F91単語

エフキュージューイチ

F91とは、以下のことを表す。

  1. アニメ機動戦士ガンダムF91」の略称、または当アニメに登場するモビルスーツ「F91」のこと。
  2. アイドルマスター三浦あずさす通称の一つ。なぜこう呼ばれるようになったかは、彼女バストサイズ(と推定カップサイズ)、「トップバスト91Fカップ」に由来する。
  3. ダイアルアップP制作の『雪ねぇの部屋』に登場するF91こと、如月千早ござるwwwヒョーwwww

以下、に1のうちモビルスーツについて記す。

ガンダムF91

F91#9
F91
開発元
ナリ
頭頂高
15.2m
本体重量
7.8t
装甲材質
ガンダリウム合セラミック複合材
ジェネレータ出
4,250kW
ラスター推
15,530kg×4, 4,380kg×6,
武装
バルカン砲×2、メガマシンキャノン×2、ビームサーベル×2、ヴェスバー×2、ビームシールドビームライフル

ナリィ(S.N.R.I.:Strategic Naval Reseach Institute、軍戦略研究所)がフォーミュラ計画で開発したF-9シリーズ戦闘MS

ガンダムF90ミッションパックの内、トップシークレットであるF90Nベースに、ヴェスバー試験F90Vを継承する形で当時の小MS限界した機体とされている。

MS化計画を反映して開発されたMSであり、従来機とべて約15mと小化が進んでいる(RX-78-2ガンダムは約18m、νガンダム放熱フィン・ファンネルを除けば約22m)。
なお小化した理由に関しては、作中の意味でも、現実世界ガンプラにおける意味でもコストダウンするためである。

RX-78-2ガンダムに似ているため「機動戦士ガンダムF91」の劇中でガンダムF91と呼ばれ、それが定着している。

な搭乗者は搭乗順にベルフ・スクレットSFC)、シーブック・アノー(F91)、ハリソン・マディンクロスボーンガンダム)、ミノルスズキ(鋼の七人)、ミッチェル・ドレック・ナー(鋼の七人)。

ヴェスバー

特徴的な兵装としてヴェスバー(V.S.B.R.:Variable Speed Beam Rifle、可変速ビームライフル)2門を装備している。
F90Vに採用されたビームの収束率及び射出速度を変えることで威を調節出来る武装で、コロニー内戦闘だった劇中では威が高すぎるとしてほとんど使用されなかった。

U.C.0133量産型F91とクロスボーン・ガンダムの交戦時にビームシールドを2枚突き破るなど、10年経ってもその威は健在。

MCA構造/サイコフレーム

MCA(Multiple Construction Armor)は装甲フレームに電子機器を埋め込む多機装甲技術である。

従来のムーバブルフレームやモノコックのままでは小MSの高性化は難しく、それらに代わる新たな構造概念として装甲・構造材と内蔵電子機器の一体化が考案された(半外格のセミ・モノコック構造を体とする技術だが、ムーバブルフレーム構造の要素・機も継承しているため、それらの中間と言える)。

MCA構造はそれそのものが構造材であり、内蔵電子機器であり、装甲でもある。それぞれの部材を単機とはせず、情報伝達処理やエネルギー伝達回路の取り回し等もMCA構造に兼任させる。これによる容積の大幅な削減は、機体の更なる軽量化と高性化を同時にもたらした。
特にパワーウェイトレシオ・機動性の向上には大きく貢献し、ヤシマ重工が提供したマイクロハニカム技術と共に小モビルスーツテンプレートとなっている。

また、F91のコックピット周辺部には「サイコフレーム」が感応波の増幅器として採用された。サイコフレームサイコミュの基礎機を有するコンピューターチップナノレベル素材に鋳込む製法である。
MCA構造も元を辿ればこのサイコフレームからスピンアウトした技術なのだが、こちらは鋳込むチップサイコミュ系に限定せず、それ以外の電装系にも対範囲を拡大している。

バイオコンピューター

F91にはサナリィのモニカ・アノー博士が開発した「バイオコンピュータ」が組み込まれている。

バイオコンピュータ生物細胞データや有機部品の両方が使われた第六世代コンピュータで、F908000系ニューロ・コンピュータ(第五世代コンピュータ)に代わる物である。元々障者用に考案された技術だが、パイロットの負担を減らす次世代サイコミュデバイスとして軍事に転用されたという経緯を持つ。

F91のロールアウト時には搭載されておらず、U.C.0122の第2次オールズモビル戦役でベルフ・スクレットが本機に搭乗した際にもまだ非搭載だったが、同年12月フロンティアⅠへの搬入後に換装が行われた。

その機は「感応波レベルが低い非ニュータイプでも扱える疑似サイコミュ」と呼べる代物。サイコミュ含む全センサー類が得た情報が直接パイロットに伝達され、パイロットの記憶や感情、思考までもを取り込み、機体操縦に反映させられる。旧来のサイコミュと同じく、ブレインマシンインターフェイスの一種である。

通常はMCA構造の統括に利用されているが、本機では「リミッターの制御装置」の役割も有る。F91は非常に高性で最大稼働時の制御すら困難とされ、パイロットを選ぶ機体になってしまった。この為F91を最大稼働状態で扱えない者に配慮し、性をある程度抑制するリミッターが設けられている。
コンピューター側が「F91の限界に対応出来るパイロット」と判断した場合リミッターが解除され、F91はその価を発揮する事が出来る。

最大稼動時には放熱のため、フェイスガードの開放・放熱フィンの展開が行われ、機体表面が剥離する(MEPE:Metal Peel-off effect金属剥離効果)。これがいわゆる「質量を持った残像」の正体である。なお、フェイスガードが開放されるため、しい「口のあるガンダム」である。

F91は確かに高性・高機だが、同時にこのくらい高性だとマンマシーンインターフェイスも複雑化して人間の処理えかねない。高機化には必ず付き従う問題だが、F91に関わった技術者はその解決方法に、記憶や感情を有機的にリンクさせるバイオコンピューターを用いた。
思考を有機的にリンクさせる技術はサイコミュで実現していたものの、感応波の強弱で搭乗者を選ぶため一般に普及しなかった。一方でバイオコンピュータは「非NTでも扱える」「個人の量にあわせたコントロールを行う」など従来のサイコミュに対する答え、そしてマンマシーンインターフェイスの一つの理想となっている。

ちなみに同時期のF90Ⅱクラスターガンダムにもバイオコンピュータは搭載されていた。

量産型F91

後の『機動戦士クロスボーンガンダム』の時代に少数が量産されている。
通常機と技術維持的で製造された増加試作機が存在し、いずれも限界稼働モードとそれに付随する装甲剥離現がオミットされている。これはF91の限界稼働をまともに扱えるパイロットの少なさに起因する。

スーパーロボット対戦F#27

宇宙海賊クロスボーンバンガード」に所属するあるパイロットは、本機と交戦した際に搭乗者の技量不足を摘しており、ハリソン・マディンが操縦するい専用機以外は実際ろくな相手にならなかった。

とはいえ、この時代でも最高級の基礎性を持ったMSであることには依然変わりなく、クロスボーンガンダムの続編である「鋼の七人」においても活躍している。

ハリソン・マディン専用F91

指揮官機であるハリソン・マディンいF91。
増加試作機をエース向けに修した専用機で、ヒートシンクバイオコンピューター等いくつか良が施され、MEPEしで限界稼働モードが発揮できるようになっている。このような機体は他にも存在したと言われている。

なお、時期によりカラーリングが異なっていたりするのだが、これは二機であり、木星戦役の最終局面でも投入されている。木星帝国との決戦「鋼の七人作戦」時に大幅にチューンナップされ、初期試作からオミットされた幾つかの機が復活している(これ以前にも細部の更新継続して行われていたという説がある)。

二機は当初搭乗していたハリソンから彼の教官であるミノルスズキへ、そしてその子であるミッチェル・ドレック・ナーへと譲り渡されて「鋼の七人作戦」にも参加した。

関連動画

関連商品

関連コミュニティ

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/f91

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

F91

371 ななしのよっしん
2019/05/20(月) 10:50:10 ID: GakaZNg15q
サイコフレームとかユニコーン関連の話題ばっかになってるな。

同時代のハイエンド機(ネオクラスター、ビギナ系など)にべて数値的にそこまで高くない(全備重量は軽い部類だが)のは、機体自体の完成がUC01167月にほぼ完成してるって点で、他のハイエンド機にべて最新鋭かと言われると微妙なとこと、バイオコンピューターがリミッターをかけてるからってのがあるのか。
だから最大稼働モードになると数値的に他の連中をえる可性もあるかな?(クラスターも最大稼働モードができるかも)
372 ななしのよっしん
2019/06/24(月) 11:41:58 ID: 33/CjE2z0H
昔こんな顔のMSがあったわねとF91を見て言う人はいたけど
流石にF90の事ではないよね?。
373 ななしのよっしん
2019/06/30(日) 10:31:40 ID: RAfbM74vUn
>>372
士官補生からしたら学校での戦史座学で習ったRX-78アナハイムガンダムのいずれかだろうね>昔こんな~
374 ななしのよっしん
2019/06/30(日) 10:36:34 ID: 9GSYzbgZvn
>>368-369
とはいえ、カミーユとかジュドーとかバナージあたりが発揮したパワーの前じゃ
結局はどんな高性な機体を持ってきても意味だとは思う
(単純な機体性で言ったらアムロの時点でF91より大出大推モビルアーマーでもが立たないし)
最悪、時間巻き戻して分解される、とか
そうじゃなくてもオーラリアビーム弾かれて効化、とか
サイコプレッシャー縛りにされてどんなに高機動なモビルスーツに乗ってても機不全で動かなくなる、とか
そういう現が次々と起こるのがニュータイプ戦だから

ニューディサイズブレイブ・コッドや、ガンダムWトロワがってた通りにして
ある意味別の意味で『モビルスーツなんて結局乗り手次第、どんなに性が上がっても最後は乗り手の資質が勝敗を分ける』
だから逆に、F91アンチニュータイプ専用機で、純モビルスーツとしての高性追求したシンプルな機体なんだと思う
(省略しています。全て読むにはこのリンクをクリック!)
375 ななしのよっしん
2019/06/30(日) 10:59:51 ID: w23JwNCZQk
そもそも特殊な兵士にしか使えないとか制御がクソ難しい兵器とか
量産して通常配備すること考えたらちょっと、ね
376 ななしのよっしん
2019/06/30(日) 11:10:41 ID: T9x0zF4vjS
キュベレイクローンを強化してサイコミュを使えるように、νガンダムインコムとの換装だしな。

まぁそれでF90ストーリーが映えるんだが。
377 ななしのよっしん
2019/07/02(火) 18:30:55 ID: GakaZNg15q
F91アンチニュータイプ専用機

F90の記事でもそれ言ってる人いたが、いうほどアンチニュータイプ専用機か?どっちかというとそこらの一般兵からNTやそれに匹敵する乗り手まで扱える高性機って感じじゃないのか?
アンチニュータイプ専用機ってのは、EXAM搭載のブルーとかNT-D搭載のユニコーンのような対NT用のシステム搭載機とか、サイコジャマー装備のローゼンズールのような類でしょ。
378 ななしのよっしん
2019/07/05(金) 23:44:58 ID: Q6+kSFSTUT
もうがなんと言おうと、>>374がこれからの流なんだろうな。

やがてはサイコミュ積んでる設定だった事も忘れられ、リアルロボットだとされていた事さえ異端視されるだろうな。
379 ななしのよっしん
2019/07/13(土) 13:39:43 ID: 9GSYzbgZvn
いや、それはZの時点からずっとでしょ
Zの終盤のカミーユオーラビーム弾いたり、シロッコハマーンカミーユオーラで相手を縛りにしたり
ビームサーベルハイパー化させてハイパーオーラりしたり、バイオセンサーパワー
ビス斗拳と同じ現でウェーブライダーで体当たりするゴッドバードアタックジ・Oを倒したり
ジュドーオーラ力ZZ遠隔操作して単独で合体させたり、ハイメガキャノンの出アップしたり、ハマーンオーラリアで対抗して防いだり
最終的にはνガンダムサイコパワーと集まったオーラでアクシズを押し返して地球を救ったり

そもそもガンダム勇者ライディーンイデオン聖戦士ダンバインと同じオーラ演出の要素を取り入れたのは富野自身でしょ
で、その富野のイデオンダンバイン的な演出の癖がF91Vガン(とGレコ)では封印されたから
その理由はなぜか?という褄合わせのストーリーにしてたのが福井晴敏NT
380 ななしのよっしん
2019/07/13(土) 19:14:44 ID: Q6+kSFSTUT
>>379
当時から本気でそう信じられてたらGガンダムが反発される事もなかっただろうし、W以降のアナザーガンダムメカ偏重的作風になる事もないと思うのですが。

急上昇ワード

2019/09/19(木)17時更新