ティロ・フィナーレ単語

ティロフィナーレ
  • 15
  • 0pt
掲示板へ

ティロ・フィナーレイタリア語: Tiro finale!)とは、『魔法少女まどか☆マギカ』における巴マミ必殺技の名称。劇中では同技の掛けとして使用される。

概要

イタリア語であり、直訳すると「究極の一射」(言葉としての詳細は次節にて)。基本的に彼女魔法攻撃は、単発のマスケット銃を大量に召喚して射撃するというスタイルだが、ティロ・フィナーレは物理的にはありえない大砲クラスの巨大なを抱え、「ティロ・フィナーレ!」の掛けとともに一気に撃ち抜くというものである。

脚本では「アルティマシュート」という名称だった。しかしアフレコの段階で「かっこ悪い」という理由から、急遽ネットで各の言葉を調べ、その結果として「ティロ・フィナーレ」に変更されたと言う[1]アフレコの段階で急遽変更という事もあって、脚本を元に作られているコミカライズ版は当初「フィロ・フィナーレ」と表記されていた。第三版からはアニメと同様に「ティロ・フィナーレ」に修正されている。

アニメ本編必殺技に名前を持つのがマミだけだったため、彼女について厨二病とか色々言われていたが、外伝漫画をはじめ、アニメ本編以外では他の登場人物の必殺技にも名前がついている。脚本担当の虚淵玄は、普通魔法少女アニメだとミスリードさせるためにマミだけ必殺技名を叫ばせたとっている。マミ厨二病扱いされてしまったのは予想外だったが、結構気に入ってるらしい。

マミ役の水橋かおりは他のキャラ必殺技名を叫ばないことに疑問を感じていたようである。そのことを特典CDで口にしたところ、ティロ・フィナーレ(困惑)させられてしまった。

アニメ放映終了後、BD初回特典のドラマCDではティロ・フィナーレを連呼していたり、イベントで観客と共にティロ・フィナーレと叫んだり、コミケで発売されたスタッフ本の名が「ティロ・フィナーレ本」だったりと、まどか☆マギカを代表する名セリフとして扱われている。

ちなみに、マミさんがティロ・フィナーレをはじめ必殺技の名前を叫ぶようになった理由は、ドラマCDフェアウェル・ストーリー』で明かされた。それは「昔テレビで観た魔法少女のように必殺技の名前を叫ぶことで、死と隣り合わせの戦いから逃げ出したくなる自分を奮い立たせ、魔女と戦い続けるため」という、単純に厨二病と言い捨てることが出来ない、シリアスなものであった。

ニコニコ動画では、本来の意味とはかけ離れて使われることが多い(関連項目を参照)。

叛逆の物語にて

劇場版(新篇)では、まどかとの合わせ技である「ティロ・デュエット」を披露。念願の合体攻撃を見せた。
そして、終盤のhomulilly戦では列車砲によるティロ・フィナーレを敢行。作中最大級の威であろう撃によって、多数の使い魔を木っ端微にした。詳しくは別記事にて(→ ティロ・フィナーレ(特盛)

ハノカゲ漫画版においても同シーンにてティロ・フィナーレを放つ。尚、漫画では大砲デザインが変更されており、ティカップやポットなどの形をした…というか器にそのまんま身が生えたオシャレ固定砲台群になっている。
も、そのインパクト列車砲に勝るとも劣らず、御旗を掲げた数多のAnthony軍団を足元に従え、使い魔を前にしながらも然と佇むその威容は、正に堅な要塞が如しである。
ちなみにこのシーン背景をよく見ると、ナイトメアを救済したシーンの部屋っぽい書割が置かれ、端っこにはCharlotteの結界にあったような大きなお菓子が転がっている。ピュエラ・マギ・ホーリー・クインテットの「魔法少女お茶会」を表しているのだろうか、ディティールにこだわる所は流石はマミさんである。あるいは、大砲を含めた間そのものを召喚・創造する魔法なのかもしれない(もっとも、これらは円環の理による干渉の結果から生じた影、またはリボンによる造形かもしれないが)。

イタリア語として

tiro (ティーロ)は tiramisu(ティラミス)のでもある動詞 tirareティラーレ)の名詞形であり、基本的な意味は「引き寄せ、引っり、引き摺り」(英語pull, tug, draught)である。更にそこから転じて「発射、射撃、投射、一打、撮影」(英語shot/shooting/firing)や「からかい、悪ふざけ」「(タバコドラッグの)一」等も意味する。

finaleフィナーレ)は形容詞(イタリア語では一部の例外を除き「名詞・形容詞」の順)で、同英語 refined(リファインド 「優美に洗練された」)、finalファイナル 「最後の、最終の」「究極の」(雄山的には「至高の」))に相当する。

元々の技の名称が「アルティマシュート」(英語的な正しさを追求するなら ultimate shot/shooting (アルティメットショットシューティング)になるだろうが、こまけぇこたぁいいんだよ!)なので、この場合は「究極の一射」(雄山的には「至高の一射」)と解釈するのが最も妥当とえる。が、マルチルミーニング(多重含意)として「精妙優美な射撃」「(必殺技的な意味で)最後の一撃」等と解するのも決して間違いではないだろう。あるいは tiro を tirare一人称単数現在finale を名詞と解釈して「わたしがこの魔法戦闘終了の幕を引くわ!」とマミが表明していると視るのも面いかもしれない(ただしイタリア語の解釈としては正しくないので、悪しからず)。

イタリア語ではアクセントのある音節は長めに発音されるのだが、このように複数のが一塊になってあたかも一のようになる場合には、第一アクセントが一番後ろののアクセント音に置かれて、他ののアクセント音は第二位以下の扱いになって短めに抑えられる結果、発音は「ティロ・フィナーレ」のようになりがち(関連動画参照)。

補足(ネタバレ注意)

外伝作品の魔法少女かずみ☆マギカではプレイアデス聖団魔法少女達が巴マミ同様、技名を叫びながら必殺技を出しているが、元々はかずみ(のオリジナルの和沙ミチル魔女に襲われたところを巴マミに救われ、彼女々しくティロ・フィナーレを決める場面をの当たりにしたことがきっかけだった。後に自身も魔法少女となったかずみはその影で、仲間に対してもマミ同様に技名を叫ぶようめたのだった。ちなみに「やってくんなきゃ、ごはん作ってあげない」と言って半ば理矢理叫ばせた。

さらに言えば、魔法少女まどか☆マギカポータブルでは、鹿目まどか美樹さやかが一部の必殺技名を叫んでいる。とりわけマミを深く慕っていた二人だけに、この辺りも彼女の影と言えるかも知れない。

関連動画

ティロ・フィナーレ(本場)

関連静画


関連商品

マミさんする方に

マミマミストとして更なる成長を望む諸

関連コミュニティ

関連項目

もしかしてティオ・フィナーレティオ・プラトー

脚注

  1. *ニュータイプ2011年5月

【スポンサーリンク】

  • 15
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%83%86%E3%82%A3%E3%83%AD%E3%83%BB%E3%83%95%E3%82%A3%E3%83%8A%E3%83%BC%E3%83%AC

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

ティロ・フィナーレ

261 ななしのよっしん
2016/08/09(火) 23:03:48 ID: jCEr8tkccb
センスい自称芸術ほど自分の作ったゴミをアートって言いるよね
262 ななしのよっしん
2016/08/26(金) 21:24:14 ID: u9WFQpuV1K
一周まわってコアマミファンが大嫌いになりそう
263 削除しました
削除しました ID: iAZqhairkL
削除しました
264 ななしのよっしん
2017/06/12(月) 10:38:45 ID: vi1/wmSZUk
お菓子の魔女戦で撃ったのが妙にしょぼいのが気になる
あんなでっかい大砲出したのに弾はレベルだった
265 ななしのよっしん
2017/07/06(木) 08:55:15 ID: MR11z+0KBm
>>264
実は弾の大きさとシャルロッテの体の大きさの割合はゲルトルートの時と大して変わらないんだぜ(胴体をグルグル巻きにして頭が出るくらい)
敵の体の大きさに弾の大きさを合わせてるのかも
266 ななしのよっしん
2017/09/08(金) 16:59:08 ID: 9rVsRPDtfz
ティロ・デュエット(相槌)
どうしてマギアレコードではネタ技になったのか
267 ななしのよっしん
2017/12/21(木) 20:01:38 ID: OkUDVLD25M
パチンコまどマギだどアルティマシュートについて言及がある
268 ななしのよっしん
2018/09/24(月) 12:54:25 ID: YSauhFQfb9
ティロフィナーレ ホーリーナイト
269  
2019/03/20(水) 14:25:18 ID: rTDtlvwudP
ティロフィナーレが効かないなんて…
270 ななしのよっしん
2019/05/18(土) 17:48:25 ID: vfEqr0dyva
>>220
ガンダム・フラウロスギャラクシーキャノンも追加で。

急上昇ワード

2019/12/08(日)19時更新