ドラゴンクエストモンスターバトルスキャナー単語

ドラゴンクエストモンスターバトルスキャナー

ドラゴンクエスト モンスターバトルスキャナーとは、2015年11月27日にロケテスト版を稼働後、2016年6月23日に正式に稼動を開始したスクウェア・エニックスのトレーディンカードアーケードゲームのことである。

発売元はスクウェア・エニックスマーベラスゼネラルディレクター堀井雄二キャラクターデザイン鳥山明音楽すぎやまこういち

概要

前作にあたる『ドラゴンクエスト モンスターバトルロードシリーズ終了から約6年後となる後継機。天空を模した縦長モニター筐体に、中央に設置されたDQⅤドラゴン状のスキャナー『ドラゴンスキャナー』を使ってQRコード読み込んでバトルをする。またオンデマンド印刷機を使い、S・M・Lの3種類のサイズカードを排出する。

バトルロードの後継機なだけあり、敵のモーションはかつてのバトルロードのものを使っているが、ただ単に使い回しではなく、新規に新しいモーションがあったり、同じモンスターでも章ごとに技構成が違ったりと、随所にバトルロードとの違いを見せている。

遊び方

プレイ100円からのプレイで、遊び方を選んでプレイする。
バトルロードでは専用のカードが必要だったが、バトルスキャナーからは一度登録したカードQRコードからプレイヤー情報読み取る。
なので、初めてプレイする場合はプレイヤー登録からとなる。
選べるのは少年スパッツ少女のどちらかで名前入と年齢確認をした後、プレイ方法を見てお試しクエストプレイを開始する。
バトル方法などについては後述するので、ここでは割愛

続きからの場合は通常プレイの「クエストモード」、カードのみを輩出する「福引モード」がコンテンツとなる。
他には遊び方を忘れた場合は「遊び方を見る」、後述のアプリ対応の「冒険の書読みこむ」がある。

バトル

バトルについてはクエストモードで行われ、各エリアステージを選び、3戦した後クリアとなる。途中ゲームオーバーになってもカードの選出等は行われる。
バトルロード同様に決まったタイミングボタンを押すもの、ボタンを交互に連打するもの、スペシャルカードタイミングを合わせるものや連打するものがある。

技が決まり、テンションを貯めて技の威を上げたり、より強い技にシフトする事ができる。
また第三章から全てのモンスターテンションMAX時にテンションゲージが貯まると「ウルトラスーパーハイテンション」になり、メンバー数に応じてかいしん率を増加しつつ攻撃し、最後にドラゴンスキャナーによる止めの演出ができる。
この際にも連打でかいしん率を上げれば最大+100%会心の一撃を食らわせる事ができる。
クリア後にS・M・Lでそのステージにあったモンスターが選出される。どのバトルでも必ず100円分の選出(Sランク)はされ、Mランクならばもう100円、Lサイズなら200円追加する必要がある。1回の選出では最大3回まで追加料で入手が可で、入手するカードに鍵や地図が付いたものが付けば、そのエリアボスや次のエリアの開放など更なるステージへのが開ける。
アプリプレイを保存している場合は、クリア後のカードを一度アプリ読み込む必要がある。


また、特定の組合せで合体する『合体モンスター』も引続き登場、定番所ではスライム系3匹でキングスライムなどがある。
S・M・Lのモンスターは組合せは自由で、合体とかさせない限りは基本的に最大6体まで選出可
ただし、クリアの評価を考えるとLばかりだと評価が低い。かといってSばかりだと倒しきれない場合がある。その為、攻撃属性をうまく組み合わせ、コンボを発動させたり、貯まったテンションをうまく振り分ける必要もある。

カード

カードについては前述の通り3つの種類がある。サイズによってカードの長さも違う。

S:おもにスライムドラキーなど定番どころがこのランク、SPカードSP1消費でにいやしのなど
M:キラーパンサーキラーマシンスライムナイトがこのランク、SPカードはSP2消費、キングダムソードなど
L:キングスライムキングリザードヘルジェラシックなどがこのランク、SPカードはSP3消費、竜王拳など

ただし、一つの種族が全部同じランクだとは限らない(例・わかめ王子S、こんぶ大将M、とろろ将軍L)。
SPカードバトルロード同様に特別な効果を発動させる。通常モンスターの他、過去魔王達や勇者パーティー達がカードとなっている。
その為プレイキャラとしては戦いに出すことはできない。

なお、カードの上の隅にはプレイヤー名が記載される。他のプレイヤーカードの場合、モンスターカードについてはが下がるが使用可で、スペシャルカードは使用不可能となっている。
この為、転売的でスペシャルカードを出す行為など一部抑制にはなっている一方、サブデータとかでのプレイでは使えない面もある。

ちなみに、カード単価はS・100円、M・200円、L・300円となる。

福引モード

バトルロードでいう「カードだけ買う」モードで、モリチケット仮面によって出された宝箱から、S・M・Lのいずれかが引けるチャンスがある。
がLまで引けるチャンスで、の時は100円毎に追加して300円まで入れて初めてLが手に入る仕組みとなっている。
時間効率だけで言うといが、クエストモードに慣れると、モンスターの選定とかの面で不利な部分が多いので慣れたプレイヤー程使わない機でもある。

アプリ「冒険の書」

第三章が稼働した2016年8月10日に合わせて配信したスマートフォンiOS/Android)向けアプリ基本無料だが一部アイテム課金あり。
プレイヤーデータ登録の他、チームの編成やカードQRコードスマートフォンカメラ読み込んでチケットホルダーに登録可(ただし、筐体から排出されたチケットのみで、PRチケットは登録不可)。
その他、登録したモンスターデータを確認や事前に編成しておけるパーティの選定、モンスター図鑑やジェムで購入した限定パックやクエストの挑戦などが可
更にアプリ内での限定モンスターやSPカード、第四章から追加されたチームチーム限定クエストなど、今後も色々と追加されていく模様。

関連動画

しかし、かんれんどうがはみつからなかった。

関連商品

関連コミュニティ

しかし、かんれんコミュニティはみつからなかった。

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%83%89%E3%83%A9%E3%82%B4%E3%83%B3%E3%82%AF%E3%82%A8%E3%82%B9%E3%83%88%E3%83%A2%E3%83%B3%E3%82%B9%E3%82%BF%E3%83%BC%E3%83%90%E3%83%88%E3%83%AB%E3%82%B9%E3%82%AD%E3%83%A3%E3%83%8A%E3%83%BC

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

ドラゴンクエストモンスターバトルスキャナー

1 1
2016/10/19(水) 00:57:33 ID: 3RCU4mWq+b
稼働時の第一章からずっとプレイしているけど、未だに大百科になかったので大まかな組みですが、作ってみました。
2 ななしのよっしん
2016/10/29(土) 22:09:49 ID: 29+nvOu+Dw
記事作成お疲れ様です。

バトルロードの演出が入り過ぎただけに色々言われてるけど、こっちはこっちの良さがあると思うんだ
いかりの鉄拳とかカッコよすぎるし、竜王の顔によしよししたりビアンカの対応にはしゃぐ主人公、めっちゃ笑顔アルスとか可愛い
3 ななしのよっしん
2017/02/09(木) 14:04:02 ID: vH4UEnVt9S
Lサイズとかしに普通に全カード100円ならもっと良くなりそうだが
4 ななしのよっしん
2017/06/23(金) 23:42:07 ID: WyH2B7wtbh
祝一周年及び続編稼働決定!!
5 ななしのよっしん
2017/06/24(土) 17:18:29 ID: g0UDAQGGOS
こういうのってやっぱり大人が遊びにくいのが難点なんだよな
モンバトの時もほとんどが小学生の中一人だけ中学生だったから遊びにくかった
6 かか騎士
2018/06/27(水) 23:10:44 ID: WyH2B7wtbh
2018年7月19日、戦え!ドラゴンクエスト スキャンバトラーズ『』1弾稼働決定。
経験値オーバースキャン等の新システムが登場し、ドラクエ11編もスタート!!

急上昇ワード