量産型Ζガンダム単語

リョウサンガタゼータガンダム

量産型ΖガンダムMSZ-007)とは、メカニックデザイン企画『Ζ-MSV』に登場するモビルスーツである。

概要

Z MASS PRODUCT TYPE
量産型Ζガンダム
MSZ-007
頭頂高 20.4m
重量 30.9t(本体) / 48.3t(重量)

1,830kw
73,900kg
搭乗 ペスコ・リン
装甲 ガンダリウム合
武器

ガンダムMS大全集』に掲載され、Ζ-MSVに組み込まれたΖガンダムの非可変量産モデル
Z最大の特徴である可変機構はオミット。設計思想も“高火力”を追及していたとされている(攻撃MSというらしい)。

ただし、Zのベース機にあたるプロトタイプZガンダムは非可変機としてロールアウトしており、本機はバックパック等の類似点からもその非可変モデルのZを継承したと考えられている、との事である。

Ζガンダムは量産化に際し、数多くの可変量産機生した。ただ複雑な可変構造が量産に適さずMSZ-006自体は正式機として量産には至らなかった。
グリプス戦役でΖが示した「一機の可変機の多用性」は、モビルスーツを高性路線へと進ませコスト・生産工程の悪化の一途を辿る原因となった。後述するがこれが解決されるまでに長い年を費やす事となる。

フェイスはV字のセンサーが取り除かれ、ツインアイも元祖簡易GM系のゴーグデュアルセンサーに変わっている。武装は高出メガビーム・ライフルビームサーベルのみ。
しかし「百式改」とのコンペティションに敗れ、数機を残して開発中止となったようだ。

漫画『U.C.0094 アクロス・ザ・スカイ』では、ガンダムデルタカイの技術較・検証用として登場(コンペ前に生産された機体かは不明)。デルタカイレイヴン隊と共に離反した為、本来の用途からは外れてしまった。その後、フレスベルク隊に配備され、武装組織の鎮圧に投入された。パイロットペスコ・リン少尉

余談だが式番号はηガンダムΖレイピアⅠ」と被っている。

MSZ-006の量産機

MSZ-007で果たされなかった可変機の量産化は、他にも様々な開発プランのもと模索されている。
もっとも、Ζの特徴である可変機構を受け継いだ可変量産機くからカラバとアナハイムが連携して取り組んだ別のプロジェクトで既に「Ζプラス」として日のを見ていた。ただしΖプラス初期は行動可範囲が地球宇宙のいずれかに限定され、また大気圏突入に適していない機体構造であったり、MSZ-006最大の利点であるエリアドミナンス機としては半ば不全な仕様であった。
作品としては非公式だがこれらを解決した全なΖプラスΖプルトニウス」等も製作された。

同時期、Ζの変形機構を簡略化した「Ζ」も設計され、試作機が製造されるも案となっている。ただこれも大気圏突入をオミットしており、コストパフォーマンスには優れるが量産型とは言い難かった。
Ζを基にした可変量産機完成系「リゼル」も同様であるが、こちらは大気圏突入用フライングアーマー等豊富なオプションも用意されている。さらにコストパフォーマンスにも優れているため、Ζ系の新たな可性を紡ぎ出した傑作機と言えるかもしれない。

他にΖプラスRモジュールを設計ベースにした「リ・ガズィ」というバック・ウェポンシステム採用機がある。
こちらはオプションによって疑似的な変形を可にしたものの、どちらかというとGアーマーやGディフェンサーに近いスタイルであった。しかし肝心のBWSが使い捨て、一度パージ・損失すれば再度装備するまで変形出来ない等、可変機としては非常に問題が多い。(そもそも本体に可変機構がいというかなり半端な機種。)

Ζガンダム仕様そのままで量産化するのは困難を極めた。このように数多く生したΖバリエーションも後年ようやくリゼルの生産に至ったことで、ひとまず落ち着いた形となる。

ZETA(量産型Ζガンダム)

近藤和久の漫画ジオンの再』『新ジオンの再』に登場。番はA/FMSZ-007。TMSΖガンダム」を連邦用に設計した制式採用機。Ζ-MSV量産型Zより「Ζプラス」に近い。

規格を連邦に統一し、コストダウンのために装甲を省略。問題のあった量産性の低さは多少善したものの、一方で耐弾性は低下、1G重力下における歩行性も悪化している。従って本機はウェイブライダー形態でのピンポイント爆撃ヒット&アウェイ戦法がとなる。

『Ζ-MSV』の量産型Ζガンダムと異なるΖ系フェイスとなっている。VGとなるウイングバインダー宇宙用と大気圏内用の二種類が存在し、装備も作戦に合わせたものに換装する。

大気圏仕様航空機のようなウイングをVGに取り付け、武装やドロップタンクを搭載して火力・航続距離を伸ばせられる。宇宙用では地球降下後に標を破壊したあとも考慮して大気圏離脱用のブースターまで用意されている。武装はビームスマートガン(新ジオンの再ではハイパーメガランチャー)。

余談だがコトブキヤでガレージキット化されている。興味のある人は探してみよう。

関連動画

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E9%87%8F%E7%94%A3%E5%9E%8B%CE%96%E3%82%AC%E3%83%B3%E3%83%80%E3%83%A0

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

量産型Ζガンダム

8 ななしのよっしん
2017/05/04(木) 03:19:50 ID: y1YVMd34gX
>>4は「Zの量産機が何でコイツなの」って話じゃん
ややこしくして論点ズラそうとしてんのは>>7自身だよなこれ
当人は全く気付いてなさそうだが
9 ななしのよっしん
2017/05/04(木) 13:37:46 ID: t+SbKyEyb/
>>8
当初の設定では変形がZの二の特徴ではなかったということと
量産型Zガンダム」というのはその設定だった頃につけられた名前が今も各媒体で使われているだけなので
今の設定と合わないのは当たり前だという話だが
読んでわかんないんだったら別にいい
10 ななしのよっしん
2017/05/06(土) 17:25:04 ID: y1YVMd34gX
>>9
変形機ないならゼータじゃねぇ!これの何がゼータだって意見だろ
設定当時の時代背景みたいなメタ話は少しズレてるじゃねぇか
11 ななしのよっしん
2017/05/06(土) 17:33:08 ID: y1YVMd34gX
あと書き忘れてた連投ゴメン
こいつには「ゼータ機(プロゼータ)の量産型」って単純明快な答えが用意されてたりする
つまり非変形の攻撃MS用だった頃のゼータ機色が濃い

バックパックやコンセプトゼータ機譲りなんだから立ゼータだぜ
12 ななしのよっしん
2017/05/06(土) 21:56:42 ID: t+SbKyEyb/
>>10
でもこの疑問に対して一番手っ取りい(視聴者視線で納得させられる&この疑問が生じる人は多分知らない)答えが
「今と設定が全然違っていた頃の名前がたまたま使われ続けてるだけ」という回答だと思う…
ズレてるのはまあ悪かった

話を変えて作内設定を考えると、「Zを量産する計画」というものが複数あって
成功したプロジェクトは、めでたくリゼルとかZプラスとか別の名前がついて
コレも成功すれば>>6の言うゼモとかの名前がつけて貰えたかもしれないのに
失敗したから「量産型Z(仮)の一種」という名以外呼びようがない、という状況じゃないだろうか

プロゼータの量産タイプ
Zプロジェクト自体の設定も色々と変遷してるけど
(省略しています。全て読むにはこのリンクをクリック!)
13 ななしのよっしん
2017/10/15(日) 03:19:48 ID: DBHoB9ounO
Z=可変機 という前提がそもそも視野が狭すぎ
変形しないのになんでZなんだよ!て?
Zガンダムベースに作ってるからだろ
なんで変形しないんだ!て?
コスパが悪いから高性MSってとこだけに絞ったからだよ
それで納得できないというなら、それは単にZ=可変MSという「ただの個人的拘り」で駄々こねてるにすぎない
14 ななしのよっしん
2017/10/15(日) 03:23:32 ID: DBHoB9ounO
てか、百式改の方は量産型百式改として実戦投入されてるだろ
よりカラバの陸戦向けにした陸戦百式改なんてのもいるぐらいだぞ
15 ななしのよっしん
2017/11/04(土) 23:11:59 ID: t+SbKyEyb/
>>14
色の高級イメージに合う1機限りのワンオフシャアしか使えない繊細なチューン
百式アイデンティティだって思う人は多いと思うけど
ZZガキ大将でも扱える2号機が出た時点で、それ以外の視点があるってことを本家が示してるんだよね…

本編ヒーローロボットイメージだけ重視していればいいかもしれないが、
あくまでMSVは、本編ではできないような意外な(そして開発史としてはいかにも有り得る)展開にも重点があるわけで
16 ななしのよっしん
2018/02/25(日) 03:26:13 ID: RzepovkH0D
Z計画で一二を争う失敗作
17 ななしのよっしん
2019/03/21(木) 03:18:32 ID: hudlGDZgV0
Zプラスも少数生産に留まって量産化に成功したとまでは言えないような