デヴィッド・リンチ単語

デヴィッドリンチ
  • 0
  • 0pt
掲示板へ

デヴィッドキースリンチDavid Keith Lynch, 1946年1月20日 - )とは、アメリカ合衆国モンタナ州出身の映画監督である。
代表作は『ブルーベルベット』『マルホランドドライブ』『ツイン・ピークス』など。

エル・トポ』で知られるアレハンドロ・ホドロフスキーと並び、カルト映画巨匠として知られる。

概要

1946年、モンタナ州ミズーリにて誕生。農務の研究員だったの転勤に伴い、内を転々とする少年時代を送る。ボーイスカウトに参加し、最高位のイーグルスカウトを授与されている。
一方で絵画に興味を示し、ワシントン美術大学ボストン美術館付属美術学校に通う。そうした中で物足りなさを感じて欧州留学を決意するが、たった15日で切り上げて帰してしまった。これについてはオーストリア並みがあまりにも整然として美しく、創作意欲が萎えた為だという。
その後、伝統あるペンシルベニア芸術科学アカデミー入学。敢えて治安の悪い立地にある物件を3000ドルで購入し、地下室で絵画や映画製作に熱を上げた。

1967年に最初の短編映画製作。AFI(アメリカン・フィルムインティチュート)の奨学を得てロサンゼルスに移住してAFIが運営する芸術学校に通いつつ、1972年に『イレイザーヘッド』の自製作を開始。5人のスタッフの協を得て、1977年に長編映画監督としてデビューした。
作品はその難解さと不気味さから上映を拒否され、最初の上映では25人ほどしか客が入らず、批評誌でも酷評された。更にカンヌ国際映画祭に送ろうとしたが周囲に止められ、映画同様に妻も彼の元を去るなど散々な状態だった。
しかし後に深夜上映されると、次第に「ミッドナイトカルト」として一部に熱狂的支持を受け、カルト映画の代名詞となる。因みに最初の上映の翌週に来た観客は24人で、その全員リピーターだったという。

1980年の『エレファント・マン』は、実在した奇形青年ジョン・メリックの数奇な半生を題材としたヒューマンドラマである。
醜悪な容貌ゆえに見世物小屋に出された心優しい青年と、彼を怪物ではなく人間として扱おうとした人々、偏見悪意善意と欺瞞といった複雑な要素を見事に描き、アカデミー作品賞を含む8部門にノミネートされた。これを機に一躍知名度を上げる。

1984年の『デューン/砂の惑星』は、元々アレハンドロ・ホドロフスキーが手掛けていたものだったが、監督により制作中止となった後、リンチ監督に置いて再び制作し、映像化した。だが映画としての評価は高いものではなく、SFファン原作者本人にも不評である。
これについてリンチは「最終決定権が自分になく、大変悔しい思いをした」と自伝でっている。しかし全編に渡ってグロテスクリンチワールドが全開で、特に悪役であるハルコネン男爵の造詣などはマニアックファンから再評価されている。

1986年、『ブルーベルベット』を発表。のどか田舎町の暗部を描き、善と悪の対が協調されるなど、後の『ツイン・ピークス』の原点とも言える。
砂の惑星』の反を踏まえ、大幅な予算削減と引き換えにファイナルカットの権利を得たリンチは本作で存分に才を発揮させ、その内容は開当時大きな論争を生んだ。
特に性的虐待の生々しい描写に関して、多くのアメリカ民が嫌悪を示した。しかし結果的には行的成功を収め、後に名作として評価されて多くの賞を受賞。この作品によって、以後のリンチの作確立させることとなる。

1990年1991年にかけて脚本家マークフロストと共にテレビドラマツイン・ピークス』を制作
50年代を思わせるアメリカ田舎町を舞台にした連続殺人事件を題材に、現地警察FBI官による合同を呼ぶ予測不可能の展開、パズルのように複雑な人間模様など、様々な要素が盛り合わさった本作は世界中でヒット、大ブームとなる。日本でも関連書籍が多数出版され、社会を巻き起こした。
リンチ本人も作中でクーパー捜官の上ゴードンコールを演じた。補聴器をつけていて尚極度の難聴で、大で話す変人として強インパクトを残した。\これはちょっとした内密の話なんだが!/
1992年前日譚ツイン・ピークスローラ・パーマー最後の7日間~』が映画化。その後2014年に新作の製作が発表され、2017年より新シリーズが放映された。年の経過によって出演者が何人も亡くなっており、物故者に対する哀悼の意を示して名前がクレジットされている。

1990年の『ワイルド・アット・ハート』はニコラス・ケイジ演の、暴力異常な偏執にられた男女の逃避行を描いたロードムービーで、『オズの魔法使い』のオマージュが多数みられる。リンチ節全開の強キャラクター造詣や独特な映像感覚により、カンヌ国際映画祭パルムドールを受賞した。

1992年に再びマークフロストと共にテレビ局舞台にしたコメディドラマオン・ジ・エアー』を制作するが、低視聴率の為、こちらはわずか3話で打ち切られてしまった。ある意味伝説。一方で第一話が雑誌「TV Guide」の「1997年テレビドラマの優れたエピソード100」の57位に選ばれていたりする。

1997年サイコスリラー映画ロストハイウェイ』を開。
1999年実話を元にした映画ストレイトストーリー』を開。他作品と作が違い、全年齢定の人情物のロードムービーとなっている。

2001年映画マルホランドドライブ』を開。
夢と現実がはっきりしない世界観や脈絡のない意味不明シーンなど、今までのリンチ作品の手法が使われており、見ている観客自身が自分なりの解釈をしなければならない難解な作品になっている。カンヌ国際映画祭監督賞受賞。

2006年リンチの新地となる映画ランド・エンパイ』を開。
ポーランドの民話を題材にした映画リメイクに挑む監督俳優たち。しかしそれはつきの「呪われた映画」で、死人を出して製作が中止された代物だった。次第に現実映画世界が交錯し……という内容。
リンチが好きな時に俳優を呼んでデジタルビデオで撮影した映像をつなげていくという制作方法により、製作期間は2年半という長丁場だった。それ故に数あるリンチ作品の中でも屈の難解さを誇り、多重構造のストーリーを描き出す実験映画と言える。
アメリカ批評家によって選出される「全批評家協会賞」において実験映画賞を受賞した。

アーティストとして

監督業以外にアニメーション制作したり、映画制作をしてない時は絵を描いたりしている。

2011年ミュージシャンとしてシングルGood Day Today/I Know』でソロデビュー同年11月にはデビューアルバムレイジー・クラウンタイム』をリリースMVも手掛けている。

エピソード

関連動画

関連商品

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 0
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%83%87%E3%83%B4%E3%82%A3%E3%83%83%E3%83%89%E3%83%BB%E3%83%AA%E3%83%B3%E3%83%81

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

デヴィッド・リンチ

1 ななしのよっしん
2015/07/30(木) 01:09:46 ID: C8/y9NpYJK
大好きな監督なので記事作りました。
2 ななしのよっしん
2015/08/12(水) 18:28:52 ID: JRiyjv1Vyq
記事作成おつかれさまです
マルホランドドライブオールタイムベストです
3 ななしのよっしん
2016/03/28(月) 23:51:21 ID: U4SOsHSnJ/
>>lv255615118exit_nicolive
4 ななしのよっしん
2017/05/26(金) 18:35:29 ID: U4SOsHSnJ/
>>lv298579021exit_nicolive
5 ななしのよっしん
2018/05/23(水) 10:33:24 ID: IoybZ/GyHG
結局イレイザーヘッドのあの赤ん坊は作り物なのかそれとも・・・

急上昇ワード