孫魯班単語

ソンロハン
  • 1
  • 0pt
掲示板へ

孫魯班とは、三国志に登場する女性である。

概要

字は大虎孫権歩夫人歩隲の同族)の。同朱拠いだ孫魯育(字は小虎)がいる。
歩夫人孫権の寵を受け、孫権皇后に立てようとしたがそれを引き受けることはなかった(死後皇后の位を追贈される)。
孫魯班は最初、周瑜の子の周循にぐが周循が世したため、全琮に再したため全と呼ばれた。子に全がいる。

二宮の変

孫権皇太子長男の孫登だったが241年に病没したため、翌年三男の孫和が立太子される。
孫和の、王夫人を皇后に立てるべきという意見が上がったが、孫権はこれを拒絶する。
そうしているうちに、皇后になれなかった孫魯班が王夫人を讒言、まもなく王夫人は憂死し孫権の孫和に対する寵も衰えた。

孫和が立太子された頃、異の孫覇が魯王に封ぜられるがその待遇は孫和とほぼ変わらなかった。ここに孫和あるいは孫覇を次期皇帝にしようと内は閥争いを初め、「二宮の変」(二宮事件)と呼ばれる事態に至るのである。
孫魯班はもちろん、夫の全琮及び継子の全寄や同族の歩隲も孫覇に属していることに注意して欲しい。また、孫魯班の孫魯育の夫の朱拠は孫和に属していた。

この閥争いはという族達の連立政権みたいな性格を有しており、陸遜とそうでない非との勢争いの側面もあった。いずれにせよこの争いがに与えた悪影は計り知れないものがあった。
孫覇の讒言を受け、陸遜吾粲、顧譚らは憤死あるいは賜死する結果となり、また一時は歩隲や全琮ら孫覇導権を握るも彼らは相次ぎ病死し、抗争の先は見えなくなっていった。

250年、同族で側近の孫峻と相談した孫権はこの閥争いに決断を下し、孫和を太子して孫覇に自殺を命じ、全奇やらの孫覇を誅殺、末子の孫亮を後継者に定めた。しかしこの処置に反対した孫和朱拠孫魯育の夫)は左遷のち自殺させられ、何十人も誅殺される者が出て内の混乱状態は続いた。
後に孫権はこの処置を開し、孫和を再度太子に立てようとするが孫魯班や孫峻らに反対され断念した。

孫亮時代

252年、孫権が死去すると孫亮がわずか10歳で皇帝に即位する。共に後事を託された滕胤、呂拠、孫峻らを抑えて諸葛恪が政権を握る。翌年諸葛恪への遠征に失敗、独断専行の色を強めると、孫峻らはクーデターを起こして諸葛恪を殺す。
諸葛恪は孫和の正妻張昭の孫で承のにあたる)の縁戚であり、孫和に慰めのをかけたり旧都である武の宮殿の整備をしていた。この事実孫峻に利用され、孫和は自殺させられる。
実は孫魯班は孫峻と密通しており、これら孫峻の行動を煽ったふしがあるとも思われなくもない。

しかし孫峻が政権を握っても専横であることには変わらず、多くの人々から反感を買っており、254年にかつての太子だった孫登の子、孫英が孫峻を排除を企てるが発覚し、孫英は自殺させられる。この機会に孫魯班は孫魯育朱拠孫魯育の子である朱、朱損もクーデターに加わっていたと讒言し、これらを処刑させているのである。
しかし孫峻256年に諸葛恪に殴られる夢を見てから病気になり死没する。その死後、従弟孫綝孫峻の権を引き継ぐ。

孫綝は滕胤、呂拠らのクーデターを退け、孫峻以上の専横を極める。これに対し親政を開始していた皇帝孫亮孫綝の排除を企てる。この計画には孫魯班も加わっており、孫綝とは相性が合わなかったのか、擁立した孫亮への義理を尽くそうとしたのかは分からない。

だが、計画は孫綝に漏れており、258年に孫綝クーデターを起こし、孫亮皇帝位され異孫権の六男)の孫休が擁立され、孫魯班は予章に流罪になる。
その後の孫魯班の消息は不明。

評価

その生き様から、手段のためにはも殺す権謀に生きた悪女ととるか、時勢に流された悲運の皇女ととるか、人それぞれであろう。

家族

各メディアにおける孫魯班

コーエー三國志

三國志11のPK版のシナリオ「女の戦い」で、桑で君を務める。彼女の側にいるのは夫の全琮と…

三国志大戦

字の「大虎」で登場。通称ビッグタイガー。ピーキーかつロマン追求な素敵計略の持ち

わたしに逆らうからこうなるのよ」

スペックは、「武1知5 歩兵 魅三国志大戦2では、「流星儀式」という、決まればほぼ勝負が決まるのだが・・・というネタ計略であった。現在いてはその計略は、孫策である大喬に引き継がれ、ニコニコ動画などをはじめとして諸氏による自虐ネタ戦術・戦法の洗練により、一つのデッキとしてまで定着している。


「この程度で終わり!?物足りない!」(CV:小松由佳)

そんな彼女も3で復帰。絵師日本橋ヨヲコ氏。スペックは、「武1知4 騎兵 魅」計略は「封印の舞い」という、かつて三国志大戦1にて江東のキャバ嬢・大喬絵師八神ひろき氏)が持つ計略と相成った。つまり、大喬大虎の計略が、時を経て交換されたのである。おっぱいもおおきくなった!!計略内容は、「士気全部(12)を代償に相手の計略をすべて封じる」というナウ・ロマンティックな計略。トドメに決めたいところだが…どう考えてもネタ

アンタ…私を誰だと思っているんだい?」

関連動画

関連商品

関連コミュニティ

 

 

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 1
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E5%AD%AB%E9%AD%AF%E7%8F%AD

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

孫魯班

12 ななしのよっしん
2015/10/29(木) 14:03:28 ID: r3+U32lFq5
>>9
確かになぁ。孫和・に与したのも生を拗らせた裏返しに過ぎないし、そいつらが弱くなればあっさり孫峻に、そのくせ後継の孫チンとは対立と・・・閥との処し方に一貫性がさすぎてちょっとな
13 ななしのよっしん
2015/10/29(木) 14:52:10 ID: 5qG07ZvTUo
>>11
ニートとかいう差別使うクズ死ね!!
14 ななしのよっしん
2015/11/15(日) 20:54:28 ID: /6xbnyIPqr
>>13
落ち着けよクズニート
15 ななしのよっしん
2017/01/30(月) 19:26:17 ID: PDDyJ+W8BZ
なんか孫魯班って室孫氏の一族なのに、
行動を見ると、全に夫のの全氏一門の代表ってスタンスになってない?
孫氏なんかよりも、全氏の利益になるかが一番大事だ。て感じがした
16 ななしのよっしん
2017/02/26(日) 19:02:09 ID: v2vyMFbZKT
>>15
そら女性いだらその人間だからな
儒教の影は弱かったとはいえ、実家よりぎ先の方の立場になるのは
的にも当然だろう
曹丕の簒奪を拒絶した曹節然りだ
17 ななしのよっしん
2017/03/31(金) 16:51:54 ID: 3m1snmUmSq
朱治に始まる朱氏の横暴が全氏を脅かしたことが全氏にいだ孫魯班の行動に影を与えたのかもしれないね
18 ななしのよっしん
2017/07/27(木) 19:52:12 ID: aSGsS18i3C
>>16
古代中国では、ぎ先より実家を重んじるのが普通だよ
儒教下でも至尊はだからね
もちろん、ケースバイケースで、夫を優先する人もいるが、
少なくとも日本よりは実家との結びつきは強い
19 ななしのよっしん
2018/05/18(金) 14:55:39 ID: zVUUQo1OTk
流刑になった後の行方が分からないところに諸行無常感があるな
20 ななしのよっしん
2018/12/22(土) 21:57:23 ID: RaQPnNhJhP
>>17
>朱治に始まる朱氏の横暴が全氏を脅かした
についてkwsk
21 ななしのよっしん
2019/08/19(月) 15:07:08 ID: Pg7OFvSD6Q
朱治朱然の四姓の朱が同族と思ってるみたいね
どっちの一族のことか分からん