしたカセットレコーダーに秘書ダイアンに向けた「所感」を記録し続ける彼は、地元の保安官であるハリー・トルーマン達と共に、この事件を調する事となる。
ほとんどの人が知らなかったローラの素顔。一見何もない田舎町の裏に隠された秘密。複雑な人間関係が見え隠れする中で、やがて事態は思わぬ方向に進んでいく……

1st第1話から2nd第9話が「ローラ・パーマー事件」として描かれ、事件解決後、ツイン・ピークスを去ろうとしたクーパーに思わぬ嫌疑がかけられる。
程なく疑いをらしたクーパーだが、元相棒にして師であるウィンダムアールの失踪の報を受けた事で事態は一転。
軍の極秘作戦にも関わる重大な秘密が、ツイン・ピークスの「」には隠されていたのだった……

やがて時は流れ、25年後。失踪者となっていたクーパーの所在明らかとなる。
行を重ねていたクーパーは逮捕・拘留され、かつての上であったゴードンコールと面会するが……

解説

世界中で大ブームとなった伝説的なドラマ
日本でも社会を巻き起こし海外ドラマブームの先駆けとなった作品である。

シュール難解な作で有名な映画監督デヴィッド・リンチと、群像劇を得意とした脚本家マークフロストタッグを組んで制作
ミステリーサスペンスえ、ソープオペラ(日本で言うドラ)、ファンタジーSFオカルトなど様々な要素を含んだ、非常に複雑なストーリーになっている。
また作中では明かされないや不可解な出来事が多く、熱狂的なファン考察されたりと未だに根強い人気を持っている。

リンチ監督した第1話は当時のテレビドラマではしく「映画的」に作られており、後の海外ドラマを与えた。

テレビシリーズ終了後、前日譚である劇場版開したが、これがまただらけの内容だった為に酷評された。これを受けたリンチは「二度と作らない」と発言、全に終了したかと思われたが……。

2014年、新作の制作突然発表され、2017年に新シーズン『ツイン・ピークス The Return』が放送を開始。
シーズンの作中にあった25年後に会いましょう」セリフ通り、前回から25年経っての復活であった。(厳密に言えば26年であるが)
シーズンも前回から25年後の世界を描いており、オリジナルキャストも多数登場する。また全18話全てをリンチ監督し、前シーズン以上に予想外物語が展開している。

本作のロケはワシントンキングスノコルミーで行われ、ドラマヒットした後は観光ツアーが多数開催、大勢の観光客が押し寄せた。
現在もちょいちょい観光に訪れる人もいるとかなんとか

主な登場人物

イルバーソロミュークーパー(演:カイルマクラクラン
FBIペンシルニアフィラルフィア支局の特別捜官。
観察は極めて高く、秘められた男女関係を一で見破るなどしている。物的拠を元にした洞察とは別に、夢や幻などのオカルティックな方面にも信を置いており、チベットに関連して直感に重きを置いた「演繹的」な推理法も用いている。
トレードマーク携帯用のカセットテープレコーダー。現状記録に用いられ、秘書ダイアンに向けた呼びかけという形で自身のを吹き込んでいる。
甘いものが大好きで「ダブルRダイナー」のチェリーパイがお気に入り。コーヒーブラック
ハリー・S・トルーマン(演:マイケルオントキーン)
ツイン・ピークスの保安官。自警組織「ブックハウスボーイズ」のリーダーでもある。
ローラ・パーマー事件の調に当たり、やってきたクーパーの人柄と洞察に一置く。彼の事を「クープ」と呼んで友誼を結び、奇抜な捜方法に当惑しつつも協を惜しまない。
ローラ・パーマー(演:シェリル・リー)
弁護士であるリーランド・パーマーの。ビニールに梱包された他殺体として発見される。
ボランティア家庭教師として働くなど、からもされる少女であり、高校人気者でもあった。
解剖の結果、死因は大量出血。左手の下に「R」とタイプされた片が押し込まれていた。またコカインの常用者である事が発覚、死亡前に少なくとも3人と性交渉を行っていたなど、暗い一面が明らかとなる。
アルバートローゼンフィールド(演:ミゲルフェラー)
クーパーの同僚であるFBI鑑識員。
正義感が強く非常に優秀だが社交儀礼を全く知らず、おかげで周囲とのトラブルが絶えない。ある意味クーパーの逆を行く男。一方で非暴力義者であり、暴言に耐えかねたハリーが自分をぶん殴った時もこれを許して和解。深い友情をはぐくむ事になった。
ゴードンコール(演:デヴィッド・リンチ
FBI地方主任クーパーたちの上
大変な難聴で、補聴器をつけているがほとんど役に立っていないようで、常に大で話している。
後述する事件で第一線を引いていたクーパーを現場復帰させた本人。名前の元ネタ映画『サンセット大通り』で、『Return』でこの映画を見たクーパーが「ゴードンコール電話しろ」という台詞を聞いた事で記憶を取り戻すきっかけになった。
ウィンダムアール(演:ケネス・ウェルシュ)
FBI特別捜官。クーパーの元相棒で、捜イロハ叩き込んだ師匠チェスの名手でもあり、クーパーには一度も負けた事がない。
4年前、妻のキャロラインアールが重要参考人となった事件において、護衛についたクーパーとキャロライン相思相愛となってしまい、その隙によって任務失敗。クーパーは重傷を負い、キャロラインは殺されてしまった。この事件がきっかけで精異常をきたし、施設に収容される。
しかし4年後に脱走、ツイン・ピークスのにひそむ「秘密」を暴こうとし、自分の敵となったクーパーに宣戦布告を行う。

関連動画

関連商品

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 2
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%83%84%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%83%94%E3%83%BC%E3%82%AF%E3%82%B9

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

ツイン・ピークス

1 ななしのよっしん
2019/07/20(土) 12:28:34 ID: jDuev/BFc5
も書き込んでないことに衝撃を受けるわw
知られていないんかなぁ
2 ななしのよっしん
2020/06/18(木) 17:14:28 ID: JjaSNuCfn5
こち亀でこのドラマをもじったタイトルの作品が出ていたのを何故か覚えているな。
タイトル以外全く知らなかったのだが、そんなに凄いを与えた作品なのか。

急上昇ワード

スマホで作られた新規記事

こちらの記事に加筆・修正してみませんか?

プレミアム限定動画 松山あおい 謎のレインジャック