植木等単語

ウエキヒトシ
  • 1
  • 0pt
掲示板へ

植木等とは、昭和を代表するコメディアン俳優ギタリストである。

ハナ肇とクレージーキャッツボーカリストであり、グループ最大の人気を誇った。

概要

ハナ肇とクレージーキャッツフロントマンであり、「お呼びでない?」というギャグは一世をした。彼を役にした東宝映画の「責任シリーズ」「日本一の男シリーズ」で、太平洋戦争後に起こった日本の高度経済成長期を代表する時代のアイコンとなり、今でも当時を回顧する際にイメージ引用されるほどのを残す。

クレージーキャッツとしての活動からソロ活動に軸足を移してからは、喜劇俳優のみならず性格俳優としても評価されるようになる。
1990年初頭にクレージーキャッツ再評価で再び脚を浴び、往年を知らない若いファンも獲得した。

経歴

1926年愛知県名古屋市に生まれる。
浄土真宗大谷僧侶であり、反差別運動や反戦運動に傾倒していた。それ故に当時の特高警察治安維持法違反で何度も逮捕・投されていた。そんな正義感の強いから、当初は僧侶になろうと小僧として修行するために少年時代より上

しかしその東京音楽と出会う。仏教教育に関係が深かった東洋大学に進学後、バンドボーイとしての活動を始める。この頃に終戦を迎え、戦後すぐには進駐軍のキャンプジャズなどを回って実績を積む。

1957年バンドボーイ時代から顔見知りだったハナ肇の所属する「キューバン・キャッツ」に移籍。谷啓もこのバンドに在籍しており、後に「ハナ肇とクレージーキャッツ」へ称してコミックバンドとなった。

クレージーキャッツが専属契約していた当時新プロダクション渡辺プロダクションは本放送が始まったばかりのテレビに可性を見出し、クレージーキャッツを積極的にテレビ出演させる。「おとなの漫画」(フジテレビ)や「シャボン玉ホリデー」(日本テレビ)でクレージーキャッツは一躍大ブレイクバンドとしても「スーダラ節」「ドント節」「だまって俺について来い」などを大ヒットさせ、その地位を不動のものとさせる。
テレビのみならず映画でもクレージーキャッツ出演の「責任シリーズ」(東宝)をヒットさせた。

植木等自身は物静かで生責任感の強い性格であるが、「責任シリーズ」で演じた天気破天荒バイリティ溢れるキャラクターがパブリックイメージとして定着してしまい当初はひどく苦悩した。「スーダラ節」を歌う事になった際、そのあまりにもお気楽な歌詞の内容から真剣に悩んだのだが、と相談したところ「この歌詞浄土真宗の宗祖・親人の教えそのものだ。がんばってこい!」と諭され、このキャラクターを受け入れる決意を固めた。

1960年代に人気の頂点を極めたクレージーキャッツであったが、次第に後輩バンドであるザ・ドリフターズ人気を奪われていく。1970年代からはソロ活動を本格化させ、植木もそれまでの喜劇俳優のみならず性格俳優としても活躍するようになった。石井監督の「逆噴射家族」や黒澤明監督の「乱」などの話題作、「ザ・ハングマンシリーズ」(朝日放送)といったテレビドラマに出演する。

1990年、「スーダラ節」などクレージーキャッツ時代の代表曲をメドレー形式でリメイクした「スーダラ伝説」を発表。これがオリコンチャート最高10位を記録するヒットを飛ばし、「NHK紅白歌合戦」に23年ぶりの出場を果たす。この一連の流れの中でクレージーキャッツ時代の植木も再評価され、新しいファンを開拓した。

晩年は肺気腫と前立腺がんを患いながらも俳優活動を行っていたが、2007年3月27日に呼吸不全で逝去。享年80歳。
自身が亡くなる3ヶ前に逝去した、クレージーキャッツ時代からの盟友の青島幸男の葬儀に酸素呼吸器を装着して参列したのがの場で見せた最後の姿となった。

関連動画

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 1
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E6%A4%8D%E6%9C%A8%E7%AD%89

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

植木等

まだ掲示板に書き込みがありません…以下のようなことを書き込んでもらえると嬉しいでーす!

  • 記事を編集した人の応援(応援されると喜びます)
  • 記事に追加して欲しい動画・商品・記述についての情報提供(具体的だと嬉しいです)
  • 植木等についての雑談(ダラダラとゆるい感じで)

書き込みを行うには、niconicoのアカウントが必要です!