孫策単語

ソンサク
1.7千文字の記事
  • 3
  • 0pt
掲示板へ
  1. 三国志に登場する人物。本項ではこれについて説明する。
  2. 漫画およびアニメ一騎当千」の主人公、孫策伯符。

概要

孫策(生年175年。没年200年)

字は伯符。孫堅孫権孫翊、孫、孫朗。孫尚香こと孫夫人がいる。三国志演義では「小覇王」と称される。

臥薪嘗胆

192年、伯符17歳の時にである孫堅劉表の放った刺客、黄祖により殺される。
その際に孫人にあたる袁術により孫堅の部隊は解体され、多くが袁術直轄の軍に組み込まれてしまう。
以後194年まで袁術の下で孫を願いながら、臥薪嘗胆の日々を送る事となる。

徐々に才覚を発揮し始めた彼を、袁術は「自分にも孫策のような息子がいたら」と高く評価していた。
しかしケチだからか危険視していたからかは不明だが高く評価した「だけ」で、伯符は戦の褒美に太守の座を持ち出されるも反故にされる事が多かった。
そこでめげずに伯符は数々の有能の士を自分の配下に加えていった。
後に二と称される張昭張紘はこの頃からの付き合いである。

不撓不屈

194年、である袁術に対して旧孫堅軍勢の引渡しを要する。1000人強の兵が孫に戻った。
江東の人々はその兵を引き連れる孫策を見て「江東に孫の旗が戻ってきた」と歓喜した(とは限らないが、とりあえず孫策は立ち上がるための資本を得た)。

翌年の195年にはその軍勢で揚州の劉繇を撃退。曲(秣陵・建業付近)から追い出すことに成功する。
以後、伯符は曲を拠点としてその勢を拡大させていく事となる。

意気衝天

その後は劉繇という後ろを失った太史慈と幾度となくを交る。
太史慈という人物は、

大丈夫という者がこの世に生まれたからには、七尺のを帯びて天子の階を登るべきを、その志が実現できぬうちに死ぬ事になろうとは

と死ぬ間際に言い残したほどの自信と野心溢れる人材であったが、伯符は一騎打ちを通じて太史慈の才見抜き太史慈を信じ、下に加える事に成功する。後に太史慈孫権営の最初期を支える武将となる。

197年。伯符の勢拡大を恐れた袁術は甥の袁胤をあてるも伯符は袁胤叩き返す。これを契機に袁術からの独立江東支配を宣言することとなる。

その頃、友でもあった周瑜魯粛をひきつれて合流を果たすなど、孫策営の基盤はこの頃に完成したと言ってよい。

断金の交わり

後に孫営のブレインとなる周瑜とは幼少の頃からの知り合いで、『断を断つ程の強さのある)の交わり』と称された仲である。

その断が得てして大きなおさま方に弄られる事もあったりする。仕方ないね

獅子奮迅

もはや江東に敵なし。

勢いの止まらぬ伯符は王朗、厳兄弟厳白虎厳輿)、許貢勲と根こそぎ叩き落し、遂にはの敵である黄祖の勢を衰退させるにまで至る。会見の場で短戟を投擲して敵将を一撃死させる、という小覇王というより世紀末覇王的な行動を見せたのもこの頃である。

また人材発掘に余念がなく、呂蒙虞翻といった連中もこぞって孫策の器に入っていく。伯符の勢を拡大する様は中原南部を治めていた曹操も頭を抱えることとなる(袁紹と対立していたっ最中である)。

夢幻泡影

しかし時代は彼を選ばなかった。

200年。
伯符は曹操の本拠地である許攻略をめざし北上するも途中の長江付近で許貢の残党に襲われ、
その際に負った傷が原因で命を落としてしまう。享年26歳。
彼は元々、焦りがちな性分だったらしく、性急に勢を拡大してきたツケが残党という形で現れてしまった。

死に際に伯符は跡を幼いが子でなく孫権に譲った。

下の均衡争いに与するようなことは、君(孫権)は私のようにはできるまい。しかし、才ある者を用い、江東を保っていくことについては、私は君には及ばない

と、孫権に告げたと言われている。
彼本人の野望は泡と消えてしまったが、成したものは浮世に残り、以後80年もの間それは守られ続けた。

電子遊戯

KOEI三國志シリーズでは常に軍事絡みの戦闘力が高い武将として描かれている。内政絡みでは孫権に劣るものの、それでも総合的なは圧倒的に勝る。

三国無双では……だいたい「トンファー」と「ズェー」で説明できる。5ではになったけど。

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 3
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E5%AD%AB%E7%AD%96
記事編集 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

孫策

114 ななしのよっしん
2021/01/18(月) 15:48:22 ID: EH6cEhJ2mT
そこは孫策がたかが会稽太守・討逆将軍(なんの由緒もない雑号将軍)の分際で
周りのの太守を上奏、任命したり従わせたり
大将軍ばりの軍事行動起こしたりしてたのがそもそもおかしかったのもあるわけで…
肩書じゃなくて孫策本人への尊敬と畏怖や孫策の持ってた軍事への期待というには見えないモノ
でもってそんな状況が成り立ってたわけだから
かがその座を継ぎますといったところではい分かりましたとはいかんってのはあると思う
115 ななしのよっしん
2021/05/11(火) 14:11:20 ID: LyofwheWf2
孫策死後の孫権の立ち回りや根回しの上手さを見ると、孫策が本当に孫権に後を託したかどうかは関係なくなるべくして孫権が当になったんだな感がある
116 ななしのよっしん
2021/06/05(土) 08:20:02 ID: 5F0TQcDkFp
孫策が死んだ直後には孫暠(孫静長男孫峻孫綝の祖)が独立を企て、虞翻の説得によって思い止まっている。
117 ななしのよっしん
2021/06/29(火) 10:03:43 ID: LyofwheWf2
孫権による孫策死後の混乱収拾
・孫曹操への投降を阻止
・孫暠⇒独立阻止
孫翊⇒後継者レースに勝つ
媯覧戴員曹操への投降を阻止
術⇒曹操に根回しして滅ぼす

やり手過ぎる
118 ななしのよっしん
2021/07/29(木) 02:22:52 ID: PVn49wB6UX
19歳でそれだから恐れ入るね
119 ななしのよっしん
2021/09/14(火) 22:57:31 ID: PVn49wB6UX
むしろ名がないのに張昭周瑜に認められて後を継げたとしたらそれはそれで凄いんだが
この場合は兄弟もずいぶん良かったみたいだしがおらず歳が離れている長である自分の子供のひとりのような感覚だったのではないかな
司馬炎のように12ほど歳が離れてる嫉妬苛め抜くような話を見てるとやはり乱世の世の兵士一家と半貴族メンタルはだいぶ違ってくるなと思う
120 ななしのよっしん
2021/09/17(金) 16:10:08 ID: EH6cEhJ2mT
想像だけど孫堅が亡くなった時のことを考えたのかもな
せっかくまとめ上げた軍団がまたバラバラになったしまう
ってのだけはなんとしても避けたかっただろうし
121 ななしのよっしん
2021/10/22(金) 13:03:12 ID: W/B8H9ANUM
>>86
劉繇倒してる時点で孫策の方が経歴上やぞ、あいつ出番少ないから評価されにくいけど普通に優れた統治してる人だし
あとそもそも孫堅黄祖の守るを落としてない、野戦で破って内に逃げ込んだところを包囲したけど矢が当たって死亡って形
122 ななしのよっしん
2022/03/02(水) 23:44:09 ID: +Ye0FMWHrB
晩年の孫権や子孫のグダグダぶりを見ていると孫策が長生きしてた方がは長く保っていたのではと思ってしまう
123 ななしのよっしん
2022/06/27(月) 17:58:39 ID: mHMPDujrDt
年齢考えると仕方ないとは言え
明らかの方が歳食ったキャラデザな事が多いんだよな・・・